Search

検索したいワードを入力してください

不器用な人の特徴|するべきこと/仕事との向き合い方)

Author nopic iconかの
性格・タイプ / 2017年09月06日
不器用な人の特徴|するべきこと/仕事との向き合い方)

不器用な人の特徴とは

特に日本人の場合、自分の事を不器用だと感じている人は案外多くいらっしゃるでしょう。また、不器用である事が悪い事だと思っている人も多いでしょう。ですが、不器用である事が周囲の人にとって必ずしも欠点だと思われている訳ではありません。今回は、不器用な人の特徴や男性と女性との違い、克服する方法についてお話しします。

不器用な人にとって、何事も要領よくこなしている人というのは、自分より高い能力を持っているものと思うでしょう。職場においても、どちらかというと器用な人の方が多くの仕事を任せられる場合が目立つため、自分と比較してしまい落ち込んでしまう人も少なくないでしょう。ですが、だからと言って不器用な人が器用な人に比べて劣っているという訳ではありません。

たとえ不器用であっても、自分がどの様な特徴を持っているのかを予め把握しておく事で、今後どの様に行動すれば良いかの対策を練る事ができます。それでは、不器用な人の特徴にはどの様なものがあるのか、その克服方法と共にご紹介します。

不器用な人の男女の違い

男性の場合、女性とは違い身振りや態度などの表情や仕草から感情を読み取る事が苦手です。また家事など、一度に多くの事をしなければならない女性が、得意とする分野もまた苦手としています。この様に、本来行動的である男性が不器用になってしまうのには、脳に原因があります。男性の脳は女性とは違い、左脳と右脳を繋ぐ脳梁と呼ばれる領域が女性よりも細く、情報を一度に伝達できないためです。

また、感情を読み取る脳の領域も狭いため、人に共感する事がなかなかできません。必ずしも男性だけに、この様な特徴がある訳ではありませんが、この様な人と接する場合には、一回に2つ以上の用事を頼まない事です。

そのうえ不器用な男性は無駄な話もしませんが、マメな連絡もして来ません。この場合、悪い面ばかりに注目するのではなく、良い面を見てあげる様に心掛け、連絡は此方からする様にしてあげましょう。

男性も女性も、不器用な人は誠実な人が多いです。一緒にいて楽しいタイプではないかもしれませんが人間関係に対しても真面目なため、最終的に選ばれるのは不器用な人の方が多いでしょう。

不器用な人の短所とデメリット

考え過ぎてしまう

不器用な人は思慮深く、周囲を思いやる余りなかなか言葉にしたり行動に移す事ができません。それに加えて遠慮がちな人が多く、迷惑になるのではないかと考えて何か迷っている時にでも、一人で考え込んでしまい周囲に助けを求める事ができません。

単独で行動する場合であればそれでも構いませんが、複数人で作業を行う場合には、かえって仕事の流れを止めてしまったり、周囲に不和が生じる原因となってしまう場合があります。

頼み事を断れない

周囲の人にしてみれば一見頼りになる様に思えますが、不器用な人は意思表示をする事が苦手なため、人に頼み事をされると断る事ができません。そのため、今自分の仕事が手に余っていても引き受けてしまう傾向があります。

すぐに決断する事ができない

不器用な人は、自分に自信が持てずにいる場合が多くあります。そのため、一度自分が決断した事であっても、本当にそれで良かったのかどうかをいつまでも悩み込しまう傾向があります。

臨機応変に対応する事ができない

不器用な人は、何かハプニンきると臨機応変に対応するといった事が苦手です。何事においても慎重に物事を進める事を好み、じっくりと考えてから行動に移すため、その場ですぐに状況を把握して即決する事ができません。そのため、周囲の人に融通の利かない頑固な人、と思われてしまう場合もあります。

不器用な人の長所とメリット

不器用な人と思われがちな事であっても、実はその場の状況や仕事によっては、長所にもなりえます。それでは、今度は不器用な人にはどの様な長所やメリットがあるかについて見て見ましょう。

何事においても突き詰めて考える事ができる

深く考える事は短所になる場合もありますが、状況や仕事によっては長所にもなり得ます。内向きな性格といえばそうかも知れませんが、その代わり誰よりも物事を深く研究し、理解する事ができます。

集中力と持続力がある

不器用な人にとって、何でも要領良く仕事をこなす事ができる器用な人に対してコンプレックスを感じる存在かもしれません。ですが、実は器用な人にも欠点となる事があります。器用な人は、何でも要領よくこなす事ができますが、それ故か、あまり集中力が続かず、何かを継続してやり遂げるという事が苦手です。

不器用な人は、要領よく物事を把握して素早く理解する事は苦手としているかもしれませんが、その代わりに一度何かに取り組むと集中して物事に打ち込む事ができます。この為、何かの道を極めているスペシャリストと呼ばれる人や職人には、一般的に不器用だと思われているタイプが多いのです。

仕事が丁寧なため、ミスが少ない

スピードが求められている場合には通用しませんが、物事に打ち込む事ができる不器用な人は、その分丁寧に仕事をする事ができます。どんな事にも言える事ですが、状況や物事によっては、早いという事だけが良い訳ではありません。不器用な人は作業に時間がかかる代わりにミスが少なく、堅実で丁寧に仕事をする事ができるのです。

じっくりと考え仕事を進めるので、一見頑固な人だと思ってしまいますが、実はそれは納得がいくまで仕事をやり遂げるためであって、心配性な人であるからこそ完成度の高い仕事ができるといえるでしょう。

軽率な事や人を傷つける事を言わない

不器用な人は何かを発言する時にも、よく考えてから言葉にします。口数が少ないため、始めは誤解される事もあるかもしれませんが、考えてみれば いくら人懐こく明るい性格の人であっても、秘密にしておかなければならない事や、言ってはいけない言葉をすぐ言ってしまう人は、誰からも信用されません。

不器用な人の場合は、話しても良い事かどうかをよく考えてから話すので、始めは口数が少ない人だと誤解を生むかもしれませんが、余計な事や人を傷つける事を言わないため、信頼されている人も多くみられます。

器用な人にも欠点がある

不器用な人は、何かハプニングが起きるとと臨機応変に対応するといった事が苦手です。何事においても、慎重に物事を進める事を好み、じっくりと考えてから行動に移すため、その場ですぐに状況を把握して即決する事ができません。そのため、周囲の人に融通の利かない頑固な人、と思われてしまう場合もあります。

ですが、たとえ決断力のある人であっても それが必ずしも成功しているとは限りません。時間が限られている場合には仕方がない事もありますが、即決してしまった事により失敗してしまう場合も数多くあります。この様に時間がかかってしまったからといって、それが必ず悪い方向に働くという訳ではありません。

不器用な人の特徴である、じっくり考えて慎重に物事を運ぶという事は、裏を返せば失敗が少なく、仕事が丁寧であるとも考えられます。

不器用を克服するためには

今までも不器用である事が、必ずしも欠点になる訳ではというお話をしてきましたが、やはり、欠点となり得るのであれば、克服しておきたいものです。では、克服方法にはどの様なものがあるかについてお話します。

・積極的に人と交流する事
不器用な人は感情表現が苦手なため、あまり自分の考えを人に話しません。ですが、これでは人に誤解を与えてしまいます。誤解されないためにも、なるべく多くの人と交流する努力をした方がいいでしょう。そうする事で心に余裕も生まれ、慌てる事なく行動する事ができます。

もしそれが難しい様であれば、先ず笑顔で挨拶をする事をお勧めします。気持ち良く挨拶をしてくれる人を不快に思う人はいません。それをきっかけに交流を深めれば、良い理解者となってくれるかもしれません。また多くの人と交流する事で、人への対応に慣れてしまえば苦手意識も減り、心に余裕も生まれます。

不器用な人の仕事との向き合い方

不器用な人は集中力があり、継続してやり遂げる力も持っていますが、ハプニングに対して臨機応変に対応する事については苦手です。予め決まっている事に対しては、やり遂げる力があるのですから、自分の欠点を理解して仕事に取り組めば、物事も上手く運ぶ事ができるはずです。では、不器用な人が仕事をする上で注意するべき点は何でしょうか?

・人に助けを求める事
不器用な人の多くは、周囲に迷惑になるのではないかと怖れて助けを求める事ができません。周囲を思いやる事も大切ではありますが、物事をスムーズに運ぶためには人に助けを求める事も必要な事です。一人で抱え込まず、仕事など手に余るのであれば、素直に力を貸してもらいましょう。

・行動の優先順位を決める事
不器用な人は、決まっている事を片付ける事に対しては得意ですが、急な変更などのハプニングが苦手です。何かを始める時には、予めハプニングが起こる事も想定して、何から始めるべきなのか優先順位を決めておきましょう。それさえ決めてしまえば、いざという時に慌てる事なく仕事に打ち込む事ができます。

不器用な人の特徴と付き合い方

これまでお話してきた様に、不器用な人が根気強く、一度集中すれば結果的には器用な人よりも優れた仕事をするという事をわかって頂けたかと思います。また、仕事に対しても同様に、物事を深く理解しようとする特徴があるため、同じ職業を続ける事によって指導者的な立場に立つ事も可能です。

人は何でも出来る人から「大丈夫」「出来るよ」と言われても、あまり心に響かないのではないでしょうか。ですが、不器用な人は何かを極めるまでに、何度も失敗や努力を積み重ねてきているので、言葉に重みがあります。また、口数は少なくとも余計な言葉を発する事もなく、黙々と頑張る姿に共感を覚えるでしょう。

これらの事から、自分が不器用だからと落ち込む事はありません。不器用な人は自分で思っているよりも周囲からは高く評価を受けているでしょう。

関連記事

Related