Search

検索したいワードを入力してください

仕事が集中できない人の原因・特徴とは|いますぐ実践したい対処法

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
仕事の悩み / 2018年01月19日
仕事が集中できない人の原因・特徴とは|いますぐ実践したい対処法

仕事に集中できない人の原因や特徴

始業時間に仕事を始め、終業時間とともに仕事を終える。本来の仕事の在り方であり、理想的な働き方ですが、なかなか実行できている人はいません。

仕事の量が多くて時間内に終わらなかったり、取引先から急な連絡で仕事が入るなど就業時間できっちり仕事が終わらないのには様々な理由があります。

しかしそれほど忙しいわけでもないのに仕事が終わらない人もいます。それは仕事に集中できない人です。仕事に集中できない人は仕事が終わらずいつまでもだらだらと働いています。また集中できない人には原因や特徴があります。

原因

仕事に集中できないのはそもそもの集中力がない場合や仕事に対してやる気がないという場合があります。集中力には個人差があり、成長の過程で養われていくものです。そのため深く集中できる人、集中できない人に分かれてしまいます。

ただどんな人にも少なからず集中力はあります。集中できない人でも好きなことに対しては集中力を発揮することができます。しかし仕事が好きでなかったり、目標がないと集中できないので仕事に対しての集中力は発揮されません。

集中力を発揮するには充分なモチベーションが必要になります。自分のやっている仕事にはどんな意味があるのかなどを理解していないので集中できないという人も多いです。

特徴

仕事に集中できない人は自分のキャパシティを超えて仕事を抱え込んでしまいがちです。仕事をたくさん抱えてしまうのはやる気があってそうしているのではなく、ただ自己管理が出来ていないだけで、どれから手を付けていいのか分からず、集中できないことも多いです。

また一つの仕事を始めても、他の仕事が気になって途中で別の作業をするという特徴も集中できない人には見受けられます。一つの仕事を終らせてから別の仕事に取り掛かる方が効率も良いのですが、ついつい気になってしまいます。

効率的な判断ができないためいつまでも仕事が終らわず、仕事のゴールが見えないので集中できない人もいます。仕事に集中できない人は集中できない環境を自ら作り上げてしまっていることが多いです。

原因別の仕事に集中できない人の対処法

仕事に集中できない人は、仕事の対処法にも問題がある場合があります。仕事のトラブルは出来れば避けたいものですが、ときには避けることが出来ないものもあります。

仕事にトラブルは付き物と言えますので、問題はそれらとどう接していくかです。問題に出くわしたときにそれによる被害を最小限に抑えることができれば集中力が途切れることはありません。仕事に集中できない人は問題解決の方法にも問題があると言えます。

原因1:ストレス

仕事をする上では人間関係は避けることが出来ないもので、人間関係からストレスが生まれることは多いです。また仕事自体がハードでストレスを感じるということもあり、仕事とストレスは密接な関係にあると言えます。

集中力にとってストレスは大敵です。ストレスがあると集中力は上手く発揮されません。仕事に集中できない人はストレスコントロールが苦手な場合が多いです。ストレスを上手に発散出来ていないため、仕事に集中できないということも少なくありません。

また極度の緊張状態などでもストレスは生まれます。仕事に対して不安を抱えていたり、恐怖心があると常にストレスがかかり、仕事に集中できません。ストレスから逃れることが集中力を高める第一歩になります。

原因2:会話

職場では私語は慎まなければなりませんが、仕事に集中できない人は仕事の合間につい同僚との話し込んでしまいます。仕事が調子よく進み波に乗っていたとしても、同僚と会話を始めることでその集中力は途切れてしまいます。

また他の人の会話が気になって集中できないという人もいます。楽しくおしゃべりをしているだけではなく、仕事の電話や上司の指示など日中のオフィスは様々な音で溢れています。この音が気になって集中できない人も多いです。

同僚が帰った後に静かになったオフィスでなら仕事が捗るという人もいます。必然的に残業をすることになり、長時間の勤務はストレスにも繋がるので、集中できない悪循環に陥ることも多いです。

原因3:割り込み

仕事に集中できない多くの人は通常業務以外の割り込み業務に悩まされていることが多いです。上司から呼び出しがあったり、仕事を追加で振られる。得意先から電話がある、同僚から質問されるなど、自分のペースを乱されることで集中力は途切れてしまいます。

仕事をしては中断され、また始めては中断されてしまいすぐに集中することが難しくなります。仕事に集中できない人は特に頭の切り替えが苦手な人が多いため一度中断してしまうと集中力を持続させることが難しくなってしまいます。

また仕事に集中している人にはなかなか話しかけにくいですが、そうでない人には気軽に質問などもできてしまいます。割り込みが多く、集中できない人は他人から暇そうに見られている可能性もあります。

原因4:ミス

仕事をしていれば思わぬところでミスが見つかり、その対応に追われるというのも少なくありません。仕事に集中できない人はミスへの対応が苦手でもあります。

ミスに対応するためには素早い頭の切り替えが必要になります。集中できない人は頭の切り替えが苦手で、ミスの対応にすぐに取り掛かることが出来ません。ミスに対応が出来ても、今度は通常の業務に頭を切り替えるのも遅く、なかなか仕事が進みません。

ミスへの対応自体に大きな労力を使い、頭が疲れてしまっている場合も多いです。一度ミスが起きるとそれだけで手一杯になり集中できない人もいます。

仕事に集中できない人が実践するべき改善方法

集中力は成長の過程で養われていくものなので、訓練次第で身に付けることが出来るものです。それは大人になってからも同じで、鍛えれば誰でも高い集中力を持って仕事に取り組むことができます。

集中力について改善するのは難しいことではありません。日常的な取り組みや仕事の取り組み方を変えるだけで改善することが出来るので、すぐに実践することが出来ます。

時間を決めて行動する

仕事に集中できないのは仕事に対する目標がないからです。目標に決めて、それに向かって突き進んでいくことで集中力は生まれます。集中力を高めるにはクリアできる簡単な目標から設定していく必要があります。

お勧めなのは仕事の時間を区切ることです。何分でこの仕事を終らせるなど、短い時間で目標を設定することで集中して仕事に取り組むことができます。

集中力はいつまでも持続できるものではないので、メリハリをつけることが大切です。短い時間でも集中することで高い成果を上げることは可能です。メリハリをつけて仕事に取り組む癖をつけましょう。

しっかりと休息をとる

何かに集中するというのは実は大きなエネルギーを必要とします。仕事に集中できない人はエネルギーが不足している場合もあるので、適度に休息をとる必要があります。

日常的に激務に追われ集中できない人は仕事の効率を上げるためにも休まなければなりません。また一日の中でも集中した後は少しリラックスの時間を設けることで集中を持続させることができます。

集中状態になると脳が大きなエネルギーを消費するので、休息時には甘いものを食べて糖分を補給することも大切です。アメやチョコレートなどでエネルギーを補給しながら仕事をすれば集中力が切れることもなくなります。

集中すれば仕事が楽しくなる

仕事に集中するというのは高い成果を上げるには必要なことですが、実践できている人は意外と少ないです。それは仕事には集中を妨げる様々な要因があるということが原因です。仕事に集中するためにはそれらと上手く付き合う必要があります。

仕事に集中できないと悩んでいる人でも集中力は鍛えることができます。また仕事への取り組み方次第で、集中の邪魔になる要因を取り除くこともできます。

仕事に集中することができれば短時間で大きな成果を上げることができます。成果を上げれば達成感にも繋がり、さらにモチベーションが上がります。仕事に集中することで良いサイクルを生み出すことができ、仕事を楽しむことができるようになります。

関連記事

Related