Search

検索したいワードを入力してください

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

Author nopic iconひつじ
コーディネート / 2018年01月19日
へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

へそ出しルックってなに?

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

へそ出しルックとは、短い丈のトップスや、シャツの裾を結ぶなどして、意図的にお腹を見せるファッションのことを言います。流行した当時は、ボトムも股上が浅いものをはき、おへそが見えるよう着こなしていました。ひと昔前、若い女性の間で大流行したファッションですが、最近また再ブレイクしている注目のファッションです。

へそ出しルックが流行した時期って?

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

へそ出しルックが日本で流行したのは、90年代後半の頃です。この頃はコギャルという言葉がうまれた時代であり、へそ出しルックは、女子高生を中心に若年女性の間で流行しました。また、ヒップホップが流行したのもこの頃で、へそ出しルックはダンスファッションとしてもよく取り入れられていました。

この時代は、へそ出しルックの流行と共に、ビキニが再流行した時代でもあります。「ナマ足」という足を大胆に露出する着こなしも流行しました。90年代後半は、肌を大胆に見せるファッションが特に好まれた時代でした。

同時期に流行していたファッション

同時期に流行していたファッションとして「ルーズソックス」「腰パン」「チビT」「アムラーファッション」などがあります。「ルーズソックス」は、長い靴下をひざ下でクシュクシュに詰めて履く着こなしで、主に女子中高生の間で流行していました。スカートを短く詰めた制服とルーズソックスの組合せが主流のファッションでした。

「腰パン」は、制服やジーンズなどを腰よりも低い位置ではくファッションで、若年男性が主な流行域でした。「チビT」は、小さいTシャツのことです。子ども用のTシャツなど、小さいTシャツをピチピチに着て、おへそをチラ見せするのが流行しました。

「アムラーファッション」は、歌手の安室奈美恵さんをお手本としたファッションのことです。茶髪、ロングヘア、細い眉、厚底の靴、ミニスカートなど、安室奈美恵さんに憧れ、ファッションを真似する女性が続出しました。彼女がチビT、へそ出しルックをよくしていたことから、へそ出しルックの流行は、アムラーの影響も強かったようです。

へそ出しルックの歴史

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

へそ出しルックは、アムラーの中でも特に人気のあったファッションで、アムラーの出現と共に徐々に広まっていきました。そして、当時、女子中高生の間でも特に人気があったギャル雑誌「egg」(大洋図書発刊1995~2014休刊)の影響で、渋谷の女子高生からへそ出しルックの流行に火がつきます。

当時、渋谷の女子高生が、女子中高生の憧れの的だったこともあり、へそ出しルック人気は、日本で爆発的に広がりました。「egg」以外にも、へそ出しルックの特集が色々な雑誌で組まれたことにより、へそ出しルックは若年女性の間で大流行しました。

へそ出しルックは、「egg」の影響もあり、特にギャルの間で流行したファッションです。キャミソールにローライズジーンズのへそ出しルックは、歌手の浜崎あゆみさんもよくされていました。へそ出しルックをして、へそピアスを見せるスタイルも流行しました。

へそ出しルックのコーデ例

90年代に流行したへそ出しルックは、胸元と腰のクビレを強調したようなスタイルのコーデが主流でした。チビTや、胸の下辺りまでのTシャツに、ゆるめのパンツを合わせたヒップホップ風スタイルは、ダンスファッションとして人気がありました。デビュー当初のSPEEDが、このような衣装を着ていました。

下に短いタイトスカートをはいた、ギャル風なスタイルのコーディテートも人気がありました。こちらも、デビュー当初の安室奈美恵さんが、このような衣装を着ていました。

へそ出しルックはもはや死語?

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

へそ出しルック、と言われても、今の若い子たちには通じないかもしれません。へそ出しルックの流行の終息と共に、この言葉も使われなくなりました。冒頭で最近またへそ出しルックが再流行していると書きましたが、今では「お腹見せコーデ」「お腹見せファッション」などと呼ばれているようです。

お腹が見えるような短い丈のシャツは、「クロップドトップス」や「クロップド丈」と名前が変わりました。クロップドとは、切り取られた、切り落とされたという意味です。見せ方も、昔のように、胸下からおへその下までを見せるような大胆な見せ方ではなく、チラッと見せる、チラ見せの方が人気のようです。手を上げたときなど、ふとした瞬間にちょっとだけお腹が見えるような着こなしです。

進化したへそ出しルックのコーデ

クロップドトップスに、クラッシュデニムを合わせたコーディネートです。こちらは、結構露出が多めなコーディネートになります。下にショートパンツや、台形スカートを合わせても、フェスにもピッタリな夏らしいコーディネートです。

露出に抵抗がある方や、体形に自身がなくて挑戦出来ない、という方は、下にハイウエストボトムを合わせることで比較的挑戦しやすいコーディネートになるかと思います。こちらの組み合わせは、足を長くみせる効果もあり、人気が高いコーディネートの1つです。ウエストあたりのクロップドトップスを合わせれば、チラ見せコーデにすることも出来ます。他にも、サロペットやオーバーオールのインナーを、クラップドトップスにするコーディネート例もあります。

大人っぽいへそ出しコーデ

大人っぽいコーデならば、ワイドパンツにクロップドトップスを合わせたコーディネートがおすすめです。こちらはウエストあたりの丈のクロップドトップスで、お腹をチラ見せするのが主流です。上はTシャツタイプのトップスでもいいですし、コーディネートが苦手な方でも、セットアップ商品が数多く売られていますので安心です。同じへそ出しルックでも、こちらの組み合わせだと上品に見えるので、挑戦しやすいコーディネートだと思います。

セクシーなへそ出しコーデ

ビスチェにハイウエストのボトムを合わせ、ロングガウンを羽織ったへそ出しルックも人気です。ビスチェは、そのまま着こなすには少し抵抗があるかもしれませんが、ハイウエストボトムとロングガウンやロングシャツを合わせることで露出をおさえることができ、挑戦しやすいコーディネートになります。

リバイバル商品の流行

近年80年代、90年代ファッションが再流行しており、へそ出しルックの再流行も、少なからずその影響を受けたものです。グランジファッションや、スポーツブランドの洋服やシューズ、サルエルシルエットのパンツや、ケミカルジーンズなど、最近ではチョーカーも流行しています。コーディネート例にもあげた、ハイウエストボトムや台形スカート、オーバーオールやセットアップ商品なども、リバイバル品だということをご存知でしょうか。時代にあわせてデザインやシルエットは多少変化していますが、今、街にはリバイバル商品があふれています。

へそ出しルックも今風に進化している!

へそ出しルックの流行時期や歴史・コーデ例

90年代を過ごしてきた方は、へそ出しルックと聞くと、懐かしく感じる方が多いのではないでしょうか。当時の思い出がよみがえる方も、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。時代は巡るといいますが、ファッションも例にもれず、色々な商品がリバイバルされています。それほど、いつの時代にも魅力的で憧れるファッションがあるということでしょう。

今回ご紹介したへそ出しルックも、デザインや着こなしを現代風に変化させ、再び流行しました。日本のみならず、お隣韓国でも大流行しているようで、特に韓国のアイドルの衣装には、へそ出しルックのものが目立ちます。現代風に進化したへそ出しルックは、昔よりも取り入れやすいものに変化しています。是非1度挑戦してみてはいかがでしょうか。今風のへそ出しルックを、楽しんで着こなしましょう!

関連記事

Related