Search

検索したいワードを入力してください

自分に好意があるか見極めるサインやしぐさ

Author nopic iconSAWA
片思い / 2018年01月19日
自分に好意があるか見極めるサインやしぐさ

男性が好意を持っている女性に送るサイン

女性よりも男性の方が引っ込み思案で、ナイーブな面が多いため、喜怒哀楽という表現から恋愛のサインは見抜きにくいのです。その分、男性は女性よりも嘘が下手なので、カモフラージュしようとする言動や仕草で、相手への好意を隠そうとしても、どこかに出てしまいます。

また、男性の好意というものは、結構直線的で分りやすいアプローチも多いのです。それは男性の脳が、無駄や理屈っぽさを毛嫌いするように出来ているので、好意があれば、そのコミュニケーションのあちらこちらに何かしら合図が隠されています。

まどわされないで!「 好意? or 誘惑? 」

確かに、脈アリのサインだと女性は分かっていても、それが恋愛なのか、体目的なのか、男性の意図が分かりにくいという事が大いにあります。相手があなたに好意を抱いてくれていても、好意のサインなのか、狙っているサインなのかの見極めが大切です。好意のサインを意識して、相手に飛び込む前に、彼の人となりをしっかり知る事も大事なのです。

目で相手を追う・よく目が合う

男性が、女性を目で追ってしまうのは、好意がある証拠です。その人を見かけると、目で追わずにはいられないのです。これは女性も同じだと思います。相手が視線を送っているから、あなたが振り向いたりした時に、目が合うというのは偶然ではなく必然なのです。

よく目が合うという事が何回も起こるようならば、彼はあなたに好意を抱いていると言えます。彼に見られているという緊張感を持って、いつでも口角を上げて、にこやかにしているとさらに彼の好意が増して来るでしょう。

近寄って来る・気が付いたら傍にいる

女性の場合は、何か口実があったり、よっぽど勇気を出したり積極でないと、好意を抱いている相手になかなか近づけません。しかし、男性の場合は、「直線的」と言ってもいい程に真っすぐ近づいて来ることが多いのです。

合コンや飲み会を想像してみて下さい。男性は、「この子タイプだな」などと好意を抱いた女性に対しては、メアドなど次につながるツールをゲットする為に、積極的に、それこそ「直線的」に好意を抱いた相手に接近します。まさに、そういう事なのです。

気が付いたら傍にいる、なんて可愛らしいですが、ストーカーのように傍にいる訳ではなく、あなたと接点を持とうと、あなたの近くにいる友達の所に行ってみたり、何気なく視界に入る場所に居たりするのです。

特別な笑顔を見せてくれる

男性が喜んでいる時は、結構ニヤケた表情になってしまうものです。その時に、手が頭の後ろに行ったり、口の周りを触ったりするのは、照れ隠しの仕草なのです。こういう表情というのは、緊張している時にも出ます。

特に、好意を持っている相手から何か言われたりして、笑った時に口の周りを触ったり、口を手で覆うような仕草を見せたなら、確実にあなたに好意は持っていると言えます。

なぜなら、こういう場合の手で口を隠そうとする仕草は、自分の好意があなたにバレないようにという心理から来てるからです。ただ、デレデレした感じでこういう仕草をするのは、好意というより、下心を隠しているとも言えるので注意が必要です。

ボディータッチが多くなった

男性からのボディータッチと言っても、上司やバイトの先輩、それなりに年齢のいった人は、好意という面でボディータッチをしてくるのとは少し違います。こういう人は、もう慣れという感覚があるので、異性の体に軽く触れる事に恥ずかしいという照れた気持ちは含まれていないので勘違いしないようにして下さい。

若い男性は、正直に言って、好意を持っている子に対して「触れたい」という欲求が無意識下にあるのです。「あのさぁ」と声だけかければいいだけの所を、わざと肩を叩いたり、軽く掴んだりして呼び止める、しかも大した内容じゃない、なんて好意を持っている典型的な例です。

■あこがれのポンポン

女子が憧れる、頭ポンポンやナデナデされるのは、好意を抱いているというよりも、あなたが子供っぽい雰囲気だったり、年下っぽさがあったりするから、多少女慣れしている男性は気軽に女性をズキュンとさせる事をするので注意が必要です。好意から、というよりも(慣れているから)流れで・・・という可能性もあるのです。

何気ないメールやLINEが来る(メアドを聞かれる)

携帯番号やメールアドレス、LINEのIDを聞かれるのは、何気ない流れ・・・と思いきや、好意を持たれている確率がかなり高めです。好意を抱いていない相手に連絡する事もないし、これと言って連絡する気も起らないのが普通です。好意を持たれているというより、脈アリ!と言った方が近いです。

そしてここがポイントですが、普通の男性は自ら進んで女友達を作ろうとはしないのです。なぜなら、男友達とつるんでいる時が一番楽しいからです。あなたの携帯番号やLINEのIDを聞きたがるなんていうのは、あなたに好意があるだけでなく、今よりも親密になりたいというアプローチなのです。

ただし、その男性がチャラい男だったり、八方美人タイプなら話は別です。ただ単に、気分で連絡先を聞いたという可能性もあります。

照れくさそうに褒めてくれる

女性なら、嫌いな相手でも笑顔で対応する応用力がありますが、男性はそうとも言えません。男性は女性に比べて、正直さが出てしまうのです。なので、あなたの事を褒めるというのは、本当にそう思っていないとなかなか出来ないのです。褒められた時点で、確実に好意は持たれています。

ただ、それが恋愛に結びつく好意かどうかは、相手のタイプ次第です。特にサービス業や接客業に携わっていたり、営業職の人は、サラリと言ってのけてしまう事もあります。

好意があるようにあなたを褒めていても、デートに誘ってくれるなど、その先が無い事もありますので、ノリのいい男性の褒め言葉は、本音が半分くらいに聞いておくべきです。

男性のタイプ別・好意のサイン

男性と言っても、女性と違って最近では肉食系・草食系と、がっつりどこかでタイプの境界線のようなものが見えてくる時代になって来ました。そういったタイプによっては、先程ご紹介した好意のサインというのが微妙に当てはまらないパターンもあります。

そこで、ちょっと好意を抱かれているのか分かりずらそうな、反応の予測がつかない男性のタイプを3パターンに分けてみました。好意を抱いている女性には、どんな脈アリ行動をするのかをご紹介したいと思います。

体育会系・肉食系男子が好意を抱くと?

体育会系・肉食系男子が、好意を抱いた相手に送るサインはとても分かりやすいのです。このタイプは、本当に単純で分りやすいので、タイプだったりセクシーな女性が通り過ぎれば、熱い視線で送ります。そして、ボディタッチもあまり緊張感いとわずに、ギラギラとしてこようとする人もいます。

女性経験が多いという訳ではないのです。男性ホルモンがテストステロンを作りだすので、肉体系な男子は性欲が旺盛なのです。なので、好意を抱いた女性に送るサインも、ちょっとギラついていたりしてしまいます。

■好意を抱いた女性の前では自分アピールが強い

体育会系・肉食系男子は、イメージ通り男性ホルモンのせいでガツガツしたところがあります。そして好意を抱いた女性には、自分の優れているところをアピールしようとするのです。動物的というか、本当に分かりやすいタイプです。

自分の武勇伝を語ってみたり、注目を浴びる事をしてみたり、合コンの最中でも腕相撲を初めてみたり、とにかく男らしさをアピールします。好意を抱いている女性の前で、格好をつけたい気持ちが働くのです。そして、注目したい事が「腕まくり」です。力自慢な男子特有ともいえる、意気込みを無意識に「腕まくり」でアピールしてしまっているのです。

草食系・照れ屋な男子が好意を抱くと?

照れやなシャイボーイや草食系男子は、基本的に好意を抱いた相手に積極的に行く事はありません。むしろ、好意を抱いているのだけど、照れてしまって避けてしまう事があります。こういうタイプの男性は、何もしないまま、何もできないまま、恋愛に対して後悔しがちなのです。

好意を抱いている女性が目の前にいると、脈アリ!と思えるようなサインの「逆」の態度をとってしまうのが最大のサインという、ちょっと寂しい現実があります。近寄りたいのに、距離をとって逃げれる体勢をとってみたり、仲良く話したいのに敬語になってしまったり、よそよそしい態度になってしまうのです。

■好意のサインを待つべからず

こういうタイプの男性を好きになったら、女性が積極的になるしかないのです。相手の好意が分かるサインを待つのではなく、直球でデートに誘ってみたりするのです。もしあなたに好意を持っていなければ、何らかの理由をつけて断るか、仲間も交えて大勢で行こうとします。

あなたに好意があれば、多少強引にでも二人でお出かけする事を了承してくれます。ただ、デートの内容などをどこにするかLINEなどで連絡を取っても、こういうタイプの男性は、メールの返事でさえ他人行儀だったり、まるで業務連絡のようなぎこちなさを見せますので、そこは「彼はそういう性格なんだ」と我慢するしかないのです。

マイペース男子が好意を抱くと?

マイペース男子に入る男性の特徴はいくつかあります。例えば、「一匹狼なのにふわふわと天然っぽさがある」「見た感じヤンキーなのにオタクっぽいところもある」「チャラそうなのに実は優しいし誠実」と言った感じの、要は変わり者な性格の持ち主がマイペース男子に入ります。彼らは、まずいちいち周囲の目を気にしないので、自分の外見と内面のギャップなんて気にしてはいません。そして、好意を抱いた女性に対してのサインも三者三様なのです。

理解できないタイミングでメールが来たり、「私なんて眼中にないだろうな・・・」と、あなたがいつも視線を送っていたら、突然デートに誘われた!などタイミング不明で直球を投げてくるのがこのタイプです。

■マイペース男子は実は優しい

このタイプの男性は、大人しそうだったり、表情が少なかったりしていても、一度女性に好意を抱くと、心理的に燃え上がりやすく、見えない熱さを持っているのです。マイペースなだけあって、面倒くさがりだったり、頑固な面もありますが、肩に余計な力が入っていないので、その優しさには裏表がありません。

優しくしたりする事に、下心があるという事がほぼ無いので、意外と安心して居られます。こういうマイペース男子を好きになったら、あなたの母性を表に出しましょう。マイペース男子は、女性らしさを感じさせる優しいタイプに弱いのです。あなたの知らないところで、あなたを見つめて、嬉しそうにニヤケるタイプです。

女性が好意を持っている男性に送るサイン

女性は男性とは違って、好意を抱いている男性には積極的にサインを出しています。引っ込み思案な女性でも、陰からそっと彼を見つめたり、情報を収集してはニコニコしたり、行動する方が多いのです。

しかし、女性は好意を抱いている相手には、意外と捻くれたサインを出すので、男性は戸惑ってしまう事もしばしばあります。「本当は俺のこと嫌いなんじゃ・・・」と、思わせてしまうのは、女性のサインが遠回しで分かりにくく、男性が恋愛に対して前向きなとらえ方をしにくい、という男女の差があるからです。

そんな女性が好意を持っている男性に対する脈ありサインは、男性にしては覚えておいて損はありません。むしろ、覚えておいて、気付いてあげる必要があるくらい、男性は鈍感な部分があるという事です。

たくさん視線を送る

やっぱり、これは男女とも同じで、好きな人が近くに居たり、通り過ぎれば視線を送らずにはいられないのです。人間の性とも言えます。特に女性は、好意を持っている男性に話しかけている時に、真っすぐ相手を見る傾向があります。男性はその逆で、好意がある女性が話している時に相手を見るという心理的行動に出るのです。

■女性のサインは会話の視線で見抜く

女性は、興味の無い相手との会話でも、うなずきながら話を聞いたり、返事を返していますが、半分以上はうわの空・・・という事もあります。しかし、興味を持たれていない男性は「自分の話を楽しそうに聞いてくれている」と誤解してしまうのです。

それだけ、女性は臨機応変に適当に口を動かして会話する事ができます。男性としては、好意を持たれているのか分かりづらいのも納得です。そこで重要になってくるのが「視線」という事になります。好意を抱いている相手に話しかけている時は、絶対に視線を送り続けてしまうという心理的行動が見られるのです。

ボディータッチをする

時に女性は、男性に話しかけたりする時に、ボディータッチするのが癖になっている人もいます。そういう女性は意外とモテるのです。ボディータッチが癖になっている女性は、本当に必要以上に誰にでも気安く触れて話をしたりするので、軽く見られる傾向があるので判断しやすいです。

しかし、普通の女性は、基本的に好意を寄せている男性ともっとスキンシップを図りたいという心理が働きますので、あの人もこの人も、とボディータッチはしません。

■お酒が入ると良くわかる

完全に酔ってしまえば別ですが、お酒が少し入ると、女性は好意を抱いている男性に対してのスキンシップがあからさまになりやすいのです。もっと側に寄りたい、話がしたいと、相手を好きな気持ちが溢れ出てしまうので、腕や肩、太ももなど男性らしい筋肉のついた部分を触って来たりするという事は、完全に脈アリということになります。

不思議と笑顔になる

男性は好意を寄せている女性が居ても、なるべく表情を隠そうとします。けれども女性は、人とコミュニケーションを取る時はニコニコしているものなのです。しかし、そこに意中の彼がいると、自然と口角が上がって、不思議とまぶしい笑顔が出るのです。

よく観察していると、その笑顔の差に気付きます。女性は感情表現が豊かなので、ひょっとしたら、そのサインに気付かない男性も多く、また「彼女は八方美人なのかな」と勘違いもされやすい部分もあります。

リアクションが大きくなる

アイドルの追っかけをしている女性を見れば一目瞭然ですが、女性は好きな人に対してリアクションが大きくなります。好きなアイドルがちょっと手を振るだけで、キャーという黄色い悲鳴が聞こえてくるのもその一つです。

女性は生理的に、好意を抱いている男性に対して、ポジティブな感情が増幅されると言われています。そして、気付かないうちにリアクションが大きくなってしまうのです。オーバーリアクションと言っても過言ではないくらい、分かりやすいタイプもいます。

女性は自ら話しかけに行く

男性と違う面のひとつに、女性は会話などのコミュニケーションが喜びになるのです。基本的に女性はおしゃべり大好きと言われ、長電話・井戸端会議たるものも女性特有と言われれば納得です。

そういう女性の根本的な性格から、好意を抱いている男性に自分から話しかけにいくのは、意外と難しい事ではなく、関係を発展させたいという心理的行動なのです。なので、男性と違い、女性は「好き」と思った相手でも、きょどきょどせずに話しかけに行ける人が多いのです。

声がワントーン高くなる

おそらく自覚している女性は少ないと思いますが、好意を抱いている相手の名前を呼ぶ時、その人の話題を話す時、実際に彼と話す時、声がワントーン高くなります。これは、本能がそうさせていると言っても過言ではありません。

男性は、女性の高い声を聴くと、征服欲や、守ってあげたいという保護欲が刺激されるように脳が作られています。なので、「守ってあげたい」「この子を自分色に染めたい」などという本能が刺激されるのです。ある意味双方にとって良い刺激です。女性は、好意的な人の前で声が高くなるという本能的行為が、遺伝子に組み込まれていると言われています。

彼女がいるか聞いてくる

これはもうあからさまなサインですが、女性は好意を抱いた相手に対して「いま彼女いるの?」などと直接聞いてきます。これがちょっとした飲み会だった場合は、彼女が居る男性に対しては、好意を抱いていても恋愛対象外の位置に置いておき、次にタイプの男性に声をかけたりするのです。

なので、男性に「彼女持ち」または「既婚者」かどうか聞くというのは、相手に好意を持っているサインなのです。しかも、女性は恥ずかしがったりしながら、彼女持ちかどうか確かめたりしません。意外とサラリと質問するので、男性にとっては好意があるサインが届いてない事も多いのです。

尊敬ワードを言ってくれる

好意を寄せる男性に対して、「尊敬してます」というのではなく、女性はちゃんと男心を刺激する言葉が出せるようになっているのです。「凄いですね」「尊敬しちゃいます」、若い子だと「すご~い」というところでしょうか、ちゃんと男性の欲求を満たす言葉を言ってくれるのです。しかし、相手が意中の人でなければ、そこまで褒めたりはしません。「ありがとう」で完結させるのです。

ただ、社会に出て、それなりの地位にいる男性の場合は、この尊敬ワードをお世辞ととらえる人もいます。しかし、社交辞令だとしても、「尊敬します」と言われて喜ばない男性はいません。

お願い事をOKしてくれる

女性は好意を寄せている男性から、ちょっと無理目なお願いをされてもOKしてしまうのです。これが何とも思っていない男性からお願いされた場合だと「無理だよ」「ほかの人に頼んで」と、断りを入れることでしょう。しかし、好きな相手からのお願いは別物です。

どうして、好きな人のお願いを「いいよ」と聞いてしまうのかというと、意中の人がその場に居る緊張感と、頼られる事で母性本能をくすぐられるからです。付き合いが長くなると、「ヤダ!」と断ったりしますが、付き合いたてのカップルにもこの現象は見られます。

告白しないで想いを伝える方法はあるの?

告白するのは怖い、だけど相手に「あなたの事が好きだよ」と気付いていてはもらいたい。好きな気持ちが募ると、爆発しそうで、でも告白できなくて、気持ちが伝わって欲しくなってしまうものです。では、具体的に相手に好意を伝えるにはどうしたらいいのかご紹介します。

①一緒に時間を共有・視線に気づかせる
一緒に何かするという事が出来ない場合は、視線を送るだけでもいいのです。いつも視線を送っているうちに、必然的に目が合う回数が増えて来ます。好意を寄せている相手が、それなりに親しいなら、一緒に居る時にも相手を見つめるなど視線に恋心を込めます。相手が「何だかこっち見てる?」「よく目が合うな」と感じてくれれば、自分の事を気にかけてくれているという事は伝わります。

②ボディータッチは忘れずに
特別美人でないのになぜかモテる女性の特徴に、ちょっとした事でもボディータッチをする、という特徴があります。体に触れられると、相手はドキッとしてしまうものです。触れるあなたも緊張するかもしれませんが、それとなく、肩などに触れて呼び止める事から始めてみて下さい。相手が、他の人にはボディータッチしていない事に気が付いた時が、完全にあなたの好意に気付いた時です。

③好きな人が発言した事を即実行してみる
これは、実行できる内容の場合に限ります。例えば、好きな人が「俺、ふわふわしたクセっ毛な感じが好きなんだよな~」と言っていたのを聞いたなら、即ゆるふわパーマをかける!などです。すると、相手は自分が言った好みの髪型に変わってた・・・と、あなたが好意を寄せているのでは?と直ぐに思い始めます。相当鈍感で無い限り、絶対に気付く方法です。

④ちょっとしたお出かけに誘ってみる
友達としてという事を前提で(あえて言わなくてもいいです)誘ってみて下さい。OKならば、あっちはあなたの事が嫌いではないし、二人で映画や食事に行くという事は、むしろ好意に近いものが無ければOKしないのです。もし断られたならば、二人で出かける程親しくはないと思われていたり、実は恋人がいる事や、好きな人があなたの近くにいる人という可能性もあります。

ステップアップな行動・方法

これはちょっとステップアップした方法ですが、確実に言われた相手はあなたの言葉の真意が気になるはずです。そして、「もしかして自分の事が好き・・・?」と、思わせる、ちょっと告白めいた言い方です。

<方法①> 【 過去の行動 + 気持ち 】を言葉にする
要するに、「過去に相手にしてもらった事」、「言ってくれた言葉」、「貰った物」などを題材にして、「あなたがどんな気持ちになったか」を伝えるだけです。

例えば、「あなたがメールくれたから、すっごく嬉しかったよ。」と、これだけです。略してしまえば「この前、メールありがと。」になる言葉も、とても意味深になり、相手に伝わるのです。「あなたが(行動)したから、(気持ち)になった。」このカッコに、思い当たる事を当てはめるだけです。相手に、あなたは特別だという事が伝わる言い方です。

<方法②> 心の声を出す
好きな彼に「彼女いるの?」と聞くとします。彼が「いや、なかなか出来ないよ~」と答えたらあなたは何と返しますか?「私も同じ、なかなか出来ないよ~」と答えては、好意は伝わらず友達同士の会話で終わります。

そこで心の声を出すのです。彼の返事に対して「え~?そうなの?私は気になってるのにな・・・」と、告白ともとれなくはないギリギリのラインで心の声を出してしまうのです。相手は、その意味に翻弄されること間違いなしです。もう、「好き」と伝わったようなものですが、相手にしたら実際に「好き」とか「付き合って」と言われたわけではないので、あなたの事を意識してしまうのです。

勘違い?決め手にならない男性のLOVEサイン

男性の場合は、スキンシップと彼の優しさが脈アリ・サインと誤解しやすい部分があります。こっちは、脈アリなのかと思ってドキドキしていたら、あっちは全然その気がなくて空振りだなんて切なすぎます。そうならない為にも、早とちり注意点をご紹介します。

優しいしスキンシップが多い

頭を撫でられる、よく体が触れる、ここまではいいとして、手を触って来るなどスキンシップの多い男性は、女慣れしている可能性大です。あなたは、ドキドキして脈アリかと思っていても、体が目当て、あわよくばセックスフレンドにと考えている場合もあります。

こっちは恋をしたのに、あっちは遊びだなんて、次の恋に対してもトラウマになりそうです。そういう男性を見極めるのはあなた自身です。恋は盲目と言うように、彼しか見えなくなって客観性を欠いてしまわないように気を付ける事が重要です。

おかしいな、スキンシップが増えたな・・・と感じたら、相手にスキンシップさせないようにちょっと距離を空けたり、友達に頼んで間に居てもらうなどをして様子を見る事も必要です。

すごく気を使ってくれる

すごく気を使ってくれたり、優しくしてくれる、それに「いつも○○だね」と褒めてくれる男性だと、「私のこと、いつも気にかけてくれてる?」と、好意的なサインに感じてしまってもおかしくはありません。

しかし、気を付けたいのは「周囲からの彼の評価」なのです。男女ともに友達が多かったり、彼の事を「優しいよね」「あいつイイ奴だよな」などと他にも言う人が居たら、かなり要注意です。その彼は、本当に誰にでも優しかったり、女性を褒める事に照れを感じないタイプなだけである可能性大です。

「女性に優しく」と、育って来た可能性もありますし、女兄弟がいるから自然と女性の扱いが上手い事もあり得ます。誰にでも優しくしていないかよく見て下さい。こういう男性は、ついつい恋をしてしまうタイプなのです。

勘違い?決め手にならない女性のLOVEサイン

女性は男性よりも明らかに器用です。器用でないと男性社会で渡っていけないという部分もあります。それゆえに、ちょっとした愛嬌が男性を勘違いさせてしまう事も多いのです。男性が勘違いしやすい女性のサインや、社交辞令的な言動をご紹介します。

【「ぜひ今度ご一緒させて下さい」「そのうち二人でご飯でも行こうね」などと言われる】
前者の言葉は普通に考えれば社交辞令です。しかし、好意を抱いている女性に言われると本気にしてしまいます。そして、後者の言葉には2か所も脈ナシのポイントが含まれています。それは「そのうち」と「○○でも」です。あいまいな言葉をこの短い一文の中に2つも隠されているのです。実際に男性がその女性を誘っても、なかなか予定が決まらないのがオチなのです。

【目を見て笑顔であいさつをしてくれる】
相手に好印象を与えるという意味で、女性は微笑みながら挨拶をする事が多いのです。無表情で挨拶するという事は、自分の印象も悪くしてしまうからです。その笑顔を「自分だけに向けられている」と勘違いしてしまう男性も結構いるのです。

【メールの分に絵文字やハートがたくさん入っている】
女性でも、もともと絵文字をあまり使わない人もいます。そして、絵文字をよく使う人は誰にでも使うのです。それと同じで、ハートマークを良く使う人は、相手が男性であれ女性であれ、よく使うので、ハートマークを使われたら誤解してしまう男性もいるのです。そういう女性にとって絵文字やハートマークを使うということは、自分を可愛いと思ってもらうためのツールなのです。

【よく褒めてくれる】
女性は男性より細かいところによく気が付きます。なので、男性が髪を切ったり、雰囲気が少しだけ変わったとしても、好意をもっていない相手でも変化に気が付きます。それと同じ原理で、周囲に気が付きやすいので、良い所があれば褒めるのも、あまり意識してやっている事ではなかったりするのです。それに、褒め上手な女性もいるという事も、男性は忘れがちなのです。

【よくボディータッチしてくる】
女性からのボディータッチは、男性が特に勘違いしやすいアクションです。しかし、女性は「雰囲気で」「ノリで」など、ボディータッチを意識せずしている場合もあります。また、よくボディータッチしてくるキャラというのは、圧倒的に女性に多いので、男性は翻弄されやすいのです。他の人にも同じようにボディータッチしているのか見ていれば、自分に気があるのかどうか何となく分かります。

どうしてあの人は周りから好意を持たれるの?特徴は?

人の悩みの8割方が人間関係での悩みと言われています。その人間関係の中には、家族関係や恋愛も含まれていますが、殆どの人は、人間関係が円滑に築ければと望んでいます。周りから良く思われたいというのは、人間にとって当たり前の欲求なのです。

しかし、時には周りに好かれて、人間関係もとても順調な人もいます。そういう自分の理想の為に、コミュニケーションの取り方を本で学んだりする人も中にはいますが、一番は「あなたの憧れる人を観察すること」なのです。では、好意を持たれる人にはどんな特徴があるのか、「好意を持たれる10の特徴」を挙げてみたいと思います。

①外見が意外と重要であると心得ている
②自分の主張もするけれど聞き上手である
③自分に自信を持っている
④ポジティブな言葉を使っている
⑤ちょっとした事でも人を褒めることができる
⑥自分の好意をさりげなく伝えることができる
⑦優しさや思いやりというプレゼントができる
⑧相手の立場に立って考えることができる
⑨感謝の言葉・感謝することを忘れない
⑩笑顔を周りに伝染させられる

以上、好意を持たれる10の特徴ですが、あなたはこれらが出来ていますか?これらには、ちゃんと深い意味もあるのです。総称して言える事は、素直な気持ちで思いやりを絶やさず、自分自身努力が出来る人なのです。

異性に慣れるためには、いろんな人とコミュニケーションをとることが大切です。マッチングアプリでいろいろな人と出会い、自分にピッタリの相手を探してみるというのも一つの手でしょう。

周りから好かれる人は自分が嫌われる覚悟を持っている

周囲から好意をもたれる人の特徴を並べましたが、ひとつ肝心な事があります。それは、好意を持たれる人と言うのは、八方美人ではないという事です。

誰にでも行為を持たれやすい人は、人から嫌われる事も覚悟のうちなのです。誰しも好きな人がいれば嫌いな人がいる事を知っているからです。しかし、周りから好意を持たれやすい人は、「好きな人もいれば、苦手な人もいる」と、人を遮断するように嫌ったりしません。そういった心根が表にも出るものなのです。

そして、誰にでも好かれようとしていないからこそ、肩の力が抜け、空回りしてしまったりする事がほとんどないのです。見方や考え方の角度をちょっと変えるだけで、自分自身の在り方もよく見えるという事なのです。

気持ち悪い好意・・・迷惑なお誘いにどう対処したらいい?

こっちは何気にやっていた事でも、相手が好意と受け止めてしまって、その勘違いがエスカレートする場合もあります。そして、有難迷惑というか気持ち悪いと思えるくらいに、積極的なアピールをしてこられると、ゾッとする事すらあります。

好きではない人にしょっちゅう誘われた時に、どう断ろうかと悩む人も多いのです。相手を刺激せずに断れれば一番です。そんな時にやんわりと断りを入れれる方法をご紹介します。

①仕事のせいにする

一番効果的なのが、仕事のせいにするという事です。もし、同じ会社の人に付きまとわれているのならば、上司に相談して協力してもらいましょう。「その日は残業になるかも」「残業になった」「上司に仕事を頼まれた」などです。仕事なら仕方がないと、スッキリ断りを受け入れてもらえます。

②ペットのせいにする

一人暮らしの人はペットを飼っていなくても「犬にエサをあげなくちゃいけないから」「今日愛犬のトリミング予約してるから」などと断れます。しかし、その後でもいいからと食い下がってくる人もいます。そういう場合は、「家から出る時にいつも吠えるから、夜抜け出すと近所迷惑になるの」などと、ペットの習性を利用することです。たまには動物番組を見て、ペットを理由に断る口実を考えておくのも大切です。

③親が厳しいせいにする(実家住まい・住まいがバレてない場合)

実際に実家暮らしの人はこの手を使いやすいですが、一人暮らしでも相手に素性がバレていなければ使えます。「実家の親が厳しいから」「実は、夜は当番制で祖母の介護をしてるから」「今、県外に出てた兄弟が帰省してきてるんだ」などと、家族のせいにしてしまう事も効果的です。食事や呑みに行こうという誘いの段階で、結婚を考えている人はほぼいないので、家族を出すのも効果的です。

迷惑なお誘い・しつこくなったら要注意!

自分が生理的に受け付けない人から好意を持たれて、しつこく誘われたら誰でもどう断ろうか悩むものですが、相手が本気で勘違いしている場合はちょっと危険な時もあります。また、しつこく誘ってくる人が、仕事上の関係者だと更に無下には出来ずに心労が溜まってしまいます。

■あなたにも原因はあります

まず、あなた自信が生理的に受け付けないような人に行為を持たれ、しつこく誘われるという事には理由があります。それは、あなたの「隙」です。また、周りに良く思われようとして、八方美人になってしまっていたという事も大いにあります。基本的に相手は「あなたから好意があるサインが送られている」と勘違いしているからこそ、誘われるのです。自分が思わせぶりな態度をしていなかったか、よく考える必要があります。

そして、誘いを断っているうちに徐々にフェードアウェイしてくれればいいのですが、「断られ慣れ」してしまう人もいます。そういう人は、断っても断っても、どこかでタイミングを合わせれるだろうと、どんどんしつこくなって行きます。

■あなたはただの「親切な人」だったと考えを変えさせる

一番怖いのは、その後ストーカーになってしまう事です。ちょっと、そろそろこの人危険かも・・・と思ったら信頼できる人に相談しましょう。出来るならば、相手にとってあなたが「好きな人」から「親切な人」へと変化させるように移行させれる事がベストです。なので、断るにしろ、逆上させるような事は絶対にしてはいけないのです。

恋愛は・・・良くも悪くも人間関係

恋愛関係というのは、結局は人間関係の延長線上にあります。人から好意を抱かれやすい人は恋愛もうまくいくことがほどんどですし、恋愛関係が充実していると、自然と周囲の人にも穏やかに接することができます。

片思い中の人は、まずは口角をあげて、いつもちょっとだけニコッとしている雰囲気作りをしましょう。意中の人にだけ印象を良くしようとしていても、他の人にはツレナイ態度を取っていれば伝わってしまうものです。片思いや恋愛がうまく行くように、と願っているのなら、周囲の人間関係から良くなるように攻略してみましょう。

まずは自分と相性がピッタリな人を探してみる必要があります。おすすめのマッチングアプリをご紹介している記事がありますので、参考に読んでみてください。

関連記事

Related