Search

検索したいワードを入力してください

【男女性別】好きな人へのアプローチ方法・仕方|メール/LINEなど

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
片思い / 2018年01月19日
【男女性別】好きな人へのアプローチ方法・仕方|メール/LINEなど

男性・女性別の好きな人へのアプローチ方法・仕方は?

好きな人が出来れば距離を縮めてもっと仲良くなりたいと思います。もっと仲良くなって、最終的には恋人同士になりたいと考えるのが自然な気持ちであり、いきなり告白をしても恋人になれる可能性は限りなく低いので、まずはアプローチをしてゆっくりと距離を縮めていかなければなりません。

しかし友達としてなら気楽に会話をしたり、遊びに出掛けれるなどを繰り返せば自然に仲良くなりますが、好きな人へのアプローチとなれば緊張してしまいなかなか上手くいかないということもあります。

また好きな人に近づくためにはアプローチの方についてもしっかりと考えていかなければなりません。好きな人へのアプローチの方法や仕方は男女によってどのような違いがあるのでしょうか。

男性からのメール

男性から女性にメールでアプローチをするためには相手の興味のあるものを提示する必要があります。男性にとってはメールなどのツールは単に連絡手段であるという認識が強いですが、女性にとっては連絡手段に限らず、コミュニケーションツールとしても使用されるものです。女性にアプローチをするためにはメールの使用用途は女性に合わせる必要があります。

興味のある内容であればどんなものでも構いません。女子ウケを狙うというよりはその人が本当に好きなものや趣味について話題にするといいでしょう。好きな人にアプローチをするためにはまずは連絡を取り、コミュニケーション取ることが自然であるという状態に持っていかなくてはなりません。

男性からのLINEなど

メールの場合は長文であったり、短時間に何度もやり取りをするというわけではないのでそれに応じで分量も多くなりますが、LINEの場合は同じ連絡ツールでも使用用途や特徴が異なっています。好きな人にアプローチをするためには連絡手段に応じて使い分けが大事になります。

LINEの特徴としてはチャット感覚で素早いやり取りが出来るということ、そして画像や動画など添付して送れるということです。好きな人にアプローチをするなら出来るだけこまめに連絡をし、素早い返信を心がけること。文章だけにならずたまには画像や動画を入れて相手を飽きさせないようにするということが大切になります。

女性からのメール

女性から好きな人にメールでアプローチをするならとにかくやり取りを増やすということが大切ですが、男性は要件人間であることも多く、返信の必要がないと思うことも多いですし、特別に用もないのにメールがだらだらと長引くことを嫌う傾向にあります。

しかし相手に嫌われないことだけを気にして必要以上に短文になったり、要件だけでは好きな人と距離を縮めることも出来ません。男性に嫌われずに、かつやり取りを増やしたアプローチをするなら全てのメールに要件を絡めることが大切です。

要件自体はどんなものでも構いません。デートの約束を取りつけるなどが難しいのであれば何かを教えてもらう、借りるなど簡単なものから連絡の頻度を上げていきましょう。

女性からのLINEなど

男性にとってはメールは連絡手段として考えられることが多いですが、LINEに関しては女性と同様にコミュニケーションのツールと捉えている男性も増えています。しかしそれでも油断は禁物で、あまりにも内容が薄いLINEを続けていると相手に嫌われてしまうこともあります。

LINEは気軽に連絡がしやすいだけに何度もメッセージを送ってしまいがちですが、出来るだけその頻度は抑えるようにしましょう。また画像や動画なども駆使して男性の興味を惹くこと、絵文字やスタンプなども使用しカラフルに装飾することが大切です。

男性は自分はシンプルな文面を好んでも女性からはキラキラとしたメッセージを望んでいることも多いので、派手になりすぎない程度に装飾することが大切です。

好きな人へのアプローチはする?しない?

好きな人が出来れば恋人関係になりたいと思い、アプローチをするという人も多いですが、好きすぎるあまり緊張して話しかけられない、距離を縮めることすら出来ないという場合もあります。

また一口に好きと言ってもその感情は様々です。恋愛における好きの場合もあれば、友達の好きである場合もあります。男女の関係を越えた人間的な好きである場合もありますし、憧れの存在としての好きである場合もあります。

好き=アプローチをするというわけでは必ずしもなく、また恋愛の好きであっても相手にすでに恋人がいるなどであれば諦める、好きの気持ちを憧れの好きなどに移行させるということもあります。好きな人にはアプローチをするかどうかは人によって異なるということでもあります。

しないというより出来ない

好きな人が出来ても必ずしもアプローチをするというわけではなく、好きな人であってもアプローチをしないという場合もあります。しかしその場合はアプローチをしないという決断をするのではなく、緊張して話しかけられない、アプローチをする勇気が持てないなどによってアプローチが出来ないという方が正しいとも言えます。

好きの形がどんなものであったとしてもアプローチをして距離を縮めたいというのは自然なことです。アプローチをして距離が縮まれば、たとえ恋愛関係ではなかったとしても好きな人のそばにいることが出来ます。好きな人のそばに居たいというのは自然な欲求であり、そのための行動を取らないというのはしないというより出来ないと言った方が正しいです。

傷つきたくないからしない

好きな人へのアプローチが勇気が出ないために出来ないという場合もあれば、自分に自信を持つことが出来ず、アプローチして距離を縮めても恋愛関係になれず振られて終わるのがオチだと考え、傷つきたくないからアプローチをしないという人もいます。

傷つきたくないからという理由で好きな人にアプローチをしない人はいるものの、好きであることには変わりなく、日に日にその気持ちが強くなって苦しくなるという事も多いです。しかしどれだけ気持ちが強くても傷つきたくないという気持ちが邪魔して、アプローチが出来ず、結果悶々とした気持ちを抱えて一人でこっそりと傷ついてしまうということもあります。

もちろんアプローチをする

好きな人が出来ればもちろんアプローチをするという人は多いです。人によって積極的なアプローチをするのか、控えめなアプローチをするのかは違いがありますが、それでも全くアプローチをしないままで終わるということはありません。

また好きな人が出来ても、本当に好きかどうかは分からない場合もあります。何となく雰囲気で好きな気がしているものの実際はよく知らず、本当に好きかどうかもよく考えれば怪しいということも多々あります。

好きな人にアプローチをする人の多くは、相手と距離を縮めるだけではなく、アプローチを重ねる中で相手のことをもっと知り自分の気持ちを確かめている場合も多いです。好きな人を本当に好きか見極めるためにアプローチをするという人もいます。

なかなか会えない好きな人へのアプローチ方法は?

好きな人が出来ればアプローチをして距離を縮めようとする人は多いですが、必ずしも好きな人がすぐそばに居て、いつでも簡単にアプローチが出来るとは限りません。旅先で知り合う、出張先で知り合う、ライフスタイルが違うなど会いたくてもなかなか会えない相手を好きになってしまうということもあります。

相手にアプローチをするためにはまずは相手を捕まえて自分との時間を作りだす必要がありますが、なかなか会えない人へのアプローチ方法はどのようなものが考えられるでしょうか。

電話やメールなどを駆使する

物理的な距離が遠かったり、ライフスタイルが違う場合には空き時間で相手と直接会うという事が難しいです。アプローチの中で最も効果的なのが直接相手に会って、同じ時間を過ごすということですが、それが難しい場合は電話やメール、LINEなど連絡ツールを駆使して少しでも繋がる時間を作ることが大切です。

お互いの声が聴ける電話が最もいいですが、それが難しい場合はメールやLINEなどでメッセージを送っておき、お互い都合のいい時にやり取りをするというのもいいでしょう。今ではテレビ電話などで顔を合わせることも出来ますし、様々な手段を用いればアプローチは可能です。なかなか会えない相手ならどんな手段でも良いので日常的にコミュニケーションを取るということが大切です。

好きな人へのアプローチのきっかけは?

好きな人に出会う場は様々で、会社の同僚であったり、先輩後輩、たまたますれ違った人、居酒屋などで隣に座った人など、どんなシチュエーションでも好きな人が出来ることはあります。

好きな人が出来ればいよいよアプローチですが、それはどのようにして始まっていくものでしょうか。好きな人に出会う場が様々であるように好きな人へのアプローチのきっかけも様々です。

距離を縮めるためにはアプローチが必要で、アプローチをするためにはそのきっかけが必要になりますが、好きな人へのアプローチのきっかけはどのようなものであることが多いのでしょうか。

まずは大勢で遊ぶ

好きな人へのアプローチのきっかけとして最も多いのがまずは自分と好きな人を含めた大人数のグループで遊び、そこから個別に連絡を取ってアプローチをしていくというものです。いきなり二人きりのデートに誘うというのは勇気がいることですが、大人数であれば誘いやすく、相手も応じやすいです。

大勢で遊べば他の人とどのような会話をしているかも聞くことが出来ますし、自然に話す機会も生まれます。大勢で遊んだときに相手の情報、趣味や興味のあるものなどを知り、それを足掛かりにアプローチをしていく人は多いです。

また大勢で遊ぶとなると連絡先を交換する必要がありますが、最近ではLINEでグループを作れば簡単に連絡が可能で、そこから相手の連絡先を知ることが出来るので、一石二鳥でもあります。

後悔のない恋愛を

好きな人へのアプローチの方法やアプローチをするかしないか、アプローチのきっかけなどを紹介しましたが、好きな人が出来たからと言って必ずしもアプローチしなければならないということはありません。

好きな人が出来てもアプローチをしないという人はいますし、相手にアプローチさせるように誘導するという強者もいます。距離を縮める方法は様々ですが、必ずしも距離を縮めなければならないというものでもありません。

大切なのは行動に対して後悔しないことです。アプローチをして後悔するならしない方がいいですし、アプローチをせずに後悔するならした方が良いです。アプローチをするかしないかは自分の心に聞き、どちらを選んでも後悔のない恋愛にするということは守りましょう。

関連記事

Related