Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのセミロングの髪型|ストレート/前髪あり/前髪なし/黒髪

Small 65e6552e 93bc 4963 ab2b fbb893490cb6kiki
ヘアスタイル / 2018年01月19日
おすすめのセミロングの髪型|ストレート/前髪あり/前髪なし/黒髪

おすすめのセミロングの髪型

セミロングは程よい女性らしさがあり、扱いやすくアレンジのしやすい長さなので今大人気の、万能な髪型と言えるでしょう。

まずはおすすめのセミロングの髪型をパターン別に紹介していきます。

ストレートのセミロング

セミロングの定番と言えばナチュラルなストレートです。どんなシチュエーションにおいても好感度が高く、老若男女、誰からも好まれる髪型と言えるでしょう。

ナチュラル

適度なレイヤーが入っているストレートのセミロングは、自然な毛流れが作れることと、アップや巻き髪などのアレンジがしやすいことで最も人気を得ています。柔らかい女性らしい印象になります。

レイヤー

レイヤーを高い位置に入れ、毛先をかなり軽くするスタイルもあります。こちらは動きが出るのでやや癖のある人に向いています。最近ではモデルの梨花さんがこの髪型をしています。お洒落で元気な印象になります。

また、もともと毛量が少なく猫毛でトップのボリュームが出にくい人にもおすすめです。その場合髪は梳かずにレイヤーを高めに入れて、トップのふんわり感を出すと良いです。

ワンレングス

ワンレングスのセミロングは、イノセントな雰囲気が可愛らしい髪型です。重ためのスタイルなので、ややアレンジはし辛い点があります。毛質が堅かったり毛量の多い人は、少しすいてもらうとバランスが良くなります。癖のある人はストレートをかけると綺麗におさまります。

前髪ありのセミロング

イノセントで可愛らしく、「女性らしい」というよりは「女の子らしい」雰囲気を出せるのが、前髪ありのセミロングスタイルです。

アイラインカット

目の上ぎりぎりで作る前髪は、目を強調することができるのでアイメイクが映え、目を大きく見せることができます。どんな人にも似あう万能な長さです。

オンザ眉毛

眉毛の上でカットした短めのアシンメトリーの前髪は、ぐっと垢抜けた印象になります。美容師やショップ店員によく見かける前髪です。前髪ひとつで簡単にお洒落な雰囲気を作ることができます。

斜め前髪

長めの前髪を横に流すと、毛先に動きが出て可愛らしさの中にも少しクールな表情を加えることができます。頬のあたりやリップラインでカットすると、エラが張っている人は気になる骨格もカバーできます。伸ばしかけの前髪や前髪は作りたいけど子供っぽくなるのは嫌な人に、おすすめの長さです。

前髪なしのセミロング

前髪なしのセミロングは、一気に大人っぽくなり、セクシーさが加わる髪型です。前髪なしのロングヘアだと重く見えるスタイルも、セミロングの長さであればバランス良く仕上がります。

横流し

思い切って横にかきあげるスタイルは、モデルの中村アンを始め、数多くのモデルや芸能人に見られる髪型です。かっこいいクールな女性らしさを醸し出します。

顔周りにレイヤーが入っているセミロングの髪型だと、フェイスラインの綺麗な毛流れが横顔を綺麗に見せます。

センター分け

センター分けの髪型は、前髪なしでも優しい印象を作ることができます。上品な雰囲気がありますので、好感度が高いスタイルです。

丸顔におすすめのセミロング

セミロングはどんな顔の形の人でも似あいやすい万能な髪型ですが、丸顔の人にぜひおすすめしたいセミロングの髪型を紹介します。

縦長ライン

縦のラインを強調する髪型がおすすめです。顔周りにはあまりレイヤーを入れず、ストンと真っすぐに落ちるイメージのスタイルです。縦長のシルエットができますので、顔の丸さをカバーすることができます。

前髪センター分けの縦長ライン

短めのぱっつん前髪だと顔の丸さを強調してしまうため、前髪なしか、もしくは前髪は長めにしましょう。センター分けが縦長のラインを作るので、一番おすすめです。

黒髪のセミロング

清純なイメージの黒髪セミロングは、近年の若いアイドルなどに良く見られる髪型です。黒髪で適度な長さの清潔感のある雰囲気が、目上の人からの印象を良くするので、就活中の女性に定番の髪型となっています。

また、知的な雰囲気もありますので仕事のできるキャリアウーマンにも人気の髪型です。

黒髪というと基本的には清楚なイメージですが、地毛のナチュラルな黒というよりは、あえてヘアカラーで黒を選ぶことによってロックな雰囲気を作り上げることも可能です。真っ黒の髪に赤いリップを合わせるとモード感溢れる印象になります。

パーマのセミロング

全体パーマ

パーマをあてたセミロングは、アレンジがしやすくカジュアル派の女性に人気の髪型です。

全体的にウェーブをかけたセミロングは、キュートで活発な印象になります。毎朝丁寧にブローや寝癖直しをする手間を省いてもナチュラルに決まるので時短ヘアにもなります。

巻き髪パーマ

毎日ヘアアイロンで髪を巻く場合、毎日ヘアアイロンを髪にあてることで蓄積していくダメージが気になる人や、手間がかかるのが面倒だと感じる人には、巻き髪のように見えるパーマがおすすめです。

毛先ワンカールや、毛先中心にゆるいカールをつけたパーマヘアです。乾かすだけで巻き髪スタイルの出来上がりです。

自分で髪を巻くと湿気や汗ですぐにカールが取れてしまう人も、パーマをかければカールがだれずに一日中巻き髪スタイルが持続するのも魅力の髪型です。

シーン別のセミロングヘアにおすすめの髪型とアレンジのやり方

結婚式の髪型

結婚式のお呼ばれの時には欠かせないヘアセットは、華やかで好印象を与える髪型がポイントになります。

わざわざセットサロンに行かなくても、自分でも簡単にできるものを紹介していきます。

ねじりハーフアップ

女性らしく、華やかですが派手ではない柔らかい印象を作ることができます。どんな結婚式のファッションスタイルにも比較的似合いやすい髪型です。自分で簡単にできます。

【ヘアアレンジのやり方】
①まず、髪の毛全体をヘアアイロンで巻きます。
②耳より前のサイドの髪を、左右とも外側にねじります。
③左右のねじった束を後ろでピン止めします。
④ねじった束を少しずつ引っ張り、緩さを出します。
⑤トップの髪を鏡を見ながらバランスが良くなるように引っ張り出したら完成です。

へアイロンはセミロングの場合、32mmではかなり緩やかなカールになってしまうので、26mmを使用すると丁度良いカール感を出すことができ、適度なボリュームのある華やかな髪型に仕上がります。

ギブソンタック

海外セレブの髪型で良く見かけるスタイルです。この髪型ひとつで、こなれ感が出てお洒落上級者に見せることができます。主張しすぎず控えめな華やかさが、結婚式のお呼ばれにぴったりです。

【ヘアアレンジのやり方】
①全ての髪を、低い位置でひとつに結びます。
②髪の束を持ち上げてゴムの結び目の上に入れ込み、毛束を全部下に出します。
(上から下へ”くるりんぱ”をします。)
③毛先を左右にキュッと引っ張り、緩みをなくします。
④毛束を結び目に向って毛先まで全て巻き込みます。
⑤巻き付けた毛束をピンで固定します。
⑥最後に、鏡でバランスを見ながらトップやまとめた部分の毛を引っ張って緩めます。
⑦上記画像のようにバレッタで装飾すると華やぎます。

ストレートの人は軽く巻いてからアレンジをするとやりやすいです。長いロングヘアだとまとめた髪が大きくなったりとバランスがとりにくく、反対に短い髪だとできない髪型なので、ギブソンタックはセミロングにおすすめな髪型です。

毛量が多い人は、三つ編みを入れ込んだりと、さらにさまざまなアレンジが可能な髪型です。

夜会巻き

和装スタイルの場合や、少し年配の人に多く見られる髪型です。

基本的にはかっちりとしたヘアアレンジになりますが、ドレスやワンピースにも合うように、ナチュラルでルーズな夜会巻きも作ることができますので、今や幅広い年代の方に支持を得ている髪型です。こちらもまた、扱いやすいセミロングの長さに適した髪型です。

【ヘアアレンジのやり方】
①髪をまとめやすくするために、ヘアワックス(ソフトなもの)やヘアオイルを髪全体になじませます。
②クシを使って髪の面を整えながら、毛束をひとつにまとめます。
(まとめる位置はつむじの下あたりだとバランスが良いです。)
③上に向かって髪をねじります。
④ねじった髪を頭の形に沿うようにして形を整えます。
⑤ヘアコームを差し込んで固定するか、ヘアピンで固定します。
⑥崩れないように髪全体をハードスプレーで固めます。

華やかさや可愛らしさを出す場合は、毛先を全て巻き込まずに散らすとボリュームが出ます。また、夜会巻きを作る際はホットカーラーなどでベースを作るとやりやすいです。

着物の髪型

和装に合う髪型と言えば、やはりアップスタイルになります。低めの位置でまとめる落ち着いたアップスタイルが定番です。短かい髪だとうまくできないアップスタイルも、セミロング程度の長さがあれば簡単にセットすることができます。

シニヨン

落ち着いた品のある雰囲気を簡単に作れるシニヨンは印象も良く、年代問わず愛される髪型です。セミロングの長さであれば、無駄なボリュームは抑えてすっきりと仕上げることができます。

【ヘアアレンジのやり方】
①低い位置で髪をひとつに結びます。
②ねじってまとめて、結び目に向かって結び目を隠すようにして、毛束をピンでとめていきます。
③鏡を見ながら髪を引っ張って緩め、全体のバランスを整えます。

卒園式の髪型

卒園式はフォーマルな場でもあるので、あまり派手さは出さずにTPOに適した印象の良い髪型を意識するのがポイントになります。

控えめアップ

スーツや和装にも合う、控えめなアップスタイルです。

【ヘアアレンジのやり方】
①トップと耳よりまえのサイドの髪を残し、低い位置でひとつに結びます。
②結んだ髪をいくつかに分けてねじりながら結び目に向かってピンでとめます。
③トップとサイドの髪も同じように結び目に向かってピンでとめます。
④毛先も全て入れ込み、まとめた部分とトップの髪をバランスを見ながら引っ張って完成です。

セミロングくらいの長さで丁度良くできるヘアアレンジです。こちらも最初に軽く巻いてベースを作っておくとやりやすく、毛先を全て入れ込まずに少し散らすと華やかさも出ます。

ねじり一つ結び

こちらも落ち着いた印象の、控えめなセミロングのアレンジです。

【アレンジのやり方】
①髪全体をゆるく巻きます。
②耳より前のサイドの髪を残し、後ろに一つに結びます。
③サイドの髪を外向きにねじりながら、結び目を隠すように毛先をピンで固定します。
④トップの髪を、鏡でバランスを見ながら引っ張り出します。

写真のように、バレッタを留めても上品な華やかさが出ておすすめです。高い位置にすると賑やかな印象になるため、低い位置で作るのがポイントです。

浴衣の髪型

浴衣は暑い夏に着るものなので、訪問着などの着物よりもすっきりとした涼やかな髪型が向いています。セミロングの長さだとダウンスタイルは暑いので、アップスタイルが主流です。

また、お祭りなどに着る機会も多く、華やかさを加えるのも若い世代には人気です。

おだんごアップ

浴衣に合う、ゆるふわなおだんごアップです。普通に高い位置でおだんごを作るだけでは少し子供っぽくなってしまうため、ゆるさとふわふわ感を出してキュートで華やかな大人のおだんごアップを作ります。

【ヘアアレンジのやり方】
①髪全体を巻きます。できるだけカールを強めに巻きましょう。
②髪を高い位置でひとつに結び、おだんごを作ります。
③程よいボリュームが出るようにおだんご部分の髪を引っ張ります。
④毛先はクシで逆毛を立てるか、結び目を隠すように巻きつけてピンで固定します。
⑤ハードスプレーで髪全体を固定します。

仕上げにバレッタなどで装飾するのもグッと華やかさが出るのでおすすめです。

おだんごを作る位置は、つむじより前にすると元気な印象が出ますが、大人っぽく仕上げるならばつむじ辺りで作るのがおすすめです。横顔がより美しく仕上がります。

葬式の髪型

華美な髪型はNGとされるので、注意が必要です。TPOをわきまえ、喪服に合うシンプルで清潔感のある髪型を意識しましょう。

ハーフアップ

そのまま髪を下ろしっぱなしにするよりも、清潔感を与えるシンプルなハーフアップが喪服には適していると言えます。

【ヘアアレンジのやり方】
①髪全体をブローで整えます。巻く場合は、毛先を軽く巻く程度にとどめましょう。
②上半分の髪を、後ろで一つにゴムで結ぶか、ねじってピンで固定します。
③トップの髪をバランスを見ながら引っ張ります。

トップの髪は、あまり高くしすぎたりルーズ感を出しすぎたりしないように気をつけましょう。

年代別のセミロングヘアのおすすめ髪型

同じセミロングであっても、年代別でおすすめする髪型は異なります。20代で似合う髪型が、50代でも似合うとは限りません。髪も年を取るので、その年代それぞれに合った髪型を紹介していきましょう。

20代

20代は最も幅広く多くのヘアスタイルを楽しめる年代と言って良いでしょう。髪年齢のピークは、女性は20歳〜30歳までと言われています。

ヘアカラーやパーマなど、試したいことは全てこの年代のうちに楽しみ、本当に自分に似合うスタイルを見つけ出すと良いでしょう。若いうちからきちんと髪のケアを意識することも、将来の美髪維持へと繋がりますので、お肌と同じように髪のケアも大事です。

20代にはどのようなセミロングの髪型がおすすめかを、紹介していきます。

ナチュラルローレイヤー

ナチュラルなローレイヤーセミロングは、まだ加齢による髪の癖や乾燥が少ない20代が、最もお手入れしやすい髪型です。

20代は髪のハリコシもあるので、ローレイヤーでもトップのふんわり感を維持できるのでおすすめです。

パーマ

セミロングでパーマをあてた髪型もおすすめです。カラーとパーマを同時に施術しても傷みにくいトリートメント成分がたっぷり配合された薬剤が今は豊富なので、さまざまな髪型が楽しめます。

ハイトーンカラー

ハイトーンカラーのセミロングです。外国人風の髪型が楽しめます。思い切って明るくしてみるのも魅力的です。少しくすんだ明るい髪色が、より外国人風に見せることができます。

30代

30代は、20代に比べると髪が少し細くなったと感じることが多くなります。乾燥や抜け毛、髪のまとまりにくさも気になり出してくる年代でしょう。

出産を経験するとホルモンバランスの関係で、髪質が変わってしまう方も少なくないです。以前はサラサラの直毛だったのに、産後はパサパサのくせ毛になってしまった、というような例もあります。授乳中は抜け毛が増えることもあります。

また、20代の華やかで可愛らしい髪型ではなく、大人の落ち着きや品、エレガントさを演出したい年代でもあります。

どのようなセミロングの髪型がおすすめかを、紹介していきます。

表面レイヤー

カラーは落ち着いたダークカラーで、表面に少しレイヤーを入れて動きを出した髪型です。軽く毛先を巻くだけで、エレガントな雰囲気を作れます。

レイヤーを入れることにより、髪のハリコシが気になる方にはトップのボリュームも出しやすくなるのでおすすめです。

鎖骨ラインカット

前髪が長めの鎖骨ラインで切りそろえたセミロングです。鎖骨あたりに長さを揃えることにより、鎖骨で揺れる毛先が大人の色っぽさを演出します。

カラーもツヤ感重視のレッドやパープル系がおすすめです。乾燥して傷んだ感じに見える髪が、赤系の色を入れることによってツヤが出て髪が綺麗に見えます。また、ベージュやアッシュ系と比べると褪色がしにくく、褪色しても綺麗に落ちるので品のある落ち着いた雰囲気になります。

40代

40代になると、30代よりも顕著に髪の衰えが気になってくる年代です。この年代でロングは諦めてショートに移行する人も多いです。

ロングは難しくとも、セミロングであれば40代でも似合う髪型はたくさんありますので、紹介していきましょう。

ハイレイヤー

ハイレイヤーのセミロングです。思い切ってレイヤーを入れることにより、動きやボリュームが出て、髪のうねりやハリコシの無さをカバーできる髪型です。

カラーはオレンジ系の色を入れることによって、若々しさを演出することもできます。白髪染めであれば、ヘナがおすすめです。ヘナは、自然なオレンジ系の色になります。

くびれカット

クールで知的な雰囲気のセミロングです。耳下あたりからレイヤーを入れることにより、髪にくびれができ、年相応の大人の雰囲気演出できるセミロングの髪型です。

年齢的に可愛らしい雰囲気の髪型が苦手な方にはおすすめの、肩の力が入り過ぎないナチュラルでモード感溢れるお洒落なセミロングです。

髪のツヤ感を重視するため、カラーはせずに黒髪かまたはダークな色が良いでしょう。

50代

50代は加齢による薄毛や髪のハリコシの無さに悩まされる年代です。もともとくせ毛ではなかったのに、加齢による髪の変なうねりや癖が出てきやすい頃でもあります。特に、閉経後に髪の衰えが顕著に表れる場合が多いです。

この年代になると、短い髪型にする方がとても多く見られますが、また髪を伸ばすのに挑戦したいと思う人も少なくないでしょう。50代に似合うおすすめのセミロングの髪型を、紹介していきます。

内巻きローレイヤー

セミロングの中でも、短めの髪型です。ローレイヤーで髪が自然に内巻きになるようにカットするのがポイントのセミロングです。

大きめのブラシでブローをするか、ホットカーラーで全体を巻けば、豊かなボリュームが出せてエレガントに仕上がる髪型です。

黒髪ナチュラル

黒髪のナチュラルなセミロングです。髪の表面にレイヤーを入れ、こちらもブローだけで自然と毛流れが作れるような髪型です。トップの髪だけホットカーラーで巻けばよりボリュームが出せます。

50代になると白髪の無い方はヘアカラーをするのに抵抗を感じることも多いですが、黒髪のままでもツヤ感を保って若々しい雰囲気を出せるセミロングです。

60代

60代にもなると、髪の少なさをカバーするために短くしてパーマでボリュームを出す人がとても多いです。セミロング以上の長さの髪型の人はかなり少なくなります。

しかし、60代でもきちんと髪のケアをしていれば長い髪型も可能です。60代に似合うおすすめのセミロングを、紹介していきましょう。

重めバングパーマ

髪の量がまだある程度ある方におすすめのセミロングです。全体にパーマをかけ、前髪を重めに作って若々しさを演出します。

この年代であえて20代のようなデザインの髪型をすることによって、パリジェンヌのようなモード感溢れるお洒落マダムの雰囲気を出すことができます。

レイヤーカット

髪の量が少なく、ハリコシも全くなくぺたんこになりやすい方におすすめのセミロングです。レイヤーを入れて、トップにボリュームを出しやすくしている髪型です。

ショートにするのではなく、襟足の髪を残すことによってトップのボリュームと髪の長さの維持のどちらとも叶えることができるセミロングです。

簡単にできるセミロングヘアの髪型アレンジ

仕事中やお出かけ先で、または出かける前のわずかな時間で簡単に、そしてお洒落にセミロングの髪をまとめることができれば、周りからの視線を集めることができます。

ロングヘアであれば、なかなかアレンジがしにくいうえに時間がかかってしまうのが現実です。セミロングは、ヘアアレンジに最適な髪型と言えるでしょう。

出先でも簡単にできる髪型アレンジを、紹介していきましょう。

ポニーテール

簡単なヘアアレンジで定番の髪型です。セミロングの長さであれば、丁度良いボリューム感が出せます。

【ヘアアレンジのやり方】
①全体に髪を巻きます。
②髪を一つに結んでポニーテールにします。
③少し毛束を取って結び目を隠すように巻き付け、毛先は結び目に入れ込むか、ピンで固定します。
④トップやサイドの髪をバランスを見ながら引き出してルーズ感を出します。
⑤必要に応じてポニーテールのボリュームがもっと欲しい場合は、軽く指やクシなどで逆毛を立ててスプレーで固定します。

①の髪を巻く時は、全て髪をまとめるので毛流れやカールの向きなどは気にせずにラフに適当に巻いてOKです。

結び目を隠す際に毛束を巻き付けるのが一番簡単ですが、装飾のあるゴムやバレッタで結び目を飾るのもおすすめです。

ポニーテールの位置は高ければ高いほど、元気で若々しい印象が出せますし、低ければ低いほど、落ち着いた大人の雰囲気を出すことができるセミロングのアレンジです。

耳かけアレンジ

前から見ると、パッと見はハーフアップに見えますが、ハーフアップよりも簡単にできて尚且つお洒落なセミロングの時短アレンジです。

【ヘアアレンジのやり方】
①直毛の人は全体的にラフに髪を巻いておきます。
②耳から前のサイドの髪を、後ろにねじり、耳の後ろをピンで固定します。

ハーフアップほど手間もかからず簡単ですが、すっきり見えて清潔感溢れる髪型にできるセミロングのアレンジ方法です。

ピンは髪になじむように黒を使っても良いですが、画像のようにゴールドのピンを使ってあえてピンを装飾にするのも可愛いく仕上がります。

ラフおだんご

リラックス感溢れる、ラフに作ったおだんごの髪型です。セミロングの長さで、バランスの良い大きさのおだんごヘアが作れます。

【ヘアアレンジのやり方】
①髪をつむじあたりの位置で一つに結び、おだんごにします。
②毛先は出して散らします。
③おだんごの毛束をバランスを見ながら引っ張り出してルーズ感と適度なボリュームを出します。

前髪や襟足の後れ毛を出すと、よりルーズ感が出てお洒落な雰囲気を演出できます。

髪は直毛ならば適度に巻いてベースを作った方がやりやすいセミロングのアレンジです。ソフトワックスやオイルをつけるとまとめやすいです。

また、後れ毛やおだんごの毛先を後からコテで巻くとエアリー感が出て垢抜けた印象になるのでおすすめです。

小顔に見えるセミロングの髪型

セミロングの髪型は、長いロングヘアに比べるとカット技術も豊富で、カットだけで簡単に小顔に見せることができるのがセミロングの魅力のひとつです。また、カラーの工夫で小顔に見せる方法もあります。

ショートよりも長さのあるセミロングはアレンジもしやすく、ちょっとしたひと手間ですぐに小顔に見せることもできます。

レイヤーカット

顔周りにレイヤーを入れたセミロングです。レイヤーの効果で、小顔に見せることができる髪型です。

主に顔周りの骨格をカバーしますので、エラが張っている人や丸顔の人におすすめのセミロングです。

厚めバング

厚めに作った前髪で小顔に見せるセミロングです。顔の面積が小さくなるため、小顔効果が期待できる髪型です。特に面長の方におすすめのセミロングです。

3Dカラー

明るい部分と暗い部分を細かい毛束に分けて染める、3Dカラーのセミロングです。一辺倒な髪の色だと膨張して見えることもありますが、3Dカラーは立体的に見えるので、小顔に見える効果があるセミロングです。

まとめ髪アレンジ

髪をまとめた時などにサイドの髪を適量垂らすと、フェイスラインをカバーできて小顔効果が期待できます。

ぺったりとしたストレートだと逆にフェイスラインを強調してしまうので、画像のように緩やかなウェーブでふんわりした立体感をを出すと良いです。髪をまとめることの多い人におすすめのセミロングの髪型です。

ふんわりウェーブ

耳下からのふんわりウェーブのセミロングは、ウェーブの立体感に視線が散るので顔のさまざまな気になる部分をカバーしてくれます。根本からウェーブをあててしまうと、髪全体が膨らみ逆効果の場合があるので注意です。

これからもずっとセミロング

これまでに紹介してきたセミロングの髪型やアレンジ方法を振り返ると、さまざまなシチュエーションに対応でき、扱いやすくてアレンジも豊富な万能な髪型だと断言することができます。

カラーやパーマ、また外の強い紫外線など、髪は日々ダメージを受けています。髪は肌とは違い、既に死んでいる細胞なので一度傷んだ髪は二度と戻りません。

そのため、ロングヘアになると髪のケアが大変です。お金もかかりますし、加齢による髪の老化などでずっと続けていくには少し難しい髪型と言えます。

だからと言ってショートにするのはつまらない、と思う方も多いです。ショートにしてしまうとケアやスタイリングは楽ですが、アレンジできる幅が狭いため、いつも同じような髪型になってしまいがちです。

そうすると、傷んで伸びた髪は少しずつ切っていきながら、いつも綺麗なセミロングを維持することが理想ではないでしょうか。髪が美しいと、それだけで気分が上がります。

その日の気分によって、さまざまな幅広いアレンジで髪型を変えることができます。長さを変えなくてもカットで雰囲気に変化をつけることも容易にできます。

いつも美しいセミロングと共に、楽しく豊かな人生を送りましょう。

関連記事

Related