Search

検索したいワードを入力してください

男性・女性別の気が効く人の特徴や性格・気が効く人になる方法

Author nopic iconyuripeko
性格・タイプ / 2018年01月19日
男性・女性別の気が効く人の特徴や性格・気が効く人になる方法

男性・女性別の気が利く人の特徴や性格

気が利く人は周りにとても好印象を与えます。あなたの周りにも「気が利くな~」という人はいませんか。痒い所に手が届くという感じで、自分がこうして欲しいと思っていた事や、それを思う前から、気を掛けて行動してくれる人達のことです。

この記事では、気が利く人はどんな人なのかや、どうすれば気が利く人になれるかについてまとめてみました。

特徴

気が利く人はどんな特徴を持っているのでしょうか。気が利く人は、自分がされて嬉しいことを他の人にしてあげることができる人です。相手の負担を減らしてあげ、心配したり、気に掛けたりしてくれます。

例えば、旅先で体調を壊して中々言い出せない時でも、気が利く人は、すぐに気が付いて、「大丈夫?休もうか?」と言ってくれます。パニックになったり、大騒ぎして逆に迷惑を掛けるなどということはしません。周囲をよく見ていて、冷静な対応をしてくれます。

また、独善的だったり、おせっかいだったりではありません。相手の嫌がることも気が付いていて、それを避けられる人です。相手に関心を持っていて、相手のことをよく把握しています。先回りしてすぐに実践します。観察力のある人です。

気が利く人は、言葉よりも行動の人たちで、言葉は掛けるけど具体的な行動はしない、ということはありません。落ち込んでいる人に気が付いたら、言葉だけではなく、一緒に悩みを聞いたり、遊んだりして、気持ちを切り替える手助けをしてくれます。

性格

気が利く人は、やさしく大らかな性格の人が多いです。賢く、想像力もあり、観察も鋭い人です。また、細かいことも気に掛けてしまう人なので、相手にしてあげる時はいいのですが、逆に自分も細かいことに気がついてしまうという欠点もあります。

自分が気が利く人なので、相手にも同じだけのことを無意識のうちに要求してしまい、過剰に期待をしてしまうということもあります。

大人は気が利く人になる

気が利かないことを大目に見てもらえるのは、幼い子までです。大人になると、気が利かないことは、周りの人とトラブルを生み、周囲の人から敬遠される理由となります。プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも気が効かないことは、同僚や上司、後輩、取引先、自分の仕事に悪影響を及ぼします。逆に、気が利く人は、周囲から良い評価をもらえます。

男性で気が利く人

男性で気が利く人は、どんな人なのでしょうか。男性は鈍感な人が多く、あまり相手のことを考えない人もいます。そんな中で、気が利く男性は、他の男性なら気を回さないことにまで、注意を払ってくれる人と言えます。

例えば、会社の空調が寒い時、気が付いてくれて、ブランケットを持ってきてくれたり、温度の調節をしてくれたりします。他にも、女性とデートしている時に、スタスタ先を急いだりせず、歩調を合わせてくれます。荷物を持ってくれたり、車道側を歩いたりしてくれます。勘定の時も、先に払っておいてくれたり、お店もリサーチ済みで予約しておいたりしてくれます。他にも、髪型や服装を変えたらすぐに気が付いてくれたりします。

相手を思い遣る気持ちの強い人で、相手がどう感じるかを先回りして読む力の強い人です。同じ性別でないので、男性では中々分からない女性の気持ちも、推測して気遣いを見せてくれます。

そのため、気が利く男性は、周囲の人から好かれていて、仕事も高評価の人が多いです。同性異性に限らず友人は多く、モテる人が多くなります。相手のことを考えられる賢く、やさしい性格の人と言えます。

女性で気が利く人

一方、女性で気が利く人はどうでしょうか。女性で気が利く人は、自分の友達、仲間だけにやさしくするのではなく、あまり親しくない人にも率先して気をかけて、行動していく人です。女性は大抵、相手の気持ちを読む力が男性よりも強いので、気が利く行動を自然とできている人は多いです。

しかし、本当に気が利く人は、一歩進んで、あまり親しくない人にも親切にできます。例えば、バスで立っているお年寄りや体の不自由な人に席を譲ったりします。旅人に出会ったら、「少しお茶を飲んでいったら」と気軽に言えたりします。他にも、家に人を招くと、あらかじめ茶菓子やお茶を準備しておいてくれ、丁重にもてなしてくれます。

気が利く人と気が利かない人の違い

気が利く人の特徴を見てきましたが、気が利く人と気が利かない人との違いは一体どこにあるのでしょうか。

気が利かない人

気が利かない人は、自分が気が利かない人だという自覚はありません。自分は人並に気を利かせているつもりです。そして、自分が気を遣ってもらっていることに気が付きません。例えば、親の気遣いなどは子どもの時から当たり前になっているので、中々気付くことができない人も多いのではないでしょうか。

しかし、親や家族ではなく、赤の他人からの気遣いに対して、気が付かないのはどうしてでしょうか。それは、自分中心に物事を考えているので、他人に無関心だからです。他人が気を利かせてくれるのは、当たり前のことになっているので、感謝したりしません。

気が利かない人は、一方で自分は気を利かせているつもりになっています。過剰に人に親切にして嫌がられたり、おせっかいになってしまっています。これは、独りよがりの親切で、気が利く行動とは全然違います。

どうしてこんなに違うのかというと、気が利かない人は、相手の気持ちをうまく推し量ることができないからです。相手のためというよりも、自分のための自己満足で終わってしまっているからです。他にもいい格好したいという見栄っ張りの気持ちがどこかにあるからです。

気が利かない人‐鈍感

気が利かない人は、人の気持ちに鈍感です。他の人がどのように考えていて感じているか、ほとんど気に掛けません。状況を把握できず、できたとしても遅いので、行動に移せません。いわゆる、空気の読めない人たちです。こういう人たちは、一定の人数はいます。

気が利かない人‐想像力がない

気が利かない人は、想像力がないので、相手の気持ちを推量できません。自分がこうだと思ったことを押し通そうとして、周囲の人間とあれつきを生んだりします。

あれこれ考えたりする力がなく、視野が狭い人が多いです。色々なところに出かけて、知見を広げて、様々な考えに触れて、自己を省みたり、他人のことを考える機会の少ない人です。

映画や本などで、自分以外の考えの人の世界を知ったりすることがないと、想像力が弱まり、相手を思い遣る気持ちを薄くなります。

気が利く人の行動

一方、気が利く人はどんな行動をとるのでしょうか。ここで一例を挙げてみます。

・ドアを次の人が入る、出るまで待つ
・エレベーターで何階か尋ねる
・欲しい資料を揃えてくれる
・欲しかったプレゼントを事前に言わなくてもくれる
・ハンカチ、ティッシュを持ち歩いている
・飲み物、食事のタイミングが分かってる

などがあります。この中でも、ハンカチ、ティッシュを持っていることは、気が利く人にとって欠かせない大事なことです。ハンカチは汚れを取る時や相手が泣いている時などに使えます。ティッシュは、相手が怪我をしたり鼻をかみたい時などにも使えます。

この2つのどちらかだけでは、うまく対応できないことがあるので、気が利く人にとって、ハンカチとティッシュは、マストアイテムと言えます。

気が利く人になる方法

気が利く人は、素敵な人だと分かりました。自分も気が利く人になるには、どうすればいいのでしょうか。

気が利く人になるには、まずは、自分が気が利かない人間かもと考えてみることです。自分の行動は、自分ではよく見えないので、知らないうちに、気の利かない行動をとっているかもしれません。一度、自分のことを振り返ってみるのもいいでしょう。

次は、気が利く人の真似をしてみるとよいでしょう。自分が尊敬できる気が利く人があなたの周りにもいるはずです。その人のいいところを学び、盗ませてもらいます。受け身になってみます。そして、自分なりのアレンジを加えます。自分がされて嬉しかったことは、メモにして記録して置くのもいいでしょう。書いて、覚えていきます。

逆に、嫌な人との出会いは、これを反面教師だと思い、自分はそのようなことをしないようにしましょう。さりげない声掛けをするのも気が利く人になるコツです。最初から難しいことをするのではなく、声掛けをするように意識するだけでも大分違ってきます。

気が利く人は、他の人ができないことができます。相手の気持ちを代わりに表現したりします。例えば、仕事で失敗をして落ち込んでいるが、それを言い出せない人に、代わりに「~だから、大変だよね。」と言って共感したりします。

気が利く人になるには、少し早めの行動をします。気が付いても、考えているうちに相手が別の行動に移り、何も行動しなかったということにはならないようにします。いつもササっと動き、相手が必要としている時に、すぐに行動します。視野を広くして、色々なことを考えます。周囲の状況をよく見て、順番があれば、次の人のことを考えます。

自分の行動と相手の行動を合わせて考えると、気が利く人になれます。相手に興味、関心を持ちます。特に自分本位に考える癖の付いている人は、意識して相手に興味、関心を持つようにするといいでしょう。

相手の立場などに思いを巡らせてみます。相手の身になったら、どんなことをされたら嬉しいか考えてみます。自分が気を遣っても、見返りを求めないようにします。見返りを求めると、我の押し付けになってしまいます。そういうものは、わざわざ気を遣ってもらってまで欲しいものではありません。

誰かだけに気を利かせるのではなく、誰にでも平等に気を利かせるようにします。意外と、皆見ているものです。特定の人だけにすると、他の誰かを傷つけたり、薄っぺらいと思われます。

気が利く人になるには、自分が受けた気遣いに気づきましょう。そして、感謝します。おもてなし上手になるようにすると、気が利く人になれる早道です。

気が利く人になろう

気が利く人になるのは、それほど難しいことではありません。ただ、"相手に関心を持って、相手がして欲しそうなことを早めにする"、"自分の押し付けにならないようにする"、これを念頭に、相手のことを心から思っていたらできるでしょう。

気が利く人になることは、社会で生きていく必須の能力です。ビジネスやあらゆるところで求められます。ぜひ、気が利く人になり、よりよい社会生活を送れるようにしましょう。