Search

検索したいワードを入力してください

2回目のデートの基本や流れ|場所/服装/告白/キス

Author nopic iconさや
カテゴリ:デート

初回公開日:2017年08月26日

更新日:2020年02月25日

記載されている内容は2017年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

2回目のデートの基本や流れ|場所/服装/告白/キス

悩みや疑問がいっぱい 2回目のデート

ドキドキの初デートを終え、次は2回目のデート。2回目のデートとなると、相手との交際を意識して、より気持ちも高まります。

でも、いざ実行しようと思っても、

どうやって誘えばいいのかな?
どこに行けばいいのかな?
どんな服装で行こうかな?
告白する?
キスはする?
そもそも脈はあるのかな?
緊張して、失敗したら嫌だな

など、さまざまな悩みや疑問があるのではないでしょうか。

2回目のデートは、今後の二人の関係構築を左右する重要なタイミングといえます。今回はそんな2回目のデートをより成功に近づけるため、2回目のデートの基本的な流れや、お誘いメールの例文、オススメのデートプラン、デート当日の服装、告白やキス、相手の脈ありサインについてご紹介します。

2回目デートの基本的な流れとは?

2回目のデートをするためには、まずは相手を誘うことが必要です。初デートが楽しかった、好感触だった場合、2回目のデートでの期待はお互いに高まります。

今後の交際について、告白やキスについて、相手は初デートをどのように感じていたのか、2回目のデート前の期間は、そんなことを考えるだけでもドキドキします。2回目のデートは重要ですが、あまり気負いせずに、適度な期間で2回目のデートに誘うようにしましょう。

初デートから2回目のデートまでの期間は2〜3週間

学校やバイト、サークル活動のある学生さん、仕事のある社会人、忙しさやスケジュールの状況は人によってまちまちですが、だいたい初デートから2〜3週間くらいで2回目デートの予定を立てることをオススメします。

1週間では少し急かしすぎなタイミングですし、場合によっては他の予定がすでに入ってしまっていることもあります。逆に、3〜4週間、一カ月と間を空けすぎてしまっても、相手の初デートのときに感じた感情が、薄れてしまう可能性が考えられます。急かしすぎず、待たせすぎず、適度なタイミングを見計らうことが大切です。

期間が空いてしまう場合は適度な連絡を

2回目のデートに誘う目安が2~3週間とは言っても、やむを得ずスケジュールの関係で期間が空いてしまうことも考えられます。その場合は、適度に連絡を取るように心がけましょう。休みの日は普段どんなことをしてるとか、どんな食べ物が好きなのかなど、初デートでは聞けなかったちょっとした質問が、2回目のデートプランに役立つかもしれません。

2回目のデートに誘ってみよう

2回目のデートに誘うとき、あなたはどのように相手を誘いますか?学校やサークル、同じ職場などの場合はデート以外にも相手と会える機会があるため、タイミングによっては直接会話をして、2回目のデートに誘うことができます。

直接話せると、相手の温度感が電話やメール、LINEと比べると伝わりやすいため、相手に合わせた話し方やデート提案ができます。ですが、電話やメール、LINEでのお誘いが悪いわけではありません。実際、お誘いはメールやLINEですることが多いのではないでしょうか。

ここでは、メールやLINEで2回目のデートに誘う場合の、例文をいくつかご紹介します。

2回目のデートの誘い ①導入文

2回目のデートに誘うまでの間、連絡をするなどのコンタクトは取りましたか?取っていない場合は、初デートのお礼も踏まえた連絡をします。「この間は楽しかった」というような、初デートに対するポジティブな印象を相手に伝えます。すでにコンタクトを取っている場合は、軽い挨拶文を入れて、本題に入ります。

2回目のデートの誘い ②本題

初デートのお礼や挨拶文のあと、2回目のデートに誘う本題に入ります。初デートや、2回目のデートに誘う前にコンタクトが取れている場合は、そのときに得た情報をフックに誘うと効果的です。

例えば、
イタリアンが好きと言う情報に対して「美味しいイタリアンのお店に食べに行かない?」
動物好きという情報に対して「小動物と触れ合える動物園に行かない?」
などです。

そういった情報を得られていない場合は、「今度また遊びに行かない?」「どこどこに一緒にいかない?」というような、フラットな文章で誘うように心がけます。相手の好みなどの情報がなくとも、ある程度デート当日の内容を提案します。2回目デートの日程については、自分の空いている日程を可能であれば複数挙げて、選択出来る形にすると親切です。

2回目のデートの誘い ③締め

「日程が合わなかったら言ってね」「行きたいところがあったら言ってね」など、自分の提案に対して、相手が返答しやすい形で締めます。そうすることで、提案に対して乗り気ではない場合も、返答がしやすいのに加え、「動物園ではなくて、水族館はどう?」など、提案に対する代替え案なども出しやすくなります。

思いやりを忘れずに

これは2回目のデートに誘うときだけに限りませんが、あまりにもしつこい内容や、断定的な内容は相手に嫌悪感や拒否感を感じさせてしまう可能性があります。ただでさえ、感情を捉えにくいメールやLINEでの連絡は、出来る限り相手を思いやっていると感じさせることの出来る文章を送ることが大切です。相手から了承の返答がきたら、2回目のデート決定です。思いやりを思いやりを忘れず、2回目デートのスケジュールを考えましょう。

2回目デートが約束できなくても焦らずに

万一、デートの誘いを断られてしまった、予定が合わなかった、という場合も焦りは禁物です。ただ単純にスケジュールに調整がつかなかった場合も、相手が2回目のデートに乗り気ではない場合も、2回目のデートをしたいと思う場合は時間をおくことが必要です。しつこすぎないように連絡を取ったり、場合によっては二人でのデートの前に複数で遊んだり飲みにいくなどを挟むことも効果的です。相手のペースに合わせたやり取りを意識しましょう。