Search

検索したいワードを入力してください

別れの言葉をメールで言うのはあり?彼氏・彼女に言われた別れの言葉

Author nopic iconRingoame
カップル / 2018年01月19日
別れの言葉をメールで言うのはあり?彼氏・彼女に言われた別れの言葉

どんなにお互いを好きだと想い合っていたとしても、様々なきっかけで、どちらかがもしくはお互いが、別れを選択する時があります。それでも一度は愛し合った恋人同士、別れる時も大切に言葉を選んで、悔いのないようにそれぞれの道を歩んでいきたいものです。今回はその「別れの言葉」に着目して様々なパターンを紹介していきたいと思います。

彼氏・彼女に言われた別れの言葉

様々な付き合い方のカップルがいるように、別れ方、別れの言葉も千差万別です。実際に彼氏・彼女に言われた別れの言葉を見ていきましょう。

彼氏に言われた別れの言葉

・「前の彼女のことを忘れられていなくて、このまま偽りの気持ちでいるのは嫌だから別れよう」
----前の彼女の未練がまだ残っていることを伝えると同時に別れの言葉を告げたパターンです。相手のことを思いやりながらも、自分の気持ちに嘘はつきたくないという気持ちが見え隠れしています。

・「もう君に恋愛感情がもてない」
----彼女に対する自分の気持ちを率直に伝えたパターンです。はっきり言われるととても傷つく言葉ですが、言ってもらわないとわからないし、このくらいきっぱりと言われた方が変な未練を持つ必要もなく、スッキリする気もします。

彼女に言われた別れの言葉

・「もう好きじゃなくなった」
----恋愛感情がなくなったということを別れの言葉として使うのは男女共通のようです。

・「ほかの人を好きになった」
----恋愛感情がほかの人に移ってしまった時の別れの言葉です。

・「遠距離でなかなか会えないのが辛い。もう別れよう」
----遠距離恋愛で、会えない辛さ、寂しさを通り越して、別れるという決断に至った時の別れの言葉です。女性と男性の気持ちのすれ違いがこのような結果になってしまったのでしょう。

男性が言うとかっこいい別れの言葉とは?

男性はやはり別れの時まで男らしくかっこよくありたいものです。お互いの未練を感じさせないような、芯のある言葉はどんな時でも女性の心に響きます。では男性が言うとかっこいい別れの言葉とはどのような言葉なのでしょうか。

・「今までありがとう。本当に楽しかった。元気でな。」
----このようにサラッと爽やかに別れの言葉を言われると、とても悲しいことでも、男性のかっこよさが際立ちます。最後の最後に感謝の気持ちを伝えることは素敵なことです。「元気でな」という言葉には遠まわしに「もうずるずる会わない」という意味が込められていて、相手に変な期待、未練をもたせない力があります。

・「恋人としてではないけれど、夢が実現するのを応援しているから。頑張れよ。」
----どのような場合でも別れはつらく悲しいことだけど、それを吹き飛ばすかのように爽やかに、相手の夢を応援し続けてくれている、相手のことを思いやっている、そんな別れの言葉を伝えると、男らしくかっこよく見えます。

思わず感動した別れの言葉

ここでは、思わず感動してしまった別れの言葉を紹介します。

好きだからこそ

「私はあなたのことが好きだから、あなたには幸せになって欲しい。だからあなたの言うとおり別れましょう」
----相手に別れを告げられたとき、相手の幸せを思って別れを受け入れるパターンです。自分の別れたくないという気持ちは一旦置いて、相手のことを想って素直に別れの言葉を受け入れる、それだけ相手のことが好きだということが伝わります。

最後まで感謝を

「私みたいな人を少しでも好きになってくれてありがとう」
----”別れ”というところにあまり焦点をおかず、今まで好きでいてくれたことに感謝の気持ちを伝えるという別れの言葉です。最後の最後まで相手に感謝をし続け、それを伝えるということは本当に大切で素敵なことです。

別れ際に感じる愛の深さ

「あの人には敵わなかったけど、あなたのことを一番知っているのは私だし、あなたのことを好きな気持ちは私が一番だから」
----相手に他に好きな人ができたときの、別れの言葉です。相手が違う人を好きになったことはしょうがないし、別れは承諾するけれど、「私は誰よりもあなたのことを知っていて誰よりも好き」という揺らぎない愛の気持ちを最後まで伝えています。

上記のような言葉を言われると、別れるのを踏みとどまってしまうぐらい心が動きます。自分の気持ちもきちんと伝えながら、それでも相手の気持ちを考えて尊重して受け入れています。こんな風に最後まで相手のことを思いやれるのは本当に素敵なことです。

復縁を思わせる恋人同士の別れの言葉

別れた後、それぞれお互いの道を歩んでいく人たちもいれば、もう一度お互いが気持ちを改めてやり直す、つまり復縁をするという人たちもいます。では、復縁を思わせるような別れの言葉とはどのようなものなのでしょうか。

お互いのためにも自立を


「お互い成長して、夢を叶えて、また会おう」
----互いに成長できない関係であるのなら、一度離れたほうが正解というパターンもあります。互いのことを想い合いながら、各々で夢を実現させ、成長した姿でまた会おう、という前向きな別れの言葉だといえます。

気持ちの整理を

「一度距離を置いて、もう一度お互いの気持ちを見つめ直そう」
----なにかのきっかけでお互いが感情的になり、自分たちの気持ちがよくわからなくなる時もあります。その際に、別れという距離をおく選択をし、もう一度お互いの気持ちを見つめ直そうという別れの言葉です。お互いの気持ちを見つめ直した後の復縁の機会は大いにあります。

付き合っていると、どうしてもうまくいかないこと、気持ちのすれ違いが生じることはあります。そんな時に一旦冷静になって別れを選択することも大切な手段です。そこでもう一度やり直せるのであればやり直せばいいし、一度離れてみてもう無理だと思うのであれば、それはそれで仕方がないことです。大切に別れの言葉を選んで一度離れてみて、お互いがお互いの事を客観視してみましょう。

別れの言葉をメールで言うのはアリ?

今までたくさんの別れの言葉を見てきましたが、では、それらはどのようにして伝えればいいのでしょうか?メールで別れを告げるのはありなのでしょうか? ここでは直接会って伝える方法とメールで伝える方法のメリットデメリットを交えて説明します。

直接会って別れを告げるメリット・デメリット

<メリット>・相手の表情が見れる・自分の気持ちが相手に伝わりやすい・別れたあとの「最後にもう一度会っておけばよかった」というような後悔が少ない

<デメリット>・相手の表情が見れる故、情が出てくる・感情的になってしまう・気持ちを正確に伝えきれない可能性がある

⇒やはり、直接会ってお互いの顔を見ながら話し合うほうが気持ちは伝わりやすいし、文章ではなく自分の言葉で話しているため、誤解は招きにくいです。相手の表情もしっかりと確認できます。しかし、それが故に感情的になったり、相手への情が湧き出ることによって自分の気持ちや言葉をうまく伝えきれなかったりする可能性もあります。

メールで別れを告げるメリット・デメリット

<メリット>・感情的にならず、落ち着いて伝えられる・文章にするため正確に気持ちを伝えることができる・情があまり湧いてこない

<デメリット>・最後に会っていない後悔が出てくる可能性がある・表情が見えないため誤解を招いてしまう・相手が自分に対しての未練を持ちやすい

⇒メールでは、文章で表現するため、落ち着いて客観的に考えながら自分の気持ちを細かく伝えることができます。お互いに感情的にならず、情に左右されるということも少ないでしょう。しかし、メールでの会話を最後にもう会わないという形になってしまうと、あの時最後に会っていればよかったと後悔したり、相手が納得できず自分に対しての未練が残ってしまう可能性もあります。また、表情が見えないため、誤解を招いてしまうこともあります。

それぞれ、メリットデメリットはありますが、相手への思いやりを忘れなければ、メールを活用して別れの言葉を告げる方法も大いにありでしょう。また、「メールだけでは後悔が残りそうだ」「相手のためを思うとメールだけではどうかな」という場合は、まずはメールで自分の気持ちを伝え、その後もう一度きちんと会って話し合うという方法も取ることができるのではないでしょうか。

別れの言葉に関する恋愛の名言

世界中には様々な偉人が残した名言がたくさんありますが、今回は別れの言葉に関する恋愛の名言をピックアップしてお伝えします。

Blockquote firstBlockquote second

愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

シャネルの創業者、ココ・シャネルさんの言葉です。「もう君に恋愛感情がもてない」「もう好きじゃなくなった」という別れの言葉がありましたが、どちらか一方に愛があっても、もう片方に愛がなければ、一緒にいるだけで惨めな気持ちになります。もしそのような別れの言葉を告げられてしまったり、実際に相手に対しての恋愛感情がなくなってしまったら、自分や相手が惨めになる前に、別れという選択肢を選ぶ必要があるのかもしれません。

Blockquote firstBlockquote second

別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。
花は毎年必ず咲きます。

- 川端康成

有名な日本の小説家、川端康成さんの言葉です。別れる時に花の名を教えておくと毎年その花が咲くたびに自分のことを思い出す、ということでしょう。「桜」や「ひまわり」などふたりの思い出の中で馴染み深い花は少なからずあると思います。別れの言葉の中にさりげなく花の名前を入れ込んで話をするのもありです。

Blockquote firstBlockquote second

男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。

ヘレン・ローランド(米国の女性ジャーナリスト、ユーモア作家 / 1875~1950)

アメリカの女性ジャーナリストのヘレン・ローランドさんの言葉です。男性と女性で別れるときにまで違いが出てくるようです。男性は別れの言葉がわからない、そして女性は別れの言葉はわかってもそれを言うべき時がわからない、ということは結局別れの言葉を相手に告げるということはお互いに相当の労力を使うということです。

最後まで思いやりをもち続けよう

いかがでしたか?今回は、別れの言葉に着目してみましたが、結局は相手のことをいかに最後まで思いやれるかどうかが大切なのではないでしょうか。別れの言葉というものは告げる方も告げられる方もどちらも辛いものです。しかし、一度は好きになった者同士、お互いが最後まで相手のことを思いやっていれば、互いの傷も最小限で済みます。人と人との別れは終わりではなく、次の第一歩の始まりなのです。相手のためにも、自分のためにも、思いやりを忘れず、後悔しない別れ方、別れの言葉を選んで、お互いすっきりした気持ちで次の恋に進んでいきましょう。