Search

検索したいワードを入力してください

仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

Author nopic icon愛香
性格・タイプ / 2018年01月19日
仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

仕事が楽しい人と楽しくない人の違い

仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

仕事をしている人なら、1日に多くの時間を費やす仕事を楽しくしたいと思う人が多いはずです。また、既に仕事が楽しい、楽しくて仕方ないという人も沢山いらっしゃるでしょう。そして、その反対に仕事をするのが楽しくないという人も沢山いらっしゃるはずです。そこで今回は仕事が楽しいと感じている人と仕事は楽しくないと感じている人の違いは何なのかをお伝えしていきます。

仕事が楽しい人の考え方や特徴

仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

それでは仕事が楽しい人は一体、どんな考え方をしているのか、また、仕事が楽しいと感じている人はどんな特徴をもっていたりするのか、そして、一体、どんな性格の人が多いのかをご紹介いたします。

仕事が楽しい人の考え方

仕事が楽しいと感じている人の考え方は自分に与えられた仕事の中に楽しいと思える一面を見出だしたり、自分がその仕事をすることによって、他人の仕事が上手く回っていくのだという風に、与えられた仕事に対して凄くポジティブに考えます。また、仕事があることに感謝していたり、お給料をもらえて凄く幸せだと考えています。そして、仕事に対しての目標なども明確にもっていたりします。

仕事が楽しい人の特徴

仕事が楽しいと感じている人の特徴は下記のようなものがあります。

<完璧主義ではない>
完璧主義というのは完璧にできる人ということで美徳に捉えられたりしますが、それでは自分も周りも息が詰まってしまいます。仕事が楽しいと感じている人は勿論、仕事に手を抜くわけではありませんが状況に合わせて与えられている仕事に区切りをつけられるようにします。

<仕事の意味を見出だしている>
仕事が楽しいと感じている人は自分の仕事がどういう役割をしているのかを見出だしています。

<オンとオフをしっかりする>
仕事が楽しいと感じている人はオンとオフをしっかり分けています。仕事をする時は凄く頑張ったりするけれど休日は仕事のことを忘れて自分の時間を楽しんでいます。

<仕事を通して感謝されることが多い>
どんな仕事でも必ず誰かの何かの役にたっています。そして、仕事を楽しいと感じている人は自分がした仕事で「ありがとう」という言葉をかけられたり、感謝されることが多いです。

<人間関係を構築する>
やはり仕事をするうえで良い人間関係を築いていると、何かあった時に相談できる人がいることで仕事がしやすくなります。また、仕事が楽しいと感じている人は普段から何もしなくてもいい人間関係を構築しています。

性格

仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

仕事が楽しい人の性格はポジティブ思考な人が多いといえます。例えば雑務をよく頼まれていたりしても、その雑務を楽しくしようとしたり、また、自分がその雑務をすることで誰かの役に立つのだと物事を凄く前向きに捉えたりします。

柔軟性があり、素直に人の意見を取入れる人も多く、そういった人は周りからは素直で感じの良い人だと思われます。そして、社交的で人と接することが好きな性格の人も多く職場での人間関係も上手く築きます。また、仕事が楽しいと感じているので明るい性格だねと言われる人も多いです。

仕事が楽しくない理由は

仕事が楽しいと感じる人がいる一方で仕事が楽しくないと感じる人がいるのは何故なのでしょうか。今から仕事が楽しくないと感じる理由をお伝えしていきます。仕事が楽しくないと感じる理由は人によって様々です。仕事が楽しくないと感じる理由は大きく分けると下記のようなものがあります。

<仕事内容>
自分に合っていないなと思う仕事をしている場合は仕事を楽しくないと感じる人が多いです。
また、あまりにも激務だったりすると段々と仕事が嫌になってきたりもします。

<職場の人間関係>
職場の人間関係が悪いと例え自分がしている仕事が好きなことだったとしても職場に行くのが嫌になり、仕事も楽しいと感じられなくなります。

<待遇>
かなり仕事をしているわりには待遇が悪いとなると自分のモチベーションが落ちて仕事が楽しいと感じられなくなります。


仕事が楽しくなるための方法紹介

仕事をしているとどうしても仕事に費やす時間が多くなります。なので、仕事をするなら誰もが楽しく仕事をしたいと思うことも多いでしょう。そこで今からどうすれば仕事を楽しいと感じることができるかをお伝えしていきます。

<自分がしたいからやっていると意識する>
仕事だから仕方がない。上司に言われたからやらなきゃいけない。こんな風に思っていると仕事は楽しいと感じることができません。なので、こんな風に考えるのではなく仕事は自分がしたいからするんだと思えば義務的でもなくなり、気持ちもあがります。

<誰かの役に立っているのだと意識する>
やはり自分のしている仕事が誰かの役に立っているのだと思うと嬉しいですし、頑張ろうと思えます。

<ゲーム感覚で仕事をしてみる>
この場合は職種にもよりますが例えば事務の仕事をされているなら、この書類作成は10分でしてみよう、それができたら、今日は自分に自分でご褒美を与えようかなとか思いながらすると何だか気持ちが弾んだり、また、10分という時間制限があることでドキドキしたりもして、仕事が楽しいと感じられたりします。

楽しいと言われることの多い職種とその理由

仕事が楽しいと言われることの多い仕事にはどんなものがあるのでしょうか。今からざっくりとですが世間一般で仕事が楽しいと言われることの多い仕事をご紹介していきます。

<クリエイター全般の仕事>
クリエイターは自分の作品を世の中に出すことができますし、企画を考えたりもして、とてもやりがいがあり、楽しめる仕事として人気があります。

<フリーランス・自営業の仕事>
絶対に自分が頑張らなければ稼ぐことはできませんがその代わり軌道に乗ればかなり稼げたりするのがフリーランスや自営業の仕事といえます。また、会社の組織とかにも縛られないので、組織が苦手という方には魅力的な働き方として人気があります。

<インストラクターの仕事>
自分が得意なことや好きなことを生かしてインストラクターになるので自分の趣味が仕事にできることで人気があります。

この3つは楽しいと言われることの多い職業ですがやはり自分に向いている仕事というものがありますので、自分が好きなことなどを自分で理解しながら楽しいと感じられる仕事を探されてください。

仕事が楽しくない人は退職・転職すべき?

仕事が楽しくないと感じている人は今の仕事を辞めたいと思われているかもしれません。それではそういう人は今すぐに退職して転職すべきなのでしょうか?生活をするためにはお金は必要なので、稼がなければなりません。すぐに楽しくないからとやめるのではなく今の仕事をやりつつ、徐々に自分が楽しいと感じられそうな仕事へシフトしていくといいでしょう。

ただ、人間関係でもの凄くストレスになっているとか激務で身体を壊しそうだという場合は、すぐにやめられるなら、やめられた方がいいでしょう。やはり健康でいなければ働くことは辛いですし自分自身も本当に辛い思いをします。ご自分の気持ちと身体を大切にして退職・転職を決められてください。

きっと楽しい仕事がみつかる

仕事が楽しい人の特徴・仕事が楽しくなる方法と理由

いかがでしたでしょうか。今回は仕事が楽しい人の特徴をご紹介いたしました。

もし、今の仕事が楽しくないと感じていて、転職したいと思われているなら今度は絶対に楽しいと感じることができる仕事に就きたいと誰もが思われるでしょう。偶然に子どもの頃に好きだったことが仕事としてあったり、今の自分が好きなことが仕事にあったりします。

一方で、自分にとってどんな仕事が楽しいと思えるのか解らないと思われる方もいらっしゃると思います。そういったことをヒントに自分が楽しいと感じられそうな仕事を見つけていくといいでしょう。

関連記事

Related