Search

検索したいワードを入力してください

自己肯定感が高い人の特徴12選|自己肯定感を高める方法を解説

Author nopic icontakako
性格・タイプ / 2019年03月14日
自己肯定感が高い人の特徴12選|自己肯定感を高める方法を解説

自己肯定感が高い状態って?良いことあるの?

自己肯定感とは、読んで字のごとく、自分を肯定してあげることです。自分を無条件に肯定してあげられるのは、自分しかいません。

自己肯定感が低いと自分を粗末に扱ったり、ネガティブなことしか考えられなくなります。これでは同じ人生の長さを生きるとしても勿体無いですよね。

そこでここでは、自己肯定感が高い人の特徴とその原因から、自己肯定感が高いことによるメリットを紹介します。

自己肯定感が高い人の特徴

自己肯定感が高い人の特徴はたくさんあります。

あなたの周りでもいつでも輝いていて、後ろ向きな発言をしているところを見たことがない人はいませんか?

そんな彼ら、彼女らの特徴とここで紹介する特徴を照らし合わせて見ましょう。もしかしたら、あなた自身もその特徴にいくつか当てはまるかもしれません。

自己肯定感が高い人の特徴①思ったことを伝えられる

自己肯定感の高い人は、自分に自信があるために、自分の意見をはっきりと伝えることができるという特徴があります。自己主張できるのですね。

「こう思われたらどうしよう」「否定されたらどうしよう」「私の意見なんて…」と思ってしまうことがないのです。

自分の意見に責任を持って発言しているので、相手にどう思われようと意見がブレないのが自己肯定感が高い人の特徴です。

自己肯定感が高い人の特徴②失敗を恐れない

自己肯定感の高い人は、失敗することを恐れないという特徴があります。自分に自信があるため、チャレンジを避けずに、むしろ向かっていく傾向にあります。

逆に自己肯定感の低い人は、失敗をすると自分を否定されたと強く思うという特徴があります。そこまで相手は思っていなくても、自己肯定感の低い人は重く受け止めてしまいがちです。

自己肯定感の高い人のように、「チャレンジしなければ成功することもない」思い、チャレンジする精神が大事なのですね。

自己肯定感が高い人の特徴③自分の軸を持っている

自己肯定感の高い人は、自分の中に軸を持っていることが特徴でしょう。それは今まで自分がしてきた経験に誇りと自信を持っているからこその、”ブレない軸”なのです。

この軸が自分という人間を形作り、意見を言う時も自信を持って発言できる基礎となります。この軸は幼少期で基盤として作られるので、朝夕でできるものでもありませんが、訓練次第で作ることができます。

また、一人っ子は親が忙しく構ってもらえないことが多く、自分の世界観や価値観で判断基準を下すので、自分の軸を持っているという特徴に当てはまる人が多いのでしょう。

自己肯定感が高い人の特徴④向上心が高い

自己肯定感の高い人は、自分の裏打ちされた経験により、高いパフォーマンスを発揮させることができるという特徴があります。

そんなにいつも優秀なら、さらに上の目標を立ててみたくなりますよね。なので、自己肯定感の高い人は、高い向上心を持っているのが特徴の1つです。

そのひとの向上心とやる気や頑張りを見ていると、こっちまで元気が出て来ますよね。彼らのやる気を見習い頑張ろうという気持ちになり、自然と活気が出てきます。

自己肯定感が高い人の特徴⑤評価を素直に受け入れる

自己肯定感が高い人は、自分の選んできた人生に自信を持っているのが特徴です。なので、他者から褒められた時に必要以上に自分を低めたりしません。

謙遜はしますが、きちんとその評価を受け止め、自分のしてきたことは正しかったのだと再確認します。このような経験を小さい時から積んでいるので、評価を素直に受け入れることができるというのが特徴になります。

またマイナスの評価に関しても、「何故ダメだったのか」と明確に伝えられると、すんなり受け入れ、今後の糧にします。

自己肯定感が高い人の特徴⑥人と比較しない

自己肯定感の高い人は自分と人とを比較しません。そのようなことをしても意味がないとわかっており、自分がやるべきことを着実にこなす特徴があります。

逆に自己肯定感が低い人は肯定されたい思いが強く、他人の動向に敏感な特徴があります。さらに自分を肯定できないので、他人より劣っていると重く考え落ち込むのです。

自己肯定感が高い人からすれば落ち込んでいる暇はなく、やるべきことをやれば良いのにと思うはずです。

自己肯定感が高い人の特徴⑦ネガティブな言葉を言わない

自己肯定感の高い人は、言葉の力をよく分かっているという特徴があります。「疲れた」「暑い」などを口に出してため息をつくたびに、さらにその思いが強まる経験をしたことがあるはずです。

同じように、ネガティヴな言葉は自分の思考にまで及ぶので、そのような発言は控え、逆にポジティブな言葉を自己肯定感の高い人は口に出すのが特徴です。

そうすることにより自分のモチベーションを高めることができ、良い結果につながることを知っているのですね。

自己肯定感が高い人の特徴⑧明確な目標がある

自己肯定感の高い人は、明確な目標を持っているという特徴があります。彼らは常に目標を立ててはそれを達成するという成功体験を積み重ねてきました。

これにより自信はつき、自分がどの程度できて何が苦手なのかをきちんと認識できているのです。なので苦手なことで失敗しても「前回よりはうまくできた」など、前向きに捉えられる特徴があります。

また、明確な目標があるので他人はどうでもよく、自分のやるべきことに集中できるのです。

自己肯定感が高い人の特徴⑨感情のコントロールがうまい

感情をコントロールするのは難しいですよね。泣きたい時は泣くし、落ち込むとき落ち込むのが普通です。

しかし、自己肯定感の高い人は自分の感情をうまくコントロールできるという特徴があります。もちろん落ち込むことがないことはないですが、公共の場や会社など、場所や状況をわきまえてコントロールできるのです。

感情をコントロールできる特徴がある理由としては、自分にやるべきことや目標が定まっているので、それに突き進むように頑張れるからです。

自己肯定感が高い人の特徴⑩ミスを引きずらない

大なり小なり、誰しもミスをすると落ち込みますよね。そのミスを引きずってしまう人も結構いるのではないでしょうか。

自己肯定感の高い人は、自分でしたミスをあまり引きずらないという特徴があります。引きずることによって得られるメリットがあまりないからです。

特徴として、ミスを引きずるよりも彼らはなぜ失敗したのかを分析します。次回同じ失敗を繰り返さないように、原因を究明します。

これにより、自分の何がいけなかったのかを冷静に受け止め、次回からはミスを未然に防ぐのです。

自己肯定感が高い人の特徴⑪柔軟な対応ができる

自己肯定感の高い人の特徴として、根本的なところで自分に自信があり、「どうにかなる」と思っています。

ですから不測の事態が起きたときにも「どうにかなる」という気持ちで柔軟に対応できるのです。

気持ちの持ちようがすべてではありませんが、できると思って実行すると案外できるもので、彼らはそういった経験を積み重ねてきているのが特徴でしょう。

自己肯定感が高い人の特徴⑫成功体験がある

自己肯定感に裏付けられるものは、成功体験です。

自己肯定感が高い人の特徴として「自分は成功できる」「あの時こうしたから、成功できた」という経験と自信があるために、同じように行動にうつすことができます。

この成功体験は人によります。

昔からなんでもうまくいってきた人は逆にうまくいくことが当たり前であるために自己肯定感が低い可能性がありますし、昔からなにかとうまくいかないことが多かった人は小さい成功により自己肯定感が高まることもあります。

自己肯定感が低い人の特徴

では逆に、自己肯定感が低い人の特徴を紹介します。

きっと自己肯定感の高い人とは真逆の人間的特徴を発見できますよ。あなたは自己肯定感の高い人。低い人、どちらの特徴が多く当てはまるでしょうか。

自己肯定感が低い人の特徴①何か思っても言えない

自己肯定感が低い人の特徴として、自分の言いたいことが言えません。自分に自信がなく、自分の発言で何か責任を感じたくないからです。

また、「自分が意見を言ったところで何か変わるわけでもないし」と諦めの境地に達していて、最初から会話や議論に参加しないことが多いのが特徴です。

それで多少のストレスは溜まるものの、自分の意見が受け入れられない苦しさや辛さに比べれば、伝えることを我慢した方が良いと考える傾向にあります。

自己肯定感が低い人の特徴②失敗を恐れて挑戦しない

誰しも新たなことに挑戦するのは勇気がいりますよね。不安になることもあるでしょう。しかし、自己肯定感の低い人はそれをより強く感じやすいという特徴があります。

「気にしすぎだよ」「案外どうってことないからやってみれば良いのに」と言われたことはありませんか?それはきっとあなたが挑戦することよりも、挑戦して失敗することに恐怖を感じているからです。

あまりそういう経験をしたことがないからかもしれません。

自己肯定感が低い人の特徴③他人に振り回される

自己肯定感が低い人の特徴として、周りに振り回される傾向にあります。

自分に自信がなく、自分の意見や「軸」がないので、周りが言うことに従ってしまいます。

これが恋愛に当てはめると、DVや浮気癖、浪費グセがある人とばかり付き合ってしまい、相手を否定できずに自分を否定して泥沼にはまってしまうのが特徴です。

それでも自己肯定感の低い人は自分が意見するよりは良いと思ってしまうので、周りに振り回されていきます。

自己肯定感が低い人の特徴④「どうせ…」が口癖

自己評価の低い人は、家庭環境的に選択をさせてもらえなかった幼少期があると考えられます。

このような家庭で育った人の特徴として、自分の意見はないがしろにされてしまうので、自分が大切にされてないように感じたまま育ちます。

そうすると、自分がどれだけ意見しようが受け入れてもらえないとわかっているので、最初から意見することをしなくなり、「どうせ…」と最初から諦めモードになってしまうのが特徴です。

自己肯定感が低い人の特徴⑤褒められるのが苦手

自己肯定感の低い人の特徴として、他人から褒められてもその褒め言葉が信用できず、素直に喜べない傾向にあります。

自分に自信がないため、褒められても「いや、自分はまだまだだ」と思ったり、反対に「申し訳ない」と思ってしまうようです。

自己肯定感の低い人は、自分自身で褒めたり評価することができないのが特徴です。なので、他人が自分を褒めてくれることが想像できないのです。

せっかく褒めてもらっても、どうして褒めてくれるのかが分からず、逆に「うまいことを言って、何か利用しようとしているんじゃないか」と疑ってしまうことすらあるのです。

自己肯定感が低い人の特徴⑥他人の評価に過敏

自己肯定感の低い人の特徴として、周りの目を気にしすぎる傾向にあります。

自分に自信がないため、自分が下した決断さえも、自信が持てず不安になってしまうのが特徴です。

また、自分のしたいように行ったとしても、周りの評価が気になったり、周りに迷惑をかけていないか、周りからおかしいと思われていないかを気にして不安になってしまいます。

その結果、本当の自分を出すことができず「周りに受け入れてもらえる自分」を模索して演じてしまいがちです。

自己肯定感が低い人の特徴⑦ネガティブな言葉を用いがち

自己肯定感の低い人の特徴として、ネガティブな言葉を好みます。自分の自信のなさを表現するのにピッタリだからです。

そうしてネガティブな言葉ばかり選んで発言しているうちに、本当にネガティブな気持ちになり、またネガテイブな言葉を言って、そのループにはまる特徴もあるでしょう。

ネガティブな言葉を発している人があなたの周りにいたら、もしかしたら自己肯定感の低い人かもしれませんね。

自己肯定感が低い人の特徴⑧いつも不安を抱えている

自己肯定感の低い人の特徴として、自分に自信を持つことができないため、いつも何かを心配し不安を抱えています。

もう完了した仕事や、過ぎ去った過去の出来事に対しても不安になり、いつまでもうじうじ悩んでしまうことすらあります。

今悩んでも仕方なくても、不安で不安で仕方がないのです。

こうした心配の度合いが普通の人よりも高いので、どこまでいっても安心することができないのが特徴です。

自己肯定感が低い人の特徴⑨人に依存する

自己肯定感の低い人の特徴として、自分に自信がないために、他人に同調しようとします。

その意見がいくらおかしなものであっても、身勝手なものであっても、自分に自信がない以上否定できません。

「自分の意見よりはマシだろう」とひくつになり、考えることを放棄するのです。

そしてハッキリ意見の言える人に同調し、その人に依存したくなってしまうのが悪い特徴です。

自己肯定感が低い人の特徴⑩必要以上に自己否定する

自己肯定感の低い人の特徴として、必要以上に自分を否定してしまう傾向にあります。

周囲で起きたトラブルでさえ、自分と関連付け、まるで自分に原因があったかのようにとらえてしまうのです。

自己肯定感の低い人は、自分自身を否定する癖がついてしまっているのが特徴で、誰かの失敗も自分の失敗のように思います。

こうした習慣が染みついているので、なかなか自分を評価し、認めてあげることができません。

自己肯定感に影響を与える4つの原因

ではなぜこのように自己肯定感が高い人と低い人が出来上がるのか、その違いはなんなのか、原因など気になりますよね。

実は、幼少期にトラウマや原因があることが多いことがわかりました。
さて、どのような幼少期を過ごすと、自己肯定感の高い・低い大人に育つのでしょうか。

自己肯定感に影響を与える原因①親に愛情を持って育てられたか

自己肯定感の低い人は、主に人格形成に重要な時期である幼少期に、親に褒められる経験が少なかったことが原因でなります。

原因としていつでも味方であるはずの親に褒められずに育ったのなら、自分を肯定できずに、自信を持てないのも無理ありませんよね。

親がしっかり褒めて、「いつでもあなたの味方だよ」と無条件に愛してあげると、自然と子供は「自分は愛されている」という自己を肯定することができます。

また、一人っ子は親の愛情を一身に受けるので否定されることがあまりない環境で育ってきたので、自己肯定感が強い傾向にあります。

自己肯定感に影響を与える原因②選択権を与えられてきたか

親に褒められる経験が少なかったということ以外にも、幼少期や成人するまでに、選択肢を与えてもらえなかった・選択権がなかったようなことも、自己肯定感が低い原因でしょう。

自分で決めることを任されずに、親がすべて決めてしまうので、自分が決断することによって発生した結果やその責任を経験せずに育ちます。これは一人っ子に多い特徴といえます。

逆に自己肯定感が高い人は、親に決められたことを拒んだり、「これをしたい!」と自ら洗濯して行動する機会が多かったのが原因でしょう。

自己肯定感に影響を与える原因③良い環境の中で教育を受けたか

教育を受ける環境によっても自己肯定感の高低差は生まれます。

例えば「あれをしろ」「これをしろ」と押し付け、それをこなさせるだけの勉強をしてきたなら、自分で選んで学んだことではないので自信を持って学んだことのパフォーマンスを発揮できない原因となります。

逆に「なにがしたい?」と子供に聞いてする勉強は、その子の興味のある分野をさせるので、どんどん吸収していきます。また、自分の興味のあることは人から否定されても反論できるくらい好きなのだと自覚でき、他人の目が気にならなくなります。

自己肯定感に影響を与える原因④学生時代に良い経験ができたか

学生時代、いわゆる思春期の経験は自己肯定感の原因に強く影響します。

学生時代は友人との関係で社会生活を学ぶ時期です。うまく友人関係をつくることができなかったりすると、それが原因で自己肯定感は低くなってしまうでしょう。

逆に部活動で仲間と練習に励み勝利をつかみ取ったり、ライバルと競い合ってレギュラーを勝ち取った経験があれば、成功体験として自己肯定感を高めるきっかけになります。

自己肯定感を高める方法8選

自己肯定感が低いと、何をするにしても自分に自信がなく、自分の殻に引きこもりがちです。

自己肯定感の高いキラキラした人を見て憧れてきた人も多いのではないでしょうか。

自己肯定感の高い人は、生まれつきそうだったわけではありません。ここでは自己肯定感を高めるためにできる方法についてまとめています。

自己肯定感を高める方法1:前向きに考える癖をつける

自己肯定感を高める方法として、前向きに考える癖をつけるということです。たとえば何か失敗してしまったとき、落ち込んで嫌なことばかり考えてはいませんか?

反省するのは大切なことですが、反省することと自分を否定することは違います。失敗した事実は変えられませんし、大きな失敗であったとしても、失敗から学べることが必ずあります。

現実を受け止め、今後どうしていくのかを考えるきっかけにしましょう。

自己肯定感を高める方法2:冷静に考える

自己肯定感を高める方法として、冷静に考えることです。自己肯定感の高い人はいつでも明るくて輝いている印象ですが、常にクールな人だって自己肯定感の高い人はいます。

特別ポジティブにならなくても良いのです。問題が起きたとき、混乱したり自信のなさから後ろ向きになったりせず、冷静に考えてみましょう。

自己肯定感を高める方法として冷静に頭を働かせてみれば対処法がきっと見つかります。この積み重ねが自己肯定感を高くしてくれるのです。

自己肯定感を高める方法3:目標を立てる

自己肯定感を高める方法として目標を立てることです。また、自己肯定感を高めるために必要なことは、成功体験です。

この成功体験をするために、まずは目標を立てましょう。目標を立てただけでは何も成功ではありませんが、目標を達成できればそれは成功です。

習慣作りでもダイエットでも仕事でも良いです。まず、自己肯定感を高める方法として簡単な目標から立てるのがポイントです。

小さな目標を達成するうちに、自分に自信がついていくはずです。

自己肯定感を高める方法4:自己肯定感の高い人に刺激をもらう

自己肯定感を高める方法として、自己肯定感の高い人に刺激をもらうことです。周りに自己肯定感の高い人と聞いて思い浮かべる身近な人はいますか?いるのであれば、その人と会ってみましょう。

自分の抱えている問題を話してみれば、自己肯定感の高い人の考え方をアドバイスとして教えてもらえます。

事態をあまり深刻に考えていないようなアドバイスをもらうかもしれませんが、それはあなたが思っているよりも深刻な事態ではないということです。

自己肯定感を高める方法5:自分を愛してあげる

自己肯定感を高める方法として、自分を愛してあげることです。自己肯定感が低いということは、自分に価値を感じていないということです。

自己肯定感が低いと生きづらいですが、それは悪いことではありません。存在に価値がない理由にもなりません。誕生した時点で愛される価値のあるすばらしい人間なのです。

本来はそれを一番に親が教えるものですが、教えてもらえなかったか、伝わらなかったために自己肯定感が低くなったのでしょう。

高める方法として自分で自分を愛し、とことん認めて大事にしてあげましょう。

自己肯定感を高める方法6:褒めてもらう

自己肯定感を高める方法として、褒めてもらうことです。褒めて!と突然お願いするのは恥ずかしいですが、あなたの気づかない長所を周りの人はよく知っているものです。

褒めてもらうことで自信をつけるのも、ひとつの方法です。

または自分の得意分野を発揮できる場所にいってみましょう。それはインターネット上の掲示板などでも良いです。

称賛や感謝があなたにとっての自信になっていきます。

自己肯定感を高める方法7:良いことを思い出す

自己肯定感を高める方法として、良いことを思い出すことです。良いことよりも悪いことの方が記憶に残りがちですが、自己肯定感の低い人は特に悪い方を思い出すことが多いのではないでしょうか。

悪いことの方がインパクトが強いのは、良いことに比べて悪いことの方が少ないからです。今までに笑った回数と怒った回数、泣いた回数を比べてみれば、笑った回数の方がきっと多いはずです。

自分を幸せにするのは自分です。自己肯定感を高める方法として、幸せなことを思い出すようにしましょう。

自己肯定感を高める方法8:環境を変える

自己肯定感を高める方法として、環境を変えてみることです。あなたが自己肯定感が低い原因は、もしかしたら今の環境のせいかもしれません。

毎日怒られたり否定されたり、自分の意志が尊重されない環境にいるのであれば、自己肯定感が低くなっても仕方ありません。

また、無理に自己肯定感を高めようと努力をしても疲れ果ててしまうかもしれません。

原因が会社なら方法として転職を考え、学校なら少し休むことを検討しても良いでしょう。

自己肯定感を高めて人生を豊かに

いかがだったでしょうか?

自己肯定感は、すぐに高められるものではありませんが、高める努力をすることで、生きにくさを感じていた気持ちがほっと和らぐ瞬間があるかもしれません!

比べない、自分らしい生き方を選択していきましょう。

関連記事

Related