Search

検索したいワードを入力してください

状況別デートの頻度まとめ|大学生、社会人、付き合う前

Author nopic iconojym
デート / 2018年01月19日
状況別デートの頻度まとめ|大学生、社会人、付き合う前

付き合う前のデートの頻度とは

付き合う前の意中の人とのデートは、どのくらいの頻度ですればよいのか難しいところです。まず、一番大切なことはまだお付き合いが始まっていないということです。

なので、頻繁にデートの約束をするのではなく、2週間に1,2回ぐらいがベストです。頻度が早すぎても遅すぎてもよくないので、程よい距離感で会うようにするといいでしょう。遅くても3週間以内には会うように心がけます。

「次はいつ会える」「明日はどう」などたくさん聞いてしまうと相手は、しつこい人という印象を持ってしまうでしょう。そういった場合にこそ、デートの頻度は2週間に1,2回を目安にするといいです。

意中の相手に会いたいと思ってもらうには?

たくさんデートするほうがいいと思う方もいるでしょうが、付き合う前にたくさん会ってしまうと相手の心が冷めてしまうことがあります。次のデートが待ち遠しい、早く会いたいと思ってもらうことが大事なので、付き合えるまでは会いたい気持ちは我慢です。

そして、日曜日など休日は、意中の相手と1日デートすることがおすすめです。日曜日など大事な休日を、1日自分のために使ってくれることは相手からしても好印象です。

恋は駆け引きが重要です。連絡も毎日すぐに返すよりかは、少し時間をあけて返したりしてみるのも相手が気になることの行動のひとつです。このように次のデートまでに、相手に好意をもってもらえるように努力することが、交際への第一歩といえます。

付き合ってからのデートの頻度

付き合ってからは、そのカップルによってデートの回数は全然違います。2週間に1回会うだけでいいと思うカップルや、毎日一緒にいたいと思っているカップルもいます。よって、デートの頻度は何回がいいというより、2人に合った頻度でデートをすることがいいといえます。

また環境の変化や忙しさの変化で、回数は全然ちがってきます。例えば、今までは1週間に2回ほどデートできていたのに、相手の仕事が変わったり急に忙しくなったり、今までと休みの日の曜日が変わってしまったりすると、会える回数も減ることが多いです。

相手に合わせるデートの頻度とは?

例えば片方が毎日会いたいと思っていても、相手が週に1回ぐらいがいいと思っていると、そこですれ違いが生まれ上手くいかなくなってしまうことがあります。毎日会うのは重いと感じられてしまったり、1人の時間が好きな人にとってもその時間がなくなると、付き合うのがしんどいと感じられてしまうこともあります。

その場合は、相手の意見を聞いて合わせてあげるか、自分と同じ考えの人と付き合うことで上手くいきます。すれ違いが生まれ始めたところで、どっちに合わせてデートの頻度を決めるか話し合ってみるといいでしょう。付き合ってからのデートの頻度は2人で決めることが一番いいです。

大学生のデート頻度

大学生といえば時間がたくさんあるイメージですが、学校やバイトの日々でなかなか時間を作れない人も多いです。そのため、デートの頻度は週に1回程度というカップルが多いです。

ですが、これもカップルによってバラバラなので週に1回というカップルが多いというだけで、絶対とは言い切れません。

また、大学生は就職活動などで急に忙しくなることがあるので、その場合はデートする回数も減ってしまいます。逆に授業の回数も減りバイトも休みの日が多くなると、デートする頻度も多くなるでしょう。会える時間が多いときにたくさんデートして、忙しくなったらまた間があいて次のデートまでの期間が長くなるなど、かなりムラがあるのが大学生の特徴です。

社会人のデートの頻度

社会人同士の場合は、休みの日が同じならデートする回数も増えます。例えば、お互いに土日が休みの仕事なら休日はデートすることが増えます。ところが片方が土日の休みで、もう片方が平日の休みならデートする回数は減ってしまうでしょう。

社会人だと毎日の仕事で疲れていることも多いので、頻繁にデートするとしんどいと思われることが多いです。なので週に1回ぐらいのペースでデートすると、自分の時間も作れ仕事の時間も作れ、相手の負担にもならず楽しむことができます。

お互いが相手のペースに合わせてあげることが大切です。また、男性はスーツで出勤することが多いので、休日のデートのときは私服が見られるので新鮮です。

お見合いデートの頻度

一般的に多いのは、1~2週間に1回のペースです。お見合いだからといってあまり深く考える必要はなく、一般に社会人がデートしている回数でいいでしょう。その代わり、メールや電話などはマメに取っておくと、距離がもっと縮まります。

「女心と秋の空」という言葉が存在するように、女性の気持ちは移りかわりやすいものです。そのため、あまりにも間隔をあけてしまうことは危険です。きちんと時間を作り、遅くても2週間以上はあけないようにしましょう。

お見合いというのは結婚が背景にあるものなので、相手の方も慎重になっています。なので心を開いてもらうために、デートはとても重要です。お見合いデートの場合は、特に間をあけすぎずデートをすることが大切です。

お見合いで付き合うまでのデートの頻度は?

お見合いから交際までのデートの頻度の目安は、3~5回ぐらいがベストです。少なすぎてもまだ相手の気持ちがまとまっていなかったり、多すぎても相手の気持ちが冷めてしまうことがあるので、これぐらいの頻度がいいといえます。

お互いに結婚を意識しているので、相手を楽しませることを心がけてデートをすることが大切です。また、回数を重ねるごとにスキンシップも取り距離を縮めるようにするといいです。相手にも早くこの人と付き合いたいと思ってもらえると、スムーズに交際まで発展します。そして、交際から結婚までは早くて3ヶ月以内で、遅くても1年以内の方が多いです。

お泊りデートの頻度とは

お互いの休みの曜日や仕事の時間帯にもよるので、お泊り回数の頻度はカップルそれぞれです。毎週お泊りデートをするカップルもいれば、月に1回するかしないかというカップルもいます。

また、相手が一人暮らしか実家暮らしかでもだいぶ回数のばらつきはあります。相手が一人暮らしなら泊まりに行く回数も増えますし、実家暮らしで外で泊まることになるとお金もかかり、頻度は少なくなるでしょう。それに同棲を考えているカップルなら、2日に1回ペースでお泊りをしそのまま同棲していくということもあります。

そんな中でも一番多い頻度は、1週間に1回のペースです。この頻度はまだ付き合いたてのカップルに多い傾向があります。付き合う年度が長くなるほど、お泊りデートの頻度は月1回など少なくなっていくことが多いです。

社会人の場合は、週末の次の日が休みの日だけお泊りデートをするという方が多いので、週1回のペースになります。

デートの頻度はカップルによって十人十色!

このようにデートの頻度はお互いの性格や年齢、交際期間や休の日の曜日などによって全く違います。週1回のカップルもいれば、毎日のように会っているカップルもいます。また比較的に長くお付き合いして安定してくると、毎日会っていたカップルもデートの頻度が少なくなり安定してきます。

一般的には長くお付き合いする秘訣は、あまりデートをしすぎないことが大切といわれています。理由としては、次のことがあげられます。

・会いすぎると早めに飽きがきてしまう
・すれ違いや喧嘩が避けられる
・会えたときの嬉しさが大きくなる

相手に飽きられないようにするには、デートの頻度を多くしすぎないことが大切です。昔から「会えない時間に愛がはぐくまれる」というように、会えないときこそ相手の大事さがわかります。

関連記事

Related