Search

検索したいワードを入力してください

「落ち着き」がある人の性格と特徴|ない人との違い・長所と短所

Author nopic iconとつ
性格・タイプ / 2019年06月14日
「落ち着き」がある人の性格と特徴|ない人との違い・長所と短所

落ち着きがある人とない人の違い

どっしりと構えて落ち着き払っている人もいれば、いつもそわそわしていて落ち着きがない人もいます。今回は、落ち着きがある人とない人の、何がそうさせているのか、両者の違いについて詳しくみていきます。

落ち着きがある人って?

落ち着きがある人は、何事も動じないで判断力に優れているイメージがあります。周囲をよく観察していて的確な発言や行動ができます。自分の考えに軸があり、ぶれることがありません。

物事を進める順序がきちんと確立されています。途中で不必要に再チェックをしたり、不足しているものを足しこんだりする手間はありません。そのため効率的に短時間で済ますことができます。

どっしりと構えているため、安定感や安心感があります。周囲から信頼され、頼りにされる一面があります。

落ち着きがない人って?

一方、落ち着きがない人は、そわそわとした仕草が特徴的です。いつも慌てている様子が目立ち、早口でまくし立てる傾向があります。時には何を言っているのか分からない場合もあります。

あちこち振り回されている自分にイライラし、周囲に話しかけられると、きつくあたったりして反感をかうことも少なくありません。

気を遣っている様に自分では思っていても、必要なことだけでなく必要でないことまでをあれこれと考えてしまいがちです。行動や発言が右往左往して、状況はそれほど進んでおらず、手間ばかりかかっている割にはミスを起こしやすくなってしまいます。いつも危なっかしい印象を与えてしまうため、周囲からは安心して任せられるとまではいかない結果を招きます。

落ち着きがある人の中身を探ろう!

落ち着きのある人の傾向は先にお話しましたが、ここからは更に掘り下げて性格や長所や短所にクローズアップしていきます。

話し方がゆっくりである

落ち着きのある人の性格として挙げられるものは、まず話し方です。人が聞きやすい速さで声のトーンがあまり変わらない話し方をします。いつ話を聞いても同じテンポなのが特徴です。
言葉を選んで、文脈を考えながら話をするのでこのようなテンポになるのです。

要点や核心を掴む

例えば、失敗してしまった時の原因を冷静に分析して、今何をすべきかを的確に考えたり話すことができます。何か困ったことがあっても、それに関する答えが多種多様に用意されていて、どの答えにするかを迷わず決めることができます。

経験が豊か

冷静沈着で落ち着きのある人が持っている最大の道具は、この経験です。若い時に苦労や勉強をして自分なりに築いた引き出しを作り続けています。そのため、新しいブームやトレンドに直面しても土台となる経験がありますから、肉付けは簡単です。

経験があるため、不測の事態に直面しても動じることが殆どありません。

多彩な引き出し

豊かな経験に裏付けされた多くの引き出しがあります。中身は時代とともに増えていく一方、様々な経験から話題が豊富で、多様な人との会話に対応できます。

落ち着きがある人の長所

落ち着きのある人は、その風貌や雰囲気からどんなシチュエーションでもフレキシブルに対応できます。信頼度も高いため、重要な作業なども任されたりします。ミスも少なく、一度経験するとミスをすることはないので、周囲に安心感を与えます。

的を射た話し方をするため、相手は容易に内容を理解します。そのためコミュニケーションを円滑に行うことができます。

落ち着きがある人の短所

反面、落ち着きがある人の短所といえば、感情の起伏が少ないため周囲からは冷たい印象を受けることがあります。年上の方からは落ち着き払っている態度が生意気と見えてしまったり、見栄っ張りと思われることもあるかもしれません。

しかし、長所と短所は表裏一体です。長所は短所、短所は長所となり得るので気にする必要はありません。

落ち着きがない人から脱出したい!

落ち着きがない人でありたいと考えている人は、まずいないでしょう。いつもバタバタしていてミスを繰り返したり怒られたりしてしょげてしまう状態から脱出する方法を考えます。

落ち着いた人をめざそう!

いかがでしたでしょうか。落ち着きのある人は、周囲に安心感をもたらします。自分が困っていたら、手助けしてもらえる、必要な知識を与えてくれる、正しい方向に導いてくれるなど様々な魅力に溢れています。その背景には努力して苦い経験を踏んだ蓄積が存在し、各々がシナジー効果によって生み出されているのです。皆さんの先輩や上司に落ち着いた人が多くいるのも、そのためです。落ち着きのない自分の姿を悔んだり、しょげてしまっているだけでは成長のチャンスを自ら逃しているだけです。

落ち着きを持つことは決して難しいことではありません。心がけ次第で変えていくことはできます。自分が落ち着きがない場合は、落ち着きがある人のエッセンスを心がければよいですし、周囲にそのような人がいれば、アドバイスをしてあげるといいのではないでしょうか。落ち着きがない人は、今が成長の途上にあるということです。俯かず前を向いて進みましょう。