Search

検索したいワードを入力してください

退職のタイミングはいつが最適?税金・内定・退職願・申し出

Author nopic iconあおねこ
転職・就職 / 2019年01月18日
退職のタイミングはいつが最適?税金・内定・退職願・申し出

退職願を出すタイミング

退職を決意しても、いきなり会社に退職願を提出する必要はありません。一般的な退職の手順としては、まず、直属の上司に口頭で相談して退職の意思を伝えます。そのうえで、会社に対して正式に退職の意思を伝えます。この「会社に対する正式な退職の意思の申し出」が、退職願の提出になります。

現在、勤務している会社の就業規定の中で、退職願を出す期限が定められている場合が多いです。自分の都合によるタイミングではなく、必ず現在勤務している会社の就業規則を確認したうえで、その期間内に退職願を提出するようにしましょう。

退職願・退職届・辞表の違い

退職願は、「退職させてもらえませんか」とお願いするものです。退職届は、「退職します」と宣言するものです。どちらも、「退職の意思」を会社に伝えるものですが、法律的な性質から、原則として「退職届は撤回できない」とされています。また、辞表は、経営者や会社の役員などの重要な地位に就いている人や公務員が「辞意を示す」ものです。

ドラマや映画の中で、会社を辞めるタイミングで「辞表」と書かれた封筒を出すシーンを見ることがありますが、一般の会社員が会社に退職の意思を伝えるときには「辞表」は使わないほうが良いでしょう。

退職を切り出す・申し出るタイミング

退職を切り出す・申し出るタイミングは、一般的には「退職希望日の1カ月から3カ月前」です。ただし、会社の就業規則によっては異なる場合がありますので、必ず現在勤務している会社の就業規則を確認しましょう。一般的な退職の手順としては、まず、直属の上司に相談して退職の意思を伝えます。そのうえで、会社に対して正式に退職の意思を伝えます。

まずは口頭で「直属の上司」に退職についての相談

まずは、口頭で、「直属の上司」に、退職についての相談をするための時間をとってもらいましょう。退職の話は、直属の上司以外の人の耳に入らないところで行うのが基本です。昼休みなどの休憩時間中や夕方以降などの「就業時間外」が、退職の話をするベストタイミングです。

直属の上司に「今ちょっとよろしいですか」「ご相談があるのですが」などと声をかけて、会議室などの個室に移動して、退職の意思を伝えるようにしましょう。

会社の「繁忙期」に退職を切り出す・申し出るのは避けましょう

退職を切り出す・申し出るタイミングとしてもっとも避けたいのは、会社の「繁忙期」です。会社が忙しい時期に退職を切り出しても、受け入れてもらえない可能性があります。また、大きなプロジェクトが進んでいる途中や、人事異動の直後も、退職を切り出す・申し出るタイミングとしてはふさわしくありません。

自分の都合だけではなく、会社や上司の都合も考えて、会社や上司の都合がつきやすいときに退職の意思を伝えるようすると、円満に退職することができるでしょう。

税金的に良い退職のタイミング

住民税と所得税は、毎月の給料から天引きされています。所得税は毎月の所得に対して課税されるので、退職するタイミングの決定にはあまり関係がありません。しかし、住民税は、前年の1月から12月までの所得に対して、6月から翌年の5月まで、毎月の給料から天引きされます。

つまり、住民税については、「税金の課税対象時期」と「徴収時期」がずれるのです。時期がずれるということは、「退職するタイミングによっては住民税を精算する必要が生じる」ということになります。

税金的に良い退職のタイミングは5月

たとえば、1月から4月の間に退職する場合は、前々年分の住民税をまだ払い終わっていません。ですので、このタイミングで退職する場合は、退職するときの給料から天引きしてもらって精算するか、退職後に一括して税金を支払う必要があります。5月に退職する場合は、5月分の給料から、1カ月分の住民税が天引きされるだけです。

6月から12月の間に退職する場合は、前年分の所得についての徴収が始まっている中で退職することになります。したがって、6月から12月の間に退職する場合も、年間の税額と退職月までの税金を退職するときの給料から天引きしてもらうか、退職後に個人で納める必要があります。退職して毎月決まった額の給料が入らなくなった後での出費を抑えるためには、退職するタイミングを考えることは重要です。税金的に良い退職のタイミングは5月といえるでしょう。

転職の際に内定から退職するまでのタイミング

転職のため退職する場合のタイミングは、応募している会社から「内定が出た後」に、現在勤務している会社への退職を申し出るのが基本です。ただし、現在勤務している会社での退職の手続きにかなりの期間を要する場合には、転職先がある程度決まったタイミングで申し出ても大丈夫でしょう。

現在勤務している会社の就業規定の中で、退職願を出す期限が定められている場合が多いはずです。その期間を考慮して、次の会社への入社日を決定しましょう。そして、次の会社の入社日に間に合うように、現在勤務している会社での退職手続きのスケジュールを調整していきましょう。

退職の菓子折りを配る・渡すタイミング

退職するときの菓子折りの選び方

退職するときの菓子折りは、部署・職場の上司や同僚への感謝の気持ちをあらわすものです。高額なものを渡す必要はありません。人数にもよりますが、3,000円から5,000円程度の「お菓子の詰め合わせ」を、職場の「直属の上司」に渡すのが一般的です。お休みしている人や出張している人にも配慮して、日持ちするお菓子(おせんべいやクッキーなど)を選ぶと、職場のすべてのメンバーに喜んでもらえます。個包装してあるお菓子だと、各自のタイミングで食べることができるので、さらに喜ばれるでしょう。

退職するときの菓子折りの配り方・渡し方

退職するときに菓子折りを配るまたは渡すタイミングは、「退職日の当日」の朝礼前や終業後、休憩時間が一般的のようです。朝礼を行っている会社の場合は、退職日の当日の朝礼が始まる前のタイミングで、お菓子の詰め合わせを直属の上司に渡しておくと、朝礼中に紹介してもらえる場合もあるので、あなたの感謝の気持ちが職場のメンバー全員に対しても伝わりやすいでしょう。

業務中にお菓子を配ったり渡したりするのは避けるようにしましょう。菓子折りを渡すときは、紙袋から出して渡しましょう。菓子折りの紙袋は持ち運ぶためのものです。菓子折りを渡すときは、必ず紙袋から出して渡すようにしましょう。

退職のタイミングに関する占い

退職する夢を見た場合、あなたが今現在ちょうど退職を考えているタイミングで、その思いが夢に反映されただけかもしれません。退職しようとは考えていないのに、今勤めている会社を自分から退職する夢を見ることもあるようです。本当は辞めたくないのに、自分の都合や家庭の事情などで会社を退職する夢は、現在や将来に対するあなたの不安感のあらわれのようです。

仕事の内容や人間関係についての悩みを抱えているタイミングで夢を見たのかもしれません。あなたの周りの信頼できる家族や友人に相談してみることで、あなたの不安感や悩みが解消されるかもしれません。会社を退職してすっきりした気分になっている夢は、あなたの運気が上昇していることをあらわしています。ポジティブ思考で積極的に物事に取り組むことで良い結果を得られて、あなたの運気が開けることを、夢占いが教えてくれています。

タイミングをよく考えて円満退職を目指しましょう

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。会社を辞めるときは、できるだけ良い雰囲気で退職したいものです。会社の繁忙期などのタイミングでの退職は、可能な限り避けるべきでしょう。また、会社を辞めると決まってからも、退職するまでの間はこれまでと同じようにしっかりと働きましょう。自分の都合だけではなく、会社や上司の都合も考えて、双方にとって良いタイミングで退職できるようにスケジュールを立てるようにすると、円満に退職できるでしょう。