Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】恋で胸がドキドキする理由と原因・シチュエーション

Author nopic icon山田恵三
恋の悩み / 2018年01月19日
【男女別】恋で胸がドキドキする理由と原因・シチュエーション

男女別 恋でドキドキする理由・原因

恋をすると人は誰でもドキドキします。「ドキドキすることこそが恋だ」と言ってもいいくらいです。そのドキドキですが、一つの恋をしている二人でも男女ではいろいろと違うようです。ここでは男女別「恋のドキドキ」の理由と原因をご紹介していきます。

キスしてドキドキする理由

恋をしている中で、実は誰もが一番大切にしているのが「キス」だったりします。すごく仲がいい友達だと、同性でも手をつなぐことはあるし、ハグをすることもあるでしょう。でもキスだけは恋人同士のもの。

ではキスでドキドキする時の男女の違いって、どういったことなのでしょうか。理由とその原因を男女別に探ってみましょう。

キスで男性がドキドキする理由

実は女性より男性の方が、キスをするのが好きな傾向があるようです。手をつないだり腰に手を回したり、デートの時のスキンシップも女性より男性の方が気にしています。キスする時も男性の方がドキドキするということになるのかもしれません。その理由とはどのようなものなのでしょうか。

男性の恋は感覚重視

男性は恋をする時、女性の容姿など外的な要素からより多くの情報を受け取っています。相手の女性を、性格や趣味趣向など細かいことで判断などはせず、五感で受けるダイレクトな感覚で恋をしていると言っていいでしょう。

好みのタイプの女性を一瞬で判断するというデータもあるほど、男性にとって視覚からの刺激は特に強烈で決定的。そのほかのことに対しては大げさに言ってしまえば、後から確認していけばいい、くらいのもの。そして、その確認作業の一つ一つに男性はドキドキするのです。

感覚から情報を受け取る

視覚重視でスタートすることが多い男性の恋ですが、実は女性の容姿から驚くほど色々なことを感じています。男性は女性が思っているほど、男性全てがアイドルのように整っている女性を好きなわけではなかったりするのはそのためと言えます。

綺麗な髪や肌、目の輝きから「健康そう」と感じていたり、漂ういい香りから「清潔にしている」と感じていたり。男性は細かいところまで言葉にしないだけで、無意識に自分が求めている要素を持った人にドキドキするのです。

キスは特別

感覚重視の男性にとってキスは情報過多の特別なもの。キスをしたら五感の全てがフル稼働です。キスの時の女性の雰囲気や息遣いや態度から、その女性との相性や、どのくらい心を許してくれているのかを測っていたりもします。

相手の女性の全てが好きだったのに、キスだけなぜかいまいちで冷めてしまった、なんてこともよく聞く話。感覚的なことが心を左右する男性にとって、キスでドキドキするのは恋をする上で特別なことであると言えます。

キスで女性がドキドキする理由

キスが一番、ドキドキする恋のクライマックス!というのが少女漫画の定番。それほど、女性にとって好きな人とのキスは憧れであり、ときめくものです。では女性がドキドキするキスとはどんなものなのか、女性にとってのキスの定義から考えてみましょう。

キスは男性から

男性の方からキスしてほしい、もしくはキスするような雰囲気にしてほしい、と思う女性が多いもの。それは「男性の方がスキンシップを気にしている」ということを女性が無意識に感じているためかもしれません。また、パートナーとしてリードしてほしいという心理もあります。

人気のないところで近寄られたりして「私、キスされちゃうのかな」という雰囲気になるのもドキドキするし、「あれ?顔が近いな」と思ったら突然キスされた、なんていうのもドキドキするわけですが、共通するポイントは「男性から」なのです。

キスされる私

キスによって相手の女性の感覚的なものを強く受け取っている男性に対し、女性は「キスされている・している自分」を強く意識しています。子供から大人に成長する中で女性が育てているキスのイメージがドラマチックでヒロイン的であることが原因かもしれません。

男性とキスをするたびに変わっていく自分、または男性によって変えられていく自分、というように、キスをすることで自分の人生が変化していくような感覚にドキドキするのです。

未来にドキドキする

女性は男性のキスをするまでの雰囲気や、キスの仕方を通して、その男性との未来を見ています。優しくおでこにキスしてくれたり、キスしながらそっと抱きしめてくれたりするような行動に、大切にされていると感じて幸せな未来を予感します。

いつも優しくて信頼がある男性であれば少し強引なキスにドキドキするし、いつも素っ気なくてクールな男性が優しいキスをしたらドキドキするし、どっちにしろ男性が何か新しい未来に導いてくれるようなキスに、女性はドキドキするものなのです。

男女別・ドキドキする言葉

これを言われたらドキドキする、というキラーワードってあります。ふとした一言がきっかけで、そんなつもりではなかったのに恋に落ちてしまう、または恋が盛り上がる、なんてことがあるから不思議です。そんな「ドキドキする言葉」を、男女別でご紹介します。

男性がドキドキする言葉

「かっこいい」

「〇〇さん、かっこいいです!」と言われて反応しない男性はいないと言っていいでしょう。「かっこいい」という言葉自体はシンプルですが、尊敬や好意を感じさせる奥深さがあります。付き合って長いと言わなくなる言葉だったりしますが、思ったら言うように心がければ、いつまでもドキドキする関係でいられるかもしれません。

「秘密にしてください」

「これ〇〇さんと私だけの秘密にしてください」なんて、女性が男性に言われてもドキドキするのではないでしょうか。大した内容ではない、いつもの雑談でも「秘密」という言葉が出ただけで、その響きが持つ距離の近さにドキドキするものです。

「お願いします」

仕事で業務的に使うことが多い「お願いします」ですが、あえて普通の場面で使ってみましょう。写真を撮るときなどに「笑ってください」に続けて「お願いします」とさりげなくつるぐらいでいいのです。男性は頼られているような錯覚を感じて、だんだんドキドキしてくるはず。

「大好き」

好きな食べ物や好きなキャラクターに向けて「これ、大好きなんです」。別に男性に向けて言ったわけではなくても、目を見て「大好き」と言う女性の言葉に男性はドキドキするもの。最高の笑顔と一緒に言えば、より効果的です。

女性がドキドキする言葉

「無理するなよ」

ちょっと無理して頑張っている女性が多い昨今、これを言われてドキドキする人は多いでしょう。上司に言われても、男友達に言われても、彼氏に言われても嬉しいはず。「お前、無理してんだろ」を匂わせる感じで心を込めて言われたら、好きになってしまうかもです。

「何してるの」

「今、何してるの?」と聞かれると「あれ?私が何してるのか気になるのかな」「会っていない時に私のことを考えてくれているのかな」と意識してしまうもの。そんな関係でもないのに、ちょっと束縛を感じるようなニュアンスに、ドキドキする人もいるのではないでしょうか。

「お前だけだよ」

「そんなことやってんのお前だけだよ」など、男性にとって唯一の存在であるように感じる言葉に、女性は反応してしまいます。ちょっとしたことで助けてもらったときなどに「こんなことしてやるの、お前だけだからな」なんて言われたら、その特別感にドキドキするはず。

「俺にできることある?」

現実的には、その男性にできることがなくても、言われたら嬉しくてドキドキするのがこの言葉。なんの保証もないのですが、その頼り甲斐のある言葉の雰囲気だけで、女性は男性に守られているような気持ちになってしまうのです。

ドキドキするシチュエーション

昨日までなんとも思っていなかったのに、今日はなぜかドキドキする。恋が始まるきっかけは意外にも簡単な小さい変化だったりします。片思いの人も両思いの人も、ドキドキするシチュエーションを男女別にあげてみました。

男性がドキドキするシチュエーション

ふと見せた涙

いつも笑顔で明るい女性が、ふとした時に見せた涙に男性はドキドキするもの。「男は女の涙に弱い」とは言いますが、女性が涙を見せるのが意外な人であればあるほど、男性にとっては衝撃的です。すでにカップルの人も、弱い姿を見せた彼女を、守ってあげたいような強い気持ちになるはずです。

気づかない

半袖の端から肩からずり落ちたブラの紐が出てしまっていたり、スカートが少しずり上がってしまっていたり、と少しずれてしまっていることに気づかずに何かに没頭している姿に、男性はドキドキするそう。いつもちゃんとしている人であれば、そんな一面を男性は「かわいい」と感じるのかもしれません。

心から幸せそうな笑顔

例えば朝、顔を合わせた時に最高の笑顔を向けられたら、それだけで「会えたことが嬉しいのかな」くらい思ってしまうのが男性です。その女性が普段あまり笑顔を見せない人なら、なおさらドキドキするでしょう。恋人同士であれば、一緒にいて幸せなんだということを言葉を超えて確認できる瞬間であると言えます。

酔っ払った時

数人で飲んでいても、二人で飲むことになっても、女性が酔っ払うと男性はドキドキするものです。ここで注意すべきは「ほどほどに」酔っ払うということ。女性が何を言っているかわからなくなるほど酔っ払ってしまっては、男性もドキドキしようがないというものです。自分でちゃんと帰れるくらいの酔い方を心がけましょう。

女性がドキドキするシチュエーション

力の差を感じる時

ベタですが、男性が重いものを運んだり動かしたりしている時、圧倒的な体力の差を感じると女性はドキドキします。普通に生活していると、なかなかそういう機会が少ない現代ですが、ドキドキさせたい女性がいたら、率先して体力をアピールするといいでしょう。

真剣な表情

男性の鋭い表情に男らしさを感じてドキドキする女性は多いはず。いつもは冗談ばかり言っている人や、ふわふわしていて頼りないような人が、ふと真剣な表情になったりしたら、なおさらです。日頃から真剣な人より迫力があって、ちゃんと話を聞かなきゃという気持ちになるから不思議です。

寝顔

寝不足だったり、風邪気味だったりして、うとうとしてしまう時ってあります。少し無精髭が生えていたり、いつもセットしている髪が無造作になっていたりすると、女性はその無防備さに、見てはいけないものを見てしまったかのような気持ちになって、ドキドキするのです。

無邪気な姿

公園などで犬や小さい子供と一緒になって転げ回ったり、スポーツに夢中になって大声で笑ったり。いつも見ることのできない無邪気な一面を知った時、女性は不意にドキドキしてしまうもの。女性に対して素っ気ない男性であるほど、自分には向けられない笑顔を見て、女性は嫉妬に近いものを感じるでしょう。

恋のドキドキとは

いかがだったでしょうか。同じ恋をしているのに、男性と女性でドキドキする理由や原因が違うのは不思議なことです。

どうして出会うのか、どうしてその人なのか、恋のドキドキとはどこからくるのか。解けない謎ではありますが、どうかすべてのドキドキが、幸せな恋のドキドキでありますように。