Search

検索したいワードを入力してください

カランコエの花言葉・カランコエの色別種類別の花言葉

Small 7c19d74c 13dc 4203 8063 3ad3e5f72eb5なかゆの
カテゴリ:花言葉

初回公開日:2017年08月29日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カランコエの花言葉・カランコエの色別種類別の花言葉

カランコエの花言葉

カランコエとは、鮮やかな花が魅力の多肉植物です。色や種類が豊富で、マダガスカル島や東アジアを中心として、東南アジアや台湾、中国、南西諸島など広い地域に分布しています。高い繁殖力を持ち、水やりなどの負担が比較的少ないので、プレゼントにも適しています。

カランコエの種類や色によって、さまざまな花言葉があります。カランコエを贈る相手に、ぴったりの花言葉を見つけてみましょう。

カランコエの花言葉は幸せな意味が多い

カランコエの花言葉には、幸せな意味を持つものが多くあります。
・幸福を告げる
・あなたを守る
・おおらかな心
・永遠に続く愛
・たくさんのちいさな思い出
・忍耐力

幸福を告げる

カランコエの小さな花が、寄り添うようにたくさん咲くことから、幸せをイメージしています。また、華やかな色合いからも、幸福を思い描くことができるでしょう。また、つり鐘の形をしていることから、幸せを告げるベルに見えたとされています。毎日を幸せに過ごせるようにという、願いを込めることができるでしょう。

あなたを守る

生涯をかけて義経を慕い守ったといわれる弁慶の強さからイメージした言葉とされています。弁慶とは、武蔵坊弁慶のことです。弁慶の立ち往生という言葉があるように、義経を守るために堂の入り口に立ち、薙刀を振るって孤軍奮闘しましたが、たくさんの敵の矢を受けて立ったまま絶命したといわれています。

敵に背を向けることがなかった証拠に、背中には傷がなかったともいわれています。弁慶のように強く広い心で、大切な人を守る気持ちを伝えることができるでしょう。

おおらかな心

南国で生まれたカランコエは、華やかな色で南国のおおらかさを思い浮かべることができることと、挿し芽で簡単に増やすことができる丈夫さから、「おおらかな心」という花言葉があります。大変なことや、困難なことがあったときにも、ポジティブな気持ちを思い出すことができるでしょう。

永遠に続く愛

カランコエは、適した管理をすることで、ずっと花を咲かせることができることから、「永遠に続く愛」という花言葉があります。永遠に続く愛を伝えるために、恋人や家族はもちろんですが、いつもそばで応援してくれる友達へ感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

たくさんのちいさな思い出

カランコエは、ひとつの株にちいさな花をたくさんつけることから、「たくさんのちいさな思い出」という花言葉があります。大切な人と一緒に過ごしたことを感謝する気持ちをこめて、贈ることができるでしょう。カランコエを見るたびに、楽しかった時間を思い出すことができるでしょう。

忍耐力

カランコエは、暑く乾燥している熱帯地域でうまれたことから、きびしい環境でも生き抜く力を持っています。その特徴から「忍耐力」という花言葉があります。目標に向かって努力している家族や友達へ、応援の気持ちを込めて贈ることができるでしょう。

そのほかにも、「人望」「ときめき」「幸せをつくる」「柔軟性」「人気」「とっておき」などの意味もあるとされています。長く一緒にいる恋人や家族、友達だけでなく、相手に好きだという気持ちを伝える意味で贈ることもできるでしょう。明るい未来を想像できる意味が多く含まれています。カランコエは種類が豊富なこともあり、花言葉もさまざまです。しかし、どのカランコエの種類でも幸せな意味を持っています。

カランコエの名前の由来

カランコエの英名は「kalanchoe」、和名は「紅弁慶(べにべんけい)」といいます。中国の「加籃菜」という植物の名前に由来していると考えられています。カランコエは、赤い花が咲いて、とても丈夫に育つことを弁慶の強さにたとえて、「紅弁慶」と名づけられました。

カランコエの色や特徴

カランコエは、100種類以上あるとされています。ちいさな花をたくさん咲かせる「ベニベンケイ」は、4~5枚、また八重咲の花びらが平らに開いた星のような形の花が咲きます。「エンゼルランプ」という、つり鐘のような花をつける種類もあります。「月兎耳(つきとじ)」と呼ばれる、うぶ毛におおわれた細長い葉が特徴の種類もあります。色は赤やオレンジ、白、黄色、ピンクなどさまざまな色の花を咲かせます。

カランコエは「短日植物」といい、日照時間が短くなったことを感じ取ると、花を咲かせます。また、乾燥が多い場所が原産地ということもあり、肉厚な葉に水を貯めこむことで、乾燥に強い植物です。葉の先端には、鋸歯という新しい芽を持っていて、葉が落ちることでそこに新しい芽を出して数を増やします。

小さなバラのような八重咲きカランコエ

カランディーバという、八重咲カランコエは小さなバラが集まっているような花が特徴です。花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」という意味があります。

カランコエの色別の花言葉

オレンジ、黄色、ピンクなどのカランコエの花言葉

バラやダリアなどの花は、色によって花言葉がちがいます。しかし、さまざまな色があるカランコエですが、色によって花言葉のちがいはないとされています。カランコエは花の種類によって、花言葉がちがいます。

カランコエ・クイーンローズパリの花言葉

カランコエ・クイーンローズパリの花言葉は「あなたを守る」「忍耐」「おおらかな心」です。カランコエ・クイーンローズパリとは、「紅弁慶」と呼ばれている種類です。花の色は赤やオレンジ、ピンク、黄色、白、クリーム色などがあります。小さな花をたくさん咲かせます。

カランコエ・ウェンディの花言葉

カランコエ・ウェンディの花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」です。カランコエ・ウェンディとは、オランダで作られた交雑種です。下向きにつり鐘型の花を咲かせます。

カランコエ・プミラの花言葉

カランコエ・プミラの花言葉は「あなたを守る」「おおらかな心」です。カランコエ・プミラとは、葉にたくさんの粉がついていて、白っぽい色をしています。葉の美しさを楽しむことができます。

カランコエ・テッサの花言葉

カランコエ・テッサの花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」「おおらかな心」です。カランコエ・テッサとは、カランコエ・ウェンディと同じように、オランダで交雑種されました。つり鐘のような細長い円筒状の花を、茎の先端にたくさんつけます。花の色は赤やオレンジが多いです。草丈は高くならずに、丸く肉厚な葉をたくさんつけながら、つるを伸ばして生長します。

カランコエ・エンゼルランプの花言葉

カランコエ・エンゼルランプの花言葉は「あなたを守る」「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」です。カランコエ・エンゼルランプは、カランコエ・ウェンディと同じように、つり鐘型の花を咲かせます。つり鐘型の花がランプのように見えることで、天使が持つランプをイメージすることから、カランコエ・エンゼルランプと呼ばれています。別名は「カランコエ・ユニフローラ」「カランコエ・ウニフロラ」とも呼ばれています。

カランコエ・カランディーバの花言葉

カランコエ・カランディーバの花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」「永遠に続く愛」です。カランコエ・カランディーバとは、八重咲カランコエのことです。ディーバとは、女神という意味があります。

カランコエは大切な人に幸せを伝えることができる

カランコエは、いろいろな色や種類があり、贈る相手のことを思い浮かべながら、選ぶ楽しさがあるでしょう。どのカランコエを選んでも、贈る相手に幸せな気持ちを花言葉に込めることができるのではないでしょうか。またカランコエの花言葉は、恋人や家族だけでなく、いつも寄り添ってくれている友達へ感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

日常的に花を贈ることは少ないのではないでしょうか。花を贈ることは、特別なことだと思うこともあるでしょう。しかし、なかなか日常で伝えられない感謝の気持ちや、相手を大切だと思っている気持ちを、カランコエの花言葉に込めて贈ってはみてはいかがでしょうか。