Search

検索したいワードを入力してください

ガーネットの宝石の意味と効果・宝石言葉・誕生石としての意味

Author nopic iconのっこ
パワーストーン / 2018年01月19日
ガーネットの宝石の意味と効果・宝石言葉・誕生石としての意味

ガーネットの宝石って?

ガーネットの宝石の意味と効果・宝石言葉・誕生石としての意味

歴史について

ガーネットの歴史は5千年前におよび最も古い時代から宝石のひとつとして使われてきました。ユダヤ人の伝説にノアの方舟で知られる大洪水の最中に、ガーネットが光を放ってともし火の様に輝き、暗闇からノア達を導き方舟を救ったという話が残っています。

古代エジプトではガーネットを強力な護符として崇め、ユダヤ教の祭司は、真理を得る石として身につけていたと言われます。古代ギリシア人は、ギリシャ神話の冥界の王ハーデスとペルセポネーの物語に登場するザクロにちなみ、恋人同士で永遠の愛と貞操を誓いガーネットを贈り合ったそうです。

中世になると、十字軍の兵士たちはガーネットが負傷から守って生きて戦場から帰還できると信じ、甲冑にはめこみ戦いました。同時に良くない事を追い出し健康と騎士道的精神、忠誠心、誠意を高めるとも信じられていました。

ヨーロッパで人気が出たのはそれより後の19世紀にかけてガーネットは「ファッションの宝石」とされ英国ビクトリア王朝時代にガーネット・ブームをもたらしました。ハプスブルグ帝国から輸入された良質な、チェコ・ボヘミア地方で採れるガーネットとアメリカで起きたゴールドラッシュが丁度重なり金も入手し易く、華やかで豪華なゴールドジュエリーが隆盛を極めました。

20世紀に入り世界各地でもっと色の美しい宝石が手軽に入るようになると、ガーネットの人気は衰え次第に忘れ去られていきましたが、ガーネットは古くから世界各地で『神聖な石』として崇められ大切に扱われてきたということです。

ガーネットは和名だと?

ガーネットの宝石の意味と効果・宝石言葉・誕生石としての意味

英名でGarnetとインターネットで入力すると、まず赤い宝石が1番に検索されますが、赤にも鮮やかな色から深みのワインレッドまで幅があります。丸っこい結晶が集まった状態で産出され、この様子がザクロの実にそっくりなのです。

ガーネットはラテン語で『種』を意味する「グラナタス」(多くの種子をもった物=ザクロ)にちなみ「ガーネット」と名付けられ王族から世界中の女性の胸元や指先を飾り美しさを添えてきました。

日本でもザクロを割った時にのぞく艶と深みのある赤い粒の色合いが似ていることから「ザクロ石」「鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)」と呼ばれています。この鉄礬とは、主成分でる鉄とアルミニウムをさします。

ガーネットの種類と硬度は?

ガーネットには多くの種類があり、色も多様です。1種類の鉱物、宝石を指しているのではなく、多様な化学組成からなる鉱物をまとめたグループ名なのです。

透明度に優れ澄んだワインレッドの輝きの、チェコで最も良質と言われるボヘミアンガーネットもその1つです。ボヘミア地方でのみ採れ、産出量が限られているため近年その希少価値が世界的にますます評価されるようになりました。

そして原産地も現在まで新しい採掘場が、地球上に広がりインド・ケニア・マダガスカル・マリ・モザンビーク・ナミビア・タンザニア・ナイジェリア・スリランカ・ロシアとその土地土地でバラエティ豊かな色味が産出されるのです。アルマンディンの多くがインド産とされています。

ガーネットというとほとんどの人が小さな赤い宝石を思い浮かべがちですが、実際には濃紅から黄、オレンジ、紫、緑色とブルー以外の色が揃っていますので、どんな好みの人にも気に入った色が見つかり流行の移り変わりにも対応できます。

そして宝石になる鉱物には希少性の他に、美しさを保つ硬度を持っていなければなりません。硬度とは表面を引っかいた時に傷つきにくい性質のことです。物質の硬さの程度を表す尺度で、別の物質とこすりつける事で調べます。硬度10が一番硬く、硬度1は一番柔らかいのです。これは比較による相対的な尺度であって、硬さが数値に比例するのではありません。

このシステムは18世紀の鉱物学者、フリードリッヒ・モースが考案し『モース硬度』と名付けられています。比重が3.62-4.3、結晶系は等軸晶で、ガーネットの硬度は6.5-7.5です。

ガーネットに込められた宝石言葉

ガーネットの宝石言葉は、変わらぬ愛・真実・求愛・忠実・勝利・貞操・優雅。

変わらぬ愛の証に、欧米では結婚2周年、18周年の結婚記念日にガーネットを贈るそうです。ガーネットで一般的な『アルマンディン・ガーネット』と呼ばれるワインレッド色の宝石は昔から「勝利を導く石」だと信じられていました。

中世ヨーロッパ時代では、「貞節と友愛」に意味を変え、十字軍の兵士たちは故郷に残す妻へ貞操を守るように持たせたと言われています。また時代の流れの中、友情の証として友と別れる際に再会の約束を込めガーネットを交換したことから「信頼と愛」の石と呼ばれています。ガーネットを贈りものとして受け取ると「幸運」が来ると言い、ガーネットを盗んだ泥棒には不幸が訪れると言われました。

宝石以外にも血止めの薬や外傷から身を守るお守りとしても愛用されていました。ザクロに似た原石の一粒一粒は、「希望」であると言い伝えられ、ガーネットは人生に豊かな実りを与えてくれる「宝石の女王」と古来より人々を魅了しました。

ガーネットの相場はお安い?

今日では産出量と流通量が多い赤色の『デマントイド・カーネット』が日本のガーネット市場を、ほとんどを占めた為、「安価な宝石」というイメージが付いてしまっていますが、実は希少価値の高い逸品も存在しているのです。18世紀から19世紀にかけて、チェコスロバキア産のガーネットをはめこんだジュエリーは特に王家の冠を飾ってきたので珍重されました。

現在その赤黒い色が特徴の「ボヘミアンガーネット」は年々採掘量が減ってきているので、古いものほど価値があり祖母から娘へと代々大切に引き継がれてゆくのです。アンティークのガーネットでなくても、ダイヤモンドのように輝く「デマントイドガーネット」は海外のオークションで1カラット当たり1万ドルを超える値がつけられ物もあります。

ロシア産のデマントイドがやや値段が高くなります。ガーネットの相場は、0.15万円(ロードライトガーネット0.5ctルース)~12万円(デマントイドガーネット0.5ctルース)と10~100倍の違いがあります。

アクセサリーで楽しんで♪

ペンダントはどれがお好みですか?

1月の誕生石ペンダントネックレスで、クラリティはVVSで綺麗に輝きます。完璧なネックレスです。

オーバルーシャイプのシンプルデザインで、何時までもファッションのガーネットです。そんなに派手ではなくて、会社でも普通でもよく似合います。誕生日のプレゼントとして一番よいです。

Blockquote firstBlockquote second

綺麗な色のガーネットで大満足です。
シンプルなので、合わせやすいですと
思います。
プレゼントしたら、とても喜んでました(^-^)

ブレスレットもありますよ

腕回りサイズ約13.5-15.5cm素材:ガーネット・カイヤナイト・オぺロンゴム・シルバー925
ガーネットは情熱を意味し、身に付けていると、持ち主の身を守り、幸福をもたらしてくれます。カイヤナイトは冷静な直感力と判断力を高め、さまざまな挑戦をクリアに見えるようにして、前へと踏み出す勇気を与えてくれるといわれています。

アクセサリー活用の効果は?

ガーネットの宝石の意味と効果・宝石言葉・誕生石としての意味

ガーネットのパワーストーンは、風水の観点から言えば、火の気が強い石です。ガーネットをリングやペンダントとして身に着けると太陽の気の性質を持っているので憂鬱な気分を一掃し、躰に溜まった邪気と負の感情を清め、人間関係をスムーズに愛する気持ちと慈しみの心をはぐくむ事から、恋の成就にも効果があるそうです。

憧れの人を振り向かせたいなら、心臓の近くに付けられるブローチがお勧めです。アクセサリーを身につけながら、ガーネットの力で憎しみ・嫉妬などの感情が浄化されて、ポジティブなパワーを取り入れる事も可能なのです。

☆ガーネットとルビーの組み合わせ…ガーネットが身体と精神のどちらも活性化をしますので、ルビーのポジティブな活力を取り入れれば、日々を明るい気分で過ごせ希望に満ちて頑張れるでしょう。

☆ガーネットとアメジスト…不安やストレスから守り、頭と行動を一致させてくれるので、受験生のサポートに人気の組み合わせです。苦労を結果に結びつけて力をくれるので、進路の決定にも良いようです。

色の種類とそれぞれの名前

ガーネットの成分

ガーネットと一言でまとめて呼ばれていますが、商品名や歴史上の名前を含めると知られているだけで約40のカラーバリエーションがあるそうです。ガーネットは鉱物の名前ではなく、珪酸塩鉱物のグループ(パイラルスパイト、ウグランダイト)で、同じ結晶構造でも化学組成はさまざまです。成分の違いで14種類ほどに分けられます。

最も知られているアルマンディンは、鉄とアルミニウムを主成分にしているので赤系統が多くガーネットの中で広く宝石に用いられています。その他の種類に、パイロープ、スペサルディン、アンドラダイド、グロッシュラー、ウバロバイトに分けられます。

クロムから緑色というように成分の組み合わせ次第で、赤色以外のガーネットが出来あがり、手に入りやすいガーネットとは程遠い希少性と価値が生まれるのです。

赤色系の種類

アルマンディンガーネットは代表的な赤色です。パイロープガーネットはギリシャ語で「燃える目」の意味のピロポスから。上質な物は色の濃いルビーと混同されました。

マライアガーネットはスワヒリ語で「見捨てられた」の意味のマライアで知られる様になりました。淡いピンクから鮮やかな赤橙色、オレンジ色と様々です。モザンビークガーネット、ロードライトガーネットは、色がよく似ていますが、モザンビークの方が、やや赤く濃い色をしています。

スペサルティンガーネットは、1880年代半ばに発見されたバイエルンのスペサルト地方に由来のオレンジからブラウン系の色があります。マンダリンガーネットとタンジェリンガーネットは、比較的明るいオレンジがかった赤色でスペサルティンガーネットの仲間です。

緑色系は希少な色も

アンドラダイドガーネットの名前の由来はブラジルの鉱物学者ジョゼ・ボニファシオ・デ・アンドラダ・エシルヴァ(1763-1838年)からで緑色なのです。カラーチェンジガーネットの素晴らしいところは、ロウソクの火の下(濃い赤紫)と日光の下(緑)で色が変化します。

デマントイドガーネットですが、デマントイドは古いドイツ語で「ダイヤモンドのような」と言うデマントに由来しています。発見当初はエメラルドと間違われました。ミントガーネットはミントグリーンです。ウンバライトガーネットは、ピンクのような紫色で産出量が不安定な為、通の宝石愛好家に人気の高いガーネットです。

スターガーネットの特徴は、アルマンディンガーネットの中で、4条の白い筋が星のように現れる珍しい宝石です。シャンパンガーネットは、ピンクより淡い桜色で、マリガーネットは1994年に見つかったばかりの非常に手に入りにくい宝石で、明るい黄色がかった緑色です。

ヘソナイトガーネットは、他のガーネットよりも少し柔らかい硬度から古代ギリシアではカメオ、彫刻の装飾に使われ、ギリシャ語で「劣る」のエッソンから名付けられ、金色とシナモン色が主にあります。

1月の誕生石

1912年にアメリカの宝石商協会が1月の誕生石に、ガーネットを選びました。

ザクロの色から「実りの象徴」とされ、目標に向かい頑張っている努力を成功へと導いてくれるといわれています。どんな困難や大きな問題を前にしても、前向きに乗り越えるようにサポートをしてくれる石です。そして持ち主に変わらぬ愛情を示し、真っ直ぐな願いなら無条件で聞き入れてくれるとされています。

欧米では色々な記念日にガーネットを贈っているのですが、まず先述の結婚記念日だけではありません。生まれた子供が宝石に興味を持つ年頃になったら、ファーストジュエリーでガーネットを贈るのです。親から子へ「忠実な人生を」と願いを込めます。

ガーネットの本物と偽物の見分け方

化学が発達の現代では成分の分析装置にかければ見抜けますが、18世紀から19世紀のガーネットの流行時は化学テストをきちんと行わなかったので、色の濃いルビーと間違えられることもしばしば起こりました。中世ヨーロッパ時代にはガーネット・トルマリン・スピネル等の赤い宝石はルビーと思われていた時もありました。

英国王室秘蔵の王冠の正面下に納められている大きな317カラットのルビーも、スピネルであることが判明されました。ガーネットとルビーの道具があれば素人でも出来る見分け方が、紫外線選別です。紫外線のライトを当てると、ルビーはクロムが含まれているので石の中まで蛍光しますが、ガーネットは暗いままです。この違いで赤いガーネットなら見分けられます。

希少な濃い紫色のガーネットとアメジストの見た目は、見分けがつかない事もあるそうです。一番は信頼のお店で購入が早いようです。自分で分析依頼も出来ますが、宝石より高い金額を請求されたら元も子もありませんね。

お手入れして大切に使いましょう

ガーネットは好きですか?と聞かれたら今のあなたの答えは前と変わったでしょうか。赤色は魔除けになるけれど、ガーネットと他の宝石を一緒に持つと石が嫉妬するから注意という情報もありますが、別の宝石と一緒でも相乗効果が起こるはずです。

そして身に着けたジュエリーは必ず、クロスや布などで拭いてから宝石箱の中にしまう習慣をつけましょう。どうしても皮脂や汗、化粧品による汚れが付着することは避けられません。ガーネットの硬度は7なので柔らかい布で軽く拭いても傷は付きづらく大丈夫です。

そして、末永くお気に入りのジュエリーと同じ時をお過ごし下さい。

関連記事

Related