父親嫌いな息子・娘の理由や心理・父親嫌いの治し方

Author nopic iconとつ
自分磨き / 2017年10月26日
8b4be1f7 754e 4ad4 ba7a 20610dbd6728
概要

outline

父親が嫌いな時期は少なからずあります。その時にどうすぐ過ごすかで、その後の生き方に影響があります。父親嫌いの気持ちを理解し、その対処を知ることでこれからの生き方に変化が訪れます。父親の気持ちを理解し、ブレない大人を目指しましょう。

父親嫌いな息子と娘って?

トピック1005339/要素1284562

最近ではすっかり仲が良い関係を保ちつつある父親像ですが、父親嫌いな時期が多感な時にはつきものです。皆さんは父親が好きですか?嫌いですか?

今回は父親嫌いについてご紹介していきます。

父親嫌いな息子って?

同棲である父親を毛嫌いする息子の心理とはどのようなものが存在しているのでしょうか。

成長するにつれて、父親と同じ環境に身を置くようになります。そうなると色々な側面が生まれてきます。

父親の悪い面を見てしまっている

子どもは父親の姿を観察しています。子供にしてはいけないと叱っていることをふとした隙に自分がしてしまうと子供にとっては「自分だってしているじゃないか。」と言われたこととの矛盾に不満を持つようになります。その矛盾感がやがて嫌いな感情に変わっていきます。

テレビを見ながら食事をしていたり、挨拶を交わさなかったり、服などの身に着けているものを部屋のあちらこちらに脱ぎ捨てたりするのもNGです。

同じ男として真似たくない

多感な時期になると、父親を自分と同じ男として捉えます。その時に目につく仕草や態度が気に入らなければ真似たくないですし、嫌いになってしまいます。

例えば、毎日お酒を飲んでばかりで何一つ父親としての存在がなかったり、仕事の愚痴ばかり話していたり、「疲れた。」と口に出してばかりだったりしていませんか。以前であれば大変だな、と思っていることであっても耳障りに聞こえてしまうのです。

父親らしいことをしてほしい

多感な時期になると、自分で様々なことにトライしてみたいという成長段階があります。しかし、経験値や肉体的な問題で大人と同じようにこなすことができない自分にもイライラするものです。

そのような時にそっとアドバイスをしてほしいと本心では思っていても、できない自分にイライラしてしまっていて素直に表現できないことがあります。「うるさいな。」「黙ってよ。」などという捨て台詞を発してしまうこともありますが、父親として頼っている裏返しでもあります。

父親嫌いの娘って?

では、娘である人の場合はどうでしょうか。父親としてはかなり気になるところです。息子の心理とはやや異なった側面があります。

自分と同じ匂いを避ける

幼いころは父親から発する匂い、といっても加齢臭ではなく何となく漂う匂いが安らぎの一因となります、しかし、多感な時期になると近親との関係を避けるように本能的に備わっているメカニズムがあります。

何となく、つい、といった無意識に行動としてとってしまうものにはこのような背景があるのです。

過度の干渉を嫌がる

息子に比べて娘の方が精神的に早く大人になっていきます。今までは父親や母親の適切なアドバイスが行動の動機となっていましたが、自分の行動範囲が広がると、多様な人との関わりを持つようになります。

次第に経験したことのない考え方や文化に触れることで、実家の教えとの違いに困惑したり悩んだりするものです。「別に。」「うるさい。」などのように短い単語でしか返事をしないこともあります。それでも干渉を続けてしまうと返事すらしないこともあります。

父親としては何か話しかけた方がいいのだろうかと気になってしまい過度に話しかけたりしがちですが、解決方法を必死で考えている段階では拒んでしまいます。この態度が嫌いと映ってしまいます。

魅力がない

「パパかっこいい。」などと言われたりすることが父親としては父親冥利に尽きます。小さいうちは一緒に遊んでくれたり、どこかに連れて行ってくれたりする遊び相手としての父親として影響されがちです。

一方、思春期になってくると、頼りがいや優しさなど、より内面的なものに魅力を感じるようになります。

何かを聞いても答えてくれなかったり、だらしない格好で家の中をうろうろしていたりする姿を目にすると、異性に関心が芽生える時期にはだらしなく映ってしまい、嫌いになってしまいます。

優しさがない

母親に対して、自分に対して父親がどのように接するかをよく観察しているものです。態度が母親と異なるという場合は、即座に落第点を押されてしまいます。

自分のことだけしか考えられなかったり、自分の主張を押し付けたり、いつも命令口調だったりと、言葉や態度に思いやりや優しさが不足していると、嫌いになってしまいます。

父親嫌いを治すには?

本当に心底父親が嫌いな人はどのくらいいるのでしょうか。父親としての責任を果たしていない人は問題外ですが、少なくとも毎日家族のために一生懸命に働いているのです。

息子や娘に不安なく大きくなるまで育てていきたいと願っている父親が大多数です。いくら嫌いであっても、父親をぞんざいにすることがどのくらい罪なことかを知ってほしいのです。

父親としての存在を忘れない

思春期などの多感な時期は、子どもと大人の狭間でもがき苦しんでいる時でもあります。できることを沢山増やしたい、でもうまくいかない、そんな気持ちの葛藤が毎日繰り広げられる時期なのです。

今の時代、インターネットなどが充実し予め知識としてインプットしてから経験値を上げる人が増えています。しかし、本当の経験とは試行錯誤の繰り返しを積み重ねることで生まれます。そんな時には、経験値のある父親の存在を忘れてはいけません。

今の気持ちに素直になる

自分と向き合うことは、時として恥ずかしくもあり嫌なこともあります。しかし、今の自分に何が足りないのかを知るには自分と向き合うことでしか見出せません。プロの選手や職人など、自分が持っている技術で仕事をしている人にとっては自分と向き合ってスキルを磨いているのです。

不安や自信喪失など挫折を味わうことを恐れてはいけません。誰もが通る道です。そんな時に頼りになるのが、人と関わりを持っていることが多い父親なのです。

父親をよく観察しよう

容姿がダサい、いつも頼りない、我儘、自己中心的など父親嫌いに関する表現は沢山挙げられます。しかし、そのような単語一つで父親を表現できるものなのでしょうか。外に出ている時の顔、家にいる時の顔、同じ顔であっても随分と表情が違うことが分かるでしょう。

家では嫌いな存在でしかなかった父親が、相手に気を遣って思いやりを持っている人なんだ、といった再発見もあるでしょう。

感謝する気持ちを持とう

父親に限らず、皆さんが不便なく暮らしているのは多くの人たちの協力があってのことです。学校であれば友人や先生や先輩後輩、社会であれば上司や同僚、お客様などです。人との関わりなしに生きていくことはできません。

ましてや、父親の役割は家族を養うために一生懸命働いて、不自由のない生活を送らせてあげることです。その役割がきちんとなされていれば嫌いな存在であっても立派な父親なのです。常に感謝する気持ちを忘れてはいけません。

父親嫌いな人がする恋愛の傾向とは?

父親嫌いな人が陥りやすい恋愛の傾向にはどのような特徴があるのでしょうか。

父親と正反対の性格

父親がだらしなかったり、頼りにならないことばかりだった人は、父親には持ち合わせていないものを持っている人に憧れを抱きがちです。父親のそう言った部分が嫌いで許せない気持ちの表れでもあります。

父親と同じ性格を選んでしまう

父親と正反対の性格を選ぶ人が多い中で、父親と全く同じ存在を選んでしまうこともあります。長い間嫌いな性格の父親に育てられているため、その環境にすっかり同化してしまっている場合に起こります。

なぜか父親世代

父親嫌いの娘である人にとってありがちな傾向として、年上でそれも嫌いな父親程の年が離れた男性に恋心を覚えます。包容力や優しさなど、自分が今まで満足に享受できなかったものを恋愛を通して得たい気持ちの表れです。

恋愛そのものがしにくい

嫌いな父親の立ち振る舞いを嫌と言うほど目にしてきた人にとっては、自信を無くしてしまったり、恋愛自体に魅力を感じなくなっている場合もあります。

結婚式に嫌いな父親を呼ぶべき?

晴れて結婚に結び付いた時、嫌いな父親を呼ぶでしょうか。いくら嫌いであっても、自分をここまで大きく育ててもらった存在として父親は外せません。

海外赴任等で出席が難しいなどの特殊な事情がない限り、呼ぶのが当然です。子供の成長を喜ばない父親はいないのです。

父親嫌いで会いたくない時は?

反抗期など、嫌いな父親と顔を付け合わすのが嫌な場合はどのようにすればよいでしょうか。

必要最低限のことはする

「おはよう。」「ただいま。」などの挨拶をはじめとした当たり前にするべきことは最低限するべきです。嫌いな父親も反抗期や毛嫌いした時期を経験したことが多いものです。皆さんの気持ちを理解しています。

しかし、それすらできないことは、父親に対して自分が嫌いという感情を持っているにすぎず、何の理解を示していないことになるので、自分が親になった時にどう感じるでしょうか。

父親嫌いのストレス発散法は?

反抗期では、嫌いな父親の顔を見るたびにストレスを感じます。どうしたら解消できるのでしょうか。

完璧な父親はいない

皆さんが思い描いている父親像を思い出してみてください。ドラマに出てくる優しい父親であったり、CMで流れているおしゃれな父親ではありませんか?友達の父親が羨ましかったりすることもあるかもしれません。

しかし、よく考えてください。今あげた父親はあくまでも「像」なのです。つまり、イメージと言い換えても良いです。皆さんが目にしている自分の父親は、生身の人間なのです。

何かと世話焼きだったり、自己中心的だったり、いつも否定されてばかりだったりする嫌いな父親であったとしても、生身の人間です。バイオリズムもありますし、うまく自分の気持ちを表現できない場合もあるのです。

そう考えると、自分が思い描いていたものがいかに虚像であったかを認識できます。

父親はこの世で一人

現在ではシングルマザーや再婚など色々な事情がありますので、一括りにするには難しい時代になりました。しかし、皆さんの肉体は必ず一人の父親のDNAから生み出されています。嫌いな父親がどんな形であれ、皆さんを形成した存在であることは否定できません。

父親嫌いになる時期は、多くの人が経験します。成長する上では決しておかしなことではありません。大切なのは、その時期に父親とどう接してきたのかです。

皆さんも息子や娘である存在から、やがては自分が親になる時がやって来ます。その時に自分が嫌いな父親に対してとっていた行動が良かったのか悪かったのかを、痛い程思い知らされることになります。

父親に今のうちにもっと寄り添って、父親の気持ちを推し量ることができるようになれば皆さんも立派な大人になった証です。

いい加減誰かに愛されたい・・・

トピック1005339/要素2272594

新しい恋がしたい…甘える相手が欲しい…ちやほやされたい…そんな時に必要なのは異性でしょう。新しい出会いを求めてハッピーメールを初めてみませんか?

ハッピーメールには1000万人以上の登録者がいます!普通に生活していたら1000万人の人に出会う機会なんてありませんよ!?みんな異性を求めている為、タイプの人に出会えてからは話が早いでしょう^ ^♡

恋をするのも良し、飲みに行くのも良し、寂しい夜に電話をするのも良しです。
詳しい詳細はこちらから↓

関連記事

Related