Search

検索したいワードを入力してください

ラブラブカップルの特徴・ラブラブ夫婦やカップルのエピソード紹介

Author nopic icons.tomita
恋の悩み / 2019年05月10日
ラブラブカップルの特徴・ラブラブ夫婦やカップルのエピソード紹介

ラブラブなカップルの特徴とは?

「ラブラブ」というと、どのような状況を想像しますか。人目をはばかることなくベタベタしているカップルは、とてもラブラブに見えます。

人前でキスをしたり、ハグをしたりなどしているカップルは、見ているこちらが目のやり場に困ってしまったり、一緒に居るのが恥ずかしくなってしまったりすることもありますが、微笑ましい光景でもあります。

ラブラブカップルの特徴とは、いったいどんなものがあるでしょうか。ラブラブなカップルの特徴について解説していきます。

ラブラブな特徴その1「お互いを大事にしている」

ラブラブなカップルには、お互いを尊重する場面や、お互いを大切にしている場面を垣間見ることができます。誕生日のプレゼントや記念日を大切にすることはもちろん、例えば友達と遊びに行ったりなどしたときに必ずお土産を準備していたりする様子を見ていると「ラブラブだなあ」と感じます。

お互いを大切にする気持ちは、行動にも反映されます。お互いを大事にしているカップルは、ラブラブであり、幸せそうなカップルでもあります。

ラブラブな特徴その2「ある程度自由」

彼氏や彼女の束縛が激しく、友人や同僚から「友達や職場の同僚との遊びや集まりに参加できない」といった話を聞いたことはあるでしょう。束縛が激しいカップルは、一見ラブラブに見えますが、見せかけのラブラブで、お互いを愛し合っているとは言えない状態であることも多いです。

本当にラブラブなカップルは、お互いの遊びなどもある程度自由であることが多いです。これは決して相手に興味がないというわけではなく、相手の社会的なポジションや交友関係に必要以上の干渉をせずに大切にしているということで、相手を尊重しているということにもなります。

ラブラブな特徴その3「相手の趣味嗜好を受け入れることができる」

ラブラブなカップルは、きちんとお互いの趣味や嗜好を受け入れることができます。例えば「これ面白かったから見てみて」や「これおいしいから食べてみて」などと言われた場合に、相手の趣味や嗜好を受け入れ、とりあえず付き合ってあげたり、しっかりと行動に移すことができます。

自分の好みではないものでも、相手が好きなものを好きになることができたり、相手の色に染まるのではなく、相手の色も吸収できるカップルは、いつまでもラブラブでいることができるでしょう。

ラブラブな特徴その4「相手の話をしっかりと聞く」

ラブラブなカップルの特徴として、「相手の話をしっかりと聞く」という特徴があります。長く付き合っているカップルの場合、どうしても話を聞く態度もぞんざいになったり、相手の話を表面上でしか聞いていないことがあります。

しかし、ラブラブなカップルは、相手の話を真剣に聞くことができ、それに対してしっかりとリアクションをとったり、アクションを起こすことができます。

彼女の他愛ない世間話でも、彼氏のくだらない冗談でも、お互いにしっかりと相手の話を聞くことができることは、ラブラブなカップルの特徴になります。

ラブラブな特徴その5「しっかりケンカをしている」

ラブラブなカップルの特徴として、「しっかりとケンカをしている」という特徴があります。少し意外に感じるでしょうが、不満があるときなどにしっかりと口にしていたり、ケンカをしているカップルはラブラブなことが多いです。

お互いに普段から不満を募らせている状態が続くと、ほんの些細なきっかけで、別れに繋がってしまったり、大きなケンカになり、ぎくしゃくした関係になってしまうこともあります。

普段から不満があればその都度相手に伝えたり、嫌なことは嫌とはっきり言うことで、不満を募らせることなく、お互いの気持ちをより一層理解することができ、ラブラブでいることができます。

ラブラブな特徴その6「お互いを尊敬している」

ラブラブなカップルの特徴として、「お互いを尊敬している」という特徴があります。本来人を好きになるときには、自分にない物を求めたり、相手に尊敬できる部分があるからこそ、好きになり、お付き合いを始めることになります。

しかし、長くお付き合いを続けていると、お互いの嫌な部分が見えてきて、相手に対する尊敬の気持ちがなくなってしまうことがあります。

しかし、ラブラブなカップルは、お互いにいつまでも尊敬できる部分を持っていて、仕事の面や生活の面でも、どんな些細なことでもお互いに尊敬の気持ちがあるからこそ、ラブラブで居続けることができます。

ラブラブな特徴その7「相手に合わせすぎない」

ラブラブなカップルの特徴の1つに、「相手に合わせすぎない」という特徴があります。好きな人の、好きなものが好きになることはよくあることです。音楽や服装などもそうですし、食べ物などにも当てはまります。

ですが、ラブラブが長続きするカップルの場合、いつでも一緒、なんでも一緒ではない場合が多く、相手の趣味を相手の趣味としてきちんと捉えられていることが多いです。

相手の趣味や嗜好を受け入れることは大切ですが、相手に合わせすぎると疲れてしまいます。ラブラブなカップルは、相手の趣味や嗜好を尊重しつつ、相手に合わせすぎない、適度な距離を持ったお付き合いをしていることが多いです。

ラブラブカップルになれないカップルの特徴は?

いつもお付き合いをする人と、マンネリしてしまったり、ラブラブな気持ちが途絶えてしまうという人はいませんか。また、ラブラブなカップルの特徴が、自分では当てはまっていると感じているのに、お付き合いをしている人とラブラブでいられる時間が短いと感じている人はいませんか。

ラブラブなカップルの特徴が当てはまっているのに、ラブラブになれないカップルには、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

損得勘定をしている

損得勘定をしているカップルは、ラブラブカップルになることはできません。ラブラブなカップルや夫婦になりたいならば、相手のことを心から思いやり、大切にする気持ちを持ちましょう。

「彼氏がお金持だから好き」「彼女が綺麗だから一緒に居る」というような、自分の利益ばかりを考えたお付き合いは、いずれ破綻します。彼氏にお金がなくなったら、彼女が年老いたら、きっと2人の愛は冷めてしまうでしょう。

ラブラブなカップルになるためには、自分の欲や利益を抜きにしても、彼氏や彼女のことを、大切で守りたい存在と思えるようになりましょう。

そう思うことで、自分の行動や発言も変わり、彼氏や彼女ともラブラブな関係を築くことができます。

何を言ってもいいと勘違いしている

彼氏や彼女に対して、「何を言っても良い」と勘違いしている人も、ラブラブなカップルになることはできません。

長く付き合っていると、お互いに対して甘えが出てしまったり、思いやりが無くなってしまったりすることがあります。思いやりが無くなると伝え方も雑になりがちです。雑な伝え方をすれば相手もイライラしたり、それに対して反論をすればケンカになることもあります。

カップルがお互いに何でも言い合えることは大切なことです、しかし、「何でも言い合える」ことは、「何でも言って良い」ということではありません。

気を使わずに何を言ってもいいわけではなく、伝えたいことは同じでも、言葉を選ぶなり、伝える場面などに気を配ることが大切になります。

感謝や謝罪の気持ちが薄い

お互いに対して、感謝や謝罪の気持ちが薄い人も、ラブラブなカップルになることはできません。カップルがラブラブでいるためには、「感謝」と「謝罪」の気持ちは、とても大切になります。

長くお付き合いをしていると、ついつい感謝の気持ちや、謝罪の気持ちを忘れてしまうことがありますが、「親しき中にも礼儀あり」というように、相手に何かしてもらった時にはしっかりとお礼を言う、悪いことをしたら謝るというような、基本的なことはしっかりと行うようにしましょう。

また、「口先だけ」の感謝や謝罪ではなく、心のこもった本当感謝・謝罪の気持ちと言葉が大切になります。感謝と謝罪の気持ちを大切にすることは、ラブラブカップルにとってとても大切なことになります。

お互いに刺激がない

お互いに刺激を与えられないカップルも、ラブラブで居続けることは難しいでしょう。人間は、ずっと同じ生活をしていると、そのうちその生活や人に「飽き」を感じてしまいます。

お互いに飽きた状態になると、「浮気」などの原因になることもあります。お互いに高め合えるような刺激を与えられないカップルは、どんどんマンネリが進み、ラブラブな状態で居ることは難しくなるでしょう。

お互いに刺激を与えるためには、お互いに依存せず、自分の趣味を持ったり勉強をしたり、相手に誇れる部分、尊敬される部分を持つことが大切になります。

ラブラブカップルのメール・LINEはどんな内容?

ラブラブなカップルのメールやLINEの内容と聞かれたら、どのようなものを想像しますか。ハートマークや絵文字をたくさん使っている、かわいらしいメールやLINEでしょうか。

長く付き合っているカップルの場合でも、まだまだそのようなメールやLINEを送り合っているカップルもたくさんいますが、周囲の人がラブラブでうらやましいと感じるようなカップルは、いったいどのようなメールやLINEをしているのでしょうか。

LINEラブラブなカップルのメールやLINEの内容について解説していきます。

ラブラブなカップルのメール・LINEの王道と言えば?

ラブラブなカップルメールやLINEの王道と言えば、どんなメールやLINEなのでしょうか。ラブラブなカップルのメールやLINEの王道について解説していきます。

文章の最後には必ずハートマーク

「おはよう(ハート)今日も仕事頑張ってね(ハート)」などはもちろんですが、疲れた時やや凹んでいる時のメールやLINEの文章の最後にも、ハートマークを使用するカップルもいます。

ラブラブなカップルは、相手に「愛」を伝えるためにも、ハートマークをたくさん使ったメールやLINEのやり取りをしていることが多いです。

ハートマークはラブラブなカップルの、メールやLINEの王道と言えるでしょう。

赤ちゃん言葉を使う

「○○なんでちゅ」や「おやしゅみ」など赤ちゃん言葉もラブラブカップルには多い文章です。赤ちゃん言葉のメールやLINEは、相当相手に心を許していなければ送ることができないメールやLINEです。

赤ちゃん言葉を使うことで、より相手に心を開くことができ、甘えたメールやLINEも送りやすくなるでしょう。

相手が喜ぶワード尽くしのメール・LINE

ラブラブなカップルは、「大好きだよ」「愛してる」「会いたいよ」「寂しいよ」「隣で寝たい」などの、ストレートな、相手が喜ぶワードをたくさん使ってメールやLINEのやり取りをしていることが多いです。

長く付き合っていると、なんだか恥ずかしいと感じてしまいますが、ストレートに相手の喜ぶような言葉のメールやLINEを送った方が、ラブラブが長続きするでしょう。

スタンプをたくさん使う

LINEで使うスタンプも、かわいいキャラクターのハートマークが付いたり、キス顔のスタンプなど、ラブラブと感じさせるスタンプが多いです。ラブラブなカップルは、そういった可愛らしくて、ラブラブを連想させるスタンプをたくさん使用しています。

長くお付き合いをしていると、絵文字やスタンプのないLINEになりがちですが、言葉だけではなく、ちょっとしたやり取りにも、ラブラブなスタンプを使うことで、いつまでもラブラブな気持ちでいることができます。

人に羨ましがられるほど仲がいいカップルのメールやLINEとは?

ラブラブなメールやLINEの王道について解説しましたが、ラブラブなメールやLINEには、王道なハートマークや愛の言葉ばかりを使ったメールやLINEばかりではありません。

ラブラブなメールやLINEの中でも、人に羨ましがられるようなメールやLINEは、いったいどんなメールやLINEがあるのでしょうか。

メールやLINEが簡潔

周りから羨ましがられるほど仲良しなカップルの多くは、実はメールやLINEがとても簡潔なことが多いです。メールやLINEが簡潔に終わることは、会話が多い証拠でもあります。

メールやLINEはとても便利なツールですが、文章では感情や背景が伝わりにくく、相手の気持ちの上がり具合や、落ち込み具合なども、なかなかつかみにくいとされています。そのため、ラブラブなカップルは、できるだけ会ったときに大切な話をするようにしています。

普段のメールやLINEでは大切なやりとりをしないため、メールやLINEは簡素で簡潔になりますが、反対にそれが「ラブラブ」の証拠でもあります。

曖昧な表現を使わない

LINEやメールはコミュニケーションツールとしてはとても便利ですが、友達などのやり取りなどの場合でも「これはどちらの意味なんだろう」などと迷ってしまったり、単純に読み違えて気分が悪い状況になってしまったりすることがあります。

仲の良いカップルの場合はこのミスが極端に少ないと言えます。曖昧な言葉や表現は使わず、また、勘違いが起きるようなメールやLINEをお互いに贈らないことも、ラブラブなカップルのメールやLINEの特徴になります。

相手を思いやるメールやLINE

ラブラブなカップルのメールやLINEでは、相手を思いやるメールやLINEが多いという特徴があります。「お仕事お疲れ様」「寒いけど風邪ひいてないかな」など、相手のことを思いやったメールやLINEは、受け取った方はとても嬉しく、愛を感じることができます。

ラブラブなカップルは、季節や状況に応じて、相手のことを思いやったメールやLINEを送ることができています。

ラブラブなカップル・夫婦のエピソードとは?

ラブラブなカップルや夫婦には、いったいどんなエピソードがあるのでしょうか。ラブラブなカップルや夫婦のエピソードを紹介していきます。

「お前だよ」

Blockquote firstBlockquote second

まさみさん(仮名)は20代後半の派遣社員。派遣と言えども仕事はかなり忙しく、日々、家と会社の往復で終ってしまいます。何か興味のあることを持って習い事とかしたいけど、と考えることもありましたが、そんな余裕もないし、と振り切っていました。付き合って一年になる彼も派遣でこそないものの似たような状況。でも最近、会うのもマンネリ気味で、一緒にいても沈黙が多かったそうです。まさみさんは日ごろの不満をつい彼に向けて爆発してしまいました。

「なんで趣味とか持たないの! 毎日つまらなくないの! なにか興味のあることないの!」
すると彼はきょとんした顔でこう言ったそうです。
「え……お前だよ」
まさみさんは何を言われたのかわからず、同じようにきょとんとしてしまいましたが、やがて自分の言ったことと彼の答えがつながって赤面しました。
「なんか興味あることないの?」「お前だよ」

マンネリしていたと思っていた彼とのラブラブなエピソードです。まさみさんの彼氏の「興味があること」が、彼女である「まさみさん」だったなんて、とてもロマンチックでラブラブなエピソードです。

マンネリしていると思われる関係の中にも、彼女を大切に思う気持ちが垣間見える、ラブラブなエピソードです。

彼女を一番に考える彼氏

Blockquote firstBlockquote second

彼の留守中、部屋の片づけを頼まれていた彼女。
彼が亡くなった、おじいちゃんからもらったという形見の食器を、彼女がうっかり割ってしまいます…。

”なんて事をしてしまったんだろう”と泣きながら、帰って来た彼に謝りました。
すると彼は「怪我はしなかったか?!」と、切ってしまった彼女の手を手当てし始めました。

「そんなに謝るな。形あるものはいつか壊れるもんだ。お前の怪我の方が問題だ。
心配しなくても、じいちゃんとの思い出はたくさんるから、皿なんてなくたって大丈夫だ。」と言う彼。
彼女は、申し訳ないのとありがたいので涙が止まらなかったそう。

おじいさんの形見を割ってしまった彼女に、責める言葉ひとつなく、手当をしてあげる優しい彼氏とのエピソード。彼氏の行動や発言から、彼女に対する愛が伝わってきます。

どんな物よりも、彼女を大切にしていることが伝わってくる、感動するラブラブエピソードです。

デートを大切にする夫婦

Blockquote firstBlockquote second

これは私の両親の話なのですが、私の両親は母が16歳父が18歳のときに出会い結婚しました。そこから半年ほどで長女(私の姉)を妊娠、そして出産。

その後も4人の子宝に恵まれたのですが、夫婦の時間が中々なくお互いに少し寂しい思いをしていたそうです。

一番下の子供が小学校高学年に上がった時から両親は結婚記念日には毎年二人で食事に行くようになりました。結婚してからそれまでの期間は15年…それまで中々二人でデートはできなかったそうです。

それからまた数年経ってからはほぼ1ヶ月に一度のペースでデートをするようになり、子供が大きくなるにつれてデートの頻度も上がってきました。

子供が全員成人してからは、仕事終わりにそのまま駅で待ち合わせをしてデートをすることも多くなったそうです。

もうすぐ結婚40周年なので2人きりでは初めての大きな旅行を計画しているそうですよ♪未だに毎日「愛してる」と言い合っています!

結婚して40年という長い時間が経っても、お互いを大切に思い、デートをして2人の時間を大切にしているラブラブで素敵なご夫婦のエピソードです。

毎日「愛してる」と言い合っているなど、夫婦の鑑のような素敵なご夫婦です。いつまでもラブラブでいて欲しいと思えるような、素敵なラブラブエピソードです。

ラブラブ夫婦のブログを紹介

ラブラブ夫婦と聞いても、実際にどんな夫婦なのか想像できないという人も多いでしょう。ラブラブな夫婦とは、いったいどんな夫婦なのでしょうか。実際のラブラブ夫婦のブログを紹介していきます。

木下優樹菜さんのオフィシャルブログ

ラブラブな夫婦のブログとして有名なのは、モデルやタレントとして活躍している木下優樹菜さんのブログです。ご存知のとおり、お笑い芸人の「FUZIWARA」の藤本さんと結婚をなさった木下優樹菜さん。

美女と野獣夫婦などと言われていますが、お互いのことを「だぁ」「ゆきな」と名前で呼び合うなど、子供がいてもいつまでもラブラブな理想のご夫婦です。

ブログの中でも、藤本さんとのラブラブな写真をアップしていることが多く、「本当にラブラブな夫婦なんだなあ」と感じさせてくれるご夫婦です。

ラブラブな夫婦の夫婦生活とは?

ラブラブなカップルの特徴について解説しましたが、カップルから夫婦になると、また違った生活になります。ラブラブな夫婦の生活は、いったいどんな夫婦生活なのでしょうか。ラブラブな夫婦の夫婦生活について解説していきます。

スキンシップを大切にしている

ラブラブな夫婦は、スキンシップを大切にしていることが多いです。例えば、「いってらっしゃいのキス」「おやすみのキス」など、普段の生活で自然にスキンシップを取っています。

それらのスキンシップが習慣になることで、お互いに愛の確認を容易にすることができるようになり、ラブラブな気持ちを持続することができます。

また、普段から手を繋いだり、ソファで隣に座るなどのスキンシップも、ラブラブな夫婦の特徴と言えるでしょう。

適度に夜の営みを

ラブラブな夫婦は、適度に夜の営みを行っていることが多いです。夜の営みがなくなると、夫婦仲は一気に冷え切ってしまうことがあります。

日本人の場合は、極端に夜の営みがない夫婦が多く、毎日夜の営みがある夫婦はほとんどいないでしょう。ラブラブな夫婦は、お互いが飽きない程度に夜の営みを行い、お互いに愛を確かめ合うことで、ラブラブを保っています。

お互いに自分の時間を持つ

ラブラブな夫婦は、お互いに自分の時間を持っていることが多いです。夫婦ですから、毎日同じ屋根の下で生活をすることになります。毎朝毎晩顔を合わせ、休日まで夫婦でべったり一緒に居たら、時には嫌になることもあるでしょう。

ラブラブな夫婦は、適度にお互いの時間を持ち、少し離れる時間を持つことで、よりお互いの大切さや、一緒に居る心地よさを感じることができます。

お互いに趣味の時間を持ったり、外出する時間を持つことは、ラブラブな夫婦生活のために大切になります。

生活に刺激を与える

ラブラブな夫婦は、趣味や旅行などで、生活に刺激を与えていることが多いです。毎日同じ屋根の下で、同じような生活を送っていれば、誰だって気持ちが飽きてきてしまうでしょう。

しかし、ラブラブな夫婦は、休日は趣味に出かけたり、長期のお休みに旅行に行くなど、適度に生活に刺激を与えていることが多いです。

適度に生活に刺激を与えることで、お互いの意外な一面が発見できたり、新たな話題が生まれるなど、夫婦生活において良い刺激になってくれます。

協力し合える

ラブラブな夫婦の夫婦生活では、「協力」がとても大切になります。夫が家事や育児に積極的に協力したり、妻もある程度夫に家事や育児を頼り、自分も仕事をするなど、お互いを尊重し、協力し合える夫婦は、いつまでもラブラブで居続けることができます。

また、困ったときや辛いときには、夫婦で協力し合い、どんな困難にも立ち向かえることは、お互いの信頼関係を築いていくうえでとても大切になります。

お互いを異性として見ている

ラブラブな夫婦の場合、お互いを異性として意識して生活していることが多いです。子供が生まれると、どうしても子供の「母親」「父親」として見てしまいますが、お互いが「男」と「女」として相手を意識していることで、お互いがいつまでも若々しく、綺麗で素敵な姿でいることができます。

お互いをいつまでも異性として意識するためには、恥じらいを持って、目の前で着替えをしない、おならをしないなどを徹底したり、いつまでも男らしく・女らしくいるために、自分磨きを欠かさないなどの努力が大切になるでしょう。

生活に余裕がある

ラブラブな夫婦の夫婦生活は、生活に余裕がることが多いです。金銭的な余裕はもちろん、精神的にも時間的にも余裕がある夫婦は、いつまでもラブラブで居続けることができるでしょう。

金銭的に余裕がないと、ケンカの原因になりやすく、精神的な余裕も失われてしまいます。また、時間的な余裕がなくなると、お互いを思いやった行動をとることが難しくなったり、会話をする時間もなくなってしまいます。

金銭的な余裕や、時間的な余裕を持つことは、精神的な余裕を持ち、相手に対して敬意を持った、思いやりのある行動をとることができます。結果的に、ラブラブな夫婦で居続けるための秘訣になります。

ラブラブ期間はいつまで続く?

夫婦になってすぐの期間は、ラブラブな状態で過ごすことができるでしょう。しかし、ラブラブな状態は、いつしか消え去ってしまうことが多いです。ラブラブな期間は、いったいどのくらい、いつまで続くのでしょうか。

3か月

ラブラブな期間が続く期間として、「3か月」という期間があります。お互いの環境が代わり、新たな環境に慣れるまでは、3か月程度の時間がかかることが多いです。

夫婦になって間もなく、お互いが新鮮な気持ちで生活することができるので、3か月程度はラブラブな状態でいることができる場合が多いです。

しかし、3か月を過ぎたあたりから、お互いに「慣れ」が生じてきて、ラブラブから一転、喧嘩ばかりしてしまうという状態になることもあります。

1年

夫婦がラブラブでいられる期間では、「1年」という期間も多いです。1年は、夫婦として一つの節目の期間になります。

1年という期間が過ぎると、だんだんとお互いに慣れが生じたり、嫌な部分も見えてくる場合があります。また、夫婦として家庭の問題が生じることが多い時期でもあります。

1年間はラブラブで居ることができたのに、1年を過ぎたらラブラブな気持ちがなくなったという人は、今一度自分の行動や発言を見直してみる必要があります。

子供の存在

子供が生まれると、ラブラブではなくなってしまう夫婦も多いです。子供が生まれると、女性はどうしても「母親」の顔になってしまい、夫のことを二の次三の次にしてしまいがちです。

子供が中心の生活になると、だんだんとスキンシップも失われ、ラブラブではなくなってしまう夫婦は多いです。

子供が生まれて子供が優先の生活になっても、お互いのことを思いやり、「父親と母親」だけではなく、「男と女」ということを意識して生活することが大切になります。

ラブラブか診断できるチェック項目は?

ラブラブな夫婦やカップルかどうか、診断できるチェック項目について解説していきます。ラブラブな夫婦やカップルか診断するためには、いったいどんなチェック項目があるのでしょうか。

・相手に尊敬している部分がある
・毎日会話やメールなどをしている
・些細な変化にも気づくことができる
・悪いところはしっかり叱ることができる
・素直に謝ることができる
・キスやハグなどのスキンシップがある
・話しにくい話題でも真摯に話し合うことができる
・何よりも恋人や配偶者が大切だ

以上が、ラブラブなカップルや夫婦を診断するチェック項目になります。いかがでしょうか。どのくらいチェックが当てはまりましたか。たくさんチェックが当てはまれば、あなたたち夫婦やカップルは、間違いなくラブラブな夫婦やカップルと言えるでしょう。

反対にあまりチェックが当てはまらない場合は、今一度普段の行動や発言を振り返ってみましょう。

ずっとラブラブでいる方法・秘訣はなに?

最後に、ずっとラブラブなカップルや夫婦でいるための方法や秘訣について解説していきます。ずっとラブラブなカップルや夫婦でいるためには、いったいどんな方法や秘訣があるのでしょうか。

相手を思いやる気持ちを持つ

ラブラブな夫婦やカップルで居続ける秘訣は、「相手を思いやる気持ちを持つ」ことです。ラブラブな状態を維持するためには、相手に対する思いやりを持つことは大切になります。

体調を崩したり、落ち込んでいる時は、真っ先に手を差し伸べ、どんな些細なことでも気にかけてあげる、相手を思いやる気持ちを持ち続けるようにしましょう。

また、「ありがとう」「大好きだよ」など、思ったことはしっかりと口に出して伝え、相手を大切に思っていることを、行動でも態度でも示すようにしましょう。

詮索しない

夫婦やカップルがいつまでもラブラブで居られる秘訣の1つは、「詮索しない」ことです。お互いの行動を詮索したり、束縛が激しいと、ラブラブな状態は長続きしません。

カップルや夫婦と言えど、言いたくないことや、秘密にしておきたいことはあるでしょう。お互いのそういった意志を尊重して、深く詮索しないことは、ラブラブな夫婦やカップルで居続ける秘訣になります。

飲み会の帰りが少し遅くなっても、「こんな時間まで何をしてたの」なんて詮索を始めると、喧嘩の原因にもなります。また、詮索された方は、「信頼されていないんだな」と感じ、お互いに良いことはありません。

ラブラブなカップルや夫婦を目指すなら、細かいことは詮索しない・深く詮索しないということを肝に銘じましょう。

素直に謝る

ラブラブなカップルや夫婦で居続けるためには、素直に謝ることも大切になります。自分が悪いことをしても、素直に謝らず、ケンカを長引かせたりすると、ラブラブな状態から遠ざかってしまいます。

自分が悪かったときは素直に謝り、相手が悪い場合でも、自分に落ち度がなかったかしっかり考え、相手のことを思いやった謝罪をすることが大切になります。

素直な気持ちを持つことはラブラブなカップルや夫婦で居続けるために大切になります。自分が悪いことをしたときは、しっかりと謝りましょう。

お互いに依存しない

ラブラブな夫婦やカップルで居続けるためには、「お互いに依存しない」ことも大切になります。お互いに依存してしまうことは、カップルや夫婦にとって良い状態とは言えません。

お互いを大切に思うことと、お互いに依存し合うことは違います。また、どちらかの依存心が強すぎても、相手の存在が重くなってしまうなど、ラブラブな状態を維持できない状況になってしまいます。

お互いが自立した生活を送り、「共依存」の状態にならずに生活することは、ラブラブな夫婦やカップルで居続ける秘訣になります。

お互いを尊敬する

ラブラブなカップルや夫婦やカップルで居続ける秘訣には、「お互いを尊敬する」という秘訣もあります。お互いを尊敬することは、相手に敬意を示すことにも繋がりますし、何より相手を大切にする気持ちに繋がります。

相手のどんな些細なことでも、「この人のこんなところが素敵」という、相手の尊敬できる面を見つけ、その気持ちを持ち続けましょう。

お互いに敬意を払って生活をすることは、引き締まった生活を送ることもでき、ラブラブな状態を維持する秘訣になります。

新鮮な気持ちにさせる

ラブラブなカップルや夫婦で居続ける秘訣として、「相手を新鮮な気持ちにさせる」という秘訣があります。ラブラブなカップルや夫婦でいるためには、新鮮な気持ちを与え続けること・新鮮な気持ちで居続けることが大切になります。

新鮮な気持ちにさせるためには、相手の知らない、秘めた部分を持つことが大切です。自分の知らない一面を垣間見た時に、「ドキッ」とした気持ちになり、いつまでも新鮮な気持ちで居続けることができます。

すべてをオープンにさらけ出せることは、夫婦やカップルにとってとても素晴らしいことですが、全てをさらけ出さず、相手の知らない一面を持っていることは、ラブラブで居続ける秘訣になります。

恥じらいを持つ

ラブラブなカップルや夫婦で居続ける秘訣として、「恥じらいを持つ」という秘訣があります。恥じらいを持つためには、お風呂上りに適当な格好でウロウロしないことや、一緒にお風呂に入らないことも効果的です。

相手に対して恥じらいを持ち、相手の知らない部分を持ち続けることは、新鮮な気持ちになると同時に、「もっと知りたい」と、相手の気持ちを掻き立てることに繋がります。

適度に恥じらいの気持ちを持つことは、いつまでもラブラブなカップルや夫婦で居続ける秘訣になります。

何があっても裏切らない

ラブラブなカップルや夫婦で居続けるためには、「何があっても裏切らない」という秘訣があります。カップルや夫婦は、お互いに信頼の気持ちを持つことが大切です。しかしその信頼の気持ちを持つためには、「この人は私を裏切らないだろう」という、強い気持ちが必要になります。

相手の期待を裏切らないためにも、何があっても裏切らないことが大切です。「浮気をしない」「嘘をつかない」などはもちろんのこと、「相手を信じる」ことも、相手の気持ちを裏切らないという意味では大切になります。

ラブラブなカップルや夫婦で居続けるためには、相手のことを、何があっても裏切らないようにしましょう。

ラブラブ夫婦・カップルになろう!

今回は、ラブラブなカップルの特徴や、ラブラブな夫婦の夫婦生活について、ラブラブなカップルや夫婦でいるための秘訣などについて解説しました。

ラブラブな夫婦やカップルで居るためには、お互いのことを思いやり、愛する気持ちを持ち続けることが大切になります。今回の記事を参考にして、ぜひラブラブな夫婦やカップルになってみてください。