Search

検索したいワードを入力してください

フラッシュモブの失敗|日本の失敗談/披露宴で失敗する理由/告白で失敗理由

Author nopic iconkaede
雑学 / 2018年01月19日
フラッシュモブの失敗|日本の失敗談/披露宴で失敗する理由/告白で失敗理由

日本のフラッシュモブの失敗談ってどんな感じ?

そもそもフラッシュモブとは、複数の人々が集まり、公共の場でいきなりパフォーマンスを披露するというものです。ニューヨークから生まれたこの行為は日本でもよく行われるようになり、テレビでフラッシュモブをしている光景もたまに見かけます。更にはフラッシュモブ専門の会社まで出てきています。

しかし、いつもいつもフラッシュモブが成功する訳ではありません。中には失敗して「やらなければよかった」と後悔している人もいらっしゃいます。具体的にはどういった失敗談があるのでしょうか。

この項目では、日本でフラッシュモブが失敗した出来事を2つご説明いたします。

フラッシュモブの失敗談:会社の前でプロポーズ

Blockquote firstBlockquote second

昨日、誕生日でした。
彼と食事に行く約束で、彼が会社受付で待ってました。
彼と会社を出た途端、フラッシュモブでプロポーズされました。
会社の人にも、知らない人にも見られて、恥ずかしいだけでした。
私は逃げて帰り、彼から怒りの電話が来ました。
恥ずかしくて会社にも行けず、上司は分かってくれましたが他の人は、昨日写メを沢山撮られていてメールで送って来ます。
イヤで仕方ありません。
彼とは別れるつもりですが、彼は分からないみたいです。
会社も辞めたいです。

こちらの方はフラッシュモブをされた側ですが、喜んでいないので明らかに失敗といえます。フラッシュモブが行われた場所は会社の前で、彼女は知らされていなかったのでしょう。会社の前なので同僚の人たちもいる、外なので見知らぬ人たちもいるという中でのプロポーズは彼女にとってたまらなく恥ずかしい事で迷惑だったのです。

しかし、彼氏は逃げた彼女を心配するどころか怒っています。更には、彼女がこれをきっかけに別れの意思を示しても、何故そうなるのか理解できない様子を見せている事からフラッシュモブが失敗したという自覚もないのでしょう。

彼女はフラッシュモブをきっかけに彼氏と別れるだけではなく、会社すら辞めたいと思うようになってしまいました。

フラッシュモブの失敗談:友人へのお祝い

Blockquote firstBlockquote second

とあるコンクールで入賞した友人(名前:あかね)を祝うために、友人と親交の有る人達を集めてフラッシュモブをしました。場所にはコンクールの発表をした公民館を、許可を取って選びました。

フラッシュモブの内容は、まず友人を公民館に呼び出します。
その時演者の私達は、会館の前に棒立ちで立っています。
マネキンみたいに動かず、友人に声をかけられても無言を貫くのです。
けれど有る程度のタイミングで音楽が流れるようにセットして置いて、音楽が流れ始めたら止まっていた全員が一斉に踊りだします。
そして曲が終盤に入ったら踊りながら、「祝」という漢字を人文字で表現します。
それで曲が終わると同時に声を揃えて「あかね、コンクール入賞おめでとう」と、叫ぶ内容のパフォーマンスを行いました。

こちらはフラッシュモブをする側で、ご友人を祝う為に公民館の許可をきちんととってから行ったようです。パフォーマンス内容はダンスの終盤に人で「祝」の文字を作って、お祝いの言葉を叫ぶというものでした。

この内容でどこが失敗だったのかといえば、練習不足により、ダンスなどパフォーマンスの内容が不十分だった点が挙げられます。息が合っていない為、「祝」という文字を綺麗に作る事が出来ず、話し合いが足りずに表現のやり方でトラブルになるなど満足のいかない結果に終わりました。

ほぼ社会人で構成されたメンバーだった為、全員が集まる時間を上手くとれず、練習が思ったよりも出来なかった事例です。

披露宴でフラッシュモブが失敗してしまう理由とは

フラッシュモブは仕掛ける相手が何も知らない状態の時に、サプライズとして行われる事が多いです。そういったサプライズを他の人と企画し、相手の為にあれこれ考えている時間というのはとても楽しいものです。

フラッシュモブを行う場所は相手によって色々変わってきますが、結婚披露宴で行われる事も数多くあります。新郎新婦のどちらかがこっそり企画したり、ご友人の方々が本人たちに内緒で行ったりするなどといったパターンがあります。

しかし、はりきって行ったものの失敗してしまったというパターンもあります。一体何故失敗してしまうのでしょうか。この項目では、披露宴で行ったフラッシュモブが失敗してしまう理由について3つご説明いたします。

結婚式で失敗する理由:相手の価値観に寄り添っていない

これからお相手と結婚して長い人生を共に歩む事をお互いに分かっており、その事をお披露目する為に結婚披露宴があるのです。そういった場でフラッシュモブをしたとして、お相手の方はどう思うでしょうか。フラッシュモブが好きな人ならば、多少ダンスを失敗したとしても喜んで下さるでしょう。

問題はお相手がフラッシュモブのようなサプライズ系の催しを嫌っている場合です。これだと失敗する可能性は高いです。何故なら、これからずっと一緒に生きていこうと思っている相手が自分の価値観を理解していない、もしくは理解しているにも関わらず、自身の価値観を優先させていると捉えてしまいます。

こちらの価値観を大切にして寄り添おうとしない相手だと認識されれば、最悪の場合、離婚を言い渡される可能性すらあります。

結婚式で失敗する理由:場所が狭い

結婚披露宴の会場は列席者の人数が多ければ自然と広い場所を選ぶ必要がありますし、逆に少な目であれば広さもそれなりのものとなります。そして結婚披露宴ではよく余興が行われるので、その為のスペースが確保されている会場は多い事でしょう。

しかし、フラッシュモブをする為のスペースが想定されていない会場もあります。その事に当日になるまで気付かなければ、狭い場所で無理やりダンスをする事になります。当然、踊りにくい為、練習では出来ていた完璧なダンスが未熟なものとなり失敗してしまうのです。

このような失敗を避ける為にも、フラッシュモブの打ち合わせやダンスの練習だけではなく、結婚披露宴の会場を下調べする事も頭に入れておかなくてはいけません。

結婚式で失敗する理由:料金関連

フラッシュモブを行う際には、費用の事を考えて自分たちのみで行うか、お金がかかってもフラッシュモブの会社にお願いするかは、フラッシュモブの失敗を避ける上で重要な選択です。しかし、素人だけで集まって出来る事は限られており、完成度を少しでも上げたいならフラッシュモブの会社へ協力を要請した方が良いでしょう。

だからといって、料金が安すぎる所を選んでしまうと予想していたより全体的なクオリティが低く、これなら自分たちだけでやった方が良かったと後悔する結果を招きかねません。更に、フラッシュモブの会社の中には最初の説明が足りず、追加請求が発生してトラブルになるケースもあります。

その為、プロに協力をあおぐ際は、話し合いをしっかりして疑問点がないかを確認した方が会社選びの失敗はしにくくなります。そしてフラッシュモブの料金が高いという事よりも、完成度を重視する事の方が大切だと言えます。

フラッシュモブのサプライズプロポーズや告白失敗の理由とは

フラッシュモブをする人たちの中には、相手へ告白やプロポーズをする目的を持っている人も大勢いらっしゃいます。沢山の人々が応援している中、相手からOKをもらって喜んでいる光景は見ている側まで嬉しい気持ちにさせることでしょう。

しかし、フラッシュモブをしている人たち全員が告白やプロポーズを成功させている訳ではありありません。中には相手からNOを突きつけられ、ショックを受ける人たちもいるのです。その人たちは何故、失敗してしまうのでしょうか。

この項目では、フラッシュモブで告白やプロポーズを失敗してしまう理由について3つご説明いたします。

相手の気持ちを考慮していなかった

フラッシュモブを好きな人がいるように、それが嫌いな人も一定数存在します。フラッシュモブというよりサプライズ自体が大嫌いだという人もいらっしゃいます。そんな相手の気持ちを考慮せず、ただ照れているだけだと解釈してフラッシュモブをやってしまい、失敗どころか破局に至るケースがよく見られます。

何故、失敗してしまうのでしょうか。それはフラッシュモブを喜ばない人がいるはずないという思い込みから、相手の気持ちを勝手に決めつけたり、相手を感動させる自分をイメージしてそれに酔っている姿に幻滅されてしまうからです。

相手の気持ちを無視して自己満足を押し付けているようにしか見えないのです。いくら好きな気持ちを持っていたとしても、これでは百年の恋も冷めてしまいますし、当然ながら告白やプロポーズは失敗に終わります。

周囲への影響を気にしていなかった

フラッシュモブはその性質上、公共の場で行われる事が大半です。しかも、フラッシュモブに参加する人は分かっているからいいものの、通りすがりの人が当然知りませんからいきなり複数の人々が踊りだせば驚く事でしょう。

しかし、公共の場ですから事前に許可をとらなければいけない場合があります。それをせずにフラッシュモブを実施してしまい、後で周囲の人と揉めてしまったというケースは意外と多いです。

参加する人数が多ければ多いほど、ダンスをする為のスペースをとりますし、音楽も大音量で鳴らします。そうすると、その周囲に住んでいる人からしてみれば近所迷惑になるのです。

プロポーズや告白といったポジティブなものを目的としている事、屋内でダンスを散々練習して慣れていた事などから、そういった面の配慮が抜け落ちてしまうようです。このように事前の許可なく行った事でトラブルに発展し、失敗してしまいます。

フラッシュモブを意識しすぎた

フラッシュモブを実行に移し、いざ相手へ告白やプロポーズをするという段階になった所で、緊張から頭が真っ白になってしまう人がいます。言葉が出てこなかったり、どんなセリフを言うか忘れてしまったりしてしまうのです。

これはフラッシュモブを成功させる事ばかり意識してしまい、肝心の告白やプロポーズを考える時間がなかったという本末転倒な理由による失敗です。

フラッシュモブについて相手が喜ぶようにと色々考えるのは良いのですが、いつの間にかフラッシュモブそのものが目的となってしまうのです。そして告白やプロポーズのセリフを考えたり、その時のシチュエーションをイメージトレーニングして心の準備をするなどといった事が疎かになっていきます。

いくらフラッシュモブの完成度が高かったとしても、相手へ伝えるセリフがぐだぐだになってしまっては、失敗してしまうのも無理のない事です。

フラッシュモブの失敗を防ぐ対策は?

何をするにしても絶対に成功するという事はありえません。しかし、何故かフラッシュモブをする側は絶対に成功すると確信している人が多いように見受けられます。

それはテレビなどで失敗している場面を見かけないからではないでしょうか。それはテレビだから失敗している場面を映さないだけだという事は、仕掛ける側も理解している事でしょう。それでも度々成功している場面ばかり見ていれば、自分だけ失敗するとは思えなくなります。

絶対に失敗したくないのであれば、成功しているイメージだけではなく、失敗する要因についても探っておいた方が良いです。そして失敗をしない為の対策を打つのです。この項目では、フラッシュモブの失敗を防ぐ対策について、5つご説明いたします。

隠す事を徹底してやる

特定の誰かに気持ちを伝える事を目的としており、サプライズでやる事が決まっている場合、相手にフラッシュモブの計画を悟られると驚きが半減してしまいます。そうなると計画は失敗になりますので隠す必要があります。

しかし、その相手が身近な人であればあるほど、バレてしまう確率は高くなります。特に相手と毎日のように話している場合はなおさら気付かれやすいでしょう。

その為、フラッシュモブをする人たち同士で連絡を取り合う際には、周囲に誰もいない事を確認したり、普段の活動範囲外の場所で練習したりするといった工夫をしておきます。中途半端な隠し方をして、相手に不快感を与えてしまい、あらぬ誤解をされてトラブルになったというパターンもありますので、隠すならば徹底的にやる事をおすすめします。

目的を見失わない

フラッシュモブを実施する目的は人によって違い、ただ単に面白そうだからという人や周囲を驚かせたいという人、大切な相手にプロポーズしたいという人など様々です。しかし、フラッシュモブを一生懸命やっている内に目的を忘れてしまい、周りが見えなくなってしまう場合があります。

そうなるとフラッシュモブが失敗するだけではなく、目的の内容によっては一緒に参加した人との関係が悪化したり、プロポーズした相手に振られてしまったりする可能性が出てきます。そのような結果にならない為にも、自分が何故フラッシュモブを開催する事にしたのか、その目的を再確認して失敗を防ぎましょう。

一緒にやる人との話し合い

フラッシュモブは複数の人々が一緒にダンスをこなし、素晴らしい演出に仕上げるものです。したがって、それぞれ呼吸を合わせて行う事が大切なのです。

しかし、その為にはお互いに顔を合わせてどんなダンスにするか、どんな演出が良いかなどを話し合っておく必要があります。そういった話し合いを怠ってしまうと後で、「思っていたものと違う」「こういう演出の方が良かった」など、フラッシュモブの内容で揉めてしまいやすくなるからです。

悪い時には、その場で言い合いになり、周囲の人の反感を買ってしまう可能性も捨てきれません。このような理由で失敗しない為にも、あらかじめメンバーとしっかり話し合って全員の認識を一致させておきましょう。

必要なスペースの把握

例えばフラッシュモブを行う場所がかなり広い場合は問題ないでしょう。しかし、少しばかり敷地が狭い公園や人通りの多い商店街など、大勢でダンスをするのに適さない場所で行う場合は別です。

そういった場所でフラッシュモブを強引に行えば、周囲の人に当たらないよう意識しながら動いて消極的になる、遊具などの障害物とぶつかってしまうなどといった事態に陥ります。これでは思うような動きが出来ずに失敗してしまいます。

このような失敗を防ぐ為の対策として、必要なスペースの把握をしておきます。自分たちが実際にフラッシュモブを行った場合、どこまで動くのか、どれくらいのスペースをとるのか、具体的な範囲を測っておいて下さい。それを元に、フラッシュモブを行う場所の選定をしましょう。

事前のリサーチ

フラッシュモブで恋人へプロポーズする場合、相手がその方法で喜ぶかを調べる事は非常に重要です。リサーチした結果、相手に合わない方法と分かれば別の手を考える必要があるからです。

何が何でもフラッシュモブ自体がNGというなら諦めなければいけません。しかし、例えば「お店を貸し切って、いるのは友人だけ」「全面的にプロがやっている」などの条件が揃っている状況なら良いと考える人もいます。

細かい条件をリサーチして、失敗のないフラッシュモブへ近づく努力をしましょう。

フラッシュモブを始める際に大切な事

フラッシュモブを初めて行う人にとっては何が重要か、何が足りないかなどの把握は非常に困難かと思われます。一緒に行う人たちも初心者ならば、なおさら分からない事だらけでしょう。

フラッシュモブの会社に協力をお願いすれば、そういった点について丁寧に教えてくれます。しかし、どうしても自分たちだけでやりたいというのであれば、抑えておいた方が良い大切なポイントがあります。この項目では、フラッシュモブを始める際に大切なポイントを4つに絞ってご説明いたします。

人数集め

フラッシュモブは複数の人々が一斉に動いている姿も驚く要素の1つです。その為、人数はある程度揃っているのが望ましいです。少ない人数しかいないのであれば、フラッシュモブを成功させるのが難しくなってきますので、その場合は思い切って諦めた方が良いでしょう。

また人数が揃ったとしても、社会人ばかりだと練習時間をとる事が出来ないという問題が浮上してきます。ある程度は個人で練習出来ますが、全員揃って一緒に練習もせずいきなり本番を迎えても失敗するのは目に見えています。

フラッシュモブを始める前にメンバー全員で話し合って、どうしても一緒に練習する時間がとれないと分かったなら無理はしない方が良いでしょう。フラッシュモブ自体を諦めるか、時間の融通が利きやすいメンバーを再度探すしかありません。

強制しない

フラッシュモブの人数を集める際の方法は人それぞれです。インターネット上で不特定多数の人々に呼びかけるやり方もあれば、知り合いや友人、会社の同僚・上司などにお願いする方法もあります。特に後者は、誰かに対して気持ちを伝える際に選ばれやすい方法です。

しかし、相手にも都合があってフラッシュモブに参加できない場合もあります。そこでそのまま素直に諦めれば良いのですが、他人よりも気安い間柄である友人同士の場合、粘ったら引き受けてくれると安易に考え、しつこくスカウトを続ける人もいらっしゃいます。

いくら友人とはいえ「親しき仲にも礼儀あり」と言います。こちらから頼んでいるにも関わらず、そこまで食い下がると相手を怒らせて関係にひびが入ってしまう可能性があります。断られたら大人しく引き下がる事が賢明です。

許可をとる

フラッシュモブが行われやすい場所としては、商店街やショッピングセンター、公園などが挙げられます。しかし、これらの場所で勝手に音楽を鳴らしたり、ダンスを披露すると周囲に迷惑がかかります。誰かの邪魔にならない場所でひっそりとやれれば良いのですが、そう都合の良い場所は簡単に見つかりません。

その為、フラッシュモブをする際には事前に許可をとる必要があります。一般の道路で行うならば警察に、公園でやりたい場合は市役所に行き、必要な書類を提出しましょう。しかし、道路は通行の邪魔になるとして許可が出にくいです。

許可が出やすい場所としては、デパートやアミューズメント施設が挙げられます。このような場所では普段からライブやコンサートなどを実施している事が多く、フラッシュモブを受け入れる為の下地が整っている為、許可は通りやすいです。

相手の価値観の把握

フラッシュモブで誰かにプロポーズをしたり、お祝いの気持ちを示したりする場合、相手を喜ばせて自分の気持ちを伝える事が目的となります。

しかし、相手がサプライズやフラッシュモブを好まないならば中止しなければなりません。フラッシュモブは複数の人々に注目されながら行われる事が前提である為、注目される事に抵抗がある人は特にそういった行為を嫌います。目立つ事が嫌いではなくとも、大事な事を伝える時は静かにやってほしいという価値観を持つ人もいらっしゃいます。

その為、相手は何が好きで何が嫌いかを把握しておく必要があるのです。普段から話をしていればそういった価値観は自然と気付いていくものですが、もし分からなかった場合は気付かれないようさりげなく質問してみるのも1つの手です。

フラッシュモブは綿密に計画して失敗を防ごう

いかがでしょうか。この記事では、フラッシュモブの失敗について色々とご説明いたしました。

フラッシュモブで、特にプロポーズの失敗をする一番大きい理由として挙げられるのは、相手の価値観を理解せずに感動の押し売りをしてしまう事です。事前に調べてフラッシュモブが受け入れられるかを確認してから行った方が、失敗する確率を下げられるでしょう。

何事もやるからには失敗するより、成功したいものです。綿密な計画を立てて、出来るだけ周囲を喜ばせる事を意識すれば、より失敗しにくくなります。