Search

検索したいワードを入力してください

仕事でミスが多い人の特徴と原因|改善点と対処法とは?

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
仕事の悩み / 2018年01月19日
仕事でミスが多い人の特徴と原因|改善点と対処法とは?

仕事でミスが多い人の特徴

仕事にはミスがつきもので、ミスをしない人間はいません。ミスの種類も小さなミスから大きなミスまで様々です。ミスは仕方がないので、小さなミスであれば許されることも多いですが、それが積み重なると周囲からの対応も冷たくなっていきます。

また小さなミスから転じて大きなミスに繋がるということも少なくありません。そのためミスが多い人は職場でも要注意人物になります。

仕事をしていると必ず見かけるミスが多い人。ミスが多い人には性格などにも特徴があります。

心理

仕事でミスが多い人は仕事に対してあまり責任感を持っていないことが多いです。自分のやった仕事にミスがあろうがなかろうが、それは自分のせいではない、仕事をやったということに意味があると思っている人も多いです。

仕事に責任感を持っていない人はミスが多いことを責められても、責任を他人に転嫁しがちです。あくまで自分には責任がないというスタンスを貫くので、周囲から浮いてしまうことも多いです。

仕事に対して責任感がないのは、仕事をしているという実感がないか、ミスに対する大きな罪悪感があると言えます。特に後者の場合は、自分でもミスが多いことを自覚しているものの、自己防衛のために責任を他人に転嫁してしまいます。

性格

仕事でミスが多い人は雑な性格な人が多いです。大雑把で、物事の細部を捉えるのが苦手な人はミスが多いと言えます。確認をすれば防げるミスでもそれを怠るためミスを連発してしまいます。

ミスが多い人は面倒くさがりの人も多く、仕事の完成度にはこだわらずスピードだけを重視してしまいがちです。これは責任感がないことにも繋がります。

また消極的で指示待ち人間であることも多いです。自分から積極的に動こうとしないため常に後手に回ってしまい、仕事に追われた結果ミスが多いということもあります。

習慣

ミスが多い人は整理整頓の習慣がありません。デスクが汚く、何がどこにあるのかを把握していないため、咄嗟の物事に対応できず仕事のスピードが遅くなり、それを取り戻そうと急いだ結果ミスが起きるというパターンも少なくありません。

整理整頓は物理的な物だけでなく、思考についても同じことが言えます。仕事の優先順位を決める思考の整頓ができないため、仕事が後手に回りミスが多いです。ミスが多い人は基本的に仕事に追われています。

また自分で考える習慣がないというのもミスが多い人に見られる特徴です。ミスが多くても自ら考えて、改善していくという思考がないためにいつまでたってもミスがなくなることはありません。

仕事でミスが多い時の改善点・対処法

仕事にはどうしても避けられないミスというものは存在しません。避けることができないものはミスではなく、単にトラブルです。そのため方法次第ではミスを必ず回避することができます。

仕事でミスが多い人は改善策やミスの対処法を知らないという場合もあります。ミスをしてもそれをすぐに挽回することができれば大事には至りません。まずはミスが起きないよう改善し、ミスが起きても素早く対処できるということが大切になります。

改善点

ミスを改善していくためには今まで経験したミスを反省し、なぜそのミスが起きたのかを分析する必要があります。ミスを反省し、次はミスをしないとモチベーションを高めることもミスを防ぐ一つの方法です。ミスをしないという強い気持ちがあれば、自然と仕事も丁寧になります。

一度起きてしまったミスは仕方がありません。なぜミスが起きたのか、どうすればミスを避けることが出来たのかを分析します。ミスを分析することで、ミスを防ぐための手立てを知ることができますし、違うシチュエーションでもその方法がミスを防ぐのに役立つこともあります。

自らのミスにしっかりと向き合うことで責任感も出てきます。仕事に対してしっかりと責任を持つことができれば、簡単なミスは自然に減っていきます。

対処法

ミスがあったと自覚したらそれにすぐ対応する必要があります。ミスが多い人は自分のミスを発見しても、ミスが発覚するまで隠そうとし、ミスを放っておく癖があります。ミスは時間の経過によりさらに被害が大きくなりますし、どこかで必ず発覚します。

ミスは初期段階で食い止めることで被害を減らすことができます。ミスを見つけたら迅速な行動が必要です。また自分で解決できそうにない場合はすぐに上司の判断を仰ぎましょう。

ミスを報告すると怒られて嫌だという人も多いですが、後で発覚する方がひどく怒られます。ミスが多い人は問題を先延ばしにしてしまう傾向にもありますので、それを改善するためにもすぐに上司に報告する癖をつけましょう。

仕事でミスが多い原因や理由とは

ミスが起きるのは必ず原因や理由があります。原因を解明すればミスは改善していくことができます。それはミスが多い人にも同じことが言えます。

ミスが多い人にも、そうなってしまった原因や理由があります。ミスが多くなってしまう背景を知ることで、ミスの防止策を考えることができます。仕事でのミスは個人だけではなく、会社全体のチームの問題になります。チームとしてミスの多い人をサポートして、ミスを防ぐ必要があります。

原因

仕事で起こるミスの原因のほとんどがしっかりと確認が出来ていないということです。確認を怠ったために起こるミスは非常にたくさんあります。

ミスが多い人は仕事でも確認を怠っていることが多いです。仕事が完成したときの最終的な確認はもちろん、仕事の途中経過の確認を怠ったため、間違ったまま仕事を終えてしまうということも少なくありません。

確認はしているのにミスが多いという人は、固定観念に囚われている可能性もあります。自分は正しいつもりで仕事をしているため、ミスをしたまま続けていてもそれに気が付かず、確認をしても気が付かないことも多いです。

理由

仕事のミスが多いのに確認を怠ってしまうのは、本人が怠けているだけではなく、仕事に追われ確認する余裕がないという場合もあります。

ミスが多い人はミスの対応にも時間を割かれますし、そもそもの仕事の要領が悪く仕事が遅いことも多いです。人より遅れているため余裕を持って仕事をすることができず、その結果またミスをするという悪循環に陥るケースも多いです。

ミスが多い人は確認が出来ないほど仕事に追われ、仕事が遅い人でもあるので、仕事の取り組み方自体を見直す必要があります。

仕事でミスが多いことでの不安を解消する方法

仕事にはミスが付き物といっても好んでミスをする人はいません。ミスは誰しも避けたいものであり、ミスを避けようと意識するあまり、ミスを犯してしまうということもあります。

ミスが多い人は仕事に不安を感じ、改善していく勇気が出ないという場合もあります。ミスに対する不安はミスを防いでくれるものではなく、ミスを呼び込んでしまうことが多いです。不安に打ち勝つことでミスを減らしていくこともできます。

ミスは仕方ないと割り切る

ミスはどうしても起こってしまうものですので、必要以上に不安を感じていても仕方がありません。ミスに対して全く責任感を持たないというのは問題ですが、ある程度は仕方がないものとして割り切ることも大切です。

ミスに対して寛容になることで、自由な発想も生まれます。ミスは先入観などの固定観念によっても起きるものなので、柔軟な思考を持つということはミスを防ぐためにも必要なことです。

割り切って考えることでミスが起きても必要以上に落ち込むこともなく、モチベーションを下げずに済みます。素早く頭を切り替えることでミスの連鎖を防ぐこともできます。

仕事のミスはどう付き合っていくかが大事

避けられないミスはありませんが、仕事をしているとどうしてもミスをしてしまうことはあります。それは誰しも同じで、大小含めて今まで一度もミスをしたことがないという人はいません。誰でもやってしまうことですので、必要以上に抱え込みすぎず、ミスをしても次はしないようにとすぐに頭を切り替えることが大切です。

ミスを避けることばかりに意識が集中すると自由な発想も生まれませんし、それがミスを招くこともあります。ミスと上手に付き合うことで、仕事にも楽しさを見出すことができます。ミスに気を付けながらもミスは仕方ないと割り切ることで、仕事の効率も上げることができます。

関連記事

Related