Search

検索したいワードを入力してください

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

Author nopic iconホワイトムース
カップル / 2018年01月19日
彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

彼氏への別れ話の切り出し方

なかなか本当のことを言えず、彼氏に別れ話を切り出しにくいと考える方も多いはずです。彼氏と別れたいと思っていても、なかなか別れ話を切り出せないという女性の割合は50%を超えています。約半数以上の女性が、彼氏に別れ話の切り出し方が分からないとのことでした。

彼氏に別れ話を切り出せない多くの理由としては、情があったから・嫌いになった訳では無いから・相手を傷つけたくなかったとのことでした。また付き合っていた期間が長くても、周りの人をも裏切るようで言い出せないとのことです。

しかし、自分から何かアクションを起こさなければ、現状は突破できません。別れ話の切り出し方のコツとしては、情に流されない・強い意志を持つ・彼氏の嫌な所を考えておくなどが挙げられます。彼氏の気持ちを尊重してしまうと情に流されてしまいます。彼氏になんと言われても、自分の意志を貫き通す意思の強さも必要です。

また周りの人に別れることを宣言しておくのも、後戻りできなくなるため切り出し方に向いています。

彼女への別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

彼女と別れたいと思っていても、なかなか別れ話の切り出し方が分からず彼女に言い出せないという男性も、意外と多いです。彼女と付き合うよりも別れることの方が難しいと思っている男性も多く、彼女と惰性でずるずると付き合いを続けてしまうことも多いのです。

しかし彼女にとっても、結婚する気にもないのにいつまでも関係性を続けるのは無駄な時間を過ごすことに繋がり良くありません。また別れ話の切り出し方に困り彼女を傷つけたくないという気持ちが、時に残酷に彼女を傷つけてしまうこともあります。

後腐れなくスマートに彼女と別れられる、別れ話の切り出し方にはいくつかのポイントがあります。

・落ち着いた態度をとる
・彼女を刺激しない
・彼女に期待をもたせない
・今の気持ちをきちんと伝える
・先に別れ話を予告しておく
・彼女の話もちゃんと聞く
・彼女ではなく自分の問題だと伝える
です。

心にもない綺麗な言葉を並べただけでは、それらは全て彼女に伝わってしまいます。誠実さももちろん必要ですが、相手に嫌われても良いという覚悟が必要です。

メールでの別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

メールでのメリット

別れ話の切り出し方として、メールを利用する一番のメリットは相手に会わずに済むことです。何度も見直し言葉を慎重に選ぶことができるので、自分の気持ちを整理することにも繋がります。別れ話の切り出し方としてメールを用いると、どうしても一方的になってしまいがちですが、どうしても相手が納得してくれない時、相手に会いたくない事情がある時などには便利です。

メールなら言葉を選ぶこともでき、相手の反応が伝わりづらく感情的になることもありません。冷静に自分の気持ちを伝えられます。確実に別れ話を進める手段としては良さそうです。

また自分ひとりでは別れ話の切り出し方がわからない時、メールだと友達に協力して貰うことも可能です。直接会う場合にも、メールで切り出す場合も大切なことは同じです。相手を尊重し、感謝の気持ちや相手を気遣う文面にすると良いです。一方的にならないよう充分注意しましょう。

メールでのデメリット

別れ話の切り出し方として、相手に会うことなく別れを告げられるメールはどうしても一方的で、冷たいイメージがあります。別れ話の切り出し方として書面だけで思いを伝えるのでは、誤解も生まれます。直接会って切り出したり、電話で切り出すのと違い相手の声や表情も分かりません。

それは相手も同じであなたの感情が分からず、あなたが感謝していることやあなたの思いも伝わりずらいです。気持ちが伝わらず、納得してくれない場合もあります。

メールは記録として、保存されます。相手が友達にそのメールを勝手に見せつける場合もあります。SNSで公表されてしまったりと、データして残るメールは危険性も併せ持っています。

相手が納得してくれなかった時、メールでやり取りを続けなくてはならない可能性もあります。直接会いたいと要求されることもあるかもしれません。別れ話が短期間で終わらなかった時、自分にとって精神的ストレスとなることが充分予測されます。

書面だけでは、相手に事務的作業のようなドライな印象を与えることもあります。別れ話の切り出し方にメールを使う場合にも、相手への感謝や思いやりが伝わるような文面にすることが大切です。

またメールは既読されたのか分からないため、返事が返ってこずどうしたら良いか分からないという状況に陥ることがあります。相手の反応が分からず中々別れられず、ストレスになってしまうこともあります。

前置き・終わり方

別れ話の切り出し方として、直接でなくメールで行うのは相手に不誠実な印象を与えがちです。会って話せない理由を述べましょう。

「会って話すと素直に話せないのでメールにします。会うと嫌味やひどい言葉を言ってしまうかもしれないし、本当の気持ちを伝えられないのでメールにしました。」
このように前置きすることで、相手も納得してくれるはずです。

別れる理由は人それぞれですが、相手のことを必要とし楽しかった時期もあるはずです。一緒にいてくれて良かった、優しくしてくれて嬉しかったなど感謝の気持ちを伝えましょう。

「今まで沢山の楽しい時間をありがとうね。これ以上あなたと喧嘩したくなく、幸せな時間として終わらしたいです。さようなら。」
このように感謝の気持ちを表せば、相手に誠実さも伝わります。

キッパリ言い、今後の提案も


別れ話の切り出し方は、常にキッパリとしてなくてはなりません。相手に期待を持たせないためにも、はっきり伝えます。

「○○君を好きではなくなりました。男性として見る事も、もう無理です。」
このように自分にとって、恋愛対象でなくなったことをはっきりと伝えましょう。くれぐれも相手の人間性を否定するようなことはいけません。

別れてからも顔を合わせるようなことがある場合には、これからのことも触れておきます。
「○○で会う機会もあるだろうけど、お互いに普通に笑えるようにしようね。私は本当の気持ちは2人だけにしか分らないと思うので、別れた理由を詳しく言うつもりもないです。」
別れた後にお互いどうするか提案するのも良いでしょう。

電話での別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

電話でのメリット

別れ話の切り出し方として、電話もメールと同じく相手の表情が伝わりづらいため比較的冷静に話し合うことが可能です。直接言えないことも電話なら言える、ということもあります。

直接会って言うのでは、どうしても緊張してしまう人でも案外電話なら楽に切り出すこともできます。対面では言う時の雰囲気も大事になりますが、電話では言いたいことを相手に確実に伝えられます。

またニュアンスは文面よりも伝わりやすく、誠実さも伝わりやすいです。声や息遣いであなたが苦渋の決断を下ろしたことも伝わるはずです。

相手が忙しくて見れていないこともなく、返事が返ってこないということもありません。相手の反応が直に分かるため、相手にきちんと伝わっているか理解することもできます。

電話でのデメリット

直接ではないにしろ、別れ話の切り出し方に相手の声や息遣いが分かる電話を用いと緊張してしまいます。自分が話している最中に、割り込んできたり勝手に電話を切られてしまったり、相手が黙ってしまうことも考えられます。

結局は会って話したいと、要求されることもあります。直に会うにしろ、電話で1回話してから会うのでは心構えも変わります。電話で別れ話をしてから直接会うのも良いかもです。

簡潔にハッキリと

電話だけに限りませんが、別れ話の切り出し方として前置きはダラダラとならないようにします。相手と別れるために話をしているのですから、ダラダラと喋らずに簡潔に伝えましょう。最後に付け加えたように相手に「別れたい」と言っても、相手に伝わりません。

別れたい気持ちをはっきり伝える必要があります。曖昧にしてしまうと、相手に本当に別れたいと思っているのか伝わりませんし、思い直してくれる可能性もあるかもと話を聞いてくれなくなります。相手に嫌われたくない、傷つけないないとオブラートにしすぎるのも良くありません。

相手を思いやる

別れ話の切り出し方として、先に相手が傷つく言葉をかけてしまうことがあります。別れ話をする時は、お互いに思いやれるよう感謝の気持ちを述べます。相手にダメ出しをするのではなく、私のこういう所がダメだったと、話をする時は自分が主体となるようにします。くれぐれも相手の人間性を否定してはいけません。

電話をかける時の時間帯にも配慮します。相手の都合の良い時間帯にするためにも、事前に相手のフリータイムかどうか確認します。せめて相手の都合の良い時間や日程を確認しておき、改めて電話をしましょう。自分の時間を優先させてはなりません。的確な声と話し方で、誤解を招くことがないようにしましょう。

声のトーンとしては、やや低めが良いです。別れ話は楽しい話題でないことは明らかですので明るめなトーンは止めます。電話は表情が分からないぶん、声や話し方で伝えなくてはなりません。時には役者になりきり、丁寧に説明し相手に納得するまで話します。

LINEでの別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

LINEでのメリット

別れ話の切り出し方としてLINEをしよする時のメリットは、基本的にメールと同じです。直接会って話をしないので、相手に説得され別れ話がうやむやになってしまったり、逆上されたり、しつこくすがられたりすることも無いです。

メールと同じく、相手の感情が分からないため別れ話の切り出し方として有効です。相手がメッセージを読んでくれたかどうかも既読機能があるため分かります。また電話を使ったとしても、LINEなら無料のため通話料を気にせずとことん話し合えます。

LINEのデメリット

別れ話の切り出し方としてLINEを使用するデメリットも、メールと同じです。相手に誠実さが伝わりづらく今までの付き合ってきた期間が、ないがしろにされたと感じる場合もあります。これからの関係が悪化することも明らかで、周りの人に言いふらされてしまうこともあります。

別れ話の切り出し方としてLINEを用いても、結局会って話をしようと言われることが多く、その場で別れ話が終わらない場合があります。お互いの気持ちが文字では伝わりにくいですし、
相手に納得してもらいにくいというデメリットもあります。

冷静に淡々と

真面目に考えていることが伝わるよう、絵文字・顔文字・スタンプは使ってはいけません。素っ気ない文章の方が、本気度が分かります。

別れ話の切り出し方としてLINEを用いるのは、どうしても不誠実ですので相手が心の準備ができるよう別れたい雰囲気をそれとなく醸し出します。別れ話の切り出し方も「大切な話がある」と、分かりやすい前置きから始めます。LINEを送る場所は、自分の部屋など落ち着ける場所だと尚良いです。

別れ話の切り出し方はタイミングが難しいですが、だらだらと文章を続けるより2、3言目には別れたいと言います。文章が長くなれば、相手も読むのが億劫になります。

同棲している場合の別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

同棲カップルは一緒に過ごした時間が長いため、少なからずお互いに依存しています。スムーズに同棲解消できる切り出し方として、話をするタイミングや場所は重要です。

切り出し方を考える前に、荷物をまとめておくことや次に住む場所を考えておくことも必要です。別れ話をした後に一緒に生活をするのは、精神的にも大変です。前もって準備をしましょう。

タイミングと場所選び

別れ話の切り出し方は、タイミングも重要です。自分が出ていく場合も、相手が出ていく場合も準備が必要になるため翌日が仕事よりも翌日が休日というタイミングが適切です。別れ話を切り出された側のダメージ回復のためにも、休日前に切り出す方が良さそうです。

同棲カップルにとって、家はお互いに遠慮なくズバズバと言える所でもあるはずです。それがトラブルの原因にもなりうるため、同棲カップルの切り出し方としてお互いに理性を保てる外で言いましょう。

常に冷静に

別れ話の切り出し方として、いつでも冷静に自分を保たなくてはなりません。別れ話がこじれてケンカになっても怒ってはいけませんし、罵倒されたとしても冷静でいます。一度激怒してしまうと、別れた後に別のトラブルの原因となります。

同棲カップルは、愛情以外の嬢を持ちやすいのも特徴です。例え相手に泣きつかれても、後1週間一緒にいてと頼まれたとしても情に流されないようにします。

上手な別れ話の切り出し方

彼氏・彼女への別れ話の切り出し方|メール・電話・LINE

これまで、別れ話の切り出し方を見てきました。直接会って話をするにしろ、メール・電話・LINEで話す場合も、同棲している場合の切り出し方も大切なことは同じです。

相手のことを思いやり、傷つけなくない・嫌われたくないと思っていたとしても自分からはっきりきっぱり伝える必要があります。時には嫌われる覚悟も必要です。あなたが冷静に話を切り出せば、相手も納得してくれるはずです。別れ話の切り出し方は、大変ではありますが勇気をもって伝えてみましょう。

関連記事

Related