Search

検索したいワードを入力してください

一白水星の人の性格の特徴|ラッキーカラー・方位・相性

Author nopic iconゆあもも
占星術 / 2018年01月19日
一白水星の人の性格の特徴|ラッキーカラー・方位・相性

一白水星は九星気学の本命星のひとつ

九星気学とは四千年の歴史を持ち、552年に中国から日本に伝来後、明治42年に園田真次郎によって気学と命名され広まりました。生まれた生年月日の九星と干支、五行を用いて運勢や方位、その人の持つ性格や開運方法を導きだす占星術であらゆる占いの基礎になっていると言われています。

●以下の生まれの方は一白水星にあてはまります●
・1936年(昭和11年生)
・1945年(昭和20年生)
・1954年(昭和29年生)
・1963年(昭和38年生)
・1972年(昭和47年生)
・1981年(昭和56年生)
・1990年(平成2年生)
・1999年(平成11年生)
・2008年(平成20年生)

※ただし九星気学では1年を立春より節分までとするため、1/1~立春の前日までに生まれた方はその前の年の九星に分類されます。

一白水星の人の性格と特徴・運勢・基本情報

一白水星のキーワードは「水」

九星気学の中で唯一「水」の特徴を持つ、一白水星は、こんこんと湧き出る澄んだ水・ため池のように動かない水・雨が降ったあとの川の激流・海に流れつく穏やかな水です。環境によっては氷のように冷たく変化することもあります。このことから陰気なイメージを与える時もありますが、水は生命の象徴であり、水の恩恵なしではほとんどの生物は生きていくことができません。一滴の湧き水から大きな海の雄大な水まで、変幻自在なため九星気学の中で最もパワーがあるとされています。

一白水星の持つ運勢

一白水星を本命星に持つ人は水のように姿を変える特徴を持つため、一つの所に留まるのは苦手です。一生を通じて環境の変化が多い運勢とも言われており、住居・仕事の変動、早くから親と離れて他の土地で生活するなどの道を歩みます。そういった環境の変化の中で粘り強い忍耐力と自立心が養われ、自分自身で運命を切り開く運勢と言えます。従って、実家の稼業を継ぐというよりも故郷を離れて仕事に就いたり、自分自身が思う仕事を選ぶことが開運方法になるでしょう。

一白水星の人の性格と特徴

一白水星の人は表面が柔らかく親しみやすい性格をしている人が多いようです。これは臨機応変な対応を得意とする一白水星独特の雰囲気で、人の心や感情に敏感であるため、相手の性格に合わせて姿を変えます。「性格がころころ変わる」「つかみどころがない」と言われるのはこのためです。また人に合わせるのが得意がゆえに自分の本心を隠す秘密主義な面も合わせ持ちます。本心を割って話せる人が少なく、親友が少ないのも一つの特徴です。

環境の変化が多い運勢として前項でも紹介しましたが、独立心が養われるため忍耐強く我慢する性格でもあります。我慢のし過ぎでパワーが内に溜まりすぎ、時に爆発してしまうことも。津波や豪雨、水鉄砲のように破壊的なパワーになる前に息抜きをする方法を学ぶといいでしょう。

一白水星の恋愛面における性格の特徴

一白水星は相手の心を敏感に察知し合わせるのが上手い性格のため、九星気学の中でもモテ体質といえるでしょう。しかし、警戒心は人一倍強く心を開くまでに時間を要します。誰とでも仲良くできる反面、一定の距離を保ち深入りはさせない、という二面性が強い性格でもあるのです。

逆に一度心を開き自分の懐に入れた人はとても大事にし、相手を尊重します。恋愛モードに入るのが他の九星に比べてゆっくりなため、一度好きになると相手を独占したがる傾向もあります。

そして、気を付けることとして「環境の変化を好む」性格がこと恋愛においても発揮される場合があります。中途半端な好きという感情で恋人関係になってしまうと目移りしてしまい、「次に流れる場所」を探してしまいます。二股・三角関係といった泥沼な恋愛にならないようにしましょう。

一白水星のラッキーカラー

一白水星のラッキーカラーは「白」と「黒」にです。水の性質のため、「水色」「青」も決して相性は悪くはありませんが、白には「金」の気も含まれており、これは五行の考えから来ています。

①木は燃えて火を生じ
②火は土(灰)を生じ
③土中からは金(鉱石)が生じ
④金(岩)から水が生じ
⑤水は木を生じ育成する

また白は、奉仕・無邪気・愛・子供などの意味を持ち、黒は強引・金持ち・夜行性・嫉妬などの意味を持ちます。この二つの色は二面性のある一白水星の性格を表しているともいえます。

一白水星の性格に合う職業とは

一白水星はどの職業・職場環境でも持前の適応能力の高さで自分の居場所を作り自然となじむことができます。ですが変化を好む性格ですので、ルーティンワークというよりもスピード感や状況の変化に富んだ職業、もしくは臨機応変な対応が求められる部署での仕事に向いています。

適職としては、マスコミ・芸能関係者・学者・法律家・画家・作家など。また、水物と呼ばれる水商売や居酒屋、バー、芸能界にも向いてます。

向いている部署の場合、人事・総務・庶務・営業といった人との関わりが多い部署で間を取り持つ役として重宝がられるタイプです。いずれにしても柔軟な状況変化が可能なため、適職としてはかなり幅が広く、どんな職業に就いても忍耐強さを発揮しコツコツと成果を出していくタイプです。

一白水星の開運方位とは

九星気学でいう方位とは「気の流れ」を意識し、いい「吉方位」をとることで運気の流れを良くする意味合いが含まれます。「気」というとあまりピンとこないかもしれませんが、私達の生活は普段から「気」に囲まれています。元気・やる気・運気・病気・雰囲気。「気」が滞ると悪い循環が起き、運勢が悪くなってしまういます。

また、「吉方位」の他に「凶方位」という一白水星と合わない方位も存在し、凶方位に行くと知らず知らずのうちに悪い運気溜めこんでしまいます。

一白水星と相性抜群な吉方位

方位の見方として二通りあり、「毎年・毎月・毎日、吉方位が変わる」方位盤と「本命星が持っている宿命的な吉方位」定位盤の二種類です。ここでは宿命的な吉方位についてご紹介します。

一白水星の吉方位は定位盤で「北」になり坎(かん)の呼ばれます。さらに坎(かん)から8方位の吉凶を意識します。

一白水星の最大吉方位は東南

北である坎(かん)見て最大吉方位は東南であり、やる気アップ・精力アップ・社交性が良くなる・恋愛運が高まる・仕事、勉強の能率が高まるなど生命力・エネルギーに関するパワーが強いとされている方角です。一白水星が持つ人との関わりを大事にする特徴を後押ししてくれます。

一白水星の大吉方位は東

一白水星の大吉方位は東の方角になり、苦あれば楽あり、という象意があります。病気の早期回復・生活習慣の改善・悩みの種が解決する・援助してくれる方が現れたり、という意味合いが含まれます。

一白水星の中吉方位は南

一白水星の中吉方位は坎(かん)から見て南になります。持続力、忍耐力が養われるとされている方位であり、思考力が冴え物事を上手に処理できます。最大吉方位、大吉方位に比べると弱くはなりますが相性のいい方位と言えます。

一白水星の小吉方位は北

一白水星の小吉方位は北です。この方位だと、未来力が高まると言われています。具体的には家族愛がふかまったり、計画性が出たり、家族の経済的基盤が整うなどの意味合いの方角です。

小吉方位なので意識して吉方位(いい気を取りに行く)をする方は少ないかと思われますが、方角ごとに意味合いが異なる、また相性も悪くないので覚えておくと損はないでしょう。

一白水星と相性の悪い凶方位

方位には本命星ごとに相性がいい、吉方位(いい気が集まる場所)と凶方位(運気を下げてしまう場所)があります。九星気学では方位というと吉方位のみに注目されがちですが、凶方位を知ることで運気の低下を防ぐことに繋がります。

一白水星の小凶方位は西

一白水星から見て西の方位は、虚飾・虚偽・偽善・媚、という象意があり、余計な物事に振り回され、偽善者に騙されやすい・疲労がたまり、病気になりやすい・自信がなくなってしまう、といった意味の方角になりあまり相性がいいと言えません。

一白水星の中凶方位は西北

一白水星から見て中凶方位にあてはまるのは西北になります。感情のもつれが起き、愛情問題をおこしやすい・自信過剰になり間違いが起きやすい・レポートや仕事の提出物でミスを起こし信用が落ちる、といった事象が起きやすくなります。

一白水星の大凶方位は東北

一白水星の坎(かん)から見た時に東北にあたる位置は大凶方位になるので注意が必要です。何故だかイライラしてしまい、周囲との関係悪化に繋がったり、親族・恩師など大事な人と対立したりなどの意味合いが含まれる方位です。一白水星は人とのつながりを大事にする性格ですが一方で向上心が強いため人を見下すこともあります。東北の方角はその一白水星の持つ特徴を助長してしまうので気を付けるべき方位です。

一白水星の最大凶方位は西南

西南は一白水星にとって最大凶方位になります。行かざるを得ない場合があっても温泉など自然の恩恵を受けやすいものは避けるようにしましょう。温泉はダイレクトにその土地の持つ凶方位のパワーを受け取ってしまいます。

憂鬱・失望・矛盾の象意を持つ方位であり、濡れ衣を着せられたり、疑われたりすることで周りが敵だらけになってしまいそうです。精神的にもまいってしまいそうなのでできれば避けるのが吉でしょう。

一白水星の性格と相性のいい九星は?

九つの本命星に分かれている九星気学において、相性の良し悪しは必ずでてきます。とくに自分の内面をさらけ出すことができない性格の一白水星にとって相性は重要な項目です。一白水星と相性のいい九星・相性のあまりよくない九星をご紹介します。

一白水星×一白水星の相性

一白水星同士の相性はとても良いと言えます。基本的な考え方やパーソナルスペースが同じため、一緒にいて無理をしない相性です。秘密主義で多くを語らない性格の一白水星同士ですが、相手の考えていることを語らずとも理解できるので安心できるパートナーといっても良いでしょう。ただし、警戒心が強い性格も同じため仲良くなるまでにやや時間がかかります。

一白水星×二黒土星の相性

一白水星にとって二黒土星はやや反発する関係性です。「土」の性質を持つ二黒土星は、真面目で心を開いた人にしか話をしない性格です。一方で一白水星は誰とでも頑張れば話せる性格なので二黒土星から見ると「いい加減な人」として認識されてしまうかもしれません。ですが、二黒土星も一白水星もお互いに努力家。忍耐強く話し合うことで誤解も解け職場が同じなら仕事に対する姿勢を見てお互いに認め合うことができます。

一白水星×三碧木星の相性

一白水星にとって三碧木星は一緒に盛り上がれる存在です。三碧木星は明るくムードメーカー、やや甘えん坊な性格をしています。一方、一白水星は誰とでも合わせることのできる性格なため三碧木星の明るいテンションにも無理せずついていけます。お話好きな三碧木星と聞き上手な一白水星の相性はとても良いと言えます。ただし、恋愛関係になると三碧木星は誰にでも優しい性格なので、一白水星の持つ「独占欲」が刺激されてしまう場合があります。

一白水星×四緑木星の相性

水の性質の一白水星と「木」の性質の四緑木星はお互いに尊重し合える存在と言えます。水は木を育てますので一緒に居てお互いが邪魔になるといったことはありません。ただし、相性は良いのですが四録木星は「優しく他者への配慮ができる」性格のため、”迷惑になるかもしれない”とお互いが距離をとる可能性があります。そういう時は一白水星の方から歩みよると良好な関係を築けるでしょう。

一白水星×五黄土星の相性

一白水星と五黄土星は「つかず離れずの距離」が一番いいと言われています。「威厳があり主張が強い」五黄土星の性格では相手に合わせてしまう一白水星はエネルギーの消耗が激しくなってしまいます。五黄土星の性格を理解し一白水星が心地いい距離を保つか、五黄土星が一白水星の意見や主張に耳を傾ける努力が必要となってきます。

一白水星×六白金星の相性

九星一カリスマ性があり堂々とした立ち振る舞いをする六白金星と温和で優しい性格の一白水星の相性は抜群です。仕事面、友情面、恋人などあらゆる面でプラスとマイナスのようにお互いの足りないところを補える相性にあります。

ただし、一白水星と六白金星は共にプライドが高い特徴があります。勝ち負けを意識してしまうとどちらも折れない性格のためなかなか距離が縮まりません。仲良くなってしまえば抜群のパートナーになれますので素直に接するということがキーワードです。

一白水星×七赤金星の相性

明るく朗らかな性格の七赤金星は一白水星にとって、無理をせず付き合えます。リーダーシップがある七赤金星はみんなの人気者。他者への気遣いもできるので、普段周囲へ気を配っている一白水星も七赤金星には安心してその場をお任せできます。お互いに助け合うことができる関係なので恋人、ビジネスパートナーとしてもいい相性と言えるでしょう。

一白水星×八白土星の相性

八白土星と一白水星は考え方に違いが生じ、相性的にはやや凶になります。八白土星が一白水星の姿形が変わる「水」の性質に共感できず、人との調和を考える性格の一白水星にとって八白土星の「堅実な性格」が頑固で融通が利かない人として目に映ります。お互いが一定の距離感を保ち相手を否定しないことでいいお付き合いができるでしょう。

一白水星×九紫火星の相性

「水」の性質を持つ一白水星と「炎」の性質を持つ九紫火星は正反対の性格をしています。お互いのないものに刺激を受け魅力的に映るかもしれませんが、根本的な考え方、生き方に相違がありますので打ち解けるのに時間がかかります。

気配り上手な性格を持つ一白水星にとって炎のように熱い性格の九紫火星は時に暑苦しく感じてしまう可能性があり、良好な関係を長く続けるには九紫火星の方が相手を尊重した行動を心がけるようにするといいでしょう。

一白水星の運気を上げるコツ

一白水星はこれまで紹介したとおり、人に合わせる性格のため気配りをしすぎて疲れてしまうことがあります。意識せず自在に姿を変えれるので、人気者になりやすい得な性格ではありますが、気を配り過ぎていると自分自身の元に「気」が残らなくなってしまいます。時には一人になる時間を持つこと、本音で話せる相手を作ることがとても重要です。

また、一白水星のパワーの源である、海・川・温泉・プール・お風呂など日頃から「水」に触れ、リラックスすることを心掛けてください。九星気学における自身の長所と短所を理解し、バランスよく周囲とのコミュニケーションがとって運勢アップにつなげましょう。

Line@