Search

検索したいワードを入力してください

たんぽぽの花言葉!綿毛・白など色別紹介・プレゼント向き?

Author nopic iconuwell
カテゴリ:花言葉

初回公開日:2017年10月05日

更新日:2020年06月24日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

たんぽぽの花言葉!綿毛・白など色別紹介・プレゼント向き?

たんぽぽの特徴

日本には西洋たんぽぽと関東たんぽぽが自生しており、花の真下がめくれているタイプは西洋たんぽぽ、めくれていないタイプが関東たんぽぽと言われています。学名も、西洋たんぽぽ、関東たんぽぽで異なります。

最近は季節を問わず見かけることができる地域もあります。能力があることから、ほっておくと増え続けていきます。雑草として忌み嫌われることもありますが、鮮やかな黄色は人に明るさを与えてくれるものです。

内容詳細
和名蒲公英
英名 Dandelion
学名Taraxacum
科・属キク科・タンポポ属
原産地ヨーロッパ
開花期 3月~5月

たんぽぽの名前の由来

昔は、茎の端を裂くと反って鼓のようになる姿から「鼓草(つづみぐさ)」と呼ばれていました。たんぽぽという名前になったのはその後で、鼓に似た姿から鼓から発せられる音「たん」と「ぽぽ」が組み合わさってたんぽぽという名前になったと言われています。

また、綿を丸めて布で包んだ「たんぽ」に「穂」を付けてたんぽぽとなったという説もあります。

たんぽぽの英語名

英名はダンデライオン(dandelion)と言い、フランス語の「dent de lion」から付けられました。意味は「ライオンの歯」で、たんぽぽの葉がギザギザしていてライオンの歯を連想させたことが由来と言われています。

ダンディライオンやダンデリオンとも言われますが、発音の違いなので言いやすい言い方で問題ありません。

たんぽぽの花言葉9つ

ここからは、たんぽぽの花言葉について紹介します。たくさんの花言葉が付けられていることから古来より人の近くにあったポピュラーな花であることが分かりますが、良い花言葉と悪い花言葉の両方があります。

また、「別離」の花言葉は、綿毛が風に吹かれて飛んでいく際に、ばらばらに離れていくことに由来するそうです。

たんぽぽの花言葉1:愛の神託

「愛の神託」は「神託」されたものが「愛」に関することであった、ということです。ヨーロッパでは古代から、たんぽぽを用いて恋占いをしていました。そのことが「愛の神託」という花言葉につながっています。

たんぽぽの綿毛が風に運ばれて辿り着いた場所に種を根付かせ、次の春に新たな花を芽吹かせることを意味・描写しています

たんぽぽの花言葉2:神託・神のお告げ

「神のお告げ」は、何とも神聖な花言葉です。この花言葉は、言い方を変えて「神託」と言われることもあります。「神託」の意味は「神のお告げ」であり、具体的には神の意(意見や思い)を伺うことと伺った際に伝えられた言葉のことです。

ヨーロッパでは、綿毛を吹いていき、最後の綿毛がどちらになるかで占うものや、綿毛を一息で吹き飛ばすことができれば、「幸運が訪れる」などと、綿毛を使った占いが多く行われていました。

たんぽぽの花言葉3:田園の神託

「田園」とは田畑のことで、田畑が広がる土地を指すこともあります。「田園の神託」という花言葉が付けられた理由は、たんぽぽが春の訪れ頃に咲くことが関係しているのではないかと考えられます。

農作業などの仕事が行えない冬を過ぎ、豊穣のために勤しみ始める季節が春です。農作業=収入または食糧ですので、春の訪れを告げるたんぽぽは「田園の神託」となり得ます。

たんぽぽの花言葉4:別れ・別離

「別れ」は、見聞きするだけでも寂しさを覚える花言葉です。共に在るものが離れることを「別れ」と言いますが、たんぽぽの綿毛が飛んでいく様子と一致する風情があります。

「別離」は、別れることです。花言葉「別れ」とは同義語であり、意味としては大差ありません。ただ「別離」の方が「別れ」というより、強い意志のようなものを感じさせます。

たんぽぽの花言葉5:真実の愛・幸福

「真実の愛」という花言葉はこれまでに登場した花言葉「愛の神託」と同様、古代ヨーロッパから行われている恋占いに関係しています。

「幸福」は「神託」とつながる部分があります。「神託」では良いことだけが伝えられるわけではありませんが、これまでの花言葉にあった「愛の神託」に関しては「幸福」と結び付く感情がイメージできます。

たんぽぽの花言葉6:軽薄

「誠実」とは裏腹な「軽薄」という花言葉も付けられています。「軽薄」とは態度に慎重さや重みがないことで、責任を軽々しく捉えて果たさなかったり、浅はかな言動をしたり、うわべだけで真心がないことを言います。

ふわふわと飛んでいく綿毛のイメージが由来として考えられますが、恋占いと何か関係がある可能性も想像できます。

たんぽぽの花言葉7:飾り気の無さ

色鮮やかで個性的な形状をしている花と比べると、たんぽぽからは「飾り気の無さ」を感じます。ですが、飾り気は無くても明るい色をしています。

それに、黄色から白い綿毛になるという面白い変化もみられます。飾り気が無いことはネガティブな印象に捉えられることもありますが、素のままの良さがある人に対して「飾り気の無い魅力」という表現がされることもあります。

たんぽぽの花言葉8:楽しい思い出

「楽しい思い出」は、思わずほころんでしまいそうな明るい花言葉です。由来は定かではありませんが、たんぽぽの明るい色や綿毛を飛ばして遊んだ記憶がある人によって付けられたことが想像できます。

ヨーロッパ地域では、子どもに「綿毛を全部飛ばせたら好きな物を買ってあげる」と言って綿毛飛ばしをさせることがあるそうです。

たんぽぽの花言葉9:また逢う日まで

「また逢う日まで」という花言葉はしんみりした気持ちにさせられますが、出会いは別れの始まりとすれば「good luck!」ということで相手の幸福を祈りながら前向きな気持ちで別れる意味合いもこの花言葉からは感じられます。

綿毛を飛ばすと落ちたところから新しいたんぽぽが咲くため、綿毛飛ばしをする時には「また逢う日まで」と思うとたんぽぽと心が通じ合っている気持ちになります。

たんぽぽの花言葉の由来2選

たんぽぽにはさまざまな花言葉がありますが、古くからヨーロッパでは、タンポポの綿毛で恋占いをしていたことから、「愛の神託」や「神託」といった花言葉が付けられたとされています。

また、「別離」の花言葉は、綿毛が風に吹かれて飛んでいく様子が、ばらばらに離れていくことを連想させることから由来しています。花言葉の由来について、さらに詳しくご紹介していきます。

たんぽぽの花言葉の由来1:愛の神託

「神のお告げ(神託)」や「愛の神託」の花言葉が付くことになった由来は、これまでにも触れましたがヨーロッパで古くから恋占いにたんぽぽの綿毛が用いられていたことです。恋占いの方法には、一息で飛ばす方法と唱えながら行う方法があります。

一息で飛ばす方法では、全ての綿毛が飛んだら情熱的な愛を受けている証です。少し残ってしまった場合は、心が離れる可能性があるという暗示とされます。

たんぽぽの花言葉の由来2:別れ・別離

たんぽぽには「別れ」や「別離」という花言葉がありますが、これは、たんぽぽの綿毛が飛んで行く姿を若者が親から離れて巣立っていく姿と重ね付けらたのではないかと言われています。

ヨーロッパではたんぽぽの綿毛を使った占いがあり、「好き、嫌い、好き、嫌い、好き」と唱えながら綿毛を吹いていき、最後の綿毛を吹いた時に綿毛の残りの状態を見て占います。

たんぽぽの綿毛にも花言葉が?

綿毛の花言葉は、これまでにお伝えした花言葉と同様と考えられています。しかしながら、綿毛に合う花言葉というものがあります。

たとえば、綿毛に関したことを由来としている花言葉「別離(別れ)」や「愛の神託」です。「また逢う日まで」も、綿毛と関連付けやすいイメージができる花言葉です。そんなたんぽぽの綿毛には「南風とタンポポ」という物語があります。

たんぽぽと南風の物語

ある春の日、なまけ者の南風は、野原にたたずむ黄色い髪の美しい少女を見つけ、恋に落ちてしまいます。実は、その少女がタンポポでした。

ですが、南風は気付かないまま、毎日夢中になって少女を見つめ続けました。そしてある時、少女の髪が白髪となり老婆の姿になってしまいます。

そんな姿を見た南風は、悲しみのあまり大きなため息をつきました。すると、ため息に飛ばされて、白髪の老婆もいなくなってしまった。

白色のたんぽぽの花言葉

白いたんぽぽが、黄色いたんぽぽの中に混じって咲いていることがあります。黄色と比べて珍しい色ですが、これはシロバナタンポポという品種です。

在来種なので昔から日本に存在していたと考えられ、関東以西・四国・九州にかけて分布しています。2月~5月にかけて咲くため、黄色より少し早めに開花時期を迎えます。

白色のたんぽぽの花言葉:探して・見つけて

白いたんぽぽの花言葉は「私を探して」と「見つめて」で、黄色いたんぽぽの中に咲いていることが多いために連想された花言葉と考えられます。

清らかな印象を与える白いたんぽぽに「私を探して」という花言葉を重ねて見ると探してあげたくなりますし、見つけた時には「見つめて」の花言葉を重ね見るとロマンチックな感じになります。

たんぽぽ占い

花びらを一枚一枚ちぎりながら「すき」「きらい」「すき」と繰り返し、最後に残った花びら次第で相手が自分のことをどう思っているのか分かる占いです。同じように綿毛を1本ずつ抜いて、思い人の気持ちを占う方法もあります。

もう1つの占い方法は、たんぽぽの綿毛に願いを込めて息を吹きかけます。そして残った綿毛が多いか少ないかで、恋愛に限らず願い事が成就するかどうかを占うという方法です。

たんぽぽの英語の花言葉4つ

日本で使われているたんぽぽの花言葉は理解していただけたでしょうか?たんぽぽの花言葉はたくさん意味があります。恋愛に関するものが多く意外だったと思う人も多いと思います。

たんぽぽの花言葉は日本だけではなく、海外でも花言葉はあります。では次は海外で使われているたんぽぽの花言葉の意味についてご紹介していきます。

たんぽぽの英語の花言葉1:love's oracle(愛の神託)

「愛の神託」は「神託」されたものが「愛」に関することであった、ということです。ヨーロッパでは古代から、たんぽぽを用いて恋占いをしていました。そのことが「愛の神託」という花言葉につながっています。

たんぽぽの綿毛が風に運ばれて辿り着いた場所に種を根付かせ、次の春に新たな花を芽吹かせることを意味・描写しています。

たんぽぽの英語の花言葉2:oracle(神託)

「神のお告げ」は、何とも神聖な花言葉です。この花言葉は、言い方を変えて「神託」と言われることもあります。「神託」の意味は「神のお告げ」であり、具体的には神の意(意見や思い)を伺うことと伺った際に伝えられた言葉のことです。

ヨーロッパでは、綿毛を吹いていき、最後の綿毛がどちらになるかで占うものや、綿毛を一息で吹き飛ばすことができれば、「幸運が訪れる」などと、綿毛を使った占いが多く行われていました。

たんぽぽの英語の花言葉3:faithfulness(誠実)

「誠実」とは、嘘偽りなく真っ直ぐな姿勢・様子・心などを表す言葉です。真心があり、責任を持って、正しさに対して堂々とした言動や精神を持つ人を言います。

由来は分かりませんが、花言葉「幸福」や「愛の神託」には嘘偽りない心(誠実さ)が必要であるという連想から生まれたのではないかと考えられます。

たんぽぽの英語の花言葉4:happiness(幸福)

「幸福」の花言葉は「神託」とつながる部分があります。「神託」では良いことだけを伝えられるわけではないのですが、「愛の神託」に関しては「幸福」と結び付く感情がイメージできます。

たんぽぽの花言葉は愛や恋を意味するものばかりで、恋愛こそが幸福だという考えに基づいて花言葉が付けられました。

たんぽぽと似た花言葉を持つ花3つ

たんぽぽの花言葉はどれも良いものばかりです。ですがたんぽぽは、雑草と考えてる方もいるため、プレゼントには向いてません。プレゼントをするのであれば、タンポポではなく、他の花をプレゼントすることをおすすめします。

ここでは、たんぽぽの花言葉と似たような意味を持つ花をご紹介していきます。ぜひ、プレゼントや贈り物の時に参考にしていただければと思います。

たんぽぽと似た花言葉を持つ花1:カスミソウ

ピンクのカスミソウには、特別な花言葉があります。それは、「切なる願い」と「感激」です。そのため、受験を控えている人や就職活動をしている人に贈ると、「良い結果がもたらされることを願っています」というニュアンスになります。

また、「感激」の花言葉もあるので、お世話になった人や、何か良いことがあった人に贈るのもおすすめです。

たんぽぽと似た花言葉を持つ花2:バラ(ピンク)

ピンクのバラの花言葉は、しとやか、上品、気品、感謝です。ピンクのバラは、優しく可愛らしい印象があります。花束や花嫁のブーケとしても人気です。

花言葉の意味の「感謝」を、母の日のカーネーションと合わせてピンクのバラを、お母さんにプレゼントするのもおすすめでしょう。バラも色によって花言葉の意味がちうので購入する際は注意してくださいね。

たんぽぽと似た花言葉を持つ花3:チューリップ(ピンク)

チューリップの中でも代表的カラーの赤いチューリップには「愛の告白」といった花言葉が込められています。

情熱的な赤のチューリップはあなたに焦がれていますという意味から告白や、プロポーズの時に最適です。バラじゃなくてチューリップというところが印象的でロマンチックです。刺激的な真っ赤にチューリップのかわいいフォルムがいいバランスをとっています。

たんぽぽはプレゼントに向いている?

様々な花言葉を持つたんぽぽ。しかし、プレゼントとしては不向きかもしれません。理由としては、たんぽぽは雑草と考えている人もいるからです。

もし、たんぽぽの花言葉を見て、たんぽぽをプレゼントしたいと思った方は、上記で紹介した、たんぽぽの花言葉に似た意味を持つ花をプレゼントすることをお勧めします。また、花屋さんに直接聞くのも良いかもしれません。

たんぽぽの花言葉はたくさんある。

日本ではどこでも見られる花と言われているほど珍しくない花ですが、その明るさに目を向けて見てはいかがでしょうか。たんぽぽは、太陽と例えられることもあります。

また、植物にとって過酷な環境でも踏まれても枯れないという丈夫で強い象徴でもあります。ふと目にしたたんぽぽ、それが白いたんぽぽであればラッキーですが、明るく強いたんぽぽを時に眺めてみるのも良いでしょう。