Search

検索したいワードを入力してください

ラナンキュラスの花言葉集!色別紹介・プレゼントに向いている?

Author nopic icontomomi
カテゴリ:花言葉

初回公開日:2017年09月29日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年09月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ラナンキュラスの花言葉集!色別紹介・プレゼントに向いている?

ラナンキュラスの特徴

ラナンキュラスは八重咲きで金色に輝くように、こんもりとに花びらを重ねている様子から、「バターカップ(buttercup)」という英名もついています。八重咲のラナンキュラスの花びらは100~200枚ほどが重なって一つの花となっています。

ラナンキュラスはキンポウゲ科の球根祝物です。オランダや日本で品種改良が重ねられ、大輪や八重咲の美しい品種が多数作出されています。

内容詳細
和名花金鳳花
英名Ranunculus
学名Ranunculus asiaticus
別名バターカップ(Buttercup)
科・属キンポウゲ科・キンポウゲ属
原産地西アジア、ヨーロッパ

ラナンキュラスの名前の由来

ラナンキュラスは、由来となる語源がラテン語です。東地中海沿岸から中近東が原産地です。語源であるRanunculus は、ranaと言うラテン語のカエルに由来します。

なぜカエルかというと、葉っぱの形がカエルの足の形によく似ていることや、カエルの生息する湿地帯に咲いていることなどから、この名前がつけられたといわれています。

ラナンキュラスが出回る時期

ラナンキュラスを球根から購入する場合は、9月から10月くらいがいいでしょう。植え付けがあまり遅くなると、来年の春に咲いてくれないこともあります。露地植えでの開花は、4月から5月です。

切り花としての出回り時期は、12月から5月くらいです。バラの少ない真冬の時期に、お花屋さんの店頭を賑わせてくれます。とても可愛いらしいラナンキュラスの花は、一年中いつでも買えるものではないのです。

ラナンキュラスの歴史

ラナンキュラスは、フランスのルイ9世が、十字軍に参加した13世紀に、聖地であるエルサレムを奪回する戦いに行ったとき、この花の魅力に惹かれました。

その後、戦いが終わり帰国する際に、ルイ9世が持ち帰ったと言うお話があります。ルイ9世のお母さんが、ラナンキュラスが好きだと言われています。ラナンキュラスは、13世紀当時には、貴重な花だったとも考えられます。

ラナンキュラスの花言葉4つ

とても可愛いらしいラナンキュラスの花は、一年中いつでも買えるものではなく、だからこそ、春の一瞬だけ贈ることができる「ラナンキュラスの花言葉」が素敵です。

ギリシャ神話やルイ14世から由来しているものもあり興味深い花言葉ばかりです。そんな魅力がたくさんあるラナンキュラスの花言葉について詳しくご紹介していきます。

ラナンキュラスの花言葉1:魅力的

ラナンキュラスとピグマリオンという二人の青年の悲恋の話です。二人は同じ娘に恋をしましたが、ラナンキュラスは二人の為に身を引き、失意のままその生涯を終えます。彼のお墓の近くに咲いていた花が、「ラナンキュラス」と呼ばれるようになりました。

ラナンキュラスには「魅力的」といったすてきな人柄を表す花言葉を持っています。このギリシア神話の青年「ラナンキュラス」の魅力的で誠実な人柄にちなんでつけられました。

ラナンキュラスの花言葉2:名声・名誉

在の人物が花言葉に由来していることも多くあります。ラナンキュラスの花言葉には、フランスのルイ14世が由来していました。

太陽王と呼ばれるフランスのルイ14世が、西南アジアからラナンキュラスを持ち込んだことから、「名声」や「名誉」といった勝利をイメージするような晴れやかな花言葉がつきました。これは、太陽王の時代にフランスが繁栄していたことに由来しています。

ラナンキュラスの花言葉3:美しい人格

「美しい人格」というラナンキュラスの花言葉は「魅力的」という花言葉のエピソードと同じギリシャ神話から基づいていて「美しい人格」となりました。友達のために娘への気持ちを抑えて、2人を祝福する青年の人柄に「美しい人格」と由来したのでしょう。

また、自然な心地よい肌触りのシルクドレスのように見えたり、花の見た目が華やかで明るい色合いの花びらが、キレイに見えることでこの花言葉になったそうです。

ラナンキュラスの花言葉4:光輝を放つ

「光輝を放つ」という花言葉はラナンキュラスがあわせもつ、花の明るさや鮮やかさ、色からできました。相談をして助言をくれる信頼できる人や、人から尊敬できる意味を持つことから友人に贈ると喜ばれます。

また、ルイ16世が十字軍に参加し聖地エルサレム奪還の戦いに行った帰り道で、母のためにラナンキュラスを持ち帰ったと言う逸話から、この花言葉が使われるようになったとも言われてます。

白色のラナンキュラスの花言葉:純潔

白のラナンキュラスが持つ花言葉は「純潔」です。穢れのない白、何ものにも染められていない白の花は、私たちに清らかさを連想させます。

実際にふっくらと花弁を広げる白のラナンキュラスは、春の結婚式でブライダルブーケによく使われます。白いラナンキュラスは、ブーケだけでなく髪飾りとしても使われることが多いのです。

黄色のラナンキュラスの花言葉:優しい心

黄色のラナンキュラスが持つ花言葉は「優しい心」です。黄色は素直さや優しさをイメージさせる色です。「優しい心」とは、黄色のラナンキュラスにぴったりの花言葉です。

日頃、その人の優しさに対する感謝の気持ちとして、黄色のラナンキュラスを贈るのもいいでしょう。あるいは自分へ、「最近ギスギスしているな」と感じるときに、この黄色のラナンキュラスを買って帰るのもいいでしょう。

オレンジ色のラナンキュラスの花言葉:秘密主義

オレンジ色のラナンキュラスが持つ花言葉は「秘密主義」です。この可愛らしいお花に似合わないような気もします。一見、明るく社交的に見えるオレンジのラナンキュラスは、幾重にも花弁を閉じてきゅっと口をつぐんでいるようにも見えます。

日頃から「秘密主義だ」と感じる誰かに、または口の軽すぎる誰かへ戒めとして、オレンジのラナンキュラスを花言葉を込めてそっと贈ってみるのも楽しいでしょう。

ピンクのラナンキュラスの花言葉:飾らない美しさ

ピンク色のラナンキュラスが持つ花言葉は「飾らない美しさ」です。ふくよかに幾重にも花弁をまとい、柔らかな色で人を魅了するピンク色のラナンキュラスらしい花言葉です。

「飾らない美しさ」という花言葉を贈りたい相手はどんな人でしょう。その人が存在しているだけで美しい人、また装飾華美ではないけれど、いつも美しさを感じる人、そんな人にピンクのラナンキュラスを贈りたいものです。

赤色のラナンキュラスの花言葉:魅力に満ちている

赤色のラナンキュラスが持つ花言葉は「あなたは魅力に満ちている」です。まるでバラを思わせるような真っ赤なラナンキュラスの花はとても魅力的です。何百枚もの花弁でたわわに膨らんだその花は、見る人の目を引き付けます。

男性女性問わず、魅力的と感じる人に花言葉を添えて、このお花を贈ったら素敵です。贈られた人もきっと喜んでくれるでしょう。

紫色のラナンキュラスの花言葉:幸福

紫色のラナンキュラスが持つ花言葉は「幸福」です。幾重にも重なる花弁でまあるくふっくらとした紫色のラナンキュラスは幸福そのものです。花芯に近づくほど紫色が強くなるその姿は、見ているものを優し気で幸せな気持ちにしてくれます。

「幸福」という花言葉を持つ紫のラナンキュラスは、もうどんな人にも贈ってあげたくなる花です。お花と一緒に自宅で幸福感を味わってください。

緑色のラナンキュラスの花言葉:お祝い

緑色のラナンキュラスが持つ花言葉は「名誉」「お祝い」です。爽やかで明るいグリーンは、春の空気に良く映えます。花に見えないようでお花の姿をしている緑色のラナンキュラスは男女問わず人気のお花です。

「名誉」「お祝い」と素敵な花言葉の緑色のラナンキュラス、誰にプレゼントしましょう。季節は春ですから送別のお花、歓迎のお花と、用途はたくさんありそうです。

西洋でのラナンキュラスの花言葉2つ

ラナンキュラスの西洋での花言葉は、イギリス「radiant charm」=(晴れやかな魅力)・「I am dazzled by your charms」=(あなたの魅力に目を奪われる)

フランス「je suis éblouie par vos charmes」=(あなたの魅力に目がくらむ)・ドイツ「Du bist zauberhaft」=(あなたは魅力的)・オランダ「Charme uitstralen」=(無力を放つ)です。

西洋でのラナンキュラスの花言葉:晴れやかな魅力

ラナンキュラスは18世紀に、品種改良が多く行われ、たくさんの品種が誕生しました。幾重にも重なる花びらが華やかな品種がイギリスで人気だったころに、この花言葉が使われるようになったそうです。

ルイ9世が持ち帰ったのも、ラナンキュラスの墓に咲いていた花も、今のような花びらがたくさん重なった華やかな花ではありません。

西洋でのラナンキュラスの花言葉:魅力に目を奪われる

ラナンキュラスの花が、自然な心地よい肌触りのシルクドレスのように見えるからです。花の見た目が華やかで明るい色合いの花びらが、キレイに見えることでこの花言葉になったそうです。

イギリスでの人気を受け、charmと言う言葉が西洋に広がって行きました。現在では100枚の花びらがあると言われるラナンキュラスの華やかさに目を奪われることから、この花言葉が生まれたのかもしれません。

ラナンキュラスと似た花言葉を持つ花3つ

ラナンキュラスには、非常にたくさんの花言葉があります。ラナンキュラスの花の色ごとに花言葉は異なりますが、ラナンキュラス全体の花言葉もたくさんあるのです。

そのランキュラスと似た花言葉を持つ花がいくつかあります。贈り物のプレゼントでラナンキュラスを買おうと思ったけど、ラナンキュラスが売ってなかた。そんな時に、こちらを参考にしてみてください。

ラナンキュラスと似た花言葉を持つ花:カトレア

ピンクのカトレアの花言葉は「成熟した大人の魅力」です。こちらの花言葉は、母の日にお母さんへ贈ったり、お祖母さんの誕生日などに贈るときにぴったりです。

カトレアには大型のものも多いので、鉢植えでプレゼントしたいときは相手の家のスペースなども考慮して選びましょう。花も小さめですが、10〜20輪ほどもついて綺麗に咲き誇ります。春〜夏にかけて花を咲かせる種です。

ラナンキュラスと似た花言葉を持つ花:ユリ

白い百合の花言葉は、「純潔」です。日本では、百合の花と言えば「白色」と答える人が多いことでしょう。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた宗教画に「受胎告知」では、降臨した天使ガブリエルが右手でピースサイン(Vサイン)のような形をつくり祝福の意を表し、左手に純潔の象徴である白百合を聖母マリアに捧げています。

ラナンキュラスと似た花言葉を持つ花:トルコキキョウ

トルコキキョウ全般の花言葉に「優美」というものがあります。ウエディングブーケにトルコキキョウがよく使用されますが、華やかな結婚式にとても似合う花です。

花嫁のウエディングドレスにも良く合い、ピンクや白の花が花嫁を引き立てます。「優美」という花言葉はトルコキキョウにぴったりです。紫やピンク系の大きな花束は優雅で華やかなシーンにもマッチします。

ラナンキュラスはプレゼントに向いている?

ラナンキュラスはとてもいい花言葉なので、誕生日に贈るのがおすすめ。誕生日プレゼントにラナンキュラスの花を添えようと考えているなら、「ラナンキュラスの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。

色によってもラナンキュラスの花言葉は色々なので、どのような花言葉を添えてプレゼントをするか、考えてから購入しましょう。

ラナンキュラスは花束にすると素敵

ラナンキュラスは非常に美しく、贈り物に最適な花です。ラナンキュラスの花言葉はきれいな意味を持つものが多く、贈った人も贈られた人も気分よくなれるでしょう。

特定の花言葉だけを伝えたい時には、その色だけのラナンキュラスの花束とメッセージカードに花言葉を書いて添えると、伝えたい言葉がシンプルに伝わります。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。