Search

検索したいワードを入力してください

人誑しの人の特徴と性格・人たらしは褒め言葉?人たらしが好かれる理由

Author nopic iconYukka
人間関係 / 2018年01月19日
人誑しの人の特徴と性格・人たらしは褒め言葉?人たらしが好かれる理由

「人たらし」とは?

もともとは悪い意味だった、「人たらし」の意味

「人たらし」という言葉は、本来「人を騙すこと」や、「人を騙す人」という意味で使われます。もともとは悪い意味の言葉ですが、最近は良い意味で使われることが多いようです。最近「人たらし」と言うと、「人懐っこい人」や「人の懐に入るのが上手な人」という意味を思い浮かべる方の方が多いかもしれません。今は「人を騙す」というような悪い意味ではなく、「相手にとって気持ちの良いコミュニケーションができて、人に好かれる人」という意味で使われるのが一般的です。

今回は、「多くの人から好かれる」という良い意味の「人たらし」の人の特徴や、人たらしが好かれる理由、人たらしになる方法について見ていきましょう。

人たらしの人の特徴や性格

ここでは、人たらしの人の特徴・性格をご紹介します。

ポジティブ

話していて否定的な言葉が多かったり、愚痴や人の悪口が多い人とはなるべく一緒にいたくありませんよね。人たらしな人は「相手にとって気持ちの良いコミュニケーション」ができる人のことなので、一緒にいてネガティブな会話よりも、ポジティブな会話をすることが多いでしょう。

誰にでも同じ態度で接する

相手の立場や自分で決めた優劣によって態度を変える人は、「人たらし」とは言えません。上から目線でぞんざいに扱われた人はもちろん、「自分に媚びているな」と感じるのも、いい気持ちはしません。相手のことを自分の物差しで決めつけず、フラットな目で相手の良さを見つけられる人こそ、多くの人に好かれる「人たらし」と言えるでしょう。

礼儀がちゃんとしてる

「相手との気持ちの良いコミュニケーションができる人」は、礼儀をわきまえています。初対面からタメ口を使ったり、偉そうな態度取ったり、呼び捨てにするなど...礼儀正しくない態度をとっていると、それ以降フィルターがかかり仲良くなれる可能性は低くなります。

また、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉にもある通り、親しくなったからといって態度を変えるのもよくありません。あまりにも礼儀正しすぎて堅苦しいと、仲良くなりづらいこともあるでしょう。しかし、「人たらしな人」は、礼儀をわきまえつつ心地よいコミュニケーションが取れるのです。

連絡がマメ

頻繁に連絡をくれたり、連絡をするとすぐにレスポンスを返してくれる人には好感を持てます。「人たらし」な人は、なるべく多くの人と会うチャンスを作るため、よく連絡を取ることを心がけているのです。

人たらしは褒め言葉?

近年使われている「人たらし」という言葉は、多くは悪い意味は含まれず「人に好かれる人」「人懐っこい人」という意味があると言いました。多くの場合は誉め言葉として使われる言葉です。

しかし、「人をだます」という意味で認識している人も中にはいるようです。「女たらし」という言葉のように、悪い意味で使う人もいるということを覚えておきましょう。

人たらしが好かれる理由は?

「人たらし」な人が好かれるのには、「相手と心地よいコミュニケーションができる」という理由があります。楽しく会話ができる人や、一緒にいて落ち着く人を嫌う人はいません。

「人たらし」な人は、常に目の前の相手に関心があり、「相手を知りたい」という気持ちがあります。そのような気持ちは、人が人と仲良くなる時、人が必ず抱いている思いです。しかし、誰しもすべての人と「仲良くなりたい」と思うわけではありません。しかし、「人たらし」な人は、心がオープンなため、「仲良くなりたい」と思える人が多いのです。そのため、実際に多くの人と仲良くなることができ、それが好かれることに繋がるのです。

人たらしになるには

「人たらし」になるには、「相手との気持ち良いコミュニケーション」をすることが大切です。ここでは、「心地よいコミュケーション」をできるよう、心がけるとよいことを中心に、「人たらし」になる方法をご紹介します。

相手の名前をたくさん呼ぶ

会話や挨拶など、コミュニケーションの中で自分の名前を呼ばれると親近感を感じ、心を開いてくれた、という気持ちになれます。名前を呼ぶことが距離を縮めることに繋がるので、できるだけコミュニケーションの中で相手の名前を呼ぶことを意識してみましょう。

また、名前を呼ぶことは「自分のことをしっかり見てくれている」と思わせる効果があり、逆に相手も自分を「受け入れよう」としてくれるという効果があります。そうすると自然と距離が縮まり、誰とでも仲良くできる人、つまり「人たらし」な人になれます。

笑顔の印象をつける

相手と会話している時、表情が怖かったら気を遣ってしまいます。「心地よいコミュニケーション」をするために、笑顔でいることを心がけましょう。笑顔は、「あなたのことを受け入れます」という意思表示でもあります。気持ちを込めて、常に微笑むことを意識してみましょう。

また、笑顔だけでなく驚いた時はびっくりした表情、悲しい話を聞いた時は悲しい表情など、豊かな表情ができるよう心がけてみてください。表情がころころ変わる人は、リアクションが豊かで一緒にいて楽しいし、可愛げがあります。リアクションがあると「自分の話を理解してくれている」と思わせ、「心地よいコミュニケーション」が実現できるでしょう。

相手を受け入れる姿勢を持つ

まずは、相手を受け入れましょう。自分の考えを否定されたり、会話の中で何度も否定から入られるといい気持ちはしません。まずは相手の考えを受け入れて、気持ちを考え発言するようにしましょう。

考えがあって、相手のことを否定する場面があるとしても、一度受け入れ相手の気持ちを考えた発言であれば、仲が悪くなったりすることはなく、むしろ本音の会話ができるという意味で「心地よいコミュニケーション」ができるといえます。

初対面で会話をする時も、偏見を持たずできるだけオープンな心で接するようにしましょう。どんな人なのか受け入れようという気持ちで接するだけで相手の反応も変わってきます。

聞き上手になる

相手の話を聞くことは、「心地よいコミュニケーション」の第一歩といえるでしょう。会話中にリアクションがなかったり、アイコンタクトがなかったりすると、「もっとこの人と話したい」という気持ちが薄れます。会話中、テレビやスマホなどに夢中になりすぎるのはもってのほかです。

聞き上手になるために心がけてほしいのが、「この人のことを受け入れよう」「もっとこの人のことが知りたい」という気持ちを持つことです。そのような気持ちがあれば、自然と目を見て、相手の話を聞く姿勢になるでしょう。自然と質問も浮かび会話も弾みます。会話が弾めば、また会う機会ができるかもしれません。

自分から連絡をとる

連絡を待たず、自ら連絡することを心がけましょう。特に関係がまだ深くない場合は、相手もこちらに連絡するのを躊躇しているかもしれません。自分から連絡をしたり、相手を誘って会話する機会を作りましょう。

また、「人たらし」になるために、多くの人に会うことが大切です。いろんな人に出会う中で、必ず気の合わない人もいることでしょう。本当に仲良くなれる人を見つけるためにも、多くの人に出会い、人とコミュニケーションをとる機会を自ら増やしていくことが大事です。

人たらしになろう!

自分が「楽しい!」人生を送るために

いかがでしたでしょうか?ここまで、「人たらし」の意味からその特徴、また「人たらし」になるにはどうしたらいいかについて見てきました。

「人たらし」になることにより、あなたと会話をする相手も、そして「人たらし」な自分も楽しくコミュニケーションをとることができます。それは、楽しい時間を過ごせるだけでなく、恋愛や仕事のチャンスにつながっていくのです。

しかし、もちろん無理は禁物。努力しても仲良くなれない人と無理に仲良くなろうとしたり、好かれようとする必要はありません。

あなたが「人たらし」になれば、自然とあなたが「好き」と思える人に出会い、あなたにとっても「心地の良いコミュニケーション」ができるようになるでしょう。あなたと、あなたの周りの人のためにも「人たらし」を目指してみてください。