Search

検索したいワードを入力してください

オトナ女子のファッションコーデ・ネイル・ヘアスタイル

Author nopic iconひよのすけ
コーディネート / 2018年12月25日
オトナ女子のファッションコーデ・ネイル・ヘアスタイル

オトナ女子のファッションコーデ

オトナ女子のコーディネートというと清楚でお上品な印象が浮かびますが、かっちりしていなくてもポイントさえしっかり押さえれば、今日からあなたもオトナ女子になれちゃいます。皆さんも一緒にオトナ女子のポイントを勉強しましょう。

スニーカー

最近は動きやすくいろいろな服に合うスニーカーがたくさん売られています。スニーカーに抵抗がある人もあるでしょう。ただ、スニーカーにも種類が様々で形によって印象がガラッと変わります。

ヒール、パンプスはもちろんですがオトナ女子ならではのスニーカーの合わせ方、ご紹介します。

おすすめのスニーカー、メーカー

オトナ女子におすすめなのは、
・ニューバランス
・アディタス
・コンバース
の三つのブランドです。

オトナ女子の皆さんなら、どのブランドも有名で聞いたことがあるのではないでしょうか。もしかするともうこのスニーカーを使用してるという方もいるでしょう。ニューバランスはアクティブに、アディタスはスタイリッシュに、コンバースはアクティブとスタイリッシュどちらも兼ね備えた印象になっています。

靴は足に合うものが一番いいので、できれば通販などではなく店頭に並んでいるものや店舗で取り寄せてもらってからの購入がおすすめです。デザインだけでなく、履きやすさも大事にしてください。履いている人が輝くからこそその靴も輝きます。それに、せっかく楽しいお出かけなのにオトナ女子さんが靴擦れなんてもったいないです。

ワンピースなど

女性、オトナ女子なら一着は持っているワンピース。お気に入りで頻繁に着るとみんなに覚えられてしまうし、アウターとしか組み合わせられないなど、上手く着まわすのが難しいのもワンピース、着る機会がなくてタンスの肥やしになっちゃった、なんてことも少なくないはずです。そんな時はTPOを意識して見ると無駄なく服を選べます。

オトナ女子におすすめなシーン別の選ぶポイントを紹介します。

オトナ女子①オフィス編

落ち着いた色、膝丈または膝下丈が大きなポイントになります。これにプラスしてオトナ女子の個性を出していきましょう。襟付きで清楚感を出したり、軽い素材で女性らしさを出したり、タイトワンピでしっかりしたできる女を演出したりちょっとしたアクセントで雰囲気もガラッと変わります。

自分らしさをプラスしてほかのオトナ女子との差をつけましょう。

オトナ女子②デート編

先ほどと同じで、オトナ女子のデートワンピースも、落ち着いた色を選ぶと失敗が少ないです。デートということで先ほどより少し短めの膝丈または膝が見える程度がベストなので、この二つをポイントにしてアクセントをつけていきます。

ベーシックなワンピには小物を合わせるのがおすすめです。女性ならではのアクセサリーや小さなカバン、ストールなどで色のアクセントを出すとともにオトナ女子らしさを表現することができます。

ほかにも、流行りのセットアップ風のワンピースで周りとの差をつけたり、男性受けばっちりのフレア生地のワンピースなどでワンステップ上のオトナ女子になってみてはいかがでしょうか。

オトナ女子におすすめのネイルとは

オトナ女子の完璧なファッションができたけど、何か足りない。そんなあなたはネイルにまで気を使ってみましょう。ネイルサロンに行くのも一つですが、自分に自信をつけるためにもネイルに挑戦してはいかがでしょうか。

頭の先から足の先まで意識してオトナ女子に近づけるよう、次は簡単にできるオトナ女子のネイルについてご紹介します。

オトナ女子のネイル①下準備編

まずはネイルを塗るために下準備をしましょう。もちろん、この手順は省いても大丈夫ですが、仕上がりに差が出るので余裕のあるオトナ女子さんはぜひ挑戦してみましょう。不安な方は爪磨きなど、できるところから始めてみてください。

甘皮処理 準備

爪には必ず甘皮があります。これがあるとマニュキアを塗るときに邪魔になってしまって見栄えが悪くなってしまったり、甘皮の上にマニキュアが塗られることによって、マニュキアが剥がれやすくなったりしてしまいます。なので、この甘皮を処理することから始めるのが一般的になります。横爪の方は、特にこの工程があるだけで縦爪に近づくので、挑戦してみましょう。

まず、100均などに売っている甘皮カッターやプッシャーを揃えましょう。甘皮カッターに関しては代用が難しいですが、プッシャーなら綿棒や割りばしの上の部分が平たくなっているものにガーゼを巻き付けて代用することができます。

さて、道具が揃ったらチャレンジ開始です。

甘皮処理

では、やり方を説明していきます。

①保湿
ハンドクリーム、ボディクリームを爪や爪の境目を重点的に塗ります。
②甘皮を柔らかくする
ぬるま湯を容器にいれて、爪を浸しふやかします。面倒な場合はお風呂上りに甘皮を処理するのも効果的です。
③甘皮を押し上げる
プッシャー、または代用品のコットンを巻いた割りばしや綿棒で甘皮を押し上げていきます。爪の付け根の白い半月模様がしっかり見えるまで甘皮を押し上げていきましょう。
④甘皮を除去する
先ほど押し上げた甘皮を甘皮カッターで除去していきます。皮膚を切りすぎないように注意しながら、爪の根元のラインに沿うように甘皮カッターを動かしていきましょう。この工程が一番大変で怪我もしやすいので慣れないうちはゆっくり注意してください。
⑤保湿
最後に再び保湿をします。最初と同様に爪の境目を重点的に保湿します。

これで甘皮処理は終了です。

爪磨き 準備

次は爪磨きです。爪はもともと縦に筋が入っていて凹凸がたくさんあります。この凹凸でマニュキアを塗ったときにムラになりやすくなってしまうので、爪を磨いてこの凹凸を無くし、ムラなくいい色がきちんと乗るように準備していきましょう。

必要なものは、爪やすり、爪磨き、保湿用クリームです。すべて100均で揃います。爪やすり、爪磨きと表記しています。違いは爪の形を整えるために使うのが爪やすり、爪の表面を磨き凹凸を無くすのが爪磨きです。

道具を購入する際は間違わないようぜひ参考にしてください。

爪磨き

やり方を説明します。

①爪磨きの荒い方を使って磨く
爪には縦に筋が入っているので、その筋を削る感じで横に磨いていきます。白い粉が出るので、下に何かを敷いたほうがいいです。爪が白くなりますが、心配しないでむらなく削ってください。利き手を削るのは難しいですが、慣れるまで頑張ってください。
②爪磨きの細かい方を使って磨く
①と同様で爪に対して横向きに削ります。この工程でやっと爪が輝いて変化を実感できます。爪に艶が出るまでしっかりと磨きます。
③爪の形を整える
爪やすりを使ってつめの形を整えます。爪先を尖らせるもよし、平たくするもよし、丸みをもたせるのもよし、大人女子さんの好みで磨いて下さい。このとき、左右の爪の形が統一されるともっと良いでしょう。
④保湿
爪を重点的に保湿をします。

これで、ネイル前の爪の準備はできました。

オトナ女子のネイル

爪の準備が整ったらネイルをやっていきましょう。オトナ女子おすすめの単色からアレンジまでご紹介します。アレンジ方法などは色や大きさを変えて応用もできるので、ぜひ参考にしてみてください。

オトナ女子のネイル おすすめカラー

①ベージュの単色塗り
オフィスなどでもおすすめの、ベージュ単色塗りでオトナ女子も指先を上品に演出します。シンプルで飽きの来ない、簡単な単色塗りはおすすめです。ワンアップするならマットタイプのマニキュアがいいでしょう。同じ色でもマットに変えるだけで印象もすごく変わります。

②ネイビー
オトナ女子らしい色のネイビーは、甘いキュートなデザインの甘さを少し抑えて、可愛くも落ち着いて見せてくれます。可愛すぎるデザインには勇気がいるときの味方ネイビーで、オトナ女子可愛いデザインにチャレンジしてみてはいかかでしょうか。

オトナ女子のネイル おすすめデザイン

①ラメライン・スタッズ(ストーン)
単色に簡単なアレンジを加えてみましょう。ゴールドやシルバーのラメでラメラインを根元、爪先に引くだけで印象が変わり少し華やかになります。全部の爪が一緒だとつまらないので、ラメラインアレンジと交互に根元にラメと同色のスタッズをつけてアレンジしてみると飽きの来ないオトナ女子の華やかな指先ができ上がります。

②フレンチ
フレンチにもいろいろな種類があります。爪の形やネイルの色に合わせて変えてみましょう。指がきれいに見える効果のある斜めフレンチや、変形フレンチのバルーンフレンチは、新鮮さと洗練されたオトナ女子の印象が一緒に引き出せておすすめです。

白でフレンチラインを引いて境目にゴールドのラインを重ねてみたり、スワロフスキーやスタッズストーンでアクセントを出しておしゃれに決めてみましょう。

③ブロッキングネイル
単色塗りと合わせることでオトナ女子な指先の華やかさが増すデザインです。オトナ女子さんにはネイビー、ゴールド、シルバーの三色を使ったブロッキングネイルがおすすめです。マスキングテープを使うと簡単にできるので不器用な大人女子や初心者のオトナ女子も安心してできるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

オトナ女子におすすめのリュックブランド

20代

サザビー(SAZABI)

20代向け雑誌掲載の常連の程よい価格とオトナおしゃれなデザインのバックブランドで、上品さのあるオトナ可愛いリュックが揃っています。学生のような子供っぽさはなく、かといっておばさんっぽくもない、ほど良いラインのデザインが人気を呼んでいるブランドです。

スーツやカジュアルなど服装を選ばず、且つ高級感のあるデザインはオトナ女子にばっちりなリュックになること間違いなしです。

ロンシャン(Longchamp)

オトナが似合うおしゃれなリュックと言えばここロンシャンです。カジュアルにもフォーマルにも合わせやすい優秀なバッグで、大人気のフランス・パリ生まれのブランドです。昔からある老舗ということもあり30代の方も愛用していますが、最近ではトレンドに敏感な20代女性を中心に人気が急上昇しています。

ル・プリアージュのリュックは、シンプルで軽量のナイロン生地で、雨水に強く汚れにくく上品なデザインでおすすめの一つです。内側のポケットや仕切りの数も絶妙なのでオトナ女子に優しい収納いっぱいのデザインとなっています。

アレキサンダーワン(Alexander Wang)

バレンシアガのクリエイティブディレクターのアレキサンダーワンさんが、自身の名前を名付けた、アメリカ・ニューヨークを拠点とするファッションブランドで、雑誌掲載も多いブランドです。きれいめにあう都会的ルックスで洗練された大人リュックで大人気です。

容量も多くA4書類や折り畳み傘も十分入り、素材は上質なエンボスレザーで落ち着いたデザインが、オトナ女子の雰囲気に合っていておすすめです。

30代・40代

エクルー

エクルーは特に30代のオトナ女子から支持される大人なバックブランドです。百貨店などでも取り扱われる実力派ブランドで、エレガント系のオトナリュックを数多くそろえています。

柔らかい上質なレザーのデザイン、細めのショルダーベルトで肩が痛くならない素材など、上品なリュックがオトナ女子に人気で、使っているうちに艶が増す革の変化も味が深く、長く大事に使えるブランドです。

エース

おしゃれで可愛いリュックがたくさんあるエースは、1940年創業から現在まで、70年以上の歴史のある日本の老舗ブランドです。30代・40代女性に向けたカナナプロジェクトなど女性専門バッグラインも充実しています。

女性の背中にピッタリフィットするデザインで体に負担をかけず使用することができます。
カラーでおしゃれに見せたり、黒や紺のフォーマルな見た目で卒園式・入学式など学校行事にも使ったり、色によってオトナ女子な印象がガラッと変わるので、用途に合わせて選んでみてください。

オトナ女子にピッタリのカラーがたくさんあるのでおすすめです。

バッグンナウン

シンプルさと女性にピッタリなサイズ感で、どんなお洋服にも合わせやすいリュックを多く取り扱っています。生地から縫製に至るまで、すべてが日本製なのでバッグンナウンは100%メイドインジャパンにこだわったバッグブランドです。きれいめカジュアルでカラーバリエーションも豊富でおすすめです。

いろんなシチュエーションに合わせやすいカラーの豊富さは、オトナ女子ファッョンの強い味方になってくれるでしょう。

プチプラ

ディッキーズ(Dickies)

ディッキーズはアメリカ生まれのカジュアル系のバッグ・帽子・服などいろんなアイテムをそろえており、安い・カジュアル・おしゃれの三拍子が揃うブランドです。高校生くらいから30代くらいまで幅広く愛されるブランドで、カラーバリエーションも豊富、そして3000円で買えるのが人気の理由となっているようです。

無地なデザインからドットや花柄まで、同じリュックでもデザインでオトナ女子の印象が全く変わるので、選ぶのも楽しめます。

ハッシュアッシュ(HusHusH)

30代・40代の女性とその子供たちにフレンチテイストとトレンドを程よく取り入れた、ベーシックなカジュアルアイテムをリーズナブルに提案しているブランドです。

おしゃれなママの間で人気急上昇中でトレンドを抑えたオトナリュックを多くそろえています。マチがしっかりしていたり、ポケットが多く収納が十分についていたりとオトナ女子に優しいデザインでおすすめです。

オトナ女子におすすめのヘアスタイル

オトナ女子におすすめのヘアスタイルやヘアアレンジをご紹介します。

カラー、長さ、ストレートスタイル、ウエーブスタイル、レイヤーを入れたりとレパートリーは無限大なので、気に入ったオトナ女子ヘアスタイルを見つけてチャレンジしてみてください。

定番 ショートヘア

男女ともに愛されているショートヘア、今の男性から見てショートヘアがおしゃれ可愛く映るといいます。女性だけど髪が短いギャップ、細い首筋、全身のスタイルがよく見える、清潔感がある、守ってあげたくなるなど髪を短くすることにより女性らしさを感じるという声が多かったです。オトナ女子さんは動きやすさ、髪が邪魔にならないなどの理由でショートヘアを選んでいるようです。

そこで、ショートヘアの中でも細かく、オトナ女子おすすめのショートスタイルをご紹介します。

前下がりショートボブ

シルエットもきれいな前下がりショートボブが最近人気のショートヘアの一つです。お手入れが簡単でセルフスタイリングやヘアアレンジがしやすい髪型になっています。顔回りや襟足の長さを調節することで小顔効果や頭の形をバランスよく見せることができます。

アレンジでは毛先のカールを入れるのがおすすめです。このひとつで印象も一気にオトナ女子らしく、柔らかくなるのでうまく使い分けて見てください。

ひし形シルエット

その名の通り、トップから耳くらいまでにボリュームをつけ、襟足までは抑えめにすることでひし形のシルエットになるショートスタイルです。耳にかけたり、アレンジも簡単で、髪の毛を遊ばせてふんわり巻くだけでぐっとオトナ女子の印象に近づきます。

服装もきれいめからカジュアルまで幅広く合うので、おすすめです。

オトナ女子 おすすめヘアカラー

王道 ブラウン系

①モカブラウン
明るすぎないモカブラウンで肌をきれいに見せ、清潔感もアップです。黒が飽きてしまった、少し変化が欲しい、そんなオトナ女子の方におすすめです。

②ピンクブラウン
ゆるふわボブもピンクブラウンでオトナ女子の可愛い印象には早替わりです。オトナ可愛いフェミニンモードで、ワンピースもパンツスタイルのファッションもばっちり決まること間違いなしです。

③暗めのブラウン
暗めのブラウンで大人女子の落ち着いた印象に見せてくれます。毛先を少し遊ばせることで華やかさがアップします。王道の人気色になります。

④オレンジブラウン
オレンジブラウンでオトナ女子の華やかさとラフ加減をバランスよく見せてくれるカラーです。髪質にコンプレックスがあるオトナ女子さんに一番おすすめなカラーになります。

⑤ミルクティー色
10代・20代に大人気のミルクティーカラーです。色白の方に馴染みやすくおすすめのカラーで、オトナ女子の柔らかい雰囲気とツヤ感を与えてくれるので、可愛くなりすぎず、オトナ女子さんもチャレンジしやすい色です。

ブラウン系はオトナ可愛く、柔らかく見せてくれるカラーが多いです。

セクシーなブラック系

①ブラック
黒髪と言えば日本人、まさに日本人女性の強みで髪本来の美しさが一番伝わる色です。オトナ女子の落ち着いた雰囲気で、聡明な印象が伝わるカラーになっています。

②ブラックブラウン
光に透かすとほのかにブラウンを感じるカラーです。オトナ女子のさりげない色気と純粋な印象を与えるカラーになっていて、オトナ女子の魅力を最大限に生かす色になっています。重すぎないブラックなのでおすすめです。

ブラック系は純粋さ落ち着き、聡明さを伝えてくれるカラーが多いです。

髪のお手入れも忘れずに

カラー剤を使用したり、ヘアアイロンやヘアスプレーを使用する機会も増えるオトナ女子の髪は意識していてもだんだんと傷んでしまいます。そんな時にはまず、普段のシャンプーから見直してみましょう。

①ブラシでしっかりと髪を梳かす。
ほこりなどの大きなごみを取り除くように、まずはブラシで髪を梳かしていきます。髪が絡まっている箇所は無理に引っ張らず、少しずつ梳かしていきましょう。

②髪をしっかりすすぐ
最初のすすぎで大半の汚れは取れるというほど大事な工程です。十分な水で丁寧にすすいでいきましょう。頭皮を指の腹でマッサージしながらすすぐと血行も良くなります。

③シャンプー
シャンプー剤を適量取り、一度手のひらで泡立ててから洗っていきます。基本、頭皮を傷つけないように指の腹で洗うことを心がけてください。頭皮が傷つくと、フケなどの原因になってしまうので丁寧に洗います。

④すすぎ
シャンプー剤をしっかりと洗い流します。シャンプーの時間の約三倍の時間を使って洗い流すのが良いでしょう。そのくらいしっかりと洗い流してください。

⑤トリートメント
髪の余分な水分をとってから、髪に栄養分を与えてくれるトリートメントを馴染ませます。時間を置くものと置かないものがあるので、使用するものに合わせてください。

⑥洗い流す

⑦コンディショナー
リンスとも呼ばれます。コンディショナーは髪に膜を張り水分や栄養分が逃げないようにふさいでくれる役割があります。トリートメントと同じようになじませます。

⑧洗い流す

⑨ドライ&ミスト
トリートメントウォーター(ミスト)を馴染ませてドライヤーをしていきます。髪から30㎝は離してください。ミストはドライヤー前とドライヤー後があるので、使用するものに合わせてください。

以上で髪のお手入れは完了です。どうしてもセルフケアには限界があるので、痛みが気になる場合は美容院でトリートメントをしてもらうと髪に潤いが戻りさらさらになります。

オトナ女子のためのメイク術

ウサギメイクや抜け感メイク、グレープなど季節や年齢、流行で変化していくメイクやコスメ、今回はオトナ女子におすすめなメイクやオトナ女子おすすめコスメを種類に分けてご紹介します。

使いやすいコスメを見つけたり、オトナ女子に合うアレンジを加えつつ、楽しんでチャレンジしてみてください。

化粧の前に、しっかりしたケアを

美しく見せるには化粧だけでは限界があります。肌本来の美しさを利用して美しさを何倍にもあげることができます。そのために肌のメンテナンスやスキンケアが重要になってきます。

この工程がしっかりできていないとキメが整わずに化粧のノリが悪くなってしまうし、肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥して潤いが足りないと、ファンデーションを塗ってもノリが悪くムラができてしまったり、小じわが目立ってしまったりと悪いことが重なってしまうでしょう。

朝の保湿ケア 手順とポイント

①洗顔
洗顔クリームは使いすぎても乾燥の元なので、朝は冷たすぎないぬるめの水のみの洗顔でも大丈夫です。夏場は汗をかきやすいから洗顔クリームありの洗顔、秋・冬は水のみ、のようにお肌と相談しながら行ってください。

②化粧水
寝ている間に乾いた肌に潤いを与える気持ちで化粧水を染み込ませていきましょう。
肌の調子や季節で量を調節してみてください。

③乳液
化粧水が蒸発しないように蓋をする気持ちで塗っていきます。乳液は油分を多く含むため、肌に吹き出物がある場合はいつもより少なめに塗布するのもいいでしょう。少なすぎるのもいけないので、必要分のみを塗布しましょう。

④美容液
最後の仕上げとして肌に染み込ませます。
この工程をするのとしないのでは肌の仕上がりが変わるので、きちんと行いましょう。

⑤日焼け止めクリーム
ファンデーションにUV効果があるときはついついさぼってしまいがちの工程ですが、将来のシミが減るようにこの工程も大事です。

夜の保湿ケア 手順とポイント

①クレンジング
クレンジングに関しては次の項目をご覧ください。

②洗顔
泡立てネットで作った濃密な泡で泡洗顔しましょう。なるべく手が肌と触れないくらいいっぱいの泡での洗顔が理想です。

③化粧水
お風呂上りにお肌の水分が蒸発する前に化粧水を染み込ませるのがベストなケアです。二段階に分けてお風呂上りすぐと五分くらいあけてからの二回で化粧水を塗ると乾燥肌の方でも保湿効果が見えるのでおすすめです。

④乳液
化粧水がそのままだと蒸発してしまうので、乳液で蓋をします。朝の保湿ケアでも書きましたが、乳液には油分が多く含まれるので肌と相談しながら量を決めてください。

⑤美容液
栄養分を染み込ませていきます。一緒に顔のマッサージをしながら塗っていくと滑りもいいのでマッサージしやすいです。

⑥クリーム
こちらも乳液と同じで油分を多く含みます。吹き出物がある方は塗る量に注意しましょう。

時短 保湿ケア

忙しいオトナ女子さんやズボラなオトナ女子さんのために、時間や手間を短縮した保湿ケアの方法をご紹介していきます。

・保湿パック・化粧水パック
まず、お風呂上りにパックをします。この工程は時間がない場合は省いて構いません。余裕があれば行いましょう。使用するパックは市販のものでもいいですし、普段使用している化粧水を100均のコットンパックシートに染み込ませたものでもどちらでもいいです。

このパックをしながら髪を乾かしたり時間を有効活用しましょう。

・オールインワンの化粧ジェル(クリーム)を使う
化粧水、美容液、乳液、クリーム、コラーゲンなどがこのジェル一つで補うことができます。ジェルタイプが苦手な方は、クリームタイプも売っているので探してみてください。30秒から1分(60秒)で肌のケアが終わるので楽で速くて効果もあっておすすめです。

クレンジング

まずは一日の化粧をしっかり落としましょう。オイル、シート、洗顔など化粧落としの方法もさまざまなのでこちらもその日の化粧によって変えるといいでしょう。

例えば
・コンビニに出るための薄い化粧には化粧落とし成分入りの洗顔のみ
・忙しい日には化粧落としシートでさっと落とした後に化粧落とし成分入りの洗顔をすることで早くしっかり落とす
・通常はクレンジングオイルで丁寧に落とした後普通の洗顔クリームで洗顔

などライフスタイルとお肌に合わせたクレンジング方法でお肌を大切にしてください。

オトナ女子 おすすめメイク

スキンケアとクレンジングについて押さえたら、次はメイクです。オトナ女子のおすすめメイクと一緒にオトナ女子におすすめのコスメブランドもご紹介します。

ポイントを押さえて素敵なオトナ女子になりましょう。

ベースメイク

ファンデーションでシミやニキビ跡などいらない部分はカバーして、肌の透明感やツヤ感は出したい、だからって厚塗りは厳禁です。ファンデーションの厚塗りはオトナ女子ではなく、老けて見えてしまいます。では、厚塗りせずオトナ女子なナチュラルにキレイな肌に見せる方法をご紹介します。

まず、先ほど紹介したようにスキンケアをしっかりした後、ベースコントロールカラーを塗ります。ピンク、ブルー、イエローの三色で自分の肌に合ったものを使いましょう。もし、自分がどれを使えばいいかわからない場合はデパートのコスメ売り場などでタッチアップをしてもらうと肌のベースカラーがわかるので参考にしてみてください。

そのあと、ファンデーションだけでカバーするのではなく、コンシーラーやパウダーをバランスよく使いカバーしていきます。ファンデーションは均等にまんべんなく伸ばしましょう。気になるクマ・シミの上だけ厚塗りなんてことは絶対NGです。小鼻まわりやクマ・シミはコンシーラーを乗せてカバーしましょう。

パウダーは直接はたくと厚塗り、ムラ・ヨレ、化粧崩れの原因となります。手の甲に馴染ませてからまんべんなくはたいていきます。頬などはチークでカバーすることもできるので、化粧全体でカバーするつもりでベースを仕上げることで、ファンデーションの厚塗りを防げます。

どうしても肌にコンプレックスがあり気になる方は、最近流行りのクッションファンデを使ってみるのをおすすめします。カバー力ばっちりでメイク崩れもしにくく使いやすいです。ただ、ひとつ注意点があり、毛穴までファンデーションを埋め込む形のものなので、クレンジングオイルで毛穴の奥までしっかり落とすようにしてください。

アイメイク

アイメイクは顔全体の中で一番印象を左右する部分です。目元の印象でその人の印象が決まるといってもいいほど大事になってきます。だからと言って濃くするのはNGです。ナチュラルメイクに見えるけどしっかりとしたアイメイクがオトナ女子のアイメイクの鉄則です。

オトナ女子さんにはブラウン・オレンジ・ベージュ系のアイシャドウが馴染みやすくおすすめです。細かいパールのアイシャドウ下地をアイホール全体に塗って、二重幅と目の際の二か所にアイシャドウを入れていきましょう。

オトナ女子はカラーをたくさん使わず、同系色の濃淡の二色で、薄いほうを二重幅、濃いほうを目の際に塗ることでナチュラルに見せていきます。ラメ入りのアイシャドウを使用する場合はラメが細かいものを使いましょう。ラメが大きいと主張しすぎてしまい派手メイクになってしまうので気をつけましょう。

アイラインはブラウンかブラックを使って引いていきます。オトナ女子のアイラインは控えめに引くのが良いです。くっきりしすぎたラインにならないように気を付けつつ、目じりをほんの少し長く引くことで目元がはっきりします。もし、ラインがくっきりしすぎてしまったら目の際に塗ったアイシャドウでぼかしてください。

あとはビューラーでまつげをしっかり挙げてマスカラを塗ったらオトナ女子な目元は完成です。

アイブロウ

アイメイクの次に印象が変わりやすいアイブロウ、大きく分けて二種類に分けられます。太眉か細眉かの二種類です。これは、どちらのほうがいいといえないので、オトナ女子のイメージやほかの顔のパーツのバランスを考えて決めてください。

太眉は、守りたくなるオトナ女子のイメージを与えます。芸能人で言うと、武井咲さんや石原さとみさんが太眉メイクをしています。ふんわりしたオトナ女子におすすめです。

注意点は太さに気を付けることとアイブロウカラーです。太い眉にするとロングヘアーの方は特に重く見えることが多いので、その場合は眉マスカラでダークブラウンやイエローブラウンに変えるとオトナ女子らしくバランスが整います。顔のバランスを見ながらオトナ女子の眉メイク挑戦してみてください。

細眉はきっちりしたできるオトナ女子のイメージです。アナウンサーや北川景子さんが細眉メイクです。細眉の注意点は眉を細く整えることと長さです。眉の輪郭が短すぎると物足りない印象になってしまうので、アイブロウパウダーなどを使ってふんわり長めに描いてみてましょう。このとき、はっきり描きすぎるとキツイオトナ女子の印象になってしまうので、ふんわり乗せていきましょう。

細眉のアイブロウカラーは好みに合わせて変えていいですが、髪の色と比べて明るすぎると細眉なのでヤンキーみたいになるので、髪色に合わせるのがオトナ女子のポイントです。

顔の印象やなりたいオトナ女子のイメージで好きな挑戦してみてください。

チーク

オトナ女子の女性らしい顔立ちに必要なのがチークです。オレンジ系で健康的に、ピンク系で純粋な可愛さ、ローズ系は血色良く見せてくれます。最初は、リップの色と同系色にすると統一感も生まれるので挑戦しやすいです。

オトナ女子のチークの入れ方は、笑ったときに一番高くなる頬骨の上あたりから、こめかみに向かって斜めに入れていきます。大人っぽい、しっかりした印象を与えたいときの入れ方です。チークもファンデーションと一緒で、手の甲で馴染ませてから入れていきましょう。クリームチークを使用する場合はトントンと叩くように入れないとファンデーションがヨレてしまうので気をつけてください。

チークを入れた後にチークの輪郭をハイライトでぼかすと、オトナ女子らしい自然な仕上がりになるので試してみてください。

リップ

最後にリップです。アイシャドウカラー、チークカラーのバランスを見て色を決めましょう。目元がはっきりしているならリップは薄めのピンクやコーラル、目元が柔らかいならリップははっきりしたレッド、とコントラストをつけましょう。

オトナ女子は目元も、唇も、頬もはっきりしてしまうメイクはNGです。どこかをはっきりさせたらどこかは抜いてバランスの良いオトナ女子のフェイスメイクを心がけてください。

オトナ女子おすすめ メイクブランド

新しいカラーを試したいとき、使う頻度の多いリップなど強い味方になってくれる機会も多いプチプラコスメ、オトナ女子だってプチプラコスメを使いたい、でも可愛すぎるパッケージだと持ち運びに戸惑うことも多いのではないでしょうか。

そんなオトナ女子におすすめの、使いやすくてプチプラに見えないコスメや、デパ地下コスメをブランドごとにご紹介します。

レブロン

①クレヨンリップ
世界中で愛用されているレブロンはクレヨンリップがおすすめです。オトナ女子にピッタリのカラーが揃っていて、リップクリームと口紅のいいところが合わさったクレヨンタイプの口紅です。保湿成分が入っていて、しっとりとした潤い唇をキープしつつ美しい発色が長持ちします。

持ち運ぶことが多いリップですが、パッケージがおしゃれでプチプラに見えないのでオトナ女子におすすめです。

②チーク
一塗りでばっちり発色してくれる、マットチークパウダーもオトナ女子おすすめです。パウダーなのにマットに大人っぽいチークで人気急上昇中のコスメです。天然毛ブラシとミラーがついたブラックのパッケージもオトナ女子おすすめポイントとなっています。

③アイブロウペンシル
描きやすく、落ちにくいアイブロウペンシルです。キャップには付属のブラシがついていて、毛流れを整えたりぼかしたりとこれ一本でアイブロウが完成できるほど充実した一本になっています。

キャップがゴールドで見た目もいいですし、ペンシル部分が長くなっているのでコスパもばっちりでオトナ女子おすすめのアイブロウペンシルです。

ヴィセ

上品でグラマラスなコスメブランドのヴィセです。

①アイシャドウ
大人っぽいグラデーションが簡単に作れる四色パレッドのアイシャドウがオトナ女子おすすめです。ツヤ感で濡れたような印象的な目元を演出してくれます。パッケージは可愛いデザインを、ブラックベースで調和した大人っぽいデザインで、オトナ女子でも持ち歩きやすくなっています。

②チーク
こちらは先ほどと違いクリームチークです。チークとリップ、どちらにも使えるので一つ持っていると便利です。柔らかいテクスチャーでぼかしやすく、内側からにじみ出るようにナチュラルに発色してツヤをだしてくれます。美容成分も配合されているので乾燥肌の方や乾燥しやすい冬場にもおすすめです。

③マスカラ
まつげ一本一本を美しく長く見せてくれるボリュームコート成分配合のマスカラです。エクステファイバーがまつげに沿って付着し、重ね塗りするごとに美しく長いボリュームのあるまつげに仕上がります。お湯でするりと落ちるフィルムタイプで肌にも優しくなっているのでオトナ女子におすすめです。

ケイト

トレンドアイテムを揃えたいなら、ケイトです。

①リップティント
自分の唇に合わせてカラーテイストが変化するティントリップです。グロス効果が高いので潤いがキープされ、飲み物を飲んでも落ちにくくオトナ女子人気のアイテムになっています。ティントリップを使用すると塗りなおしが減るので忙しいオトナ女子が愛用中です。

②マスカラ
ボリュームアップ、ロングアップ、カールキープのすべてをかなえてくれるマスカラ下地です。これを塗るか塗らないかで仕上がりが全然違うと人気のアイテムになっています。半透明タイプと黒タイプの二種類があってうれしいウォータープルーフです。

これだけでマスカラの効果も出てくれるので急いでいる日、ちょっと出かけるだけの日にも一本あるといろいろな使い方ができおすすめです。

③アイシャドウ
立体的なアーモンドアイを手軽に叶えてくれるハイライトカラー、ダークカラーを含んだ三色パレットのアイシャドウです。目頭にハイライト、目尻にダークカラーを塗ることで奥行きのある色っぽい目元に仕上げることができます。ハイライトを涙袋に入れたり、ダークカラーをアイブロウパウダーとして使うと色の統一感もでき、実用性も高いくお勧めです。

オトナ女子のためのお部屋コーディネート例

なかなか難しく、センスがないからとあきらめがちなお部屋のコーディネートですが、お部屋のイメージをしっかり作ってからコーディネートを行うと失敗が減ります。

お部屋作りに自信がなく不安を感じてるオトナ女子の皆さんのために、おしゃれなオトナ女子の部屋作りのポイントをご紹介します。

フェミニンなお部屋

白を基調として、ピンクのベッドやグリーンのラグ、明るい色のカーテンでオトナ女子らしくも可愛さのあるフェミニンなお部屋です。

白に、ビビット過ぎないカラーやパステルカラーを合わせることで、統一感のあるおしゃれなオトナ女子のお部屋に仕上がりました。壁が白の分、カーテンとラグを明るいカラーのものをにすると部屋の印象が明るくなるので、窓からさす光だけでも十分明るく感じられます。

さりげなく観葉植物を置くことでグリーンカラーがプラスされ落ち着いたリラックスできる空間になります。最近では100均にも植物が売っているので置いてみてはいかがでしょうか。

北欧風のお部屋

白い壁にブラウンの壁とブラウンの家具で統一感ばっちりのオトナ女子のお部屋です。

家具や床をブラウンにすることで、汚れが目立ちにくく掃除もしやすいのでとても住みやすいお部屋になっています。ポイントは、濃淡のブラウンをバランスよく使った家具と、壁の白が程よく見えるラックです。

ラックには空白を適度に意識してものを配置していきましょう。本、ボックス、観葉植物の三つを置くと、バランスの取れたおしゃれなオトナ女子の部屋に近づくので、ポイントをしっかり押さえてチャレンジしてみてください。

余裕があるようでしたら、照明もモダンテイストなものに変えるともっとおしゃれに仕上がります。

ロフトベッド

ロフトのある部屋は広く使えるので人気が高いです。二段のロフトベッドを置くことで部屋を広く使えておしゃれにまとまるので、ベッドでお部屋がいっぱいになってしまった、なんて方におすすめです。

うまく縦の空間を使って広く、生活しやすくフロアコーディネートをしていきましょう。そうすることでスペースが広く取れて、収納面でも助かりますし、見た目はおしゃれになって一石二鳥です。

オトナ女子のお部屋とは

①お部屋の基本色(ベースカラー)を決める。
一般的なのは白で、失敗が少ない色なので不安な方は白い壁のお部屋から始めてみてください。

②統一させる家具の色を決める。
このとき、濃淡をうまく使ってお部屋の印象が重くならないように意識します。

③空間を適度に開ける。
フリースペースや棚の中など見える部分のスペースを空けすぎず詰めすぎず、適度にバランスよく開けてください。空けすぎると物足りな飽きやすい印象、詰めすぎると窮屈で落ち着かない印象を感じやすくなります。コツとしてはモノを置いた隣にスペースを空けるようにすると詰まりすぎるのを防げるので、困ったら隣を空けていくとやりやすいです。

④差し色を入れる。
最後に、お部屋を見渡してカラーを差し色で入れます。ブラウン系ならレッドの差し色、ピンク系ならブルーやブラックの差し色を入れて飽きないお部屋にしましょう。基本的に差し色は奇数で入れます。部屋の広さによるので一つ差し色を入れてみて物足りないようなら三つに増やして行くと部屋の雰囲気を崩すことなくバランスをとることができます。

柄物を入れても同じような効果が得られるので、シンプルすぎるなと思ったら柄物でアクセントをつけるのをおすすめします。

お部屋は毎日生活する場所なので好きな色で安心するお部屋作りを楽しんでみてください。適度に家具の配置やラックに置いているものの場所を変えると常に新鮮な気分を楽しめます。

オトナ女子になって人生を豊かに♡

オトナ女子になるポイントいかがだったでしょうか。髪型、ファッション、メイク、ネイルは落ちついた色が鉄則になります。

派手なビビットカラーは差し色以外での使用NGです。そして、シンプルで可愛い、固すぎないイメージで、落ち着いた可愛さを見せることでオトナ女子の印象に近づきます。そして程よく流行を取り入れることでみんなの憧れのオトナ女子になれること間違いなしです。

オトナ女子はネイルケアや肌のメンテナンス、スキンケア、クレンジングなど細かいところまで心を配ることで、見た目も中身もオトナ女子に近づきますし、年を重ねてからも美しくいられる秘訣です。毎日続けるのは大変だし時間もかかりますが、ライフスタイルに合わせた方法でなるべく行ってください。

最後に、毎日生活するお部屋はその人を表すといわれるので統一性のある落ち着いた部屋にすることで日常生活も落ち着いて過ごせるようになります。一人暮らしだと特に、お部屋のスペースが十分に取れない場合が多いので、スペースを上手に広く使う工夫も必要になってきます。

自分らしさを忘れずにメイク、ファッション、フロアコーディネートを楽しんで、充実した、オトナ女子ライフを送ってください。

関連記事

Related