Search

検索したいワードを入力してください

バイク女子のファッションやコーデまとめ・バイク女子のツーリング事情まとめ

Author nopic iconhiromiyu
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月20日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

バイク女子のファッションやコーデまとめ・バイク女子のツーリング事情まとめ

バイク女子のブログ

「バイク女子が書くブログには、バイクのことばかり書いてあるのだろう・・・」と思って見てみると、意外とバイク以外のグルメやおしゃれ、仮面ライダーなど様々な切り口でかかれていることがあります。今回はそうした面白いブログをご紹介します。

ネコとバイクが好きなバイク女子

ネコ6匹と暮らすバイク女子のブログです。群れを嫌ってソロツーリングが多いおニャゴライダーさんは3台のバイクであちこちを走っています。このブログはシーズン2でバイク乗り歴は二桁に突入したおニャゴライダーさん。ブログはバイクにまつわるエピソードが豊富、猫画像も満載で人気のブロガーです。

カメラ好きなバイク女子

カメラ片手にツーリングしているバイク女子のむぎこさん。さすがカメラ好きというだけあって、何といっても画像が良いです。バイクと景色が絶妙に溶け合ったアングルが素敵です。家にいながら自然の中に引き込まれるようなブログです。

仮面ライダーになりたいバイク女子

バイク女子くろにんさんは、仮面ライダーが大好き女子です。仮面ライダーになりたくてバイクに乗ってみたオタク女子でもあります。ツーリングでは好きな仮面ライダーのロケ地を巡って楽しんでいます。仮面ライダー好きな女子は数多かれどバイクまで乗る女子は珍しいでしょう。バイク女子だけじゃなく仮面ライダー女子も納得して楽しめるブログです。

バイク女子のファッション

ヘルメットの下の髪形どうしてる?

バイクに乗るときはヘルメットをかぶるのが義務付けられています。ロングヘアーをなびかせてさっそうと走るバイク女子には憧れますが、女子にとって髪形が崩れるのはとても辛いこと。ヘルメットをかぶるときバイク女子はどんな髪形をしているのでしょうか。

・結び目を下にしたポニーテール
・首の後ろでまとめるシニヨン
・髪の乱れを防げるフィッシュテール(三つ編み)
・前髪のおさまりを良くするフレンチ編み(編込み)

などヘルメットの脱着を意識した髪形をしているようです。それでもヘルメットを脱いだときには髪の毛の乱れが気になるのが女心です。そんなときのために持ち歩くと良いのは帽子です。帽子を被るだけで乱れ髪は気になりません。

かわいいバイク女子はいない?

バイク女子にかわいい子はいないという噂があります。それは本当なのでしょうか?。バイクに乗る=男にモテない女子という図式なのでしょうが、実際には、インスタやTwitterなどSNSでの画像にはかわいいバイク女子はたくさんいます。

男性は女性と違って保守的な人が多く、バイクは男性の世界というイメージが強いのでしょう。どんな世界でも男性の世界に女性が進出し始めたことで賛否両論いろんな意見が出るものです。しかし、臆することなく好きなバイクを楽しみましょう。逆にバイク女子大歓迎の男性もいます。バイク女子がどんどん増えることでそんな偏見の目も次第になくなっていくでしょう。

バイク女子に人気のバイク服専門店

バイク女子はバイクに乗るときだってオシャレに決めているようです。やはりバイク乗りの定番、レザージャケットやパンツは人気で最近ではバイク女子専用のレディースバイク用品店もあります。ヘルメットも女性用のかわいい色やペイントのものが人気です。女性にとって心配なのは紫外線ですね。しかし、対策のグッズなども売られているので安心です。

冬走行の防寒対策は念入りに

冬のバイク走行はとにかく寒い!冷えは女性にとって大敵です。冬にバイクで走ると体感温度は5度くらい低くなります。途中で寒くて走れなくならないように防寒準備は念入りにしましょう。

特に首元は風をもろに受けるので首回り対策は欠かせません。インナーにはヒートテックのタートルネックがおすすめです。また手がかじかむと危険です。必ずグローブも着用しましょう。そして冬の足元は断然ブーツがおすすめです。防寒にもなるし生地が厚くて安心です。ただし、ブーツはバイク仕様のブーツ以外は危険です。バイク仕様以外のものは、ヒモが巻き込まれるなどの危険が考えられるのでやめましょう。

ツーリングで長距離を走るときには、さらに携帯用のカイロや寒いときに着れる予備の洋服を持っていると良いでしょう。