Search

検索したいワードを入力してください

中学生の恋愛における告白の仕方|LINE/セリフ/言葉

Author nopic icon梨華
片思い / 2017年08月31日
中学生の恋愛における告白の仕方|LINE/セリフ/言葉

中学生の恋愛における告白の仕方とは?

彼氏・彼女が欲しいと思ったり、男女を意識し始めるのが中学生ぐらいからでしょう。中学生の恋愛の中で”告白”は大イベントです。今回告白の仕方についてまとめました。

LINEで告白はどうなのか?

私たちの生活の中で今では生活の一部になったLINEですが、LINEで告白って実際はいいものなのでしょうか。中学生は時期的にちょうど思春期真っ最中でちょっとしたことで噂が立ってしまって仲が良かったのに関係がギクシャクしてしまうデリケートなところがあるのが中学生というところがあります。

LINEで告白することは中々直接言えるタイミングがなかったり、恥ずかしくて呼びさしてまではちょっとできないなどと理由がある場合はLINEで告白もアリでしょう。しかし、直接言うのに越したことはないです。文字だけでは伝わらないところも沢山あるからです。直接言った方が誠意が伝わり成功率もあがります。

告白のセリフはどうしたらいいの?

告白のセリフってどうすればいいんだろう。と悩みますよね。告白のポイントはストレートに気持ちを伝えることです。「○○のことが好きです。○○と付き合ってください」この言い方は簡潔でストレートですね。よくありがちな言葉ですが、言われた人は嫌な気持ちする人はまずいないでしょう。

しかし、会話の流れというものがあるのでいきなりと言われても相手がびっくりしてしまいます。相手との関係性によって変わってきますので注意が必要です。例えばどうゆうことを指しているのか。それは普段から友達でよく話す仲なのか、話したことはないけど同じクラスで顔見知りか、クラスが別で相手が知らない可能性がある。などと様々なケースがあります。

相手が自分のことを知らない場合はまず友達になる必要があるからです。友達から始めたい場合は始めに連絡先を入手する必要があります。

中学生におすすめの告白場所

告白の場所はどこがいいのでしょうか。

スポット別にご紹介します。

告白の場所〈学校〉

学校は毎日行くところなので中学生にとって呼びやすいスポットです。場所も時間を考えて選べばよいムードになるでしょう。体育館裏などメジャーですね。他にも屋上は施錠されているケースがありますので屋上に行くギリギリの階段も人に見られず良いでしょう。放課後に事前に人通りがないところをチェックすると本番焦らず臨めるでしょう。

告白の場所〈公園〉

中学生の告白場所として公園も無難に良いでしょう。公園は学校より人に会うリスクも減ります。しかし、相手が指定した時間に行けるのか事前に調べておいた方がいいですね。部活動で大会が近いなどがある場合は相手の負担になってしまう場合があるからです。

告白の場所〈例外〉

告白の場所も小学生の頃から好きな場合はあえて小学校前で告白も良いでしょう。夕方など小学生があまりいないところを狙ってできたら職員室に立ち寄り校内を歩かせて貰えるように聞いて校内で二人の思い出のあるところで告白するのはどうでしょうか。

男性・女性別の中学生の告白タイミングは?

中学生の告白のタイミングですが、自身や相手が何年生かによって異なってきます。3年生の場合は高校受験が控えているので様子をみた方がいいでしょう。彼氏・彼女がいてそれが励みで頑張れる人もいれば逆に一人で集中したい人もいて様々だからです。相手が勉強に集中したい感じがした場合は受験が終わってからの方が無難でしょう。焦る必要はありません。

また、相手が受験に本気になっていなく、日々を楽しんでいる人であれば夏休み前にすると休みの間はお祭りや花火大会など楽しい思い出作りができますね。また、男女で告白のタイミングも変わってきます。

告白のタイミング〈男子編〉

中学生男子は男らしくストレートに告白するとよいでしょう。恥ずかしがって相手を茶化してはいけません。うまくいくことがうまくいかないことになってしまいます。女子側としては”好き”という言葉の一言で心が満たされるので真剣に伝えることができたらそれで大丈夫です。気持ちを伝えた上で結果が駄目だとしてもしっかり伝えることができたので遠くで見ているだけの人より一段と経験値があがります。

それに、その告白によって相手の女子との距離が縮まりまた告白できるチャンスが巡ってくる可能性があるかです。「告白」することで相手に意識させる効果がありますので、どうせ付き合えないと思っている人は少し勇気がいる行動ですが、行動するか行動しないで未来が変わるとしたら前者を取りたいでしょう。

告白のタイミング〈女子編〉

中学生女子の告白のタイミングですが、男子は女子とは違い不器用なところがあり、一度に他のことをいくつも考えることができません。そのため、大事な試合や試験が近かったりすると恋愛モードになれないのです。要は両立ができません。そうなるとせっかく告白しても時期によってはうまくいくはずがうまくいかなくなってしまいます。

女子の場合は少々男子に気を使わなくてはいけないところが出てきます。しかし、そこさえクリアできたら大丈夫です。あとは男子同様に真剣に想いを伝えてください。会ってうまく話せない場合は”好きです”だけは言って後は手紙を書いて渡すのもアリです。気持ちを整理しながら書くことができる手紙は相手に直接言えない想いもストレートに表現できます。

中学生の告白の手紙の書き方・例文

中学生の告白の手紙の書き方とはどんな感じなのか。手紙の書き方も出だしはどんな感じで書き始めればいいのか悩みますよね。手紙の書き方も相手との関係性によって変わっていくのでパターン別に解説していきます。

手紙の書き方〈良く話す仲編〉

クラスが同じでよく話す仲や前からの友達・幼馴染な相手の場合です。普段から一緒にいる相手ですと逆になんて書いていいのかわからなくなりますよね。しかし、手紙を書く内容はかしこまらなくて大丈夫です。

中学生らしく普段の言葉使いで書いていきましょう。内容は普段の生活で楽しかった話しから入ってからの流れで実は○○に言いたいことがあってこの手紙を書いたことを話し、告白しましょう。例文を紹介します。

「○○に初手紙だね。この前の○○楽しかったね。あと、この前○○で困っていたとき助けてくれてありがとう。凄く嬉しかったよ。それでね、今回手紙を書いた理由が本当は直接言いたかったんだけど、恥ずかしくて言えないからこれから手紙で伝えたいと思います。中学生になってから○○と一緒にいると毎日楽しくて気づいたらいつも○○のこと考えてた。私○○のことが好きです。もし、良ければ私と付き合ってください。」

親しい間柄ですと普段言えないことも手紙でストレートに想いを表現できますね。今回は中学生女子の手紙で告白するときの書き方を例にとってみましたが、中学生男子の場合はもっと短文でもいいでしょう。「好き」の文字があれば大丈夫です。

手紙の書き方〈同じクラスで話したことがない編〉

クラスが同じで話したことがなかったり、挨拶程度の人で好きな人がいるケースもありますね。あまり接点がなく告白する場合は緊張したり、なんて手紙を書けばいいんだろう。と悩みます。あまり話したことがないときのケースは短文に簡潔に手紙を書きましょう。

「○○へ、突然の手紙ごめんなさい。びっくりしたかな。本当は直接言いたかったんだけど、恥ずかしくて言えないから手紙にしました。私○○のことが好きです。良かったら付き合ってください。」

このように簡潔に書いて小さめの紙に書いて靴箱に入れて置くのはどうでしょうか。もしうまくいかなくても落ち込む必要はありません。これから相手の人は告白されたことによりあなたを意識しますので充分なアピールになります。

告白は次のステップの第一歩!

中学生生活もあっという間に過ぎ去っていきます。中学生だったあの頃好きな人に想いを伝えていたらどうなったかな。とふと思う瞬間が訪れるとしたら一度きりのこの瞬間、勇気を出してどんな形でも告白した方がいいでしょう。中学生の青春も一度きりなのです。あのときこうすれば。と後悔するくらいでしたら告白して後悔しましょう。

好きな人に自分の気持ちを正直に伝えることは勇気が必要になります。けれど、ほんの少しの勇気が今後の自信へと変わります。中学生で告白する経験をすると今後の恋愛でも好きな人ができたときにただ見ているだけでなく、行動に移すことができるでしょう。中学生という年齢は様々な可能性を秘めています。

挑戦しようと思ったことは迷わず挑戦しましょう。失敗してもそれが経験となります。中学生のうちに様々なことを経験することは今後の財産となります。沢山のことを経験をして次へ繋げていきましょう。