Search

検索したいワードを入力してください

仕事にやりがいがある人の特徴・やりがいのある仕事紹介

Author nopic iconRingoame
仕事の悩み / 2018年01月19日
仕事にやりがいがある人の特徴・やりがいのある仕事紹介

【男女別】仕事にやりがいがある人とない人の違いは?

仕事にやりがいを感じている人は、男性女性関係なく、とても輝いて見えます。ここでは、仕事にやりがいがある人とない人の違いについて紹介します。

心理的特徴

仕事にやりがいを感じている人の心理的特徴として、男女ともに「前向き思考」ということが挙げられます。例えば、仕事で重大なミスをしてしまったとします。誰でも落ち込みます。

しかし、やりがいを感じている人は、必ずそのミスを後に引きずりません。大事な自分の経験や糧にして次のチャンスを探していきます。

やりがいを感じられない人は、そのミスを引きずってしまい、「どうせ自分はダメだ」と後ろ向きな考え方になっている人が多いです。もちろん、ミスしたことを反省することは大事ですし、落ち込むということはその仕事をきちんとこなそうとしたということです。

しかし、反省することと自分を卑下することは違います。反省したあとは、自分が頑張ろうとしたことに対してきちんと評価をしてあげましょう。

性格

仕事にやりがいを感じている男性の性格として、負けず嫌いで向上心を強く持っている人が多いです。ここでいう負けず嫌いというのは、決して業績などで人と競争をするということではなく、過去、現在の自分に厳しくストイックに仕事をするということです。常に自分の今の状況を客観視し、「今よりもっと上を目指そう」という意識をもっています。

そのために、どのような小さなチャンスも逃さず積極的にどんどん仕事に取り組んで行きます。逆にやりがいを感じられない男性は、自分にあまり自信がない人が多いです。自分のもっている能力を最大限に生かせるように、「自分」という人間をいいところも悪いところも含め客観的に観察してみるのもありです。

仕事にやりがいを感じる女性の性格としては、好奇心旺盛な人が多いです。常に周囲を見渡し、多面的な角度から物事を見る力に長けていて、どんなことでも興味をもって取り組もうとします。また、いつも前向きで周囲の空気を明るくさせる雰囲気をもっています。そのため、仲間との関係も良好でそれが仕事のやりがいに間接的に影響しているといえます。

反対に、やりがいをもてない女性は、物事を悲観的に考えてしまう性格の人が多いです。また、固定概念にとらわれがちな人も多いです。様々な角度から物事を見るようにすることで、新しい考え方が生まれたり、今までにない発見をすることができます。

習慣

仕事にやりがいを感じている人は、男女ともに早起きを習慣にしていることが多いです。仕事に嫌気がさしている人の中に、徹夜をしてまで仕事をする人を見かけますが、1日の疲れが蓄積し、眠気も生じる夜中の時間に仕事をすることはとても効率的とはいえません。もちろん気持ちとしても億劫ですし、また、寝不足が故に次の日の仕事にまで悪影響が及ぶこともあります。

仕事にやりがいがある人は、仕事をなるべく自宅に持って帰らず、休息の時間と仕事の時間のメリハリがしっかりとついています。帰宅後は休息に徹し、朝早く起きて、その日のスケジュール調整や仕事のことについて考えているのです。そうすることによって、効率的に、億劫な気持ちにもならずに気持ちよく仕事ができます。

また、女性に関しては、服装やメイクなど身だしなみを意識している人が多いです。特にメイクは、様々な表情を生み出すことのできる女性の特権です。自分に似合うメイクや服装を研究して、毎日いきいきとした表情で仕事ができるように工夫してみましょう。

仕事にやりがいはいる?いらない?

では仕事にやりがいはあった方がいいのでしょうか?それともなくてもいいものなのでしょうか?

やりがいがあると…?

仕事にやりがいを感じることで、毎日楽しく、いきいきとした生活を送ることができます。また、自分自身の成長も大きく感じることができます。例えば、週5日、1日8時間勤務の仕事で、大学卒業から定年退職まで働くとすると、単純計算でなんと72,960時間、日数にすると3,040日も仕事に費やしているのです。どうせそれだけ長い時間を費やすのであれば、やりがいを感じ、楽しく仕事をしたいという気持ちにもなります。

やりがいがなくても…?

だかといって、決してやりがいを感じなければならないというわけでもなく、思い切って「仕事は仕事」と割り切ってしまえば、乗り切れることもあります。全ての人が、好きなことや自分が本当にしたいことを仕事にできるわけではないので、あくまでも仕事は収入を得るための手段だと考え、無理をしてまで、やりがいを感じることを目的とする必要もないといえます。

全ては自分の仕事に対する考え方

仕事にやりがいがいるかいないかというのは、自分自身の仕事に対する考え方によります。今現在、仕事にやりがいを感じられず悩んでいる方は、自分にとって仕事の存在はどのようなものなのか、もう一度見つめ直してみるのも良いです。

日本人と外国人のやりがいの感じ方の違いとは?

上記で、「仕事にやりがいがいるかいらないかは自分自身の仕事に対する考え方」ということでしたが、1つの例としてここで、日本と外国での仕事に対する考え方の違いを比較してみます。日本人と外国人の仕事に対する考え方の中の「やりがい」という点に着目してみると、やりがいを感じるポイントが少し違います。

日本人は、最終的に得た結果というよりもそれまでの過程における心理的な面にやりがいや生きがいを求めています。反対に、外国人は一概には言えませんが、成果主義、つまり過程よりも結果が大事という考え方が多いです。得た結果によってやりがいを感じているのです。日本人は、どうしてもチームワークなどに重きをおくため、結果がよくても、その結果が出るまでの過程がうまくいっていないと、なかなかやりがいを感じづらいでしょう。

仕事にやりがいがないときの対処法は?

では、今の仕事にやりがいを感じることができない場合、どうすればいいのでしょうか?

憧れの人を見つける

職場の中をよく見渡して、憧れの人を見つけてみるのも良いでしょう。すべてが憧れの人を探すのは多少困難なので、一部分でもいいから「あ、いいな」と思えるところがある人を見つけてみてください。そして「いいな」と思ったところはどんどん自分に吸収していきましょう。そうすることで自分を磨くことにもつながります。

ライバルを見つける

憧れの人を見つけるとともに、ライバルを見つけてみるという手もあります。もちろん相手に言う必要はないです。自分の心の中でこっそりと「この人には負けない」と闘士を燃やすことで、毎日頑張らなければいけない理由ができます。そして、自分の中でライバルに勝ったときは、どんな小さなことでもいいです。自分を褒めてあげてください。それを繰り返すことで、知らない間に仕事を頑張ることがやりがいに繋がっていれば作戦成功です。

とりあえずやってみる

もし新しい仕事や案件をもらえるチャンスがあるのであれば、どんな小さなお仕事でもとりあえずやってみましょう。その仕事をしたところで絶対に何も変わらないという保証はどこにもありません。もしかしたら、新しい発見があるかもしれません。新しい人との出会いがあるでしょう。どんな小さな可能性でも信じて行動に移してみましょう。

思い切って仕事を変える

もし、本当に今やっている仕事が自分に向いていない、やりがいを一切感じないと思うのであれば、思い切って転職するという方法も良いでしょう。環境が変わることで、人は簡単に変わります。次の仕事を探すのは大変ですが、自分はどういう性格で、どんな仕事が合うのかなどもう一度自分を客観的に観察し直してみることも大切です。

あくまで例ですが、仕事にやりがいを持ちたいと考えている人は上記の方法を試してみてください。もう仕事にやりがいを求める必要はないかなと思う人は、「仕事は収入を得るためのもの」と割り切ってしまいましょう。

お金や給料と仕事の関係性

仕事をする上で切っても切り離せないものは「給料」の存在です。大昔では、集落内で物々交換をしていたようですが、現在はもちろんお金がなければなにも物を得ることはできません。家族を養うためにも、自分が欲しいものを買うためにも、生活をするためにも、何をするにもお金は必要です。

そのため、仕事によって得た給料が私たちの生活を潤しているのです。今まで仕事に対する「やりがい」について様々なことをみてきましたが、やはり「やりがい」を感じるということの中にはそれに見合う「給料」の存在があるということです。

仕事だけでなく自分とも向き合うことが大切

いかがでしたか?今、仕事にやりがいを感じられていなくて悩んでいる方も、そのお仕事としっかりと向き合っている証拠です。その姿勢はとても大事なことです。それに加えて、自分が仕事に求めているものは何なのか、自分はどういう性格なのか、自分がしたいことは何なのかなど自分ともしっかり向き合ってください。そうすれば、何か新しい発見があるでしょう。

関連記事

Related