Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】デートの定義|付き合う前/同性/映画/飲み

Author nopic iconともちん
デート / 2018年01月19日
【男女別】デートの定義|付き合う前/同性/映画/飲み

付き合う前のデートの定義はどこから?

仲の良い男女がたとえ付き合っていなくとも、今後の進展を求めてデートに行くことはよくあります。しかし、実際デートとはどこからがデートなのでしょうか。デート定義のを考えてみたことはあるでしょうか?

例えば、ごはんを食べにいくときにデートというときもあれば、言わないときもあります。

自分がデートだと思っていても、相手はただの暇つぶしだと思っていることも多いでしょう。この認識の違いはかなり悲しいし「浮気デート」などのトラブルを生む可能性もあります。実は、デートという言葉はよく聞きますが、定義はかなり曖昧です。そこで、具体的にデートの定義を掘り下げてみましょう。

ごはんを一緒に食べに行く

ごはんを一緒に食べに行くことは、デートと呼べるでしょうか。男女間で恋愛関係がなくてもごはんくらい一緒に行きます。なので、必ずしもごはんに一緒に行く=デートとはならないようです。しかし、デートでごはんに行くこともあります。この違いは何でしょうか?デートをするとき考えるとごはんだけ一緒に食べて帰るというのはあまり考えられないです。

ごはんも食べて買い物もするといったふうにします。相手が急用とかなら別ですが、ごはんを食べてすぐに相手が帰ろうとするなら、まだお互いのことをよく知らない状況である、もしくは、これ以上は一緒にいてもしょうがないと思われているでしょう。

一緒に映画を見る

デートの定義を考えるとき、一緒に映画を見るという行為はどうでしょうか?映画館に一緒に行くくらいだと、かなり親密な関係である可能性が高いでしょう。同じ映画を見るということは、相手の趣味などもある程度把握しておかなければなりません。それに、映画がつまらなかったら二人で気まずい時間が流れてしまうでしょう。

それを考えるとそれなりに進んだ関係の二人です。それにごはんなら毎日必ず食べるので、帰るついでに一緒に寄っていくなど言い訳が可能です。比べて映画は、毎日行くわけではないので、映画のために相手を誘ってわざわざ行くのです。友達同士で映画に行くことがないわけではないですが、映画館に一緒にいくのはデートと呼んで問題はないでしょう。

一緒に飲みに行く

一緒に飲みに行くことは、定義上デートと言えるでしょうか?おそらくこれは、デートと言えます。飲みに行くというのは多くの場合、夜です。それに、お酒を飲んでしまうと判断力が鈍ってしまい、何件か飲み屋に行った後流れでホテルに行こう、となる可能性が大きいでしょう。

お互いにそういう認識があるうえで、一緒に飲んでいるなら、この人とそういう関係になってもいいかなと、思われている可能性が高いでしょう。もちろん、普通に飲みに行くこともあるでしょうし、ましてや、ベロベロに酔わして思い通りにするなんてことはやってはいけません。けれど、時間帯的なことも含めて一緒に飲みに行くのは、デートと言っても問題ないでしょう。

浮気デートの定義は?

付き合っている相手がいるのに、他の異性とデートをしてしまう浮気デートというものがあります。付き合っている人がいても、友達として他の異性と食事や買い物に行くことも多くあります。全部が全部下心をもった交流ではありません。では浮気デートの定義はなんなのでしょうか?

恋人に話せるのか?

浮気デートかどうか判断するときに、恋人に他の異性と遊びに行く事実を話せるかどうかを考えるといいでしょう。恋人にすんなり話せて恋人も特に何も思わないなら浮気デートではないかもしれません。しかし、恋人に遊びにいくこと自体を言いづらかったり、隠したりするようでは怪しいです。

なにかしら後ろめたいことがあるのです。また、遊びの内容を恋人に話せるかどうかも重要です。手を繋いだことやキスしてしまった、まして、ホテルに行ったことなど恋人には言えないでしょう。これは、明らかに浮気デートです。自分が恋人にされても嫌です。このように浮気デートの定義は、明確でないかもしれませんが、恋人に言えないことはある時点でかなり怪しいと言えます。

客観的にみる

浮気デートかどうか当人に聞いてみても否定する場合がほとんどです。なので、浮気デートかどうかは客観的な第三者の判断に任せるのが有効でしょう。自分が浮気デートをしたと思っていなくても、恋人傷ついたり、悲しい思いをしてしまったらそれは、浮気デートと思われてもしかたありません。

男性、女性別デートの定義は?

ここまで、デートの定義についてさまざなな記述してきましたが、そもそも男女でデートの定義が違う場合があります。女の子がデートと思うことでも、男子はデートと思わないことも多々あるでしょう。では、男女別でのデートの定義の違いはなんでしょうか?お互い異性が何をもってデートと定義するかを知っておくことは、恋人との関係を深めるうえでも重要です。

女性

女性の場合はどうでしょうか。女性の場合は、女性同士で買い物に行ったり遊びに行くときに○○ちゃんとデートなどという表現を使うことがあります。また、女性同士だけでなく、親と買い物に行くときに、ママとデートなどという表現を使うこともあります。つまり、女性にとってデートは、必ずしも好きな異性とするものではないです。

逆に興味のない男性と食事に行くときにデートという表現を使わないこともあります。なので、女性にとってデートの定義は、異性かどうかではなく関係性が親密か否かで使い分けることも多いでしょう。

男性

次に男性のデートの定義はなんでしょう。男性のほうは、デートという表現を使うときは、女性と遊ぶとき限定でしょう。むしろ、見えをはって女性と会うことすべてをデートという人もいます。しかし、女性の定義と違って、男性同士で遊びに行くときにデートいく、とは言わないです。親と買い物に行くときも親とデートという表現は、多くの男性は使いません。このように、男性的なデートの定義は、女性と接すること限定の場合が多いです。

同性同士のデートの定義は?

前述のとおり、男性の場合はあまりみられませんが、女性の場合、女性同士で遊ぶこともデートという場合があります。この場合のデートの定義は、かなり広いでしょう。しいて言うならば、外出するかどうかだと思います。「お家デート」という言葉がありますが、女子同士でどちらかの家に遊びに行くときにデートという表現はなかなか使いません。

なので、買い物や食事、映画に行くことなどさまざまな行為にデートという表現は使えますが、あえて定義に加えるなら外出が伴う場合がメインでしょう。

デートの定義と気持ち

ここまで「浮気デート」や「同性同士のデート」などさまざまなデートの定義を見てきました。デートの定義とはけっこう曖昧です。デートの定義は、男女間でも違ってくるようです。しかし、男女とも親密な関係を築いていきたい相手とデートすることは、共通しています。いずれにしても、デートの定義は、絶対的なルールがあるわけではないので自分ルールをつくってもいいでしょう。

本人の意思

デートの定義を考えるうえで、重要なのは本人がどう思っているかでしょう。自分がデートと思っていて意気込んでも相手にとっては、デートではなくただの暇つぶしで他の予定がはいったらキャンセルされてしまう程度の約束かもしれません。

しかし、自分がデートと思っているのかどうかなど言わなければ相手には伝わりません。相手がデートと思ってなくても、一緒に食事をしているとき楽しませてあげて次回会うときは、デートと思ってもらうなど努力はできます。わざわざネガティブになる必要もないので、異性と会うとき全部デートに行く、と定義してもいいでしょう。

関連記事

Related