Search

検索したいワードを入力してください

水星逆光の影響や乗り切り方

Author nopic icon華咲梅
占星術 / 2018年01月19日
水星逆光の影響や乗り切り方

水星逆行とは

「水星」の意味

「水星」が持つ意味、キーワードとなるものには、「コミュニケーション」「通信」「連絡」「テクノロジー」「旅行」「移動」「知性」「思考」「言語能力」「体調」などがあります。また、「再開」や「過去」とも関りがあります。

「逆行」の意味

「逆行」とは、文字通り「逆に進む」という意味です。普段、地球も水星も決まった一定の速度で動いているため、地球から見た水星はいつも同じ方向に向かって進んでいる様に見えているのですが、年に数回、地球よりも太陽に近い位置を公転している水星が地球を追い越します。そのため、地球から見ると水星が逆向きに進んでいる様に「見える」時期があるのです。

水星逆行とは

この、水星が逆向きに進んでいる様に見える時期を「水星逆行」と言い、「星占い」として知られている西洋占星術に詳しい人の間では、水星逆行は「トラブルが起きやすい時期」として注目されていました。

具体的には、「水星」の持つ「コミュニケーション」「テクノロジー」「交通」「通信」など、普段順調に進んでいるはずのものが、流れが変わったかのようにスムーズに進みにくくなる時期だと言われています。パソコンやケータイなども水星のもつキーワードが複数含まれているので、この時期は壊れたりトラブルがおこったりしやすいといいます。

また、ずっと連絡を取っていなかった人と偶然「再開」したり、ふっと「過去」の事を思い出したりなんて事にも縁があるのです。

水星逆行がおこるタイミング

水星逆行は、年に3~4回。約4か月に1回の頻度でおこります。1回の水星逆行は約3週間くらいです。また、水星逆行の期間でなくても、その前後の期間に影響を受けると言う人もいる様ですので、水星逆行が始まる数日前から心の準備をしておいた方がよさそうです。

2017年、2018年に起こる水星逆行の予定は次の通りです。

2017年/2018年の水星逆行【期間】【星座】

2016.12.20~2017.1.9(山羊座~射手座)
2017.4.10~2017.5.4(牡牛座~牡羊座)
2017.8.13~2017.9.6(乙女座~獅子座)
2017.12.4~2017.12.23(射手座~射手座)
2018.3.23~2018・4・16(牡羊座~牡羊座)
2018.7.27~2018.8.20(獅子座~獅子座)
2018.11.17~2018.12.7(射手座~射手座)

水星逆行の影響を受けやすい人とは

水星逆行で受ける影響は、自分の出生図の水星の位置が大まかに関係しています。

星座占いで使われる「12星座」は、生まれた時の太陽の位置によって分けられているのですが、水星は太陽にくっついて動いているため、自分の「星座」かその前後の星座が自分の「水星の星座」になります。

色々なツールがあるようですが、自分の出生図で「ハウス」と呼ばれるものを出すと、さらに踏み込んで水星逆行の影響を見る事も出来るそう。出生時間などの細かい情報もいりますが、もっと詳しく知りたい方は占い師さんなどに一度見てもらっても良いのではないでしょうか。

3区分/4区分とは

さらに、12星座は「活動・不動・柔軟」と言った3つの区分と、「火・地・風・水」と言った4つの区分に分けられています。

星座・3区分・4区分を書き出すとこの様になります。
・おひつじ座・火・活動
・おうし座・地・不動
・ふたご座・風・柔軟
・かに座・水・活動
・しし座・火・不動
・おとめ座・地・活動
・てんびん座・風・活動
・さそり座・水・不動
・いて座・火・柔軟
・やぎ座・地・活動
・みずがめ座・風・不動
・うお座・水・柔軟

逆行中の水星が位置する星座と、自分の水星の星座や3区分・4区分が同じ場合は、その時の水星逆行の影響が大きいと言われています。

また、逆行開始時と終了時に天体が止まっている様に見える「留(Station)」と呼ばれる期間は、影響力が最も強いと言われています。西洋占星術では、逆行へ移る際は「失敗や遅延」、順行に移る際は「再生や復興」を表していると言われています。

どのような影響があるのか

日常生活に関係する影響

「コミュニケーション」「テクノロジー」「交通」「通信」など、普段は何の滞りもなく順調に動いているもの。それらの流れが急に悪くなったかのように、故障やトラブルに見舞われやすい時期です。

出来ればこの時期を避けた方が良いと言われている事もあるのですが、大勢の人に関わってくることと言えば、ふとしたことから口論になったり連絡のすれ違いがおこったりと言った「コミュニケーションが取りにくい」と言った事がおこります。

また、「計画してた事がスムーズに進まない」「集中力が落ち、考えがまとまらない」「何となく体調が悪い」など、「理由はわからないけど何か調子悪い」と言った事が続きます。

あるいは、「電車や飛行機のダイヤの乱れ」「渋滞に巻き込まれる」「インターネットやコンピューターの故障やトラブル」「配達物の受け渡しが上手くいかない」など、水星逆行が及ぼす影響とは「特別すごい何かが起こる」と言うよりは、「日常の中に小さなイライラが増える」と言った事の方が多いと言えるでしょう。

悪いことばかりじゃないこんな影響も

水星逆行中の影響を良い方向に向けたい場合、キーワードとなるのは「過去」「内側」「再開」などが挙げられます。「懐かしい友人から連絡がきた」「ずっと会ってなかった人と偶然会った」など、楽しい出来事が立て続けに起こる事もあります。

また、水星逆行中は、考えが過去に・内側に向きやすい時期です。未来に向かってがんばろうと気持ちを前に向けるのをいったんお休みして、過去を振り返る時期にあてるのがおすすめです。

普段より過去の事を鮮明に思い出す事が出来るこの時期。過去の成功体験を身体に認識させて再び成功体験へとつなげるも良し、過去の失敗や今までの考え方を振り返ってこれからに生かすも良しです。また、自分の内側へ、心の中へと入っていく作業もしやすい時期ですので、過去の心の傷と向き合って、癒す作業にも最適な時期だと言えます。

こんなところにも影響が

また、株の世界でもトラブルがおこったり相場が荒れたりしやすいとされている水星逆行の時期。株やFXなどをしている人の間で注目している方も多いようです。実際のところどうなのかと言うのは定かではない様ですが、新しい事に手を出すのは控え、今の自分の相場観や方針などを振り返り、実際の市場とのずれはないかなどを見直してみる機会にあてるのもいいのではないでしょうか。

復縁しやすいとは本当なのか

「過去」「再開」に深いつながりが持てる水星逆行の時期。復縁を願う相手がいる場合、この時期にコンタクトを取ってみると上手くいく事が多いと言われています。ただし、これはお互いが心から楽しい時間を過ごしていたと思う相手に限ります。相手が自分との付き合いに苦痛を感じていた場合などですと、過去を思い返す事が逆効果になる事もあるので注意が必要です。

そのような事がなく、お互いに楽しい時間を過ごしていた相手なら、ぜひ、過去を鮮明に思い出しやすいこの時期に、自分との楽しかった時間を思い出してもらいましょう。

無理にこれからにつなげようとするのではなく、あくまで過去の楽しかった記憶を呼び覚まさせようとするのがポイントです。メールなど、軽く自分の存在を思い出してもらえるようなツールを利用してコンタクトを取ってみると良いでしょう。

水星逆行中の過ごし方

楽しい方にばかり影響が出てくれたらうれしいですが、ちょっと面倒な事が続きそうな「水星逆行」です。しかも年に3回も4回も来られるとなっては避けて通る事も出来ません。この時期、一体どのように過ごすことが良いのでしょうか。

おすすめの過ごし方

水星逆行中は、パソコンやスマホ・電話・FAXなどと言った、身の回りの通信機器などにも不具合が生じやすいと言われています。元から調子のよくなかった物なんかはこの時期に壊れてしまうことも。それを防ぐためも踏まえて、水星逆行に入る前に「やろうやろう」と思いながら先延ばしにしていたもののチェックやメンテナンス作業を行っておきましょう。

やらなければいけないと思いながら面倒で先延ばしにしてたものも、時期がはっきりする事でとりかかりやすくなるでしょう。パソコンやスマホのデータのバックアップ作業なんかもしておくと安心です。

水星逆行中の行動を一言で言い表すなら「大人しくしておく」ことでしょう。新しく何かを始めるのではなく、前に進もうとする気持ちも一休みして、一旦立ち止まって自分の行動を見直すための期間にするのが良いと言えます。

意中の人がいる人

「過去」にフォーカスしやすい水星逆行中は復縁には有利な様ですが、「コミュニケーションがスムーズに進まない」「通信・連絡でのトラブル」など、現在進行形の恋にはどうやら不向きな時期です。ですが、過去の自分の行動を振り返ってよりよいもの(よりよい自分)を作るのには適した時期です。

余計なイライラを増やさない様、必要最低限の連絡を取る時はいつもより「言葉も態度も慎重に」を心掛けながら、ダラダラと一緒の時間を過ごすよりは、ここぞとばかりに自分磨きの時期にあててみてはいかがでしょうか。きっと、水星逆行が終わった後の一緒にいる時間が今までより充実したものになるでしょう。

こんな時は

水星逆行中は、「大人しくしておく」ことだと言いましたが、中にはやりたい事ややらなければいけない事が目の前にたくさんあって、でも何か上手い事循環してくれなくて「気持ちばかり焦ってしまう」なんていう体験をする人もいるのではないでしょうか。

そんな時でも無理にスピードを速めようとするのではなく、「今は大きく飛ぶためにしっかりと準備運動をしておくための期間」と言い聞かせて、普段よりも「ゆっくり」「落ち着いて」「一つづつ」こなそうとしていくのが結局は一番の早道になるでしょう。

こんな過ごし方も

水星逆行中は、他人とのコミュニケーションを取るのにおすすめの時期ではなく「自分と向き合う」「メンテナンスにあてる」などに向く時期だとはいえ、あまり神経質に閉じこもってばかりいるのも退屈です。

懐かしい人からの「偶然」も起きない。そんな時にはこちらから連絡してみましょう。「復縁」を願うのと同じ様に、普段は忙しくて会えなくなってしまった友達にあえて手紙という方法で連絡を取ってみる、なんていうのもなかなか粋な試みではありませんか。もしかしたら相手も同じような事を考えているのでしょう。

他にも「懐かしい場所を訪れて過去に戻った気分になってみる」と、あの頃はわからなかった事に気付けたり、過去の後悔に向き合えたりして新しい気付きに出会えることもあるでしょう。

水星逆行中にしない方が良い事

前述でも少し触れましたが、水星逆行中はしない方が良いとされている行動もあります。日常生活の中に頻繁にある事ではないでしょうが、覚えておくことで「ここぞっ」と言う時にタイミングを外さなくて済むので、覚えておいて損はありません。

大きな契約や決断など

仕事上での大きな契約、不動産や保険の契約など「契約」と名前のつくもの。また、車や家などの大きな買い物や、結婚式や入籍など今後の人生に関わる様な大きな決断をするのも、この時期を避けた方が良いとされています。

契約書の読み間違えや不備などが発生しやすく、後に「こんなはずじゃなかった」と言う事に発展しやすいので、水星逆行中の大きな契約や決断は避けて、少し時期を待つ方が良いでしょう。

大事な会議や話し合いなど

水星逆行の影響で「コミュニケーション」が上手く取れないこの時期。重要な会議はもちろん、家族や恋人との大事な話なども避けた方が良いとされています。

多くの人が注意力散漫になる時期でまとまらない話し合いが続くばかりでなく、「伝達」がスムーズにいかず、言った言わないの口論にも発展しやすいので、水星逆行中の話し合いは避けた方が賢明でしょう。どうしてもこの時期に行う場合は、口頭だけでなくメールや紙など、後に残る方法にした方が、水星逆行期間が終わって冷静になれた時に見返す事で修正がききやすくなるのでおすすめです。

新しくスタートさせる/慣れていない作業など

水星逆行の影響で、目標や今後の方針を見失いやすくなっているこの時期。また、物事が計画通りに進まなかったり、中断させられたりのトラブルもおこりやすくなっているので、この時期に大きなイベントやプロジェクトをスタートさせると言った事は止めておいた方が良いでしょう。

新しい事をスタートさせたり、普段やり慣れていない作業をするのにも向きません。思ってもみなかったトラブルに巻き込まれがちなこの時期。何かあってもすぐに対応できるような、普段からやり慣れている作業に徹する方が無難と言えます。

遠方への旅行/長距離の移動など

交通機関の乱れや機械のトラブルが起こりやすいと言われている水星逆行。過度に心配しすぎる必要もないですが、旅行やスケジュールの調整がきく予定ならこの時期を避けた方がより安心です。

どうしてもこの時期にと言う場合には、普段より綿密な計画とゆとりを持ったプランで、多少の予定変更くらい楽しむと言う気持ちで臨むのも楽しいでしょう。

「水星逆行」にはこうやって臨む

トラブルが起こりやすいと言われている水星逆行の時期。とは言え大きな契約や決断などは、ほとんどの人にとってはそう頻繁にあるわけではない事。ならば、あえてこの時期を選ばなければ避ける事は十分可能です。

しかし、特にビジネスの場においては、大きな商談や会議など、自分の意志で決められない予定に振り回されてしまうことがほとんど。そんな場合でも、「今は水星逆行の時期だから」と普段以上に気を引き締めている事で、いつもより慎重に言葉を選んで発言したり、ミスがない様見直しを徹底したりすることで避けれるトラブルもたくさんあります。

変えるのは自分の意識

不調が続くと言っても、永遠に続くわけではありません。何度か「今は水星逆行中なんだ」と意識しながらこの時期を乗り越える事で、「水星逆行期間が終われば元通りになった」という感覚も体験する事でしょう。そうすれば、次の水星逆行がやってきても、「〇日になったら不調もなくなる」と思え、だんだんと気持ちもラクに過ごせるようになってくるでしょう。

また、「水星逆行中だから」と自分に言い聞かせ、水星逆行中だけでも意識して「普段以上に丁寧に作業する」「余裕を持った行動をとる」「余裕を持てる様スケジュール管理をしっかりする」などという行動を取ってみる事で、トラブル回避どころかいつも以上にプラスの効果が出ている事が実感でき、「水星逆行中だから」取っていたはずの行動がいつの間にか自分のスキルアップに繋がっていた、なんて事になっているでしょう。

知ってて損なし!落ち着いて行動を

「トラブルが起こりやすい」なんて聞いてしまったら不安にもなってしまうところですが、本来「水星逆行」は悪い事ではなく、ちょっと立ち止まって「今の自分のやり方は間違っていないのだろうか」と見直しをするため、間違っているなら「軌道修正をするため」にある時期です。そう思ったら、これも必要な時期なんだなと思えてきませんか。

「今は水星逆行中なんだ」という事を意識して落ち着いて行動する事で、トラブルは避けられます。逆にこの時期を利用して普段ならやらない様な振り返りやメンテナンスして、復縁まで叶えましょう。

Line@