Search

検索したいワードを入力してください

寛容な人と不寛容な人の違い・特徴と心理・寛容を持つ方法

Author nopic icon愛香
性格・タイプ / 2018年01月19日
寛容な人と不寛容な人の違い・特徴と心理・寛容を持つ方法

寛容な人

寛容な人って精神的に大人のイメージがあったり、心がとても広い人というイメージがあったりと、とてもいいイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし、寛容な人って一体、どうしてそんな風に寛容でいることができるのでしょうか。その理由や寛容な人の心理や特徴、また、寛容な人になるにはどうしたらいいのかなどを順番にお伝えしていきます。

寛容の意味

寛容な人になるためには、まずは寛容の意味を理解しておかなくてはいけません。寛容とは、心が広く、よく人の言動を受け入れることです。また、人の失敗や罪を厳しく責めたりはしないことを意味します。

寛容な人の心理

寛容な人は人の意見もきちんと受け入れたり、また、人が失敗したとしても、あまり責めることはしません。一見、八方美人のように見えたりすることもあるでしょう。しかし、寛容な人が人の意見を例え自分と違った意見でも受け入れられます。

また、人が失敗してもあまり責めることをしないのは、それだけきちんと自分というものが確立されているからです。こういったことから寛容な人の心理には、「自分というものがしっかりと確立している故に、他者に対して受け入れる余裕がある」ということになります。

寛容な性格の特徴

寛容な性格の特徴には、
・人に共感できる
・常に相手の立場になって物事を考えようとする
・誰に対しても平等で優しい
・責任感が強い
・自分の意見を持って相手の意見に流されない

などがあります。心理的な余裕が他者を受け入れたり思い遣る性格に繋がり、また自分をしっかりと持っているからこそただ相手の話を聞いて自分を見失わない性格が築かれるのでしょう。

寛容な心を持つには

寛容な心を持てると日常生活の中で苛々することが少なくなり、また、いつも態度が変わらないということから周りからも好意をもたれやすくなります。それでは、寛容な心を持つにはどのようにすればいいのかを具体的に幾つかご紹介していきます。

言いたいことをすぐ口にしない

人に対してすぐに言いたいことを口にしてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、寛容な心を持っている人はすぐに言いたいことを口にはせずに一旦、頭の中で整理してから発言します。

自分はすぐに人に対して何でも思ったことは口にする方だと思われる方は、言いたいことを飲み込み、こんな発言したらこの人はどう思うのかなと考えてみてから発言するようにされるといいでしょう。そうしていくことで段々と寛容力がついていきます。

人と比べない

寛容な人は自分と人を比べたりはしません。もちろん人に対してある箇所は羨ましいなと思っているかもしれませんが、決して妬んだりはしません。人は人、自分は自分だという価値観がしっかりあるからです。

人と比べてしまうという方がいらっしゃれば、人と比べることをやめてみましょう。そうすることで気持ちが穏やかになり寛容力も身についていきます。

人に優しくすることを心がける

1日1つでもいいので、何か人に優しくしたなと自覚できることをしましょう。小さなことでいいです。例えばゴミ捨てに行く時に職場の人の分も一緒に捨ててきてあげたり、いつも家族に任せている家事を手伝ってみたりということでいいのです。

小さなことでも1日1つはするようにしましょう。そうすることで周囲の状況や人がしてほしいことなどが解り、寛容力も身についていきます。

苛々しない

寛容力をつけるためには苛々しないでいることも大切です。案外、人は見た目では解らなくても内心、些細なことで苛々していたりします。

自分もそうだなと感じる部分がありましたら、最初はどれくらいの期間、苛々しないでいられるかなどを意識してみてください。なるべく苛々する回数を減らすようにしていく事により、少しずつ寛容な心が身についていきます。

客観的に物事をとらえる

大半の人は、親や先生や上司などから怒られた時に腹を立てるものです。しかし、そこをぐっと堪えて、何故、怒った相手はそんな風に自分に怒ったのかなどの理由を考えていくようにすると、本当は相手が自分のことを思ってくれてるからこそなんだとむしろ怒ってくれたことに関して感謝さえできるような時もあります。

そこで何かあった時にはすぐに自分の感情に向くのではなく、相手のことなどを考えるようにしましょう。そうすることで段々と寛容力が身についていきます。

深呼吸をする

寛容な心を持つために深呼吸をするってどういうことなのだとと思ってしまいますが、深呼吸すると、何かあった時などに気持ちが落ち着くのです。寛容な心を持っているということは常に穏やかな心でいられるということでもありますので、感情が昂りそうになった時は深呼吸をして、気持ちを落ち着かせましょう。

自分も完璧ではないことを思い出す

誰かが仕事で失敗して、自分がその仕事の尻拭いをしなければならなくなったりしたら、腹が立つこともあるでしょう。しかし、おそらく自分が生きてきた中で全てのことに置いて、失敗したことがない人なんていないはずです。

誰かが失敗して例え自分に飛び火が回ってきたとしても、自分だって失敗したことあったし、完璧な人なんていない。そんな風に考えて人の失敗に対して怒りや憤りを感じないようにします。人の失敗を許していくとかなりの寛容力が身についていきます。

自分のルール、人のルールと割り切る

人は様々な環境で育ちます。様々な環境で育つと、当然価値観なども人によって様々なものが生まれてきます。

価値観が違うということは色んなことに対してのルールも違うということですので、例え自分が納得いかないようなことを人がしたとしてもすぐに否定はしないで、まずは相手の背景などを考えてみましょう。そうしてみることで寛容力がついていきます。

自分の生活にゆとりをもつ

意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、寛容な心を持つために一番必要なのは自分の生活にゆとりをもつことです。自分の生活にゆとりをもつことはどういうことかというと、バランスのとれた食事をして、自分が好きなことをする時間をもち、質の良い睡眠をとることです。

そうすることで心と体が整えられ常に穏やかにいることができます。苛々していると寛容な心を持つことはできないので、自分の生活にゆとりをもつことが寛容な心を持つための基本ともいえます。

瞑想する

寛容な心を持つには深呼吸するといいと先程、ご紹介しましたが時間が取れるようなら瞑想はもっとお薦めです。寛容になれない人はいつもせっかちな感じを受けます。瞑想をすると最初のうちはよく解らないかもしれませんが続けていると段々と気持ちにゆとりが出てきます。

寛容な人と不寛容な人の違い

寛容な人がいる一方で、当然不寛容な人もいます。ここまでは寛容な人についてお伝えしてきましたが、それでは不寛容な人とは一体どういう人なのでしょうか。不寛容な人のことも少しお伝えしていきます。

不寛容な人

不寛容な人は寛容な人とは真逆で、人からの発言や自分とは違った意見を受け入れることができません。そして、やはり寛容な人とは真逆で、人の失敗などを容赦なく責めたりします。また、自分の価値観が全てだと思っているので、自分以外の価値観などを受け入れようとする部分がありません。

また、こんな風に不寛容になってしまったのにはその人が生活してきた環境によることもあります。

寛容な人の特徴|寛容になる方法・おすすめ本

寛容な人と不寛容な人の違い・特徴と心理・寛容を持つ方法

ここからは寛容になるために役立つ本のご紹介をします。今回、ご紹介させていただく4冊の本は寛容力をつけるために読むのは勿論ですが、他にも日常生活や仕事のことでも役立つことが書かれていますので、是非読んでみてください。また、本を読まれることにより、新しい発見などもあるかもしれません。

寛容になるために役立つ本の紹介

寛容力のコツ:ささいなことで怒らない、ちょっとしたことで傷つかない

「寛容力のコツ:ささいなことで怒らない、ちょっとしたことで傷つかない」の著者は、下園壮太さんです。寛容になれない理由や寛容になるために実践するべきことか書かれています。また、著者の下園 壮太さんは今、最も予約が取れないと言われている心理カウンセラーの方です。

寛容力~怒らないから選手は伸びる

「寛容力~怒らないから選手は伸びる」は、渡辺久信さんが書いた本です。2008年に埼玉西武ライオンズの1軍の監督に就任して見事、1年目でチームを日本一に導いた元プロ野球選手の渡辺 久信が書かれたもので、若い選手を指導する時は寛容力が大事だということが書かれています。

発売日がかなり前なのですがAmazonで買えたり、図書館にもあるかもしれませんので、興味をもっていただけましたら是非、読まれてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

私は今心の勉強をしています。その恩師が寛容力がある人です。この本を見たとき自分の大好きな恩師と考え方が似ていると思いこの本を購入しました。

素直な心になるために

「素直な心になるために」は松下幸之助さんが書かれた本です。寛容という言葉はタイトルに入っていませんが本の内容が互いにせめあい、非難しあって暗い心で生活していくよりもあたたかな心を通わせゆるしあい、励ましあっていこうというもので、寛容になるためにも読めば役立ちます。

Blockquote firstBlockquote second

・とても読みやすいのがこの本の特徴です。どこから読んでもOK。
・枕元に置いて、いつでも読める状態にしておくべし!

感情的にならない本

「感情的にならない本」は、精神科医である和田秀樹さんが書かれた本です。この本のタイトルにも寛容という言葉は入っていませんが寛容力をつけるためには感情的にならないことは不可欠ですので、この本の内容は寛容力を身につけるには凄く役立ちます。

感情的にならないための技術などを精神科医の著者が書いていることからもお薦めです。

Blockquote firstBlockquote second

感情の法則、感情的になるケースとその対処法、平常心の保ち方、パニックを避ける方法、
クヨクヨしない技術など分かりやすく実践しやすく解説している役立つ内容です。

寛容と寛大の違い

ここでよく間違われる寛容と寛大の言葉の意味についてお伝えします。言葉も意味合いもよく似ていますが、大きな違いがあります。寛容とは「人に対して深く許せる心を持っていること」です。寛大とは大きな心という意味が含まれていますが、人を許せるという意味は含まれていません。

もちろんどちらも人として素敵な要素ですが、意味が違うので覚えておきましょう。

寛容な人になれたら

寛容な人と不寛容な人の違い・特徴と心理・寛容を持つ方法

寛容な人についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。寛容力がつけば、何かあった時にも慌てることなくいることができたり、誰かに横暴な発言や態度をとられたりしても、感情的になることはありません。また、いつも穏やかでいることにより、周りの人からも感じのいい人だなと思われたり、人としての好意をもたれることも多くなるでしょう。

寛容力を身につけたいと思ったら、是非、今回の記事で幾つかご紹介した寛容な心を持つためにすることを実践されてみてください。そして、ますます魅力的な、素敵な自分になって、輝きのある素晴らしい人生を送っていきましょう。

関連記事

Related