Search

検索したいワードを入力してください

適応力が高い人の特徴5つ|適応力を上げる方法4つ

Author nopic iconサトゥ
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年07月19日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2017年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

適応力が高い人の特徴5つ|適応力を上げる方法4つ

適応力とは

人間には、色々な性格の人が存在し、その人の能力は人によってそれぞれです。特にビジネスマンに欠かせないと言われている能力の1つが「適応力」です。

「適応力」とはその場の雰囲気を察し、状況に応じた対応ができる能力のことを意味します。この「適応力」について、正しい意味や読み方を理解していない方もいます。

ますは「適応力」の正しい読み方と意味についてくわしくご紹介いたしましょう。

読み方

「適応力」とは「てきおうりょく」と読みます。「適応力」の「適応」は、「てきおう」と読み、環境や状況に適合するという意味です。

「適応力」の「力」とは、訓読みでは「ちから」と読みますが「適応力」の場合は「りょく」と呼びます。「力」は何かを変化させる作用のあるものという意味があります。

「適応」という言葉に「力」という言葉を付け加えて「適応力」と言葉になります。

適応力の意味

「適応」とは、ある状況や環境に合うこと行動や考え方を変えることという意味があります。つまり、「適応力」とは、環境に応じた考え方や行動が自然に行える能力のことを意味します。

「適応力」とは誰かとコミュニケーションをとったり、どんな状況でも状況を把握する力と判断する力があります。特にビジネスマンにとっては「適応力」は欠かせない能力の1つです。

環境や状況をすぐに飲み込み上手く合わせる

「適応力」のある人とは、たとえ自分の知らないことであったとしても的確に状況を判断し、正しい対応が即座にできる人のことを意味します。

「適応力」は1日で養えるものではありません。人を観察する力や分析力、状況を判断できる経験値など、さまざまなことが重なり合ってできる力です。

「適応力」がある人は初めて会う人であっても、相手の気持ちを汲み取り上手に相手に合わした対応ができます。

適応力が高い人の特徴5つ

ビジネスでは、どんな状況でも的確に状況を判断し対応してくれる「適応力」の高い人はとても重宝される人材です。では「適応力」の高い人とはどのような特徴があるのでしょうか。

「適応力」の高い人は、「小さなことをあまり気にしない」、「先回りして行動できる」などの特徴があります。では「適応力」が高い人は他にどのような特徴があるのかをくわしく見ていきましょう。

特徴1:平和主義者

「平和主義者」とは、戦争や争いなどに反対し、平和に基づく考え方や立場を有する人のことを意味します。「適応力」が高い人は、平和主義者のように相手の気持ちや考え方を即座に理解し、相手との揉めごとがないように努力します。

ビジネスマンにとっては相手会社との交渉や商談で、相手との話し合いが不成立にならないようにするのが一般的です。そのため、相手の気持ちを理解できる「適応力」のある人は重宝されます。

特徴2:小さなことはあまり気にしない

周囲の儒教を即座に判断できる人は、自分や相手の感情に左右されない人であるといえるでしょう。そのため、「適応力」が高い人は相手のささいな失言でも気にすることがあまりない傾向にあります。

相手と上手にコミュニケーションをとる場合は、相手の気持ちや考え方を素直に理解する気持ちが必要です。そのため、小さなことは気にしているようではその場の空気を乱し、相手の気持ちを理解することができないといえるでしょう。

特徴3:計画性がある

「適応力」が高い人はどんな状況に対しても穏便に進めることができます。ビジネスにおいて状況を上手くまとめることができる人は、色々な物事に対して計画性があります。

たとえば、相手先の会社と交渉する場合、「適応力」が高い人は相手から質問されるであろう内容を事前に把握しており、それに対する回答も事前に準備しておく傾向があります。

「適応力」がある人はリスクを回避するため事前に計画を立てる習性があります。

特徴4:先回りして行動できる

相手と揉めることがなく物事をスムーズに進めるためには、先回りして行動することも重要です。

たとえば、相手先の会社と商談する場合、相手からいくつかの懸念点を指摘されたとします。懸念点については自分の会社では改善することができないため、関連会社に委託する必要があるとします。

このような場合も「適応力」がある人は先回りして行動しているので、事前にチェックし、その場で相手に提案できるような状態にしておきます。

特徴5:自分の居場所を見つけるのが上手い

誰かと話し合いをする場合は、相手の主張が強かったり、意見を強く求められたりと、人によって対応が異なります。

「適応力」が高い人はどんな相手に対しても、自分に何を求めているのか、何をすべきなのかを瞬時に理解することができます。そのため、主張が強い相手に対しては聞き役に徹するなど臨機応変な対応ができます。

自分の立場や居場所を把握し、相手が不快に思わないようにサポートするのが「適応力」のある人です。

適応力を上げる方法4つ

その場に適した対応ができる「適応力」は、ビジネスマンであれば高めておきたい能力の1つです。では「適応力」を上げるにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。

「適応力」を上げるためには、「固定概念を捨てる」、「楽観的な思考」などが必要になります。人間はそれぞれ性格が異なるため、考え方や感じ方も人によって異なります。

では「適応力」を上げたい方におすすめの方法をいくつかご紹介いたしましょう。

方法1:こうするべきというこだわりを減らす

人は一般的な常識と合わせて、自分なりの常識を持っている人が多い傾向にあります。たとえば、相手が自分の意見に反論してきた場合に「普通はこうあるべき」という発言は相手を不快する可能性があります。

同じ作業や工程でも人によってやり方や考え方は異なります。自分のこだわりを相手に押し付けるのではなく、相手の意見を尊重した上で話を進めることが重要です。

方法2:楽観的に考える

職場や学校ではどんなことでも真剣かつ慎重に物事を行う人が1人はいるでしょう。集団で物事を行う場合は、1人だけ細かいことにばかりこだわると周囲の空気を乱す場合があります。

周囲の空気や雰囲気を汲み取り、あまり物事を根詰めて考えないようにしましょう。細かな部分まで指摘し続けると、大きな物事が進んでいきません。

細かくチェックすることも必要ですが、集団で物事を決める際は広い心を持つことが重要です。

方法3:今までしたことない事に挑戦する

「固定概念」とは、外部からの変化に対応しない固着した考えのことをいいます。「固定概念」は自分の経験だけを信じこみ、自分の世界で物事を考える人に多い傾向にあります。

「適応力」を上げるためには固定概念を捨て、新たなことにチャレンジすることが重要です。新しいことにチャレンジすることで、新しい考えや見方ができるようになり、物事を色々な角度で判断することができます。

方法4:適応力が高い人の言動を参考にする

「適応力」を上げたいけどどうしたらいいかわからないという人の少なくありません。そのような場合は、近くにいる「適応力」が高いと思われる人の言動を真似してみましょう。

言動を真似することで行動パターンや考え方などを次第に理解することができます。また「適応力」が高い方は交友関係も広い傾向にあります。どうやったら上手にコミュニケーションをとれるのかなどをしっかり勉強するといいでしょう。

適応力を上げて頼られるビジネスマンになろう

「適応力」を上げたいと考えているけど、周囲となかなか上手くいかないと思う人も少なくありません。そんな方には転職するのも1つの方法です。職場の場合は、自分だけ変わっても周囲の人に大きな問題がある場合もあります。

転職を考えている方には「転職エージェント(リクルートエージェント)」がおすすめです。自分の得意なジャンルや経験などを活かし、さまざまな職種から選ぶことができます。

適応力の類義語3つ

状況や環境に応じて適切な対応ができることを「適応力」と呼びますが、「適応力」には似たような意味を持つ類義語が存在します。

「適応力」の類義語としては、「順応性」、「柔軟性」などの言葉があります。同じような意味を持つ言葉でも少しずつニュアンスが異なります。

では「適応力」の類義語についてくわしく見ていきましょう。

類義語1:順応性

「順応性」とは「じゅんのうせい」と読み、変化する環境に慣れること、変化に応じて変化することを意味します。「順応性」もビジネスマンにとって欠かせない要素の1つです。

たとえば、これまで定例で行ってきた会議の方法を刷新するとします。新しいことに慣れない方は戸惑ったり、反対する場合もあります。

しかし、「順応性」のある人は新たな方法や考え方にも柔軟に対応できる人のことを意味します。

類義語2:柔軟性

「柔軟性」とは「じゅうなんせい」と読み、物事に対する考え方に融通がきくことを意味します。

たとえば、常連の顧客の方は急遽商品の修理を依頼したとしましょう。通常は1週間かかるのですが、緊急のため3日で修理を依頼したい依頼があったとします。

普段お世話になっている常連の顧客だからこそ、このような事態の場合は他の修理会社にもあたり修理が早くできる会社を探すよう対応するようなことを意味します。

類義語3:即応性

「即応性」とは「そくおうせい」と読み、状況などにうまく合わせることを意味します。

たとえば、日本から離れた海外で生活をすることはさまざまな不安が伴います。しかし、即応性のある人であれば、片言の英語でも現地の風土に馴染み、不自由のない生活を送ることができます。

「適応力」と同じように状況や環境に応じて対応できる能力がある人のことうぃ「即応性」のある人ということができるでしょう。

順応力が高いとストレスフルな生活を送れる

その場の状況や環境に応じて対応する能力があるのが「適応力」の高い人です。特にビジネスマンによっては欠かせない能力の1つで、相手先の会社と上手にやり取りを行う上でも重要なポイントです。

相手に合わせた対応ができるようになると自然とストレスを感じることが少なくなります。「適応力」や「順応性」、「柔軟性」などを養い、ストレスフルな生活が送れるように頑張りましょう。

順応力に似ている能力

「適応力」や「順応力」以外にもビジネスマンに欠かせない能力は数多くあります。人によってそれぞれ特性が異なり、得意なジャンルも異なる場合があるので自分の適性を把握することも重要です。

自分の性格を客観的に知りたい方には「適応検査」を受けることをおすすめします。インターネットなどでも検査することができるので、自分の性格を知り、長所や能力を十分に活かしましょう。