Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

Author nopic iconkumalift
カップル / 2018年12月19日
【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

男性・女性別の振られたときによくある理由とは?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

恋人との別れは予感していた事もあれば突然来ることもあります。幸せな時間があればあるほど振られた時の悲しみは大きいでしょう。きちんと気持ちが冷めてしまった理由について話してくれる恋人もいれば、深く理由を告げずあなたと距離をとったり、あなたの元を去ってしまうという人もいます。

振られた身としては理由がわからないと心の中であれこれ考えて落ち込んでしまう時期が長くなってしまう方もいるのではないでしょうか。まず、男性の振られた時によくある理由・女性の振られた時によくある理由について紹介します。

男性が振られたときの理由とは?

男性が振られた理由の傾向についていくつかあげていきます。個人の性格によって実際には別れの理由は異なる部分もありますが、基本的に女性が恋人に求めることは心を共有し合うことが重要になっています。

男性が振られたときの理由1:寂しい

寂しいといわれ恋人に振られたという事は男性はありませんか。男性は仕事や趣味に没頭してしまうと時間がどれくらいたっているのか忘れてしまうタイプの人が多いです。これは女性がいくつかの物事を進行するのに得意なように、男性は一つの物事に集中する事を得意としています。

大昔、進化の過程で男性の主な仕事が猟に出かける事でした。男性が狩りに成功するためには、一つの獲物に集中しなければならなかったので男性は一つの物事に集中してしまうと、他の事は目に入らなくなってしまいます。人によって個人差はありますがそれが大好きな恋人の事であってもです。

女性は基本的に、話をして気持ちを共有してもらう事がストレス解消になる性質をもっています。自分のほうを向いている時間が少ないと感じれば「もっと想ってくれる人がいい」という考え方になっていき、別れの決断に至る事があります。

男性が振られたときの理由2:金銭感覚が合わない

金銭感覚で振られた男性も多い傾向にあるでしょう。特に男性に多いのがギャンブル好きな部分です。パチンコ・スロット・競馬など男性は賭け事が好きで、賭け事に勝つことがかっこいいと考えている人も多いです。男性は夢がある事を好みますが女性は現実的です。表面では嫌な顔をしていない場合でも「もっと地に足をつけて生きてくれたほうがいいのに」と感じている事があります。

そして、デート代を節約するほどギャンブルにのめり込んでいる事や、約束をした日もギャンブルを優先されるなど続くと女性はがっかりし気持ちは冷めていきます。頭の中で「彼は自分よりギャンブル(趣味)への比重が高い」という事がわかると、自分を最優先してくれる人は他にいるのではないかと考え別れようと決意するでしょう。

男性が振られたときの理由3:将来を考えられなかった

「あなたとの将来を考えられない」というセリフで振られた事はありませんか。女性はある一定の年齢になると、結婚を意識していきます。妊娠に向いている年齢というものが女性にはあるので、男性よりも女性のほうが結婚に対する意識が出てくるのは早いです。彼女が結婚をしたい時期に、夢ばかり追って現実を見れなかった男性は愛想をつかされてしまう事も多いでしょう。

男性が振られたときの理由4:他に好きな人ができた

他に好きな人ができたという内容は、一般的に振られた理由として一番多いといわれています。ただ、好きな人が他にできた経緯については男性と女性とでは差がある事もあります。

女性の場合は自分を想っていてくれる人を最終的に選ぶ事が多いです。「想われるほうが幸せ」と女性は、母親や年配の女性に言われることはありませんでしたか。特に結婚を意識すると、自分の好きの比重が大きい相手との恋よりも自分をしっかりと受け止めて包容力のある男性を選びたくなります。

女性は現実的です。「私にとって合う人は別の人だ」と感じ始めると、心は離れる準備を始めます。そんな時にふと結婚に対して前向きな男性が現れてしまうとそちらに心が流れていくことがあるでしょう。女性の結婚適齢期にあなたが彼女に対してあまり優しさを見せなかったり、男性が自分の事に没頭していると振られるケースは多いです。

女性が振られたときの理由とは?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

女性が振られた場合は理由を男性から言われない事が多く、振られた理由が分からず酷く落ち込む女性も多いでしょう。理由もなく振られたのかというとそんなことはありません。彼氏に振られたということはそこには必ず振られる原因があります。

女性が振られたときの理由1:重たい

彼に「もっと自分の趣味とかやりたいことはないの」と言われて振られた事はありませんか。相手の事を好きになるというのは素晴らしい事で、本来はそんなに自分を想ってくれて嬉しいと感じるものですがその気持ちのかける量が重すぎると、相手は窮屈になり振られてしまう事もあります。

これはお互いに何を第一にし、第二にしている事の度合いのバランスやその時の気持ちの高まり具合にもよります。付き合って3ヵ月程はラブラブだったのに段々と彼のほうは落ち着いてしまって、自分ばかり夢中になっている気がするという女性はその後も相手の温度差とかみ合わないと不満が出てくるので喧嘩が多くなるでしょう。

尽くしすぎるタイプの女性も「重たい」と言われ振られた理由になります。お母さん・家政婦さんのような存在を女性に求める男性には、尽くすタイプの女性は良い事もありますが、男性は基本的に獲物を追ってきた本能があります。自分から追う恋が好きなので普段から尽くしすぎてしまう女性は、振られた原因が共通していると考えたほうが良いでしょう。

女性が振られたときの理由2:価値観が合わない

価値観が合わないと言われ振られたことはありませんか。実際に振られた時にそういわれなくても何度か「君とは価値観が違う」「あなたとは合わない」と喧嘩をしたことはなかったでしょうか。

恋愛関係で衝突が起きるのは価値観の違いが多いでしょう。女性は喧嘩をした後仲直りをすれば愛が深まったと感じる事が多いです。しかし、男性は喧嘩をするごとに気持ちは冷めていきます。仲直りをしても心の中ではマイナス要素として残っていきます。

価値観が合わないのは育った環境が違えば当たり前です。しかし決定的に合わない価値観を感じると男性は気持ちが冷めていき、それが喧嘩に発展すると徐々に好きという気持ちが薄れ別れを決意します。

女性が振られたときの理由3:家事ができなそう

料理や洗濯、掃除ができないという理由で幻滅されて振られたという女性の話も多いです。しかし別れの際には、彼からは実際にその部分については指摘をせず「価値観の違い」や「仕事を優先したいから」と言われるだけで振られた理由がよくわかないという女性もいるでしょう。

「自分の事が好きじゃなくなっちゃったのかな」と思う前に、自分は家事ができたかという部分をちょっと考えてみてください。家事なんて結婚してから覚えればいいと考えている女性は振られやすいです。

男性からすると「こんなに家事ができない女性と暮らしていくなんて無理だ」と好きな女性でもぞっとしている事がほとんどでしょう。これを心が狭いと考えている女性はまた同じように振られる結果が待っています。

男性は女性とはこうあるべきだという理想を持っている人が一定数います。特に自分の母親が完璧に家事をこなしているタイプだった場合、その理想を彼女にも押し付けてしまう人が多いでしょう。普通に恋愛をしていく分には目をつぶる部分でも結婚となると、家事ができない事は振られた原因にもなっている場合があります。

女性が振られたときの理由4:仕事に専念したい

男性にとって仕事は男の価値、生きがいと感じている人も多いです。彼が仕事を優先したいという事で振られた理由になってしまうことがあります。男性は同時進行が苦手です。二つの事をバランスよく気持ちをかける事が上手くできず、どちらか一方を優先したいと感じ恋愛を諦める選択をする場合があります。

このタイプの男性は恋愛は大抵二の次になる事が多いです。相手よりも自分を優先する性質を持っているので、女性側が常に相手の状況を察知して気遣いができるタイプでないと関係を続けていくのは難しいでしょう。

振られた後に気づいても遅いですが、交際中に「寂しい」「もっと自分の事を構ってほしい」「本当に私の事が好きなの?」というセリフを繰り返すと彼の中であなたが「めんどくさい」というカテゴリーに移行し、別れを決断されるという流れになります。

女性が振られたときの理由5:女性として意識しなくなった

彼が、彼女を女性として意識しなくなったという理由の場合、振られた時理由を教えてくれないケースが多いです。男性はきつい言葉をいう事を避ける傾向があります。この理由をいってしまうと女性という性の部分を否定する事がわかっているので、違う理由で別れを切り出します。

付き合う前は可愛く見られたいと努力したものの付き合ってある程度時間が経ってくると、女性は気が緩み、楽なスタイルで交際していく人がほとんどです。男性は、恋愛関係にある女性に安心感・癒しなど母性を求める部分がありますが、同時に美しく魅力的なパートナーであることも期待しています。ステータスとしても自分の隣にはいつまでも可愛い彼女であってほしいという部分も持っています。

しかし女性としては、ラフなスタイルにしていく事は恋人に対する信頼感や安心から出ている行動なので許容してほしいと考えています。これは見た目よりも心の結びつきを大事にしている女性特有の考えです。彼からすれば、当初相手に持っていた印象と現在の姿がかけ離れているので、魅力を感じなくなり気持ちが冷めるという結果になります。

年単位で付き合っても結婚に結びつかず振られた経験が多い女性は、信頼感や安心感を理由に身なりに対して気を抜いている事がなかったか考えてみてください。

女性が振られたときの理由6:マンネリ化

女性として意識しなくなった、という理由と近いですがマンネリ化も女性の振られた理由に多くあがります。女性にとっては恋愛において落ち着きが何よりと考えている事もありますが、男性は太古の昔、獲物を追う習性があるので恋も追っていなければどうしても飽きがきてしまいます。

デートも似たようなパターンばかりで何をするにも新鮮味もないという場合、女性はそれが安定していて2人にとって良い交際と考えている事もありますが男性にとっては、恋の終末観を感じている場合があります。

振られた理由でマンネリ化をそのまま伝える男性も少ないです。もし、ワンパターンなデートをしていたり普段ときめき感にかけている行動をあなたがとっていたらマンネリ化が振られた結果につながったと考えて良いでしょう。

女性が振られたときの理由7:他に好きな人ができた

他に好きな人ができたというのは、男性が女性から振られた理由でもあげましたが、女性が振られた結果につながるのは彼に他の好きな人ができてしまうケースです。女性の場合はその時付き合っている男性が自分を大事にしてくれなかった事が要因になっている事が多いですが、男性の場合は単純に他の女性との出会いやときめきがあり、そちらに気がいってしまったという事があります。

他に好きな人ができた理由は関係を終わらせるには一番スムーズです。言われてしまうとつらいですが振られたと実感するにも最も納得する理由でしょう。ただ、ストレートに言う男性も多いですがその事を隠して連絡を断つ男性も多いです。他に好きな人ができたという事実は、単純にその時の恋人への裏切り行為でもあり負い目を感じたくないという気持ちが出てきます。

別れるのに良い人と思われていたいというのも図々しいですが、理由を隠され振られた場合「他に好きな人ができたのかな」と考え、この恋は諦めたほうが良いでしょう。

振られたあと復縁する可能性は?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振られたあと復縁する可能性はどのくらいあるのでしょうか。付き合った年月や思い出が消えず、他の人を考えても結局元彼・元カノが頭に過ぎってうまくいかないケースもあります。振られた理由が何であっても好きな人は好き・忘れられない・復縁したいと考える人は多いです。

振られたあと復縁する可能性1:復縁は振られた理由による

振られた理由について考えられ相手が望むように改善できれば復縁の可能性はあります。しかしそれは簡単な事ではないでしょう。一時両想いであった2人が、どんな理由で関係にその気持ちにヒビが入っていき上手くいかなかってしまったのか、振った側がどのくらいストレスを感じていたか理解するというのはなかなか難しいです。

一時の喧嘩の勢いで振られた場合であれば復縁の可能性も高いですが、相手が徐々に冷めていったというケースで振られた場合は復縁の可能性は低いでしょう。

振られたあと復縁する可能性2:振られたショックの大きさによる

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

復縁の可能性が高いか低いかは一方が振られた理由になっている別れの原因も大事ですが、振られた後、振られた側のショックの大きさも関わってきます。振られた事が心の傷になってしまえば「この人にまた傷つけられる」と認識しています。当然その相手とは復縁は望まないでしょう。振られた側の心の傷を修復できるかも復縁の鍵になります。

振られたあと復縁する可能性3:冷静になったとき出てくる答えによる

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振った後・振られた後、今まで当たり前のように一緒にいた恋人がいなくなってしまうのは寂しさもあるでしょう。振った側も「あの時は嫌気が最高潮に達してしまった」「当時は仕事で余裕がなく別れを決意してしまった」「あんなに自分と合う人はもういない」と後悔している事もあります。

振られた側は、すぐには気持ちが冷めずに引きづっていて「もう一度考え直してくれないかな」と期待をしている状態もあるでしょう。

振られたからといってその人との関係の可能性は0ではありません。どうしても諦められない場合は冷却期間として少し時間をおいてみると相手の変化を期待しましょう。

振られたあと復縁する可能性4:振られた後の態度による

振られた場合、別れた後の態度次第で復縁の可能性があります。復縁の可能性が低いのは振られた事に納得せず相手をしつこく追いかけてしまう事です。振られた事実が受け入れられず理由を無理に聞こうとしたり、本当にダメなのかと追いすがったりすると相手はどんどん気持ちが薄れていきます。

行動によっては思い切り嫌われてしまうという場合もあるので、振られた事が受け止められず気持ちが強く残っていても相手にとって迷惑になる行動にしないよう気を付けましょう。

振られたけど好きな気持ちへの対処法とは?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振られたけれどまだまだ好きな気持ちが残ってしまっている、という状況はあるでしょう。振った側は新しいスタートをきれますが振られた側は、取り残された状態なので先に進むには自分自身で何かしら決着をつけないと前進できません。

振られたけど好きな気持ちへの対処法1:潔く諦める

恋の終わりも綺麗に締めくくるには、それ以上嫌われないために振られた側は、無理にでも潔く諦めるように持っていくほうが良いでしょう。ポジティブに諦める方向へ持っていくことが終わった恋の対処法として良い事が多いです。その時はつらくとも諦めきれない気持ちは封印し、時間の経過と共に心の傷が癒されるのを待ちましょう。

振られたけど好きな気持ちへの対処法2:友達に戻る

嫌いになれれば楽ですが振られたからといって急に相手を嫌いになる事は難しいでしょう。付き合う前の友達に戻ろうと決意し、さっぱりとした付き合いに戻せるよう努めてみると案外楽になれる事があります。

友達に戻っても好きな気持ちをどこか諦めきらないまま月日が流れ、相手に新しい恋の相手ができてしまった場合、つらい気持ちになることがあります。ここで「幸せに」と想える事が相手を大切にできている証にもなり、好きな気持ちをきっぱり諦める決意にもなるでしょう。

振られたけど好きな気持ちへの対処法3:予定をいれて忙しく過ごす

無理に好きだった相手を忘れようとしても実際は難しいです。そんな時は予定を多くいれて忙しい毎日を送ろうと計画してみてください。「心の傷は時間が解決してくれる」という言葉がありますが、実際に忙しい環境に身を置くと余計な事は考えなくなります。何か一生懸命打ち込む事を探してみると、今とは違った自分になれるでしょう。

振られたけど諦められないときは諦めるべき?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振られたけれどすんなり諦められない恋もあります。相手の気持ちが自分に向いていなくても、自分の中では幸せだった頃の様子が浮かんでしまい「また好きになってもらえるんじゃないか」とどこかで期待してしまったり、相手を目で追ってしまったりする事もあるでしょう。諦められない恋でも諦めるべきなのか悩ましい気持ちでいっぱいの人は、どうしたらいいでしょうか。

振られたけど諦められないとき1:相手の気持ちが大事!

相手がどんな様子で別れを決意したか、相手の心境や状態によっても諦めるべきかどうかは変わってきます。振られた事が寂しくて辛いからこの恋を諦めたくない、と自分の気持ちばかりに目がいっている人は残念ながら諦めるべきです。

自分の気持ちが最優先な人は、相手を幸せにする事ができなかったので振られたという事実を認識していない証拠です。この状況でどんなに気持ちを訴えても相手はあなたの事を恋人にしたいと考える事はないでしょう。

振られたけど諦められないとき2:再アプローチの計画を立てる

喧嘩の勢いあまっての別れであれば関係を修復することはできますが、冷静に断られた場合はすぐに関係を修復する事はできないでしょう。どうしても諦めきらない、この相手しか考えられないという場合でも、一度身を引く事が大切です。

相手に取って自分の悪かったところを反省し改め、自分磨きをした上でどうしてもその相手を忘れられない場合再アプローチの計画を立てるようにしましょう。

諦めるべきなのか、将来性について復縁占いで占ってもらうといいでしょう。あなたの運命を占ってくれるので、モヤモヤした気持ちを吹き飛ばすことができます。

振られた男性・女性の心理とは?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振られた男性の心理とは?

振られた男性の心理の特徴としては、自分を否定されたという気持ちが強い部分でしょう。男性は女性よりも見栄やプライドに拘ってしまう事があり、振られた=自分への否定と受け止めます。過去の恋愛話を男性がしたがらないのは、否定された事を認めたくないところがあるためです。

また、女性に比べ好きだった相手への未練が残っていて立ち直れず執着してしまう傾向もあります。男性は元カノとの思い出は大切に記憶に保存しておくところがあると一般的にいわれています。これは子孫繁栄させるためにできるだけ多くの女性と恋愛関係にあったほうがよいという男性の本能に理由があり、失恋後の忘れにくさにつながっています。

振られたの女性の心理とは?

女性の場合は出産できる時期というタイムリミットを抱えています。何年も付き合い結婚を考えていた相手に振られてしまった場合、落胆は大きいでしょう。「責任とって欲しかったのに」と不満を持ってしまう事もあるでしょう。

ただ、環境適応能力で言えば女性は男性よりもはるかに切り替えが早いです。女性は失恋をバネに大きく成長していく力が強いといわれています。元彼の話を普通に話題として出せるのも女性の強さの証です。

振られた相手へ連絡はとる?

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

振られた相手との連絡は、とる人ととらない人に分かれる部分でもあります。未練が残っていて連絡してしまう人や、家族や友達感覚で連絡をとってしまう人もいるでしょう。実際に連絡をとらなくても、振られた相手の電話番号やメールアドレス、LINEなどが残っているとふと名前を見た時に「どうしてるかな」と気になり、連絡をとりたくなる事もあります。

3ヵ月は何もしない

振られた後にすぐに連絡をとるのは控えましょう。どうしても用事があるという場合は別ですが、そこまでの急用は早々発生しないので振った相手からは「そんな連絡しないでほしい」と思われる可能性が高いです。

別れ話の直後は冷静ではありません。振った相手の中では「とにかく切り替えたい」という気持ちが高く、振った相手に対しての配慮に欠けてしまう事もあり冷たい態度を取られることがあります。振られたほうも冷静ではありません。お互い気持ちの整理がつくまで大体3ヵ月程度は必要でしょう。

復縁したいかどうか

振られたあなたがもし、いつか相手と復縁したいならば連絡をとるのもありでしょう。友人の関係に落ち着けば再度復縁できる可能性もあります。ただ、もうその相手とは別の道を歩むと一度割り切れった場合は連絡は取らないべきでしょう。

別れには色々な理由がありますが、振ったという事実はあなたとの未来は考えられないという相手からの拒否です。単純に相性が悪い相手の場合、やり直したとしてもまた同じ結果にたどり着いてしまう事もあります。この点をふまえ、復縁したいという可能性を残すかどうかによって別れた後連絡をとり、友人関係を続けてみるか考えてみましょう。

振られたことで自分を振り返ろう!

【男女別】振られたときによくある理由・心理・復縁の可能性

人生の中で最後に一緒にいる相手以外は失恋です。出会いがあれば別れがあり、別れも受け入れていかなければいけません。振られた事は自分の問題点がわかる良いきっかけになり、その後の自分の人生の糧になります。振られた時はしっかりと理由を考え、今後に生かしていきましょう。

好きな人に別れを告げられてしまった場合は、復縁できる可能性があるのか占ってもらうといいでしょう。実際に当たった占いをご紹介している記事がありますので、参考にしてみてください。

関連記事

Related