Search

検索したいワードを入力してください

仕事で失敗して時の対処法|小さい/大きい/特徴/立ち直り方

Author nopic iconElly
仕事の悩み / 2017年10月04日
仕事で失敗して時の対処法|小さい/大きい/特徴/立ち直り方

仕事で失敗した時はどう対処する?

仕事で失敗が見つかった時、やはり誰しも多少は動揺してしまうでしょう。しかし、ただオロオロしていても状況は良くなりません。失敗が見つかった時こそ、落ち着いて冷静に対処する事が非常に大切です。では、具体的にはどう対処すれば良いのでしょうか。ここでは、主に小さい失敗と大きい失敗に分けて見ていきましょう。

小さい失敗は大きい失敗にしない

まずは小さい失敗への対処法から見ていきましょう。対処するにあたって、最も大きなポイントは、小さい失敗を大きい失敗にしない事です。その為には、例え小さい失敗であっても、発覚したらすぐに上司や先輩に報告しましょう。そこから適切な指示を仰ぎ、素早く対処すれば大きな失敗に至る可能性は低くなります。

小さい失敗だからと言って、絶対に自分一人で何とかしようとしてはいけません。時間が経ってから、失敗が上司や先輩に伝われば「なぜ報告しなかったのか」と必ず叱られます。小さい失敗を大きい失敗にしない為にも、まずは上司や先輩への報告と相談は必ず行いましょう。

大きな失敗の対処はスピードが命

続いては大きい失敗の対処法について見ていきましょう。小さい失敗の対処法と同様に、大きい失敗の場合も、上司や先輩にすぐに報告する事が第一です。

しかし、小さい失敗とは違い、大きい失敗への対処は時間との勝負です。大きい失敗であればあるほど、時間と共にその損害は大きくなっていきます。その為、失敗による損害を最小限に抑える為には、とにかくスピードが大切です。一刻も早く、適切な対処をする事が必要になります。上司や先輩の指示を仰ぎながら、全力で対処しましょう。

仕事で失敗する人にはこんな特徴がある

続いては、仕事でよく失敗する人の特徴を見ていきましょう。多かれ少なかれ、最初はみんな失敗します。しかし、失敗を活かして成長する人もいれば、なかなか成長出来ず頻繁に失敗してしまう人もいます。では、この差は一体何故生まれるのでしょうか。そして、よく失敗してしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか。

準備が甘い

仕事で失敗する人の特徴のひとつとして、準備が甘い事が挙げられます。準備が不十分なせいで仕事に支障をきたし、結果的に失敗に繋がってしまいます。

例えば、初めて取引先へ伺う場合、事前に行う準備はどんな事でしょうか。

一例として、取引先がある最寄り駅までの移動経路や、時間の確認などがあるでしょう。しかし、初めて伺うにも関わらず、これらを事前に把握しなければスムーズに移動が出来ず、遅刻してしまいます。遅刻すれば当然、取引先はあなたの会社を信用出来ず、最悪の場合は取引を止める恐れもあります。つまり、些細な準備不足が取引先の信頼を失う可能性もあると言う事です。

どんな仕事でも、多少の事前準備は必要です。それを怠ってしまうと、失敗の危険性は高くなります。仮に失敗しなかったとしても、仕事のクオリティが下がる原因にもなる為、準備を怠る事は厳禁です。面倒くさがらずに、事前準備は入念に行いましょう。

注意力が散漫

注意力が散漫な人は、仕事で失敗しやすい傾向にあります。注意力が散漫だと、集中して仕事に取り組めません。その為、通常ならすぐ気付くような間違いに気付かなかったり、確認が漏れてしまう為、失敗してしまいます。

特に、仕事に慣れない時や心身の調子が悪い時は注意力が散漫になりやすい傾向が強いです。そんな時こそ落ち着いてひとつひとつ丁寧に取り組みましょう。

反省が不十分

仕事で失敗する大きな原因として、反省が不十分である事が挙げられます。過去に似たような失敗をしているにも関わらず、同じ失敗を何度も繰り返す場合は、過去の失敗の反省が足りていない可能性が高いでしょう。

誰だって最初は仕事に慣れない為、上手く出来ずに失敗してしまうのは仕方のない事です。しかし、その後の反省を十分する事が非常に大切です。失敗の反省をしっかりするかしないかで、その後の仕事の出来が大きく変わります。失敗する事そのものより、失敗を次に活かさない事の方がはるかに悪いと言えるでしょう。失敗して周囲に迷惑を掛けた分、しっかり反省して次に活かしましょう。

仕事で失敗する人の立ち直り方と対処方法

仕事で失敗する事は、誰しも辛いものです。特に、失敗が続いてしまうと心が折れそうになるのも無理はありません。余りにも辛くて逃げたくなる時もあるでしょう。しかし、逃げたくても日々の仕事は待ってくれません。

社会人として仕事をしている以上、仕事と向き合う事は避けて通れないものです。どうにかして自力で立ち直り、乗り越えていくしかありません。

では、どうやって失敗から立ち直ればいいのでしょうか。ここでは、失敗した時の立ち直り方や対処方法について見ていきましょう。立ち直る為のポイントは「仕事の失敗は、仕事で取り返す」です。

①失敗した原因を知る

まずは、何故失敗してしまったのかを知る事が大切です。単なるケアレスミスなのか、経験不足などにより根本的にやり方が間違っていたのか等、失敗を引き起こした原因を知る事が第一です。これは、自分一人では正確に把握出来ない場合もある為、出来れば上司や先輩と一緒に原因を考えた方が良いでしょう。

失敗した原因が分からないまま放置してしまうと、今後また同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。失敗が続いてしまうと、自信はどんどん失われてしまいます。同じ失敗を繰り返さない為にも、まずは必ず原因を把握しましょう。

②失敗を防ぐ対策を練る

失敗した原因を知る事が出来たら、次は失敗を防ぐ対策を考えましょう。今後仕事で同じ失敗を繰り返さない為にはどうすれば良いのか。それを自ら考え、実行してみます。

例えば、失敗した原因が単なる確認漏れだったとしましょう。その場合は、チェックリストを作成し、提出前に必ず確認すれば確認漏れを防ぐ事が出来ます。もしくは、自分で確認した後に他の人にダブルチェックを頼むのも良いでしょう。

失敗するのは仕方のない事であり、一度目は周囲も大目に見てくれるでしょう。しかし、同じ失敗を繰り返す事は許されません。同じ失敗を繰り返せば、周囲から「以前の失敗から何も学んでいない」と評価されてしまいます。一度目はともかく、二度目は絶対に失敗しないと決めて対策をしっかり練りましょう。

③時には周囲に相談する

原因を知り、対策を練って実行し、それでも失敗を引きずってしまう時もあるでしょう。自分一人ではどうしても乗り切れない、そんな時は周囲の力を借りる事もひとつの対処法です。

相談相手は自分の状況に応じて選ぶ事がポイントです。ただ自分の話を聞いて共感して欲しい場合は、家族や友人、仕事の同僚などが良いでしょう。一方で、仕事の進め方など具体的なアドバイスが欲しい時は、先輩や上司にお願いしてみると良いアドバイスが貰えるでしょう。

自分一人で、何もかもを乗り越えられる人はそう多くありません。ほとんどの人は、互いの力を借りて、助け合いながら困難を乗り越えています。一人で抱え込み過ぎず、時には上手に周りの力を借りましょう。

仕事で失敗しない人はいない

今回は仕事で失敗した時の対処法や立ち直り方などについてご紹介しましたが、いかがでしたか。仕事には責任が必ず付いてくる為、失敗は許されません。しかし一方で、人間はロボットではない為、失敗を完全に避ける事も出来ません。その為、なるべく失敗しないように準備を怠らない事と、失敗した時に素早く適切に対処する事が非常に大切です。

誰もが一度は仕事で失敗して悔しい想い、辛い想いを味わっています。だからこそ、失敗を失敗のままにするのはもったいないと言えます。失敗から得た教訓を糧にして、明日からもまた仕事を頑張ってください。

関連記事

Related