Search

検索したいワードを入力してください

綺麗になりたい人におすすめのきれいになる方法|顔/肌/ニキビ/痩せる

Author nopic iconAita
モテ女 / 2018年12月19日
綺麗になりたい人におすすめのきれいになる方法|顔/肌/ニキビ/痩せる

綺麗になりたい人がきれいになる方法

「綺麗になりたい!」と思う女性、どの世代にも共通して行うと良い方法に、毎日のお肌のケア・綺麗な姿勢・ヘアメイクを似合っているものの研究に加え、整えること、ファッション・口内ケアなどがあげられます。

毎日のお肌のケアはかかせません。ケアといっても高級化粧品や、エステに通うということではなく、「自分の肌にあった」スキンケア方法を見つけることです。良い姿勢は、普段から自分の姿勢を意識して、鏡でチェックしたり、歩くにも綺麗に見える体のゆがまない歩き方をマスターしましょう。

ヘアメイクは、定期的に美容室へ行き整えること、メイクも顔に合う無理のないメイクを研究することです。流行りのメイクも良いですが、流行りのメイクは似合うメイクとは異なるためパーソナルなメイクを知ると綺麗になれます。

口内ケアも大切です。歯医者へ通うことはもちろん、口臭予防や歯のメンテナンスをきちんと行いましょう。

世代別!10代の綺麗になる方法

まず、綺麗になりたい気持ちを持ち続ければ、これからどんどん綺麗になれることを知りましょう。綺麗になりたいという意識をポジティブに持つことです。10代は肌質が変わってきたり、「体重」が気になりだしたり、これまでにない自分への意識が変化してきて悩みが多くなる年頃です。

情報が多い中で、あれこれ手を出したくなるかも知れませんが、スキンケアに大切なことは、「シンプル」であることです。ニキビが気になれば市販薬でなく、『美容皮膚科』へ行き、正しいケアを行ってください。間違った方法は、肌を傷めて後々跡が残ってしまいます。

そして、朝食は抜かずにとりましょう。食欲がわかない方もいますが、朝のエネルギーは「綺麗」に繋がります。過度なダイエットは将来の身体を傷つけていることを忘れずにダイエットが必要であれば適度な運動をメインに行いましょう。

世代別!20代の綺麗になる方法

環境にもよりますが、20代では飲酒が出来るようになり会社で飲み会があったり、明け方まで出歩く自由な環境になります。さらに一人暮らしを始めたなど出来ることが増えたり、自分でしないといけないことが増える人が多い世代ではないでしょうか。

20代の綺麗になりたい人へのおススメの方法は、「食べ過ぎない」「飲みすぎない」「朝まで遊びすぎない」この3つを意識して生活することです。今の生活は将来の30代の自分を作っています。

外食が多ければ、一日で外食以外の食事は自炊を行い栄養バランスを心がけましょう。飲酒が多い場合は、飲むお酒の量と、飲む種類を考慮しましょう。飲みすぎは不健康であり、綺麗は健康であることです。そして、睡眠時間を大切にしましょう。「トータルの睡眠時間」も「睡眠を始める時間」も綺麗になりたい方へはかかせないものです。

世代別!30代の綺麗になる方法

30代の綺麗になりたい人へのおススメの方法は、「女性ホルモンを増やすこと」と「ストレス解消」です。25歳から減少していく女性ホルモンですが、女性の体調は女性ホルモンの働きにより大きく左右されます。

健康面ではもちろんですが、肌つやも女性ホルモンによって変わってきますので綺麗になりたい女性は、見落とせないポイントとなります。食事から取り入れたり、女性ホルモンを刺激することを積極的に生活にとりいれましょう。幸せに感じることは女性ホルモンに大きく影響すると言われています。例えば、音楽を聴いたり温泉に行ったり、ウォーキングをしたり日記をつけるなどの方法があります。

30代では体の変化がでてきて、20代の頃とは綺麗になりたい意識が異なってくるでしょう。ストレスの形も年代ごとに変化してきますが、すっきりできる自分なりのストレス解消方法も持ち合わせておくことをおススメします。

世代別!40代の綺麗になる方法

40代の綺麗になりたい人は日常的に「運動」を取り入れましょう。運動は意識しなければ仕事で動く場合を省けば年々減っていきいます。メリハリの筋肉は綺麗になりたい人へはかかせないものですが、筋肉も使わなければ徐々に機能が低下していきます。

綺麗になるには、運動で全身の筋肉量を増やし、運動前後のストレッチで血流やリンパの流れを促進し、身体の基礎を見直しましょう。運動とストレッチのセットでおススメなのが、ホットヨガです。たくさん汗をかきますし、ヨガによる全身のストレッチも行うので綺麗になる効果が期待できるでしょう。

また、顔の形が変わってくる年代でもある40代です。具体的には、肌の色が変色し、皮膚のたるみによる輪郭の変化、目・眉・口元などパーツの位置が移動します。これまでと同じメイクではなく顔の形に合ったメイクをすることで大きな変化を手にいれることができます。

綺麗になりたい!肌のお手入れ

綺麗になりたいと思う人には、綺麗な肌というのは重大な課題ではないでしょうか。綺麗な肌の特徴としてくすみのない透明感のある肌、毛穴の開いていないキメの細かい肌、凹凸のないなめらかな肌などがあげられます。現在、肌にトラブルのある方は、間違ったスキンケア法が原因かもしれません。

スキンケアから基礎化粧品まで、どんな化粧品が合うのか分からないという方は多くいますが、とにかく自分の肌と向き合ってみましょう。肌質を知るという意味でも「美容皮膚科」に通うことは大変おススメな方法です。

皮膚科とは違い、美容皮膚科は綺麗になるための専門的な病院です。高額なイメージもありますが、保険適用で診てほしいということを事前に伝えれば安心して通うことが可能です。

この他にも、栄養バランスのとれた食事と、十分な睡眠は美肌の基本ですので改善の必要があれば行いましょう。

ニキビ編

綺麗になりたい女性の中には繰り返しできるニキビは悩みの種です。ニキビのできる原因はアクネ菌や、肌の洗いすぎが原因と言われています。過度な洗顔で取りすぎてしまった皮脂を補おうとし、過剰に皮脂が出てきてしまいます。その結果、毛穴が詰まり、ニキビができます。ニキビを改善しようとして色々試してしまうことも、ニキビへの悪循環を引き起こしています。ニキビの肌から綺麗になりたいと思う方は、まず自分がどんな肌質でなにが原因のニキビなのかを把握しましょう。

肌質には普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌の4種類があります。肌に合った洗顔方法や、ケアを行うことで綺麗な肌を取り戻すことができるでしょう。「保湿」が大切という認識が強くありますが、肌に合わない保湿は毛穴を塞ぎ、ニキビが増殖しますので保湿でもどの程度必要なのか見極めましょう。

毛穴編

毛穴が開く、汚れる肌から綺麗になりたいと思う方へおススメの方法は、

・洗顔の時間の見直し
・すすぎの回数を減らしてみる
・洗顔時ぬるま湯で優しく洗い流す
・クレンジング剤をメイク用品に合わせて見直す
・保湿の見直しを行う

洗顔や保湿時で肌に触れる際には、手を縦に動かすのではなく、横やくるくるの動きに変えることで毛穴への負担が減少されます。また、メイクは洗っているつもりでも鼻の周りなど思うよりも洗い切れていない部分もあります。ゴシゴシと洗わずに優しくクルクルと丁寧に洗いましょう。

開く毛穴肌から綺麗になりたい方は、化粧水で肌を整えた後に、保冷材で気になる部分を冷やすことが効果的です。強い刺激は良くないので、冷たすぎる場合には、ハンカチなどで包んで気持ちの良い程度に行いましょう。

くすみ編

綺麗になりたい肌として、くすみのない透明感のある肌があげられます。くすみの原因は、主に新陳代謝の不活性化・肌のこすりすぎ・過度な刺激の与えすぎなどがあります。刺激によってシミやくすみができやすくなりますので、マッサージを行う際には、十分に肌をすべる程度のクリームを使用しましょう。

とくに目元の皮膚は、顔の中でも特に薄くデリケートな皮膚ですので、アイクリームを集中して塗りこんでしまう行為は、くすみを悪化させます。肌本来のターンオーバーの力を取り戻すために、保湿であるフタをしてしまうスキンケアを見直しましょう。

クリームや美容液には「油」が含まれていますので日光に当たると酸化します。クリームの使用が必要な際は、夜のみの使用に留めるなど肌への負担を減らしてみてください。

綺麗になりたいと思うあまり、手入れに力が入りますが手をかけすぎないことが意外と綺麗な肌への近道なのです。また半身浴で汗をかいて代謝を活発にすることも大変有効な方法です。

赤ら顔編

赤ら顔から綺麗になりたい方へのおススメのスキンケア方法は、肌にふれるものを無添加のものにし、刺激を与えているアルコールが含まれている製品の使用を控えましょう。朝は洗顔料を使用せず、メイク用品も低刺激のものにすることで赤みの改善が期待できるでしょう。

朝の洗顔で、洗顔料を使用すると、肌に本来必要な油分も取り除かれてしまうため、赤みがでる原因を引き起こしてしまいます。綺麗になりたい際の洗顔は、水かぬるま湯で洗い流す程度にし、保湿は肌質に合ったもので行って下さい。クレンジングは、刺激の少ないミルクやジェルタイプのクレンジングをおススメします。

また、冷え性からくる赤ら顔の原因は、血行不良が主な原因として考えられるため、入浴前にホットタオルで顔の血行促進を行うことも赤みから綺麗になりたい思いに有効に働くでしょう。

痩せて綺麗になりたい!!!

小顔になりたい!顔痩せ編

「効率的に顔が綺麗になりたい」「顔痩せしたい!」という方は、表情筋のトレーニングを取り入れてみましょう。表情筋とは、顔全体の筋肉で、この表情筋を鍛えることで引き締まった顔になります。顔が引き締まれば顔痩せ成功です。意識して顔の筋肉を動かしましょう。顔の運動はいつでもどこでも気軽にできるので小まめに行うことで効果が発揮できます。

表情筋の運動に合わせて舌回し、耳たぶ回しも有効的ですのでセットで行いましょう。
これらに合わせ食事の際には、よく噛んで食べることで筋肉が発達しますので食事を取りながら顔痩せができます。鍛えるだけでなく、リンパマッサージで筋肉をほぐし、老廃物を流して綺麗になりたい気持ちを叶えましょう。

くびれが欲しい!ウエスト編

ウエストラインが綺麗になりたいと思う際には、冷えに注意しましょう。なるべく体を冷やさないことで余分な脂肪が付くことを防げます。腰回りは冷えやすい箇所ですが、冷えている場合には、一枚多めに着用する、入浴をかかさないことで体を温めましょう。

くびれ効果的なエクササイズは腰をひねるツイスト運動が有効的です。これは少し空いた時間を有効に活用できる方法で、簡単なエクササイズなので取り組みやすいです。テレビを見ながらバランスボールに座ってみるなどウエストラインは、ながら運動で改善できます。インナーマッスルを中心に鍛えることで綺麗なウエストラインは作られます。

同時に姿勢を意識することで自然とお腹に力が入り、下腹の筋肉を鍛えることに繋がります。姿勢も良くなり、お腹も引き締まり、一石二鳥で綺麗になりたい方におススメです。

スッキリ二の腕!腕編

スッキリ二の腕を手に入れて綺麗になりたい場合には、二の腕が太くなるのを防ぐため、肩甲骨の可動域を広くし、意識して動かすことが大切です。二の腕には老廃物が溜まりますので流し出すようにイメージしながらマッサージも組み合わせると良いでしょう。

二の腕の筋肉は、普段の生活では使わないことがほとんどなので筋トレとマッサージで余分な脂肪を減らします。服を選ぶ際には、二の腕を隠さない服を選びましょう。痩せたい部分はあえてみせることは成功への近道といえるでしょう。

スラッとした脚!脚編

脚にポイントを置いて綺麗になりたい際には、マッサージを怠らないことです。ふくらはぎは第二の心臓といわれよく揉んで血流を促すことは、綺麗な脚にかかせないことです。

綺麗になりたい脚痩せには、多くのダイエット方法があります。ストレッチ、入浴で温める、常に冷やさない、歩き方を正す、足首回しでむくみを改善する、むくみスパッツを着用するなどです。即効性を求める方はまず「むくみ」の改善で脚をスッキリさせましょう。

髪から綺麗になりたい

綺麗になりたい際には、ヘアケアは重要なポイントです。綺麗な髪の毛であることは多くの女性の憧れです。「髪の毛も顔の一部」と考え、いかに綺麗になりたいか美意識がでるパーツといえるでしょう。

日々のケアは、もちろん大切です。髪をきちんと乾かすこと、髪質に合うシャンプー剤や、トリートメントと使用する事です。毎日のように巻いたり、アイロンをすると髪がそれだけ傷むので毎日熱を加えるよりもパーマかけることのほうが良い場合もあります。

髪のケアにこだわっている美容室を探し、可能であれば月に一度はメンテナンスを行うことが理想的です。自分の毛質を知り、それに合うケアを行うことが有効なのですが、ケアへの知識不足である美容師も存在します。美容室は基本としては定期的に通うところですので、綺麗になりたい際に髪を変えたい方は、髪を労わってくれるサロンを探しましょう。

「香り」で綺麗になりたいを叶える

香りから綺麗になりたい際には、万人受けする良い香りを試してみてはいかがでしょうか。「フローラル系の優しい香り」「シャンプーから漂うほのかな香り」で香りのタイプが爽やかであることです。バニラや、ローズ系の甘い香りは好みが大きく分かれるため香水である場合は、付ける量に充分注意してください。香水やコロン・柔軟剤・アロマの香りなどを上手く活用しましょう。

良い香りがすると、清潔感にあふれる綺麗な人が連想されます。良い香りは、男性、女性ともに好感を持たれるため、綺麗になりたい方には、かかせない項目といえるでしょう。

恋愛心理学では、男性がいい香りがすると感じた女性は、3倍増して綺麗に見えるといわれています。タバコを吸う人は服や、髪の毛へと匂いが移り、口臭へと繋がりますので綺麗になりたい方は注意しましょう。

顔が綺麗になりたい女性がするべきことはコレ!

顔が綺麗になりたい!と思う際におススメな方法は、「骨格の矯正」で顔の左右を整えることです。自宅で行えるのは「ベロ回し」など、顔のストレッチを日常から継続的に行うことで顔のゆがみが改善されます。目の左右のバランス、口角の上がり具合を整えることができます。綺麗な顔の条件は、左右が対象であることがあげられます。

この他に、メイクで顔を変えるという方法は、女性の大きな武器といえます。
・カラーコンタクトで瞳のカラーとサイズを変える
・似合うメイクをプロに基礎から教わる
・アイプチやアイテープで目に細工をする

など様々な方法で顔を変えることができます。原型から変えたい、綺麗になりたい場合には、美容整形も一つの手段としてあげられます。美容整形にはメリット・デメリットが大きく反映しますので事前に十分なリサーチが必要です。

これで美男子!綺麗な男性の条件

綺麗になりたい男性へのおススメは、第一に「清潔感」を重視することといえるでしょう。清潔感にかかせないものとは、
・髭の手入れ
・臭い(汗の臭い・口臭・足の臭い)
・脂っぽい肌や頭
・スッキリとした髪型とその定期的なメンテナンス
・肌荒れのない肌
・綺麗な歯
・爪のケア

といった点があげられます。髭や爪、歯の手入れはこの中でも身近であり始めやすい項目です。爪はピカピカにすれば尚綺麗といえますが、継続的に行うことが大切ですので、角のないようヤスリで手入れをする程度でも十分でしょう。

綺麗とは、「姿、顔が整っていて美しい」「清潔であること」を指しますので、身なりを飾るというよりは、身なりを整えることで男女問わず綺麗になることができます。更に、体系維持、改善も綺麗になりたい男性にかかせません。適度な運動と栄養バランスのとれた食事で整った体系を心がけましょう。

内面から綺麗になりましょう

世代別や、箇所別など様々な点から綺麗になりたい方への有効な方法をまとめましたが、「内面を磨く」ということも、綺麗なりたい際にはかかすことのできないポイントとなります。どんな女性でありたいのか、達成したい事や習得したい事など、外見だけではなく内面の綺麗さは外見の綺麗さへとつながります。

そして、綺麗になりたいという気持ちにも目標やゴールを決めることです。例えばダイエットに追われるがあまり極端に痩せた身体で不調をもたらしては本末転倒です。健康であることを第一に置き、その中で身体に合ったことを、適当なペースで行いましょう。

「綺麗と思われたい」のか、自分なりに「綺麗になりたい」のか、本来の目的を見失わないように綺麗になりましょう。

関連記事

Related