Search

検索したいワードを入力してください

別れ話をする際の場所や切り出し方などの基本とおすすめの場所

Author nopic iconホワイトムース
カップル / 2018年01月19日
別れ話をする際の場所や切り出し方などの基本とおすすめの場所

別れ話をする際の場所や切り出し方の基本

別れ話をする際の場所や切り出し方などの基本とおすすめの場所

大好きだった相手に、自分から別れ話を切り出すのは誰でも辛いです。相手と気持ちよく分かれるためには、別れ話をする場所や切り出し方にも気をつけなくてはなりません。気まずい思いをせずに、スムーズに分かれるためには勇気もいります。

別れ話をするのなら、なるべく直接会って話せるよう相手に時間の確保をしてくれるよう頼みましょう。相手に向けるメッセージや自分のシナリオを考えておくことで、スムーズに言葉も出てきます。シュミレーションをするのも大切です。

キッパリ伝える

相手への別れ話の切り出し方で、結果が大きく変わってくることもあります。曖昧な態度をとるのではなく、キッパリと伝えましょう。相手を傷つけたくないからとキッパリ伝えられない方もいるとは思いますが、キッパリ伝えた方が相手のためにもなります。分かれたい理由を明確にしておくことで、相手も納得します。曖昧な態度ですと、相手に流されてしまうこともあるので気をつけてください。

特に相手が男性の場合は、キッパリと伝えましょう。分かりやすい言葉や理由を選んだ方が、伝えやすいです。最後に感謝の気持ちを言うのも忘れてはなりません。交際中の楽しかったこと・嬉しかったこと、自分が成長できたことを伝え円満に別れます。

逆に分かれたい理由が相手の欠点や、相手を見下した態度だとケンカになりかねません。相手を尊重し、慎重に伝えます。

上手に切り出すには

突然別れ話を切り出す人は少ないはずです。相手を思いやるなら、「聞いてほしい話があるから、時間を作って会おう」などと前もって伝えます。普段とは違った言葉遣いをすることで、相手もそれとなく気づくはずです。別れ話をする何日か前から、少しづつ距離をとるのも一つの手段です。

別れ話を切り出す時は、「大事な話がある」「今から話すことを聞いてほしい」「ずっと考えていたことがある」などと言います。相手も特別な心境になり、真剣に聞いてもらえるでしょう。真剣に受け止めてもらえるような声のトーンだと、尚良いです。これから重要な話をすることを伝えるために、前置きするのが効果的です。

別れ話を切り出す場所

別れ話をする場所を選ぶのは、なかなか難しいです。なるべく自分が落ち着いて話をできる場所を選びます。あまり人気のない場所だと、相手が別れ話に合意せずキレてしまった場合危険が及ぶかもしれないので注意します。

身の安全を確保できるよう、親しい友達にこっそり近くにいてもらうか、少人数でも人がいる場所ですと安全です。二人きりにならない場所を選ぶと、安全かつ冷静に話ができます。

別れ話をするおすすめの場所①

別れ話をする際の場所や切り出し方などの基本とおすすめの場所

優しかった相手や大人しかった相手に別れを切り出した途端、相手の態度が激変してしまうこともあります。そうならないためには、別れ話の内容も大切ですが、場所選びも同じくらい大切です。

家で別れ話をするのならば、相手の家ではなく自分の家の方が良いです。別れ話を切り出された相手が逆上してしまったり、どのような行動に移るのか予測は難しいです。相手の部屋だとリスクが高いため、自分の部屋ならば万が一に備えて安全を確保できるので良いでしょう。

家で別れ話を切り出すメリットは、周りに人がいないので2人で気が済むまで話し合えることです。しかしそれが逆に危険になることもあるので注意が必要です。普段からリラックスできる落ち着ける場所で話をすることで、緊張も少なくなります。状況によっても音楽をかけたり、テレビをつけたりと環境を変えることができます。

自分の部屋で別れ話を切り出すのならば、まずは飲み物を出します。おもてなしの心を見せることが大切です。心のこもったおもてなしから始まれば好印象になり、後の別れ話もスムーズにいけるでしょう。

カフェ

そこそこ賑わっていて、隣の席とのスペースも空いているカフェはおすすめです。座って向き合え、相手と冷静に話し合えます。周りに人がいれば、他人の目が気になり相手が逆上することも少ないです。できる限り穏便に済ませたい時は、人目のつくカフェを選びましょう。

屋外にあるテラス席は、会話が雑踏に紛れこまれやすいため他人に聞かれる心配もありません。普段使っているカフェよりも初めて行くような馴染みのないカフェの方が、楽しかった記憶などが蘇らず淡々と話が進みます。

相手が納得してくれず別れ話が終わらなそうな時、支払いを済ませ出ていけるよう伝票は近くに置いておきます。そうすることで別れ話が終わらせやすくなります。

カラオケ

人目を気にすることなく、話をできる場所を選ぶのなら個室のカラオケも良いかもしれません。歌わなくても良く、個室ですので他人の目を気にすることなく話ができます。歌わないけれど会話をするために利用するお客さんもたまにいるので、店側もあまり気にしないはずです。

しかし周りに人がいないと落ち着いて話をすることはできますが、相手が逆上しやすくなる可能性も高まります。カラオケを別れ話をする場所として選んだ際は、細心の注意が必要です。

ファミレス

ファミレスは周りに人がいるので、安心して別れ話を切り出せる場所かもしれません。2人きりになれる場所で別れを切り出すと、話がこじれた時にどうしても厄介です。感情的になっても人目があれば、冷静に話ができます。人目のあるファミレスのような場所だと、お互い周りの目が気になり泣いてしまうことや逆上してしまう可能性が低くなります。

万が一トラブルになったら、店員がすぐに駆けつけてくれるファミレスは安全です。しかし、食事時間帯などの混雑時は避けます。満席にならない午前中の中途半端な時間が、おすすめです。

別れ話を切り出す時は、ある程度長居ができる場所が良いです。そんな理由からもファミレスは良く、光が差す明るい場所だと更に良いでしょう。

ホテル

ホテルの一室は、カラオケや家と同じく周りの目を気にしなくてよく2人だけで別れ話をする場所としては良いです。デメリットも同じく、相手が別れ話を受け入れてくれず激変してしまった場合には、十分な注意が必要です。

ホテルのラウンジは、穏やかな話し合いに適した場所です。別れ話をする時はタイミングも大切ですが、飲み物が届いたら言うなど自分の中で切り出すタイミングを決めておくのも良いです。気まずくなってしまった時に一旦景色を眺めて、心を落ち着かせるのも一つの手段です。ホテルの落ち着いた雰囲気なら、時間を気にせずにゆっくり話が出来るでしょう。

高級ホテルならラウンジも、雰囲気がフォーマルです。スタッフだけでなくその場にいる方々も、落ち着いた雰囲気を醸し出しているので別れ話をするには最適な場所です。真剣さも伝わりやすく、相手も真剣に別れ話を聞いてくれます。感情的になるのを抑制し、万が一の時はスタッフさんに頼るのも良いでしょう。

公園

噴水による水の音など、物音がする場所で切り出すのも良いです。別れ話は、お互いに無言の時間を必要とします。水の音などが聞こえる公園では、無言の重苦しい雰囲気の中気持ちを落ち着かせられます。相手も感情的にならずに済むでしょう。

公園のベンチで並んで、別れ話を切り出すのもおすすめです。相手の顔を直視しなくても良い場所なので、スムーズに別れを切り出せます。別れ話はどうしても目を見て言いづらいので、ベンチなどの場所で自然と目を見なくても良い環境を作ります。

散歩しながら別れ話を切り出すのも良いでしょう。公園は人がいない訳ではありませんが、みんな思い思いに楽しんでいる場所です。公園の片隅なら、注目されずに話を切り出せます。

しかし別れ話は長時間に及ぶこともあるので、寒い時期や暑い時期の公園は避けます。気候に左右され上手く思いを伝えられないこともあるので、環境の整った場所で切り出しましょう。

別れたくない・復縁したい・仲直りしたい場合の別れ話におすすめの場所

別れたくない場合

相手を説得する時の場所としては、話し合いに集中できる場所がベストです。もしも相手がそれでも別れたいと主張する可能性がある時は、周りに人がいない方が良いです。会話が他人に聞かれてしまうかもしれないことを恐れ、自分の主張をしにくくなります。

自分に有利な場所で説得をするのも良いです。最も良いのは自分が行き慣れたバーやカフェです。そのような場所に相手を誘い込むことができれば、リラックスして説得できます。相手が行き慣れていない場所の方が、相手側は緊張して精神的に不安になった状態で別れ話を聞かなくてはなりません。

間違っても相手の懐に無防備で飛び込み、アウェイの場所に素直に行くようなことは慎みましょう。知らない場所で不安になり、相手の要求を飲まないといけないというプレッシャーに陥れます。不利な場所に誘われたら、言葉巧みに回避します。

復縁したい場合

復縁したい時は付き合っていた当時、行かなかった場所やイベントに誘うことで自分の変化を見せます。多くの場合、刺激を受けられる場所の方が復縁できる可能性は高まります。東出であったり年に1度のイベントなど、限定されている場所やイベントが良いです。

冷却期間が3年以上なら、思い出の場所を訪れるのも良いです。復縁をする場合は、相手に安心感を与えるよりも、刺激や変化を感じてもらうことが大切です。馴染みの場所やよく行っていたカフェ、レストランは避けます。

逆に復縁をしたい場合、相手の家に行ったり自分の家に来てもらうのはタブーです。都合の良い関係性にならないことが大切ですが、家に呼んだり呼ばれた時点であなたは都合の良い人になってしまいます。家の中には入らないようにしましょう。カラオケに行くのも、家に招き入れるのと同じくらい危険性があります。

適度な距離感・緊張感が必要な時は、ガヤガヤした場所や共通の知人もいるであろう場所がおすすめです。一方リラックスして落ち着いて話がしたい時は、個室や半個室が良いでしょう。パーソナルな話をすることで、2人の距離感も縮まります。

仲直りしたい場合

仲直りしたい場合は、時間と場所を変えるのが基本的です。白熱した気持ちを一旦落ち着かせ冷静になるために効果的です。思い出の場所に行くのも効果的でしょう。ケンカしたまま終わりたくない時は、初めてデートした場所などに行きます。お互い付き合い始めた頃を思い出せるので、素直に謝ることができます。

2人の思い出の場所に行くことで、幸せだった頃や初々しかった頃を思い出し仲直りする大きな近道になります。特別な感情を思い出すきっかけになり、お互いの気持ちを再確認できます。男性には初デートの場所や初めてキスした場所、出会った場所を忘れないで欲しいという女性の方も多いはずです。

別れ話をする時は個室を選ぶべき??

個室を選ぶメリット

別れ話をする時や話し合いをする時に個室を利用するメリットは、周りの目を気にしなくても良いことです。2人きりの密室なら、別れ話も切り出しやすいです。周りに人がいないため、多少取り乱しても気にすることがありません。ゆっくり納得するまで話ができるでしょう。

静かな場所で落ち着いて話をすれば、2人きりの空間で思いを伝えられます。相手も大きな騒ぎになることは、避けたいはずです。万が一の時には人を呼べる、個室のあるカフェやレストランだと尚良いでしょう。

個室を選ぶデメリット

別れ話をするのに気をつけたいことは、相手が逆上してしまったり泣き叫んでしまったりしないようにすることです。怖い思いをしたり、性的な行動によって話が流れてしまう可能性もあります。できる限りそのような状況を避けて、話を進めたい人は個室は避けましょう。人目がある分理性が働き、大きな声もあげづらいです。

また個室の場合、相手を納得するのが難しく会話をするような雰囲気を作るのが難しい時には向いていません。個室ですと話が堂々巡りになってしまった時、話を打ち切りにくい場所です。そこそこ賑わっている方が良い場合もあります。

場所選びに大切なこと

別れ話をする際の場所や切り出し方などの基本とおすすめの場所

別れ話をする時に大切なのは、相手や自分の性格に合わせた場所を選ぶことです。2人きりで納得するまで話し合える場所にしろ、周りの目がありつつも冷静に話をできる場所を選ぶにしろ、自分たちに合った場所を選びましょう。

別れ話をする場合は、切り出し方も大切ですが場所選びも大切です。場所を選ぶことで、別れを切り出しやすい雰囲気になります。上手に気分を害することなく分かれるには、その雰囲気を利用して話を切り出す必要があります。スムーズに確実に分かれるには、自分たちにあった適切な場所を選びます。

別れる時には相手を尊重することも大事ですが、相手の意思に反して別れ話を切り出すのには変わりありません。自分がリッラクスしてあまり緊張しなく話を切り出せる、場所を選びましょう。

関連記事

Related