Search

検索したいワードを入力してください

「低スペック」の意味と特徴とは|彼女を作る・婚活をする方法

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2017年07月28日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「低スペック」の意味と特徴とは|彼女を作る・婚活をする方法

低スペックの意味とは

最近色々よく耳にようになった低スペックという言葉。世間では広く浸透していますが、実はその意味を知らないという人もいるのではないでしょうか。

低スペックは造語ではありますが、一般的に広く浸透しているため今更その意味を聞くのは恥ずかしいと感じる人も多いようです。低スペックとはどのような意味なのか、言葉を分解して紐解いていきましょう。

低スペック=スペックが低い

低スペックは低いとスペックを合わせた造語です。スペックが低いなどの言い換えがされることもあります。低スペックの低はそのまま低いという意味で、スペックは英語で仕様、とりわけ機械などについて使われる言葉ですが、そこから転じて能力という意味もあります。

現在では機械だけではなく、人に対しても使われるようになり、低スペックとはその人の能力などが平均より劣っているということを指します。

低スペック=能力が低いということで何の能力が低いかについてはその時々で違っています。容姿が平均以下であったり、年収が低い、仕事ができないなどさまざまなものについて低スペックという言葉が使われています。

低スペックで彼女を作る方法

容姿が平均以下、年収が少ない、仕事ができない、単に身長が低いなど低スペックが意味する能力はたくさんあります。これらの能力がひとつでも低い場合に低スペックという言葉が使われる場合もありますし、複合してさまざまな能力が低い場合に用いられることもあります。

どのような場合にしても低スペック=人より劣っているということになりますが、低スペックだからと言って悲観的になる必要はありません。低スペックでも恋愛をすることはできますし、恋人を作ることもできます。

話がおもしろい

モテる男性の特徴とは一体何でしょうか。容姿が良い、年収が高いなどももちろんモテる要素ではありますが、それらが全てではありません。イケメンや高収入の人に必ずしも彼女がいるわけではありませんし、女性に嫌われている場合だってあります。

ではどんな男性がモテるのか、それは女性を喜ばせることができる男性です。低スペックで能力が低いと女性を喜ばせるのも難しいのではないかと感じる人もいますが、話がおもしろければそれだけで女性を喜ばせることができます。

お笑い芸人がモテるようにおもしろいということはモテるに直結することです。低スペックであっても話術などを磨けば彼女を作ることはできます。

優しい

モテる男性の特徴はとにかく優しいということです。優しいというのは気の遣い方や相手への接し方次第でどうにでもなります。低スペックであろうがなかろうが心がけ次第で人に優しくすることは可能です。

なぜ人に優しくできるのか、それは周囲に対して日頃から感謝の気持ちを持っている、人に優しくできるだけの余裕があるからです。感情は伝染しますので、優しい人の近くにいれば自分も優しく穏やかな気持ちになることができます。一緒にいて落ち着くというのは恋人の条件としては非常に重要なことですし、余裕のある男性はモテる傾向にあるので、そこにその人のスペックは関係ありません。

連絡がマメ

連絡がマメなことも女性にモテる要因のひとつです。スペックの高い男性は必要以上に自分に自信を持っていることも多く、女性に対してあまり気を遣わなかったり、あまり連絡をしないことも多いです。

しかし低スペックな男性の場合はチャンスがなかなか巡ってこないということもあり、一回一回の恋愛に真剣になります。

常にその女性のことを考え、連絡もマメに行うことで低スペックであってもスペックの高い人よりもモテるということはあり得ます。低スペックだからと遠慮するのではなく、気になる相手にはマメに連絡をし、自分をアピールすることで彼女を作ることは可能です。

低スペックで婚活をする方法

近年では晩婚化も進み、男女ともに結婚をする年齢は年々高くなっています。また一生独身を貫く人も増え、結婚率は減少傾向にあります。しかしそんな中でも結婚したいという人は数多くいますし、結婚相手を探す婚活という言葉も広く浸透するようになりました。

結婚相手に求めるのであればやはりスペックの高い人の方がいいですが、低スペックであっても婚活をして結婚にたどり着くことは可能です。低スペックな人はスペックの高い人と同じ方法で婚活をしていてはいけません。低スペックならではの婚活の方法というものがあります。

性格で勝負する

低スペックの人が婚活を進めるときに気をつけるべき点は容姿や年収などで勝負をしないということです。わざわざ人より劣る能力で勝負をするのではなく、人よりも優れているところ、同じ土俵に立てるところで勝負をかける必要があります。

そこで重要になるのが性格です。結婚は相手と一緒に生活をするということを前提にするものですから性格というのは非常に重要になります。相手の容姿が良ければ最初はいいですが、次第に慣れ、そして飽きてくるものです。しかし性格には飽きるも何もありません。

結婚は人生を共にする相手を選ぶことなので外見や肩書ではなく、中身で勝負をすることが大切です。

場数を踏む

低スペックと高スペック、性格も同じであれば高スペックの人を選ぶのが普通です。いくら性格が良くても同じ条件で自分よりもスペックの高い相手がいればそちらが選ばれてしまいます。

また性格よりも外見や肩書を重視して結婚相手を決めるという人もいます。全ての人が性格を優先してくれるわけではありませんし、性格が良いといっても人によって感じ方や求めている性格の良さというものは違います。

人にはそれぞれ相性がありますし、タイミングというのもあります。低スペックの人は特にその巡り合わせが人よりも難しいと考え、とにかくたくさんの人に出会い、結婚の可能性を上げる必要があります。下手な鉄砲でも数撃てば当たります。出会いの場にはどんどん参加する必要があります。

低スペックでも磨ける魅力

低スペックと呼ばれる能力は生まれつきのものだったり、改善することが難しいものである場合も多いです。低スペックを改善することは難しいため低スペックな人はいつまでも低スペックなのかと言うとそうではありません。努力次第で低スペックでも魅力的な人になることはできます。

低スペックな人が考えるべき点は改善できる部分を改善する。そして長所を伸ばすということです。自身で解決できる短所はもちろん改善する、改善できない短所については諦める必要があります。

改善できない短所で悩むよりも伸ばせる長所を伸ばす方がよっぼど効率的です。長所を伸ばし、短所をカバーするというのが基本的な考え方になります。

器の大きさ

低スペックであっても器の大きい人は魅力的に映ります。外見や肩書ばかりに目を向けるのではなく、自信の内面にも目を向け、そこを伸ばしていくことが大切になります。

器が大きいとはどういうことか。さまざまな意味がありますが、優しい、包容力があるなどの意味合いが大きいと言えます。話術があり、相手を楽しませることができる人は低スペックでも魅力的に映りますが、話下手という人は相手の話を聞くということを意識しましょう。

聞き上手は相手を気持ちよくさせることができますし、相手の話をしっかりと聞くことで器の大きさをアピールすることもできます。低スペックの人はまず聞き上手を目指し、器を少しずつ大きくしていきましょう。

おしゃれに気を遣う

低スペックだからと言って外見について諦める必要はありませんし、むしろ外見もしっかり整えることも大切です。容姿が悪いからと外見についてあまりに無頓着だと相手にさらに悪い印象を与えたり、不潔感を感じさせてしまうこともあります。

派手な服を着たり無理におしゃれをする必要はありませんが、ある程度流行を抑える、身だしなみは整えるなどの努力はすべきです。最低限に身だしなみを整えるのはマナーでもありますし、身だしなみがきちんとしていれば相手に与える印象も変わります。

清潔感があればそれだけで好印象を与えることもできますし、それが魅力にも繋がります。無難な格好でも構わないので、清潔感をキーワードにおしゃれにも気を遣うことが大切です。

低スペックの人の特徴と心理

周囲から低スペックだと言われたり、自分自身のことを低スペックだと感じている人はどのような特徴や心理があるのでしょうか。低スペックである能力などによっても違いがありますが、大きな部分では共通した特徴や心理を抱えている場合も多いです。

特徴や心理

低スペックな人は自分の能力に自信がなかったり、周囲からそういわれることで自信を無くしている人が多いです。また自分を客観的に見る能力にも優れていると言えます。自分を周囲と比べ、客観的に評価を下すことで、自分を低スペックだと認識していることも多いです。

また低スペックであることを自ら認める心理には自分に自信がないことも関係しており、自分を低スペックだと認めることで保険をかけ、何かに失敗する言い訳を作っている場合もあります。

大きなダメージを避けるためにあえて自虐的に振舞ったり、考えたりすることでダメージを軽減させているということもあります。

低スペックの人が自信をもつためには

低スペックな人は自分に自信がない人も多いですが、それではいつまで経っても魅力的にはなれません。高スペックな人が魅力的なのはその能力だけではなく、自信に満ち溢れているからでもあります。高スペックであっても自信がない人は魅力的には映りません。

低スペック人ほど自信を持つことが大切です。自信を持つためには考え方を変える必要があります。

長所を伸ばす

低スペックな人の多くは自分に自信がないがゆえにネガティブ思考になっている人が多いです。それを改善するためにはポジティブ思考を心がけることが大切です。

ポジティブになるためには短所ではなく長所に目を向けることです。短所を改善するのではなく、長所に目を向けそれを伸ばすということが大切になります。

たとえ短所があっても圧倒的な長所があればそれだけで自信を持つことができます。まずは自分の長所に目を向け、それを伸ばして少しずつ自分を肯定していきましょう。

スペックで人生は決まらない!

低スペックと高スペック。どちらかになれるのであれば当然能力が高い方を選びますが、それだけでは人生は決まりません。低スペックでも幸せな人生を送る人はたくさんいますし、高スペックでも不幸な人生を送る人はいます。

スペックは人生を構成する要素のひとつにすぎず、全部ではありません。それだけに人生を左右されないことが大切です。

スペックだけでは人生は決定せず、人生を切り開くのは常に現在の選択と努力です。低スペック、高スペックに関係なく人生と真剣に向き合い、そして毎日を大切に生きていくことが幸せへの近道だと言えます。