Search

検索したいワードを入力してください

ペチュニアの花言葉・色別の花言葉(白/紫/赤/黒)・英語表現

Small 0ace3d97 bf77 4940 9f76 0bf51bf374actyakosiroko
カテゴリ:花言葉

初回公開日:2017年08月26日

更新日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ペチュニアの花言葉・色別の花言葉(白/紫/赤/黒)・英語表現

ペチュニアの花言葉とは

ペチュニアは、南米原産のナス科ペチュニア属の草花です。コンテナや花壇などでよく見かけることが出来、花壇の女王とも呼ばれています。南アメリカが原産の一年草、多年草で、春から秋までの長い間花を咲かせることが出来ます。生い茂るタイプのもの、枝垂れるタイプのもの、大輪、中輪、小輪、一重咲き、八重咲きなどペチュニアにはバラエティーがあり、毎年ガーデニングしていても飽きません。

花の枝が垂れるタイプはハンギングや、鉢を高い所に置いて楽しむことが出来ます。開花時期が長く、小さな花をたくさん付けてくれるので花壇にボリュームを持たせたい時によく使われます。丈夫で育てやすく、成長も早いため、ガーデニング初心者にもおすすめの花です。雨に強く育てやすい「サフィニア」が流通してから、より一層人気が高まってきています。特に日本においては、品種改良の競争がもっとも激しいと言われる花です。

ペチュニアの和名は?

ペチュニアの和名は「ツクバネアサガオ」といいます。これは、江戸時代後期に日本に伝わってきた時に、花が朝顔に似ていることから つけられました。しかし、言いにくいこともあり、あまり定着せず「petun」という言葉をもじった「ペチュニア」のほうが定着しました。

ペチュニアの育て方は?

ペチュニアは種まきと苗植えから育てることができます。一般的に苗が4月前後に出るので、それを鉢や庭に植えて育てます。種は非常に細かく、指でつまむと潰れてしまうほどなので、紙の上にのせてからトントンと軽く叩いて巻くと巻きやすいです。水遣りは、土が乾いていたらたっぷりと行います。花に水がかからないように土にそそぐようにして水をあげましょう。

鉢植えやプランターの場合は、鉢底から水がしみ出すくらい水をあげてください。土が乾いていないのに水を与えると、根腐れを引き起こすこともあるので注意しましょう。また、雨に濡れると痛んでしまいます。梅雨・長雨のときは軒下に移動させるなどして工夫しましょう。たくさんの花を長期間咲かせ続けたい、満開の花を何度も見たい場合は、花が咲いているときに、茎全体の長さが10cmほどになるよう切り戻しを行ったり、摘心、摘芽といった剪定を行いましょう。

ペチュニアは、他の植物に比べると夏の暑さにも強く、日光を好みます。場所は、日当りのいい場所にしましょう。半日陰でも成長はしますが、花つきは悪くなります。 ペチュニアは本来多年草で、冬越しも出来ないことはないですが、寒さに非常に弱いために新しい苗を購入したほうが楽になります。

ペチュニアの花言葉は?

ペチュニアは色が明るく、花びらもひらひらしており、周囲を元気にさせてくれる花です。そんなペチュニア全般の花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」「心がなごむ」です。ペチュニアの学名であるPetuniaはブラジル先住民の言葉で「タバコ」を意味することや、ペチュニアがタバコの花に似ていることから、タバコを吸っているときの気持ちを表してつけられました。色別の花言葉でも、同じところに由来している花言葉もあります。

八重咲き

八重咲きとは、八重になっているペチュニアのことで、一重のものよりも華やかです。しかし、比較的蒸れや雨に弱く、花がぐちゃっとなりやすくデリケートなペチュニアです。 育てる場合は、良く陽のあたる風通しの良い場所で管理するなどの工夫が必要です。八重咲きのペチュニアは「変化に富む」という花言葉を持っています。「変化に富む」という花言葉は、ペチュニアの花の色や形が様々なところからつけられました。

絞り咲き

ペチュニアには花びらに絞りカラーが入ったペチュニアがあります。絞り咲きのペチュニアは「邪魔者」「恋の手紙を遮断された」といった花言葉を持っています。とても強烈で攻撃性のある花言葉ですので、人に贈るのにはあまり適していません。

ブラックベルベットとは?ペチュニアの一種?

ブラックベルベットとは黒いペチュニアの事です。花言葉は後述します。黒い花びらの中に黄色のラインが入った「ファントム」という種類も人気があります。黒色の花びらは非常に斬新で個性的ですが、意外と他の花とも合わせやすいです。白い花と合わせると、黒と白のコントラストが際立つので、花壇がスッキリ見えます。

また、ブラックベルベットという名前のカクテルもあります。黒ビールとスパークリングワインを同量で割ったもので、琥珀色がとても綺麗なカクテルです。黒ビールの泡がベルベットのようにきめ細かく、なめらかなことから名付けられました。

サフィニアとは?花言葉は?

サフィニアは1989年に開発された比較的歴史の浅い品種で、ペチュニアを原種としています。雨に弱いといったペチュニアの弱点を減らすために、サントリーと京成バラ園芸が共同で開発した品種です。花の大きさはペチュニアに比べると小さいですが、大株に育ち次々と沢山の花を咲かせます。雨や暑さに強く、花壇にも植えやすいことが特徴です。

サフィニアの花言葉は「咲きたての笑顔」です。サントリーフラワーズの応募企画で決まった花言葉で、次々と蕾をつけて花を咲かせ続ける姿が毎日笑顔を振りまいているように見えることが由来です。

色別ペチュニアの花言葉は?

ペチュニアは、一つの季節に様々な姿を見せてくれて、咲かせる花の色も豊富です。ペチュニアの色別の花言葉をご紹介します。

ピンク

ピンク色のペチュニアの花言葉は「自然な心」「賑わい」です。夏の暑い日差しの中でも、負けずに元気に咲く花が人に幸福感を与えてくれることからこの花言葉がつけられました。

白のペチュニアはどんな花とも合わせやすい花です。花言葉は「淡い恋」です。情熱的な恋愛とは異なり、じんわり暖かく心が暖かくなるような言葉です。花壇でひっそりと他の色の花を際立たせる白いペチュニアにぴったりです。

濃い紫色のペチュニアの花言葉は「追憶」です。明るい紫色のペチュニアの花言葉は「人気者」です。鮮やかな色彩。小さなパラソルのような愛らしい花姿からこの花言葉がつけられました。

赤いペチュニアの花言葉は「決して諦めない」です。赤い花びらはとても情熱的な印象があります。赤いペチュニアは花壇でも際立ち、自分の芯をしっかり持っているような様子からこの花言葉がつけられました。

「心のやすらぎ」「あなたと一緒なら心が和らぐ」と、通常のペチュニアの同じ花言葉もありますが、黒のペチュニア特有の花言葉として「危険な愛」があります。ペチュニアの漆黒色の花は、シックで大人の雰囲気を感じさせます。近くを通る人の足を止めてしまうほど妖艶な魅力を放つことから「危険な愛」という花言葉がつけられています。

英語でのペチュニアの花言葉は?

英語での花言葉は、「peace of mind (平和な心)」「your presence soothes me (あなたと一緒だと安心です)」です。どんな時でも、綺麗に色とりどりに咲いているペチュニアを見ているとホッとするような 安堵感や 優しさを感じさせることが由来です。

魅力あるペチュニア

ペチュニアの魅力は、その豊富な種類や色の花々を、初夏~秋の長い季節にかけて次々と咲かせることです。色だけでなく大きさも多種多様であるので、花壇や鉢植えには勿論のこと、フラワーアレンジメントにも活用することが出来ます。直射日光にも負けることがないペチュニアは、丈夫で育てやすいことから、ガーデニング初心者の方に最適で、その可愛い花で私たちの目を楽しませてくれます。

公園などの外出先で見るペチュニアも良いですが、自分の手で植えて管理し、育てたものの方が、より愛着が湧きます。ペチュニアの花言葉である「あなたと一緒なら心が和らぐ」という言葉は、ずっと付き合いがある心の許せる友人や恋人へのプレゼントに最適です。この機会にプレゼントしてみてはどうでしょうか。