Search

検索したいワードを入力してください

美人のうなじの特徴・毛の処理やお手入れの仕方・脱毛可能?

Author nopic iconカミュ
脱毛 / 2017年10月15日
美人のうなじの特徴・毛の処理やお手入れの仕方・脱毛可能?

美人のうなじの特徴

美人な女性のうなじには、どのような特徴があるのでしょうか。昔も現代社会においても、多くの人たちがうなじに対して美しさを求めています。みなさんは、うなじのことを正しく理解してますでしょうか。

襟足という言葉は、首筋あたりのことをいいます。ある人は、「あの人のうなじってセクシーね」と言います。そのとき、「あの人の襟足セクシーね」と言っても、いささか違和感があります。

やはり、セクシーなのは襟足ではなくて、うなじ寄りです。うなじの方が広い場所を指し、首筋に言い換えることが出来ます。ただし、首の後ろ部分のことをいい、基本的には髪の毛部分は含みません。

うなじの「うな」が首や首の後ろを指す言葉であり、「うなずく」や「うなだれる」などの言葉の由来になっています。更にうなじの「じ」は「尻」という意味があり、すべて合わさり「うなじ」という言葉が作られました。

襟足とは

首筋の髪の毛の生え際のことを襟足といい、髪の毛の部分について指す言葉です。髪をくくった時には、左右からちょろっと髪が伸びているのを目にしたりすることがありますが、髪を日本髪に結い上げた時に、左右に伸びた髪の毛を、足に見立てて、多くの人たちが襟足というようになりました。

足がつくのはそのような理由からでした。首筋のことを、襟足と勘違いしている人たちも多くいますが、それは間違いです。うなじは首筋にあたり、それも勘違いしていた人たちが多くいるのです。

うなじと襟足の違いが判ったところで、「襟足が長い」とは言いますが「うなじが長い」とは言わない理由も理解することが出来ます。首筋の産毛を脱毛しようとする人たちがいますが、産毛は髪の毛ではないので、襟足の脱毛ということではなく、うなじの脱毛処理です。

うなじの美

うなじの美しさは、美人の女性によってもたらされると考えることが出来ます。そもそも、昔より共通する「女性の美しさ」の概念とはなんなのでしょうか。

現代社会においても、私は、容姿が良くないからもてないというコンプレックスを持っている人たちが多くいます。女性に備わる美しさとは、男性が女性を見た目で選ぶ脳によるものと考えられています。

恋愛をするとき、男性の場合、脳の島皮質(とうひしつ)と呼ばれる場所の、特に視覚にかかわる部分が活発に動き出します。なぜ、男性が、女性を見るとき、活発に脳が動き出すのかといえば、本能レベルで、健康で優秀な赤ちゃんを産める女性を見極めるためだと言われています。

遺伝子レベル

遺伝子レベルで考えると、男性の女性を見る美しさとは、子供を作るために健康的な身体であればいいという感じがあります。お尻が大きくて、目の潤み・輝き、肌・髪のつやがあるような女性が、美しい女性です。

ですが、現代社会の人たちは、それだけでは、女性に対しての美の要素は認めていません。実際に、これだけの理由なら、私だって、頑張れば、美人になることが出来ると思っている人がいるのです。

うなじの美

更に現代社会の男性たちが美人と判断している理由に、パーツという問題があります。なぜ、美人を見て、多くの人たちが直感的に、美人と判断してしまうのでしょうか。美しさの要素には、黄金比率というものが存在しています。

黄金比率とは

黄金比率とは、わずか0.4秒という一瞬で、美しいと感じさせることが出来るものであり、それは、レオナルド・ダ・ヴィンチによって発見されたと言われています。

それは、古代ギリシャから多くの建築物等に使用され、数学的に解明された比率です。この比率は、美術、建築、生物など、自然界の物にも多く存在しています。古代エジプトのクフ王のピラミッドにも、パリの凱旋門にも、ギリシャのパルテノン神殿にも、黄金比が存在していました。

黄金比率に支えられた歴史

黄金比が自然界の事物の基本的な構成に深く関わっていることを考えると、美は人間の本能を超えて、黄金比の発見で世界共通項を持ったとも言えます。つまり既に男性たちは、女性を男性本意のひとりよがりの本能としてではなくて、自然界的法則で、美の基準を作り出していました。

理想のスタイル

女性の顔の美しさは、パーツのバランスによってもたらされていました。最終的に、顔全体のイメージを美しく見せるのは、輪郭と顔のパーツとの調和です。パーツが際立っていても、更に顔の輪郭とのバランスが悪ければ美は際だたせることは出来ません。そして、更に、顔と身体のバランスも要求されることになります。

おっぱいが大きくて、くびれがある女性を美しいと判断する現代社会の男性は、ここに全体的バランスを見て、一番美しいと判断すことになります。既に健康な子供が生まれるために、でっぷりと太っていても構わないという本能レベルからは若干逸脱することになります。このように人間は、遺伝子レベルの本能を持っているものの、大きな自然の法則を持ち、美を変容させて行くことになります。

くびれた女性は、同じくびれの遺伝子をもつ母親の体内で沢山オメガ3脂肪酸を受け取り、脳が発達し賢いとも言われています。くびれこそ、女性の安産の象徴ですが、女性の身体のバランスから、男性に美しいと思われているものとして捉えることが出来ます。男性は、本能的視線と、自然界の法則に則ったルールの複合的要素で、女性から美を見つけだしていました。

うなじの美 躍動美?

スポーツ選手の躍動感を見て、思わず美しいと思うのはなぜなのでしょうか。戦国武将の戦う姿を見て、つい美しいという人たちもいます。

そこにある美しさとは、「凝縮された力」であり、能動的力は、そこに静止する訳ではなく、目的を持ち躍動する力です。

躍動美は静止すれば単なるつまらないものに変容してしまうことになります。ですから、絶えず目的を持ち、躍動し続ける必要があります。目的がなければ、目的は作られなければならないです。

うなじの美 破壊されるもの?

女性美は戦国武将のような躍動美というのではありません。もっと謙虚な美しさです。サクラは散るから美しいと言います。まさにサクラにも美は貼り付いています。打ち上げ花火も、瞬間咲いて、瞬間散るから美しいという人たちがいますが、それも正しいでしょう。ですが、女性の美は、サクラの美とも、打ち上げ花火の美とも違います。

女性の場合、サクラ、打ち上げ花火のような美しさが存在しています。「はかない美」と捉えることが出来ますが、それ以上の何かです。

うなじ美は 遺伝子でも、黄金比率でも、 躍動美でもない

女性美は遺伝子、黄金比率に関与するものだとしても、うなじ美だけ部分を切り取れば、遺伝子でも、黄金比率でも、そして躍動美という訳でもありません。それ以外の何かです。

男性たちは、女性美に関心を持ち女性と向きあうことになります。そのとき、男性たちは目的を持ち、能動的に躍動します。男性たちが、何を目的にして、躍動しているのかといえば、「女性を守ること」です。

女性美は、サクラや打ち上げ花火のようにはかなく消えて行ってしまうから美しくもあります。だからと言って、男性たちははかない美しさに花火のように酔いしれていようと思っていません。

男性たちは、はかない美しさを持つ女性を目の前にして、なんとしても守ってやらなければならないという目的のある躍動感を持ち、女性美を際だたせ、うなじを際だたせていました。 うなじは、男性と女性の関係によって美が作られていたのです。

躍動する男性に何が出来るのか

男性たちがはかなく美しい女性を前にして何が出来るのかといえばもちろん、女性は時間経過とともに老化もして美はやがて失われてしまうことでしょう。

警護の人たちが躍動し、どうかぐや姫を守ろうとしても、所詮無駄な抵抗であり、かぐや姫は月へ連れ去れてしまうことになります。ですが、警護する者たちがかざす剣の輝きこそが、はかない女性たちの美の魅力を相乗的に増幅させていました。

うなじの美 エロチシズム?

女性の色気とは、エロチシズムのことでもあり、今までお話した女性美に、プラスαエロチシズムが加担することになります。

本来、エロチシズムとは裸で生活していた大昔の人間たちが、衣装を着ることからはじまり、衣装を着ることによってエロチシズムが衣装の内部から滲み出してくることになります。エロチシズムとは、本能的に存在しているものというよりは、人間が衣装を着るという理性的行動スタイルによって生まれたものとして考えることが出来ます。

エロチシズムとは?

エロチシズムは、本能でもなく、エロチシズムなどもともと人間には存在していませんでした。衣装によってもたらされるエロチシズムを「単純エロチシズム」とすれば、女性は躍動する男性に守られる立場となり、他者から隔離され大切に扱われるほどそれだけ隠蔽率が増し、価値を高め、エロチシズムを増幅させることになります。

「単純エロチシズム」は、更にこのような「高貴なエロチシズム」によって大きなベールに包まれることになります。

なんで男性はうなじが好きなのか

なんで、男性たちがうなじを求めているのかといえば、健康的な子供を見つける本能や、黄金比というのではなく、「高貴なエロチシズム」のせいであり、男性の守る躍動の関係によって、衣装がもたらす「単純エロチシズム」よりも更に「高貴なエロチシズム」が誕生したのせいです。

それは、男性と女性がしっかり向きあい、単純なエロチシズムだけでなく、男性が女性を守ろうとする意思の剣が月夜にキラリと輝いていたためです。男性と女性の関係によって高貴なエロチシズムが生まれ、男性たちは、女性の後ろのうなじからも普段見えないものを見たいのです。

男性は十二単を全部剥いで、女性の人たちを裸にしたところで、実際にエロチシズムの本質が存在する訳でもなく、本能が作り出す確固たる実態に遭遇する訳ではありません。

エロチシズムは脱がす過程に存在しているものであり、その過程の置き換えが「うなじの見え隠れ」です。うなじも、ずっと見せつけられればなんでもないとつい思ってしまうものです。

しかし、うなじはなかなか見ることが出来ないから、しばらくの間は、エロチシズムの価値を持ち続けることが出来ます。価値がなくなれば、再び髪の毛でうなじを隠し、しばらくは価値の温存をしなければなりません。

うなじの魅力は、首

うなじは首に繋がっています。女性の首は、男性の首とも違い、細く華奢な魅力があり、それも、もはや子供を生まなければならない健康的な女性の本能レベルというよりは、自然界のバランスであり、すぐに破滅しそうな守らなければならない対象物に値します。

しかし、かつ女性のその細い首こそが、女性の裸に向かうベクトルであり、ベクトル自体がエロチシズムです。男性たちは、うなじのベクトルを見て、女性たちの裸のことまでイメージしています。

うなじのチラリズム

パンチラ、チラリズムなど、英語だかなんだか判らない言葉が、当たり前に現代社会で使われるようになり、すんなり理解されるような時代になりました。

パンチラ、チラリズムと言って理解出来ない人たちは、ほとんどいないでしょう。低俗に聞こえる言葉ですが、とても良く出来た言葉でもあり、まさに女性の美のことを、チラリズムという言葉がいい当てています。

実際には、うなじに対して、チラリズムを当てはめることが出来、男性から、うなじを見せてよと言われれば、恥ずかしい気持ちになってしまう女性も多くいます。

女性が恥ずかしい顔をすれば、尚更、男性はドキドキしてしまいます。十二単は、簡単に脱がすことが出来るものなら、裸を見たい欲求も薄れてしまうでしょう。

女性が抵抗してなんとしても見せないモチベーションを持つことによって、男性にエロチックな気持ちが相乗的にアップします。うなじを見せることに抵抗している女性は、そのような効果があります。そして、男性が女性を守り、鍵をかけた部屋に閉じこめれば、尚更、十二単を脱がしたい欲求にかられることになります。それが、ただ衣装によってもたらされるだけではない、守る力によって導かれた高貴なエロチシズムです。

女性の人たちが、時としてイメージチェンジをしたいというのなら、髪の毛をあげるというのはとても有効的です。ですが、うなじばかりクローズアップして魅力を強調していてもいずれ飽きられてしまう恐れがあります。

うなじに健康なイメージがある

うなじに健康な感じがあるという人たちもいます。現代社会に通じることですが、ポニーテールや、お団子ヘアなど、アクティブなヘアスタイルでも活躍しているのは、うなじです。

女性の人たちが、さあ今日は、張りきってお掃除しようという気持ちを持ったとき、気合いをつけるという意味でも、邪魔な髪の毛をあげたりします。若い女性からは、エロチシズムや、色気と言ったもの以前に、健康的な見ていて男性たちも元気になるようなパワーをもらうことが出来ます。

美とは健康を求めている本能という話しをしていますので、ここではもう少し、単純な、曇りの日よりも晴れの方が気持ちいいと言った程度で考えてみましょう。 女性たちはここから髪の毛で隠すことによってうなじのエロチシズムの価値を高めることになります。

うなじに肌の白さを見る

男性たちは、うなじによって、女性の肌の白さに遭遇することになります。いつも、そこの部分は、髪の毛に隠れていて、日に焼けていない肌の白さに遭遇出来る部分です。

うなじの部分は、日に晒されて劣化していない、数少ない初々しい部分です。どうしても、晒される部分は、日焼けとともにシミ、そばかすなどが出来て劣化してしまいます。そのような女性たちも、髪の毛をあげたうなじの白い肌には目が奪われてしまうことでしょう。

うなじのおくれ毛が色っぽい

そしてうなじは、ビシッと髪の毛をあげてしまうよりも、乱れていた方が色気を感じると言いますが何故なのでしょうか。

おくれ毛が少し落ちる感じが女性らしい雰囲気を作り出すと言います。ビシッと固めてしまえば、女性に対して、力強さを感じてしまいます。完璧な女性を、男性は敢えて守る必要がありません。

守ろうと思っても男性たちはコンプレックスなど感じてしまうのではないでしょうか。そのような女性は、男性にとって居心地が良くありません。

おくれ毛によってどこか人間らしい限界のある弱さを感じる女性だからこそ、男性は守りたい気持ちが起こったりします。 少し出たおくれ毛が、風になびいていたりし、男性たちはこの上もなく涼しく感じたりします。

夏場の扇風機よりも、縁側で内輪で仰ぎ、うなじにおくれ毛のある女性の方が、涼しく感じられます。

うなじによって特別な服も見ることが出来る

そもそもうなじを見るということは、男性たちが特別なシーンに遭遇していることが多いです。うなじにしようとしている女性に遭遇した時、既に、その女性はいつもとは違う服を着ていたりすることが多くあります。

それは、いつもとは違う、カジュアルな格好である場合もあり、男性の人たちは、女性の人たちの細部を見ることが出来たような気持ちになりドキドキしています。

女性が和服を着てうなじを

そして女性たちは、和服を着る場合においてうなじを男性たちに披露することになります。段々と和服を着る機会も少なくなってきましたが、冠婚葬祭など特別なシーンにおいて、今でもそのようなシーンには遭遇することがあります。

なかなか出会うことのない特別なシーンだから、うなじも最高の価値を持っています。女性の人たちも、うなじという強力な武器を披露するためのにも和服文化を見直す時期ではないでしょうか。

リクルートにうなじ

現代社会の人たちは、就職活動で女性の人たちも、一生懸命になっていたりします。就職活動のリクルートスーツにも、うなじは有効的です。 女性の人たちは、就職活動に忙しくて、そのようなことは微塵も考えていなかったのかもしれませんが、合格した人たちは就職活動の面接でひょっとしたらうなじの評価が入っていたのではないでしょうか。

まさかそのようなことはないですが、そうと思えるほどリクルートスーツも女性の人たちがそれほど頻繁に着るものではないため、実はうなじの魅力を思い切り発揮していました。

浴衣でうなじの魅力を発揮

段々と若い人たちは、着物を着る機会が減って来たのは事実ですが、逆にどんどん受け入れられるようになって来たのが浴衣です。どうして女性の人たちが夏になれば、カラフルな浴衣を着て、花火大会などにくり出して行きたいと思っていたのかといえば、ここぞとばかりうなじの魅力を発揮したいという気持ちも何%かは存在していました。

振袖でうなじの魅力をパワーアップ

成人式や、お正月には、まだまだ振袖を着ようという気持ちも女性たちにはあります。女性たちは、このような数少ない機会は絶対に、逃がそうとはしません。それもやはり、うなじを見せたい女性たちの潜在的思いからではないでしょうか。

うなじは大人の女性という感じがある

もちろん、男性の人たちが子供さんのうなじを見たところで、色気があるなどという思い方々はしません。うなじに魅力が宿されるのは、大人の女性の特権です。

うなじとは、いたって謙虚なものであり、胸元、ヒップの方が全然、セクシーをアピール出来る手段と考える人たちもの多いですが、同等のアピール度があると考えていいでしょう。

幼い女の子は、これからどんどん髪の毛でうなじを隠すことで、エロチシズムの価値を高めていくことでしょう。

うなじは美人に見える

うなじは後ろ姿でエロチシズムをアピールすることが出来る方法です。男性たちはうなじの美しい女性を見つければ、美しい女性であることを期待して後ろから無意識のうちについて行き顔を確認しようと思ってしまうものです。

顔をみて大したことがなかったという場合もありますが、そこそこ普通の女性なら、美しいうなじをお持ちならば、程良く美しく見えてしまうものです。

そのような意味でもうなじ効果は抜群です。うなじを意識すれば、案外女性はダイエットなどに日々苦しまないでも簡単に美しい女性を演出出来るのではないでしょうか。

うなじの毛の処理・お手入れ方法

まずは、そこそこ美人の女性たちも、うなじ美人になって魅力をパワーアップさせましょう。そのためにも、うなじの毛の処理・お手入れ方法などしっかり注目して、後ろの見えない部分だからということで、軽視して見過ごさないようにしましょう。

自信満々で、魅力的なうなじをアピールしようと思い、ポニーテールにしたところ、友だちから、「そのうなじやぼったくない?」と指摘されたりして、相当ショックな女性たちがいます。

そもそも、うなじに対して、お手入れのモチベーションを持っていない限り、確率的にはそのようなことがあります。そして、しっかり女性たちが後ろまで鏡で確認しないせいです。

うなじが毛深い

実際に女性の人たちが、魅力的にうなじをアピールするものの、毛深くて、周囲の人たちをげんなりさせることがあります。うなじを意識するものの、結構うなじを自分自身で整えるのも難しいことです。

うなじのお手入れは、手伝ってもらえる家族の方々などいれば、そのような人たちにお任せするのも方法です。カミソリなど使用して、肌を切らないように注意もしなければなりません。

うなじは本当に処理しなければならない?

まずは、そのうなじは、本当に処理しなければならないものか判断することからはじめてください。おくれ毛程度なら、無理に処理しない方がいいです。おくれ毛も女性を魅力的に見せるための手段です。

うなじあたりはデリケートな部分

そもそもうなじあたりは非常にデリケートな部分なので、手入れしないで済むのなら、しないに越したことはありません。ですが、それでもやはり気になる人たちは多くいるでしょう。

うなじの処理方法

まず、うなじの形を処理するためには、髪の毛をまとめるゴムやピン、三面鏡と大きめの鏡、蒸しタオル、そして電気シェーバー、シェービングクリーム、保湿剤などを用意をしてください。

リスクを減らして、綺麗な処理をしたいのなら、出来るだけきめの鏡を用意しましょう。そのような道具があれば、部分的でない全体的なバランスをしっかりとチェックすることが出来ます。

三面鏡がないという人たちもいらっしゃるでしょう。そのような人たちは、姿見と合わせ鏡でなんとか頑張ってチャレンジしてみてください。

うなじ処理の手順

うなじは後ろのなかなか慣れない場所なので、カミソリは横滑りしてザックリ切ってしまうことがあります。大変な事態にならないためにも、注意をして首筋には使わないようにしましょう。生え際ギリギリまで剃らないこともポイントです。

うなじの形を決める

まず、どのようなうなじにしたいのか、デザインを決めることからスタートします。うなじには、M字、W型、-型、U型、Uの反対型など、様々な形があります。 好きなタレントさんのうなじなど研究して決めてください。

最初は自分のうなじの形に近いものに合わせるという姿勢を持つようにしましょう。更に、うなじを剃れば、肌が青くなってしまうので、そこにも注意が必要です。

そしてうなじ処理のために肌を清潔に保つ必要があります。うなじ処理のタイミングは、お風呂上がりなどが一番良いです。 お風呂以外なら蒸しタオルで肌を拭いて、処理するようにしましょう。いつも、髪の毛をアップにしている人たちは、特に紫外線によって肌が固くなってしまっている可能性があります。

うなじ処理にシェービングクリーム

そして、慎重にうなじ処理をしていただくためにも、シェービングクリームも直接シェーバーの刃が肌に当たらないように、シェービングクリームを必ずつけるようにして剃るようにしてください。

女性用のシェービングクリームもあります。用意が出来たところで、できたら髪の毛の生え際から、指2本分くらい下から剃り始めると、自然な感じに仕上げることが出来ます。上から下へシェーバーを丁寧にあてて、処理してください。

うなじ処理には、アフターケアが大事

そしてうなじ処理をした人たちは、しっかりとアフターケアにも向きあう必要があります。ボディ用もしくは顔に使っている化粧水などで問題はありませんので、乾燥しないように保湿するようにしてください。 

そして、再び髪の毛をアップにして、うなじを披露したいというのであれば、日焼け対策も忘れずおこなうようにしましょう。

うなじが濃い・汚い人の対処法

普段あまり自分自身では見ることないうなじなど、思いきり魅力的を発揮しているかと思えば、そうでなかったという場合もあります。

うなじのうぶ毛処理はした方が良いのか悩んでいる人たちも多くいるのではないでしょうか。うなじがとても濃かったり、汚いとしても、やはりうなじって見えない部分だからどう手入れしていいかわからないという人たちが大勢います。

うなじ処理は家庭でするべきものか

少し汚いと思っても、処理せずに我慢しているのは果たして正しい選択肢でしょうか。それでも、家庭でついうなじ処理しようというモチベーションが起こったりします。

最近では脱毛サロンなどへ行けば、うなじ脱毛処理コースなどあり、需要は既に存在しています。毛深い悩みを持つ剛毛女子の人たちにとって、産毛が後れ毛と混在して汚いという悩みを持っている人たちが、想像以上多くいます。

実際に多くの人たちが、脱毛サロンなど利用していますが、顔、ワキ、足などに比べて利用率は低いものの、最終的には、うなじまで脱毛処理しなければ我慢出来ないという人たちが多くいます。

まさに、男性の人たちが、うなじをこの上なくセクシーと思っている以上、女性の方々も決して無視は出来ないパーツです。

男性は、毛深い女性はNG?

やはり、毛深い女性は、男性からNGと思われています。除毛クリームなど一気にムダ毛を除去出来る方法を試しても、肌が荒れたりしただけという苦い経験をした人たちも多くいます。

男性が嫌うムダ毛は、胸の毛や、背中とお尻の毛、顔の毛、処理のあまいワキ毛、脚毛という結果です。女性の人たちが胸の毛に悩んでいるというのは結構意外な結果です。意外に見落としがちのが、胸であり、それだけ現代社会において女性の人たちが、脱毛処理に真剣に向きあう時代になったということが出来ます。

乳輪あたりから生えている毛が出ていたら、男性の人たちは、百年の恋もきっと冷めてしまうことでしょう。脱毛処理とはそれほどまでに女性の人たちにとって大事な意味を持っています。

実際に、いま、うなじ処理がそれほどクローズアップされている訳ではありませんが、完全な美を追求するために、必然的に女性の人たちが注目しなければならない場所です。 まだまだ女性たちは表向きの自分自身に関心を払うのが精一杯であり、鏡で後ろを見る行為をしていないのかもしれませんが、男性は間違いなく後ろからもいつでも女性のことをチェックしています。

うなじ処理するといい人

うなじ処理は、する人しない人がおり、ケースバイケース、シチュエーションに応じてする人たちもいます。着物を着る機会が多い職業の人たちは、当然普通の人たちよりもうなじ処理をしようというモチベーションが必然的にアップするでしょう。 

舞妓、芸妓、呉服屋、旅館の従業員などは、いつもうなじを意識しているから、やはり美しいうなじをしています。衛生管理が厳しい飲食業で仕事をしている人たちも、自分のうなじがどんな感じなのか、普通の人たちより気にしているでしょう。

結婚式や成人式などを控えている人たちも、自分自身の後ろ側に関心を持ち、うなじ処理しようという気持ちにかられることがあります。そして、夏になれば、背中の空いた服を着る事が多くなり、うなじによって、俄然セクシーをアピール出来るシーズンです。そのようなとき、やはりうなじにして、魅力的でないならして意味がありません。

うなじの産毛処理のメリット

多少気にしているけど、それほどではないというのなら、うなじの産毛処理をしなくてもいいです。 見えないので傷をつけてしまいやすいリスクも持っていますし、脱色剤での処理では髪の毛や後れ毛との境界がわかりにくく失敗しやすいデメリットがあります。

除毛クリームでの処理では、肌荒れしやすく、日に当たりやすい部分なので悪化してしまう問題を抱えているので、リスクのことも良く考えた上で判断するようにしましょう。

うなじも部分脱毛できる?

安全にうなじ処理をするのなら脱毛サロンへ行くのがいいです。脱毛サロンでうなじ処理というのもあまり聞かないですが、いろいろなシーンにおいて段々と女性の人たちが脱毛サロン、脱毛クリニックに向きあう機会が増えて来ているのも事実です。

うなじで脱毛サロンへ?

女性の人たちは脱毛処理を本来であれば自宅のお風呂などでしたりします。脱毛処理は女性の宿命であるかに見えて、本当にストレスを感じている人たちも多くいます。

ワキ脱毛だけなら、なんとか頑張って自宅で脱毛処理をするものの、脱毛処理の認識はやがてエスカレートしてVIO脱毛にまで向きあうことになります。

脱毛サロンはハードルが高い

脱毛サロンへ行くのにはお金がかかりますし、まだまだ敷居が高いと思っている人たちもいます。お金の問題だけでなく、肌を傷つけてしまうリスクを警戒している人たちもいます。

そして、VIO脱毛など脱毛サロンでして欲しい気持ちを持っているものの他人に処理してもらうのが恥ずかしいという人たちがいます。

脱毛クリニックではレーザー治療などによってパワーの強い機械を使用して、肌にリスクのあるケースもありますが、脱毛サロンでは医師管理でない民間施術なのでそれほど強い機械を使用することが出来ません。

光脱毛などはレーザー治療と比較して幾分パワーの弱い方法ですが、それを現在、脱毛サロンのメリットとして扱うケースが増えて来ています。 

脱毛サロンは、パワーは弱い機械を使用していますが、回数を重ねることによって脱毛クリニック程度には脱毛処理をすることが出来ます。脱毛クリニックでも一度では脱毛処理をすることが出来ません。更に脱毛クリニックは比較して料金が高く、皮膚を傷つけるリスクもあり(※医師が管理していて、すぐに対処してもらうことが出来ます)、パワーが強いから痛みがあります。

脱毛クリニックの様々なデメリットについて考えると、料金が安くて、居心地のいい脱毛サロンでしっかり肌のケアもしてもらいながら、回数を重ねることも選択肢のひとつです。

段々と、VIO脱毛などの問題で、脱毛サロンへ行ってみようかなというモチベーションがどんどん高まって来ました。しかし、多くの人たちは、現在まだうなじの脱毛と向きあっている訳ではなく、うなじ脱毛がどのようなものかまだ判らないという人たちも多くいます。

しかし、うなじ処理も、他の部分同様しなければならないものという認識で脱毛サロンへ行く人たちが増加傾向にあります。

みなさんが後ろなので気付かないのかもしれませんが、多くの男性たちは、女性のうなじに大きな関心を持っています。 うなじを武器として使わない手はありません。だから、ケアしなければなりません。

うなじは自分自身で見ることが出来ない

うなじは、自分自身で見ることが出来ないから軽視しがちな場所ですが、周囲の人たちは、簡単に見ることが出来るのから、そこの部分に注目しています。もしも、あなたが美人になりたいというのなら、顔、身体のバランスのことだけに意識を傾けていないで、後ろの部分にもしっかり向きあう必要があります。

そこまで、しっかりと美に向きあうことで、現代流の美の形が整うことになります。そして、それが自分自身で出来ないのならベストな方法は脱毛サロンへ行くことです。

うなじ脱毛処理のメリット

うなじ脱毛処理をしないことによってコンプレックスを持っていたというのなら、やはり決断しなければならない時ではないでしょうか。コンプレックスを持ってしまうから、アップスタイルやショートカットなどのうなじが見えるヘアスタイルを敬遠がちになっていたという人たちもいます。

もっと自分自身に自信を持つためにもうなじ脱毛処理にメリットがあります。そして、うなじ処理をして、和洋折衷を取り入れて、時として和服美人に変身してみましょう。

ブランドの価格低下もあり、誰でもが手軽に素敵な服を購入出来る時代となり、ファッションの個性が曖昧になってしまった時代とも言われています。 隣りの女性と美を比較してもそれほど違いを見つけることが出来ない時代です。

そのような時代だからこそ、着物というファッションスタイルも、有意義に取り入れてみましょう。もちろん、毎日着物で過ごしましょうという話しをしている訳ではありません。

ここぞという時には、格好良く着物を着てお気に入りの相手を驚かせてください。そして、そのとき、同時に効果的役割を持つものがうなじです。

美しいうなじを手に入れる

そのためにも女性のみなさんには、なんとしても美しいうなじを手に入れる必要があります。そのとき、なんとなくこのくらいでいいか程度で考えてしまうと、残しておくべき髪の部分まで剃毛してしまうことがあり、逆に処理するべき毛が残ってしまったりすることもあります。

生え際の微妙なラインの調整はなかなか難しく、自分自身ではなかなか出来るものではないと思った方がいいです。 きちんと左右対称の美しいデザインをつくりたいなら、脱毛サロンのプロフェッショナルに任せるのが一番です。

そして、脱毛サロンでは、脱毛処理だけでなく、しっかり肌のケアまでしてくれます。 女性たちが美しい肌をキープするためにも、脱毛サロンでの脱毛処理の方法が求められています。

脱毛サロンでのうなじ処理の流れ

まず、うなじ処理の前日もしくは当日にお手入れ箇所の毛を自己処理してください。乾燥や肌荒れに注意しておこなってください。

日焼けには特に注意をしなければなりません。ケガやあざ、タトゥーなどがある箇所は除外されます。事前処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーなど使用するようにしてください。

脱毛サロンで何もかもしてくれる訳ではなくて、そのような準備をして来ないと、せっかく脱毛サロンへ行ったというのに施術をしてもらえないこともあります。

うなじ処理当日は

うなじ脱毛処理の当日は、専用のガウンまたはキャミソールに着替えます。スタッフがお手入れ箇所の肌をチェックをして小さなほくろやケガ、あざのある部分は専用のシールで保護します。

拭き取りは冷たいタオルでします。脱毛サロンのスタッフが、その日のコンディションをチェックします。

そして脱毛処理の施術で、処理をする場所に、専用のジェルを塗布します。そして、ライトを当てます。

ライトをあてて、即クールダウンし、脱毛サロンでは照射後しっかりケアも怠ることがありません。

脱毛サロンではプラセンタエキス配合のミルクローションでお肌をツルツルにしてくれます。居心地も良くて、何度通ってもいいと感じるでしょう。まさに、ここが、脱毛クリニックと脱毛サロンの大きな違いです。

うなじ処理のお手入れ後のアフターケア

うなじ処理のアフターケアはとても大事です。 お手入れ当日の激しい運動・飲酒は控えるようにしましょう。

そして、お手入れ当日はシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないでください。乾燥を防ぐために、翌日以降もこまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保てます。

そして日焼けをしないように呉々も注意をしてください。お手入れ後の肌に赤みや違和感を感じた場合は、すぐに脱毛サロンに相談するようにしてください。

うなじのできものの対処法

自分自身のうなじがどんなものかチェックをしたとき、うなじに出来物があることに気付くことがあります。それも、やはり日常生活でそれほど真剣にうなじと向きあわないせいです。うなじにできものがあるときにはニキビではないかと考える人がいますが、原因として考えられるのはそれだけではありません。

うなじに出来る出来物とは 粉瘤(アテローム)

うなじに出来たものが、ニキビのように見えますが、ニキビと比較すればやや大きい感じであり、しこりのようなものがあるときに考えられるのは粉瘤です。粉瘤はアテロームといわれることもありますが、うなじだけでなく、体のどこの部分にもできます。

うなじのアテローム の原因は

アテロームの原因は、外傷などが原因となって、毛穴の奥に袋のようなものができて、そこに毛穴や皮脂などの垢が溜まることで発生します。

アテロームは、最初、多くの人たちがニキビと思っているケースが多いと言います。段々と大きくなって、ニキビとは違うという感じでして来ますが、袋の中に入っている垢なので、どんどん累積してしまうものの、垢を取り出せば小さくすることが出来ます。

しかし実際に完全になくなるということではありません。アテロームとニキビの大きな違いは、アテロームは、毛穴の部分に黒い点が見られるようになることです。

赤く炎症を引き起こすと痛みが発生する場合もあります。 実際に判断出来ないのな病院へ行って診察してもらうようにしましょう。病院では垢を出す処置を行って、抗生剤を服用するよう指示してくれます。

うなじアデローム治療方法

アテロームは良性の腫瘍ですが、完治させるには手術で垢がたまっている袋を取り除く必要があります。アデロームの完治を目指すのなら手術が必要です。うなじのアデロームに気付けば、早期に手術をすることが最も望ましいです。

うなじニキビかも

そしてうなじにある出来物はニキビの可能性もあります。なぜこのような場所に、うなじニキビが出来るのかといえば、頭の後ろや、襟足の部分は、皮脂の分泌量が他と比較しても多い場所だからとされています。

分泌された皮脂が原因となり、ニキビができやすい環境が作れてしまっています。ですが、背中や顔に比べてみると、そこまでできる確率が多いということではありません。問題は後ろなので、出来てもなかなか気付かないで放置してしまうことにあります。

うなじニキビを放置したままでいる

うなじニキビを放置しておけば知らないうちにニキビの炎症が悪化し、服などにこすれてつぶれてしまうことがあります。軽視しがちなニキビなので、尚更注意しなければなりません。

うなじニキビは整髪料の使い過ぎ

うなじといえば、髪の毛とも無関係の場所ではありません。みなさんは髪の毛のためにワックスやスプレーを使用したりすることがあるでしょうけど、うなじにはワックスやスプレーといった髪の毛のためのものが肌に付着しやすい場所とも考えることが出来ます。

既にうなじニキビが出来ている場合、ワックスやスプレーによって悪化してしまうことも充分考えることが出来ます。ただワックスやスプレーが付着するというだけでなく、ワックスやスプレーによってホコリやゴミが付着しやすい状態となり、ニキビ悪化の症状を作り出すことになります。現在、うなじニキビに困っている人たちは、尚更、そのようなものは使用しない方がいいです。

うなじニキビは、シャンプーの流し忘れ

次に考えることが出来るのは、シャンプーの流し忘れです。しっかり髪の毛から流しきったと思うものの、首あたりにシャンプーは留まり乾燥してしまったということも充分考えることが出来ます。

市販で売られているシャンプーの多くは石油系合成界面活性剤であり、毛穴を刺激し続ける力を充分持っています。

うなじニキビの治し方

うなじニキビの治療は既にお話ししたことをしないように注意をすることと、洗浄と保湿をしっかり意識することです。 お肌の乾燥はバリア機能を弱めるだけでなく、乾燥を防ぐための余分な皮脂が分泌されてさらにニキビが出来やすい環境を作ってしまうことになります。

血行不良やホルモンバランスの乱れもニキビの原因となりうるものなので、生活習慣の見直しも必要です。

うなじの魅力を再認識してみよう

いかがでしょうか。女性には、後ろにうなじという美の力が存在しています。女性美とは、健康な子供を生むために相手を見極める手段として、黄金比として認知されるものあり、エロチシズムに覆われています。

女性美は滅びやすいものでもあり、男性の能動的な守る意思によってより輝きを増すことになります。衣装だけでなく、男性の守る力によって、押さえつけられた女性の身体から、よりエロチシズムが溢れ出しています。

二重のエロチシズムとは本能ではなく、人間の理性・行動によって作られたものです。みなさんは、うなじになんで美が宿るのか不思議に思うのかもしれませんが、後ろのうなじという場所でさえも、髪の毛に守られてエロチシズムの価値を温存していたのです。うなじを晒し、価値が消費したら、再び髪の毛で隠し価値をストックしなければなりません。

関連記事

Related