Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】毛深い人の対処法・改善法|脱毛/処理

Small 9b64d50e 0387 4ec4 bf5d 140061eafad8ミヤ
脱毛 / 2019年01月11日
【男女別】毛深い人の対処法・改善法|脱毛/処理

毛の深さの悩み

多くの女性の悩みのタネであるムダ毛。最近では男性でもムダ毛のお手入れをしている人が増えています。中には周りの人達と比べて毛深いことに悩んでいる人もいます。毛深いことがコンプレックスだと日頃から感じていらっしゃる人もいるでしょう。

ムダ毛の処理方法はいろいろあります。まずはどんな方法があるのか、またそれぞれのメリットやデメリットを知って、自分に合った一番良いムダ毛処理の方法を見つけましょう。そして毛深い自分とさよならしましょう。

男性・女性別の毛深い人の対処法と改善法

毛深いことがコンプレックス

毛深いことがコンプレックスだと感じている人は男女ともに多いです。毛深いことは、男女関係なくコンプレックスになり得るのです。毎日お風呂に入るたびにムダ毛の処理をしている人や、ムダ毛が気になって常に毛抜きが手放せない人もいます。恋人とのお泊まりの際には、相手が起きる前にバスルームでムダ毛のチェックを欠かさず行わないと不安になる人もいます。

どの程度で「毛深い」とするかは、個人差があるので周囲の人と比べて考えてしまうようです。さらに、デリケートな問題であるため、自己処理の方法や、ムダ毛の生え具合など相談できる機会が少ないことから、毛深いことがコンプレックスだと思い込んでしまう要素になるのでしょう。

脱毛サロンで脱毛

最近はネット上の広告や、テレビのCMなどで脱毛サロンの宣伝をよく見かけます。女性が気軽に利用できるサロンから、メンズ専用の脱毛サロンまであります。現在、一般的に行われている脱毛の方法を紹介します。

多くの脱毛サロンでは、光脱毛といわれている脱毛方式が一般的です。光脱毛は、脱毛マシンから放射される特殊な光を皮膚に当てることで、光が毛根にダメージを与えムダ毛を生えなくさせる脱毛方法です。光脱毛において二種類の脱毛方式があります。

脱毛サロン=高額というイメージがあるかもしれませんが、現在では脱毛料金はかなりお手頃になり、若い女性でも気軽に通えるようになっています。

Blockquote firstBlockquote second

IPL方式

IPL方式は、インテンスパルスライトといわれる特殊な光を使用して脱毛を促進する脱毛方法です。インテンスパルスライト(IPL)は、褐色や黒色のメラニン色素に反応をする性質を持ち、この性質を利用し、ムダ毛の成長をストップさせています。

S.S.C方式

一方のSSC方式は、イタリアの美容機器メーカーDEKAが日本市場に向けて開発した機器を使用しての脱毛方法です。SSC脱毛では、クリプトンライトといわれる光を使用しています。クリプトンライトは専用のジェルを皮膚に塗付した後に光を当てることで、エネルギーに変わり、毛根にダメージを与えます。SSC脱毛で使用される専用のジェルは、減毛効果に加えて、肌をなめらかにして肌荒れを改善する効果もあるため、脱毛をしながら美肌になれるとも言われています。

ムダ毛処理の方法

日頃、自宅で手軽にできるムダ毛の自己処理の方法を紹介します。

①毛を剃る方法
・「カミソリ」は最も手軽で簡単な方法ですが、肌へのダメージが特に大きいとされています
・「電気シェーバー」は肌への負担は少ないですが、深剃りすることができません
・「トリマー」はペンタイプの機械で、刃は小さなバリカンのようになっており、産毛など細い毛に向いています

②毛を抜く方法
・「毛抜き(ピンセット)」は、抜いた毛はしばらく生えてこないというメリットの反面、毛穴へのダメージが大きいです
・「脱毛テープ」は、広範囲の毛を一度に抜くことができますが、毛穴だけではなく皮膚にも大きな負担がかかります
・「電動毛抜き」は、毛をスピーディーに抜いてくれる機械ですが、毛穴のトラブルが非常に多く、埋もれ毛ができやすいです

③毛を焼き切る方法
・「熱線式の除毛器」は、肌の上を滑らせると熱線が毛を焼き切る機械です。毛先が丸くなりチクチクしないというメリットがありますが、ヤケドの心配があります
・「ヒートカッター」は、ビキニラインに使用するもので、ビキニラインのはみ出し部分をカットします

④薬剤を使う方法
・「除毛クリーム」は、毛を溶かす薬剤です。毛は綺麗に処理できますが、肌に大きな負担がかかります
・「脱色剤」は、毛の色を抜いて薄くする薬剤です。毛が伸びると根元が黒くなって目立ちますし、肌への負担が大きいなどと、デメリットが非常に多いです
・「抑毛剤」は、毛の成長をゆるやかにしたり、毛を細くすることができます。肌にかかる負担は少ないようですが、効果に個人差があり、効果が出ない場合がある上にかかる費用が高いです

ムダ毛を処理する部位

ムダ毛を処理する部位は人によってさまざまです。処理している割合が最も多いのはダントツで「ワキ」です。次に「脚」や「腕」が多いです。「顔(特に口周り)」と「アンダーヘア」も処理する女性が比較的多いです。「手足の指」や「背中、腰」や「胸」や「お腹」は少数派ですが、それでも処理している人は結構います。

他の部位に比べて薄くて目立たないから処理しなくても大丈夫と思っていても、見ている人はしっかり見ています。なかにはそのムダ毛を見てドン引きしてしまう人もいるので気をつけましょう。

毛深いことは遺伝するのか

女性なのに男性並みに毛深い脚や腕ことで、遺伝なのかと疑問に抱く人もいるのではないでしょうか。中には、両親は毛深くないのに、自分だけ毛深くて本当に毛深いのは遺伝なのかな?と感じている人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、毛深いことは遺伝です。両親のどちらか、あるいは両方共が毛深い家庭の場合は、間違いなく原因は遺伝にあります。100パーセント遺伝だけのせいで毛深いかと言われると、そんなこともありませんが、大きな原因のひとつになっていることは間違いありません。

両親が毛深くない場合の遺伝とは?

両親が毛深くないのに毛深い場合は祖父母などの隔世遺伝の場合もあります。そう考えると、毛深いことと遺伝は大きく関係していることがわかります。隔世遺伝とは簡単に言うと、個体のもつ遺伝形質が、親の世代では発現せず、祖父母やそれ以上前の世代から世代を飛ばして遺伝しているように見えることについて言います。

毛深い悩みあるある

毛深いことについて悩んでいる人はたくさんいるでしょう。毛深い人にしかわからないような悩みから、毛深いことについて悩んでいない人でも理解が得られるような悩みがあります。

・ビキニラインについて
下着からはみ出すムダ毛はカットしたいけれど、そもそも毛根が下着の外にある。
脚の付け根どころか、太ももから生えている

・剃っても剃りきれない
レーザー脱毛しても、部分によって効果がでない。脚は生えてきませんが、脇は効果がない」

・乳房の毛
乳房の毛が1センチくらいの太い毛がある
授乳中、乳房の毛が子どもの鼻に入る

・性行為の時は電気を消して!
性行為の時は電気を消してと言うが、毛を見られたくないのが本音。
剃ったとしても毛穴が目立ちますし、乳房の毛もどこまでそればいいのかわからない。
背中なんてボーボーですが見えないから自分で剃るのは怖い。

・膝から下が剛毛過ぎて
「子どもにお父さんみたいだと言われました」

彼氏が毛深いときの対処法

男性は男性で、毛深いことについてお悩みの人もいるでしょう。ですが、毛深い彼氏は絶対に嫌だと思っている女性は少なくありません。男性といえばヒゲはもちろん、胸毛や腹毛など、体毛が濃い人、毛深い人もいます。

芸能人の中では、それを売りにしている人もいます。しかし彼氏や旦那さんが毛深い人だった場合はどうでしょうか。女性は正直なところ、毛深い男性に対してどんな感情を抱くのか毛深い男性についての女性からの本音を調べてみました。

毛深い彼氏に対する女性のリアルな本音

①彼氏の体毛があちこちに落ちていてイライラする
毛深い彼氏への悩みで多いのが「抜け毛」です。男性の体毛が抜けて、落ちているのが嫌だという意見があります。男性の毛深さは仕方がないこととはいえ、抜け毛対策には気を使って欲しいというのが女性の本音のようです。

②毛深いのにハーフパンツを履かないで欲しい
男性のすね毛が毛深いと嫌だという女性も少なくないようです。男性がハーフパンツを履くことが嫌だという女性もいますが、毛がボーボーの状態でハーフパンツを履いている男性を見ると不快に感じるのでしょう。毛むくじゃらな脚は見たくないというのが本音のようです。

③胸毛だけは生理的に無理!
他の場所の体毛はなんとか許せても、胸毛だけは許せない!という女性もいるようです。胸毛は女性には生えていないものなので見慣れていないせいもあるでしょう。率直に生理的に受け付けないという意見が多く見受けられました。ムダ毛はワイルドで男らしいイメージがありますが、胸毛は不評のようです。

④むしろ毛深い方が好き
毛深い男性が苦手だという女性は多く見受けられましたが、毛深い男性の方が好きだという女性もいます。毛深い方が男らしくて素敵だと魅力的に見えるようです。中には、毛深い男性はセクシーに見えるといった意見や、彼のことが好きだから毛深いところも好きになった等、毛深い男性が好きだという女性もいるようです。

彼氏が毛深いときはどうすればいいの?

彼氏のことは大好きだけれど、体毛がどうしても気になることもあります。しかしデリケートな問題だから面と向かって話すことができないと、彼氏のムダ毛に対してお悩みの女性もいます。本人が気にしている場合は面と向かって話を切り出すことは難しいでしょう。

実は、毛深いことが恥ずかしいと悩んでいる男性はたくさんいます。踏み切った話をしてしまうとデリカシーに欠けた人間だと思われてしまうこともあります。デリケートな問題ですし、毛深いことがコンプレックスだと彼自身が体毛について悩んでいるようなら、あえて触れないでおきましょう。

逆に、毛深いことについて全く意識していないようでしたら、彼が体毛を意識するように思い切って話を切り出してみるのもいいかもしれません。

ハゲだけど毛深い原因〜毛深いとハゲる?〜

毛深い人はハゲるというのは昔からよく聞く噂です。毛深いということは、髪の毛も多いわけですし、ハゲる理由にはならないのではと思う人もいるでしょう。「毛深いとハゲる」この根拠は一体何なのでしょうか。

そもそもなぜハゲるのか

だれもが子どもの頃は髪の毛はフサフサです。それなのにどうして大人になるとハゲてしまう人がいるのでしょうか。ハゲる原因としてよく挙げられているのが「男性ホルモン」という言葉です。男性ホルモンとは具体的に「テストステロン」という物質のことを指します。

実はこのテストステロンは、男性らしい体を作ったり、毛深くしたりといった効果がある物質で、ハゲに関係あるどころか毛を増やしてくれる性質があるのです。しかし、テストステロンは年齢とともに量が減っていき、「ジヒドロテストステロン」という物質に変化することがあります。実は、この「ジヒドロテストロン」こそが問題の物質なのです。

ジヒドロテストステロンがハゲの主な要因?!

男性ホルモンであるテストステロンが変化した物質がジヒドロテストステロンです。テストステロンは毛深くする効果がありますが、ジヒドロテストステロンに変化してしまうと、その効果は一変してしまいます。毛乳頭細胞に「髪の毛を作るな」という指令を出してしまうため、脱毛に繋がります。

女性ホルモンが多い人はハゲないのか?

逆に、女性ホルモンが多い人はハゲないのでしょうか。「半分その通り」です。どうして半分かというと、確かに女性ホルモンには髪を元気にする働きがありますが、大事なのはバランスだからです。女性には女性なりに、薄毛というものがあります。つまり、女性ホルモンが多いからといってハゲない理由にはならないのです。

ホルモンバランスが安定していれば毛深くても大丈夫!

頭髪は部位によって関係するホルモンの種類が違うと言われています。具体的に言うと、頭頂部がハゲてしまうのは、女性ホルモンが減ってしまうからです。しかし、逆に男性ホルモンが少なくなってしまうと、側頭部が薄くなってしまいます。では、頭頂部と側頭部どちらも適度な髪の量を保つにはどうしたらいいのかというと、ホルモンバランスを保てば良いのです。つまり、男性ホルモンによって毛深い人も、ホルモンバランスを保てば薄毛やハゲの心配は低いということになります。

ホルモンバランスを整えるには?

ホルモンバランスを保てば薄毛やハゲの可能性は低いということになりますが、具体的に何をすればいいのでしょうか。

睡眠時間をできるだけ多くとる

ホルモンバランスを整えるために、睡眠時間をできるだけ多く取りましょう。具体的には6〜9時間睡眠がベストな睡眠時間だと言われています。しかし、色々な事情があり、そんなに寝ていられないという人もいるでしょう。

そういう場合は夜10時〜夜中2時の間に睡眠をとるようにしてみてください。なぜこの時間帯なのかというと、この時間帯はホルモンが多く分泌されると言われているため、たとえ短時間の睡眠時間であったとしても意味のある時間と言えます。ちょっとした心掛けでホルモンバランスを正常に保つことができます。

ストレスを溜め込まない

ストレスはホルモンバランスにもよくない影響を及ぼします。とはいえ、現代社会においてストレスフリーな生活など、不可能でしょう。ですから、「ストレスを溜め込まないこと」が大事です。好きな物を食べる、カラオケで思いっきり歌う、身体を動かす等、自分にあったストレス解消法でストレスを溜め込まないようにしましょう。

正しい食生活や規則正しい生活を心掛ける

ホルモンは体の中で自然につくられるものではなく、食事として取り入れた栄養から生まれます。つまり、バランスの良い食生活はホルモンを正常にするためにも重要とされているのです。そして、取り入れた栄養をきちんと消化するには、規則正しい生活をして体の調子を整えることが大事です。毎日の積み重ねが、ホルモンバランスだけでなく、髪や全身の健康を作ってくれるのです。

産後毛深くなる理由

産後は体毛が濃くなると言われていますが、その理由としては、ホルモンバランスの変化があります。ホルモンバランスの変化により。妊娠中は体毛が濃くなりやすいとされていますが、妊娠中だけではなく、産後も体毛の濃い状態が続いてしまうこともあります。では、具体的にどういったホルモンの変化が起こるのでしょうか。

妊娠中は体毛が濃くなりやすい

産後のムダ毛の増える理由としては、妊娠中のホルモンバランスの変化が挙げられます。妊娠中は、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」が増加しますが、増加した女性ホルモンは、胎児の身体に行き渡るようになります。すると、妊娠をしている人の身体では女性ホルモンの割合が少なくなり、男性ホルモンの割合が高くなります。男性ホルモンには体毛を濃くするはたらきがあるため、男性ホルモンの割合が多くなることで、妊娠中は体毛が濃くなりやすいのです。

出産後の体毛の変化

産後は、胎児に女性ホルモンを与える必要がなくなるため、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが妊娠前と同じ水準に戻っていきます。これによって徐々に体毛が減少していくとされていますが、逆に産後にムダ毛が増えてしまう場合もあります。産後のホルモンのバランスは、妊娠前の状態に戻ることが多いですが、中には産後も男性ホルモンの分泌が活発になる場合もあります。それによって、体毛が濃くなりやすいとされているので、産後、毛深いことに悩む女性もいるでしょう。しかし、産後6ヶ月〜遅くとも産後1年で元の状態に戻ると言われておりますので、あまり深く考えないことが大切です。

自分に合ったムダ毛処理の方法を見つけよう

いかがだったでしょうか。今回はムダ毛処理の方法から悩みごと、あるあるについてまとめてみました。とてもデリケートな問題のため、なかなか人に相談できないこともあると思うので、この記事を参考に、ムダ毛処理の方法をぜひ実践してください。その中から、自分に合ったムダ毛処理の方法を見つけていただけたら幸いです。コンプレックスだと悩んでいる人も、自分に合ったムダ毛処理の方法が見つかれば、きっと前向きになることができます。