Search

検索したいワードを入力してください

フェイスパウダーの使い方と順番・ファンデーションとの使い方の違い

Small 94dbe341 165e 49c8 8c8b 3cf672903bf3はなみ
メイク・コスメ / 2018年12月28日
フェイスパウダーの使い方と順番・ファンデーションとの使い方の違い

意外と知らない!フェイスパウダーの正しい使い方

フェイスパウダーはベースメイクでは欠かせません。正しいフェイスパウダーの使い方をマスターすると皮脂や汗を吸収して化粧が崩れるのを防いでくれるだけではなく、さらさらとした陶器肌やマットな質感を叶えてくれたりくすみを飛ばしたり自然に肌をトーンアップしたり、またフェイスパウダーは光を拡散させ顔を立体的に見せてくれます。

毛穴レスな肌を作ったり、チークを乗せすぎた時などは、チークを付け過ぎた部分の上からフェイスパウダーを優しく乗せる使い方をすると色の調整にも役立ちます。
このようにベースメイクでフェイスパウダーはても重要な役割を果たします。

フェイスパウダーの正しい使い方と順番は?

綺麗に仕上がるベースメイクの手順は

洗顔→保水→保湿→日焼け止め、化粧下地、コントロールカラーなど→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

で、フェイスパウダーは一番最後の仕上げにつけます。夜まで化粧を落とさない日や、暑くて汗をかきやすい夏場など崩れが心配な日は化粧下地の後にフェイスパウダーを軽く顔にはたいてからファンデーションを使う使い方をすると崩れにくいベースメイクが完成します。

学校などのシーンでナチュラルに仕上げたい場合は下地を塗って軽くティッシュオフした後にコンシーラーでニキビ後やクマをカバーした後、フェイスパウダーを仕上げに使うと気になる所をカバーしつつナチュラルに仕上がります。

ブラシとパフの使い方、どうやって使い分ければいいの?

フェイスパウダーを使うとき、付いてたパフやブラシ。どっちがいいのか、と悩む人も多いのではないでしょうか。答えはどんな仕上がりにしたいかによって変わります。パフはしっかりとカバーさせたい時。ブラシは軽めに仕上げる時に使います。フェイスパウダーはブラシやパフの使い方次第で綺麗にも残念にもなるので使い方はちゃんと抑えときたいポイントです。

・パフの使い方

まず、フェイスパウダーにパフを円を描くようにして取り、パフをしっかりと揉み込みます。揉み込む事でムラなく乗せれるようになります。顔の内側から外側に滑らせるように全体的に乗せます。その後にブラシで余分な粉を払います。

・ブラシの使い方

フェイスパウダーをブラシで円を描くようにして取り、手の甲などで軽く粉を払った後に顔の内側から外側に向けてくるくると付けていきます。最後にブラシで軽く払います。

そしてブラシやパフのお手入れも忘れないようにしましょう。手入れをせずに放置して使用すると、綺麗に仕上がらないだけではなく雑菌が大量に繁殖して非常に肌にとって危険です。パフであれば中性洗剤とぬるま湯で揉み洗いしましょう。

優しく洗うのが重要です。最後に薄めた柔軟剤に付けてキッチンペーパーなどで水切りをして自然乾燥させます。ブラシは中性洗剤を薄めたぬるま湯に付けて振り洗いをします。やさしくしっかりとぬるま湯ですすぎタオルの上で自然乾燥させます。日々の手入れが綺麗な仕上がりの近道です。

なりたい肌を叶える質感の使い方

質感の違いをシーンによって使い分ければさらにワンランク上の美人に近づけるでしょう。マットに仕上げるか、艶肌やキラキラとした肌に仕上げるかで印象は強く変わります。

・パールなし

パールなしだとマットな仕上がりとなり、濡れ艶のあるリップやアイシャドウを上手く引き立てます。パフでしっかりとフェイスパウダーを付ける使い方をするとしっかりと強いマットな陶器肌になります。

・ラメあり

キラキラとしたゴージャスな仕上がりになるラメ入りのフェイスパウダーは、パーティーや煌びやかなナイトシーンにお勧めです。ギラギラしすぎる時の使い方はラメなしのフェイスパウダーに混ぜると主張しすぎない輝きが手に入ります。

フェイスパウダー一つでも質感などで印象がガラッと変わります。気分やシーンによってリップのように変えて日々のオシャレを楽しみましょう。

フェイスパウダーとパウダーファンデーションの使い方の違い

フェイスパウダーとパウダーファンデーションは一見同じような見た目ですが実は違います。まず違うのは油分の量です。フェイスパウダーは油分が少なく、パウダーファンデーションは油分が多いです。

油分が多い分パウダーファンデーションは落ちにくくカバー力はありますが、ニキビや脂性肌には向いてません。思春期で肌が荒れやすくニキビが多いのが悩みの人はパウダーファンデーションよりもフェイスパウダーのほうが向いてるでしょう。


一方フェイスパウダーはシミやニキビ跡のカバー力はそこまでありませんが、毛穴のカバー力が強いです。パウダーファンデーションを使わずにフェイスパウダーのみの使い方をすればすっぴん風の薄めメイクに仕上げることができます。

また、フェイスパウダーにはルースパウダー(粉状でパフが入っていて容器に小さい穴が開いてる物)とプレストパウダー(固形でパウダーファンデーションと見た目が似ている)があります。

ルースパウダーはふんわりとした仕上がりの使い方が向いていて、プレストパウダーはマットな仕上がりで手軽に使えるので化粧直しなどの使い方が向いているでしょう。

もちろん、フェイスパウダーとパウダーファンデーションの使い方も目的も違います。パウダーファンデーションはベースメイクに使うものでフェイスパウダーは最後の仕上げに使います。

メーカー別のフェイスパウダーの特徴と使い方

使い方はわかったけれど自分にはどのメーカーのを使えばいいかわからない...と言う方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに早速ですがここではメーカー別のフェイスパウダーの特徴や効果的な使い方を紹介します。自分のお肌や使うシーンに合ったフェイスパウダーを見つけましょう。

コスメデコルテ ​AQMWフェイスパウダー

高級感のあるキラキラした大人っぽい見た目のコスメデコルテの​AQMWフェイスパウダー​は有名でツヤ感のある崩れにくいフェイスパウダーです。オーガニックシルクパウダーを配合していて、しかも毛穴のカバー力も高いのでふんわりとした柔らかくてなめらかな肌を叶えてくれます。

細かくて主張しすぎない日常使いできるラメが入っていて肌を明るく見せてくれて、画像の80のピンクのパウダーは顔の血色なども良くしてくれるので華やかな印象の肌へと仕上がります。

このパウダーにはラメが入っているのでラメの存在を目立たせたい場合は少し多めにつける使い方で程よくラメを目立たせることができます。しっかりカバーしたい部分は押さえるような使い方で綺麗に見せる事ができます。

Blockquote firstBlockquote second

発売してから何年もずっと愛用しています。
白くならず、パール感も悪目立ちせず、
キレイに仕上がります。
先日なくなったので他のものに変えると、
粉っぽく不自然になりました。
1度使うともう他社商品は使えません。
Amazonで取扱いしてもらえるので安心です。

クリアラスト クリアラストフェイスパウダー

クリアラストと言ったら、可愛いパフのリボンが特徴的なクリアラストフェイスパウダーでしょう。このフェイスパウダーは下地、UVカット、ファンデーション、フェイスパウダーの機能が一つになった高機能なパウダーです。使い心地や役割、色味などが違う5種類があります。

・薬用オークル
水色パッケージで、マットな質感です。有効成分グリチルレチン酸ステアリル(ニキビの有効成分で化粧水などに入っている)が配合されており皮膚を保護するのでニキビや肌荒れ防止が期待できます。

・薬用美白オークル
紫のパッケージで、シリーズのパールなしの中で一番明るい色です。有効成分トラネキサム酸が、メラニンの生成を抑制してそばかすやシミを防ぎ、化粧をしながら美白ケアができます。

・白肌オークル
黄色いパッケージで細かいパールが入っていてツヤ感の出るパウダーで五種類の中で一番明るい色味です。テカリやベタつきを抑えて、肌の色を均一にして、透明感のある崩れにくい肌へと仕上がります。

・キラ肌オークル
青いパッケージで大粒のラメと細かいパールで上品にキラキラとしたパウダーです。黄色味がかっているので、イエローベースの肌に合った色をしています。

・マットオークル
ピンク色のパッケージでやや赤みのある色をしたパールなしタイプです。自然な発色で、肌の赤みや白さのバランスを整えマットな陶器肌になります。

自分の肌質や悩みに合った使い方ができるのもこのフェイスパウダーの魅力といえるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

もうかれこれ5~6年くらい愛用してます。
ドラッグストアだと少し高いのでこちらでリピ買いしてます。
下地とこれでベースはokです♪

シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル

少しお高めで自分への贅沢コスメと言ったらシャネルを想像する人もいるでしょう。そんなシャネルのフェイスパウダーと言えばプードゥルユニヴェルセルリーブルです。

@cosmeベストコスメアワード2015殿堂入りを果たすなど評価も高いです。セミマットな質感で肌なじみも良く崩れにくく、量も多いので長く使えます。

香水のような匂いが付いているのですが、そこまでキツい香りではないでしょう。使い方の注意としては、ルースパウダーなので乾燥肌の人はしっかりとメイク前の保水や保湿をしっかりとしましょう。しっかりとクリームや乳液を付ける事で粉を吹かない使い方ができます。

Blockquote firstBlockquote second

付いているパフはペラペラで硬くて使えないので、ブラシや持っていたパフで使用しています。
CCクリームの上に軽くつけていますが、少し時間が経った方が馴染んで肌が綺麗に見えます(^-^)
買ってよかったです。

ケイト フェイスパウダー

ケイトのフェイスパウダーはグロウタイプとナチュラルタイプがあり、グロウタイプにはキラキラのラメが入っていて自然に華やかに見せてくれます。

ナチュラルタイプは肌に馴染みやすいです。ですが、このパウダーの使い方は毛穴などのカバー力などに優れている分けではないので、化粧直しに使うのに向いているでしょう。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

学生などでも手が届く値段のキャンメイクですが、このマシュマロフィニッシュパウダーはコンパクトも可愛く、その名のとおりマシュマロの様な柔らかいふわっとした仕上がりのマットなパウダーです。

付け心地は軽く、色ムラや毛穴もしっかりカバーして崩れにくいです。コンパクトの中にはミラーが付いていて持ち運びにも便利なサイズですので、メイク仕上げにも、お直しにも使える機能性の高いパウダーと言えるでしょう。

使い方は、パフを使うよりブラシの方が自然な仕上がりになります。

Blockquote firstBlockquote second

一度使ってからずっとリピートして使っています。
べたつかず、サラサラで一日中使っていてもストレスがありません。
化粧直しもしやすく、化粧くずれもあまりありません。
コスパ最高です。

MAC プレッププライムトランスペアレントフィニッシングパウダー

MACで評判のフェイスパウダーといえばプレップ プライム トランス ペアレント フィニッシング パウダー です。このパウダーは透明なので肌の色を気にせず使うことができて厚塗りした様な色合いにならないのが特徴です。

細かいパウダーですので、毛穴を目立たなくしてナチュラルなマット肌に仕上げます。口コミでも全く崩れない、テカらないと話題です。あまり乗せすぎると粉っぽくなってしまうのでつけすぎない使い方がいいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

透明なフィニッシュパウダーなので、ファンデの色の厚塗りにならず良い。カバー力を重視した時は、フィニッシュパウダーも色つきを使ってます

レブロン スキンライトプレストパウダー

お肌のくすみで悩んでいる。もっと肌を明るく見せたい、そんな時はレブロンのスキンライトプレストパウダーが役立つでしょう。しっかりとしたカバー力があり、くすみを飛ばし自然な透明感のある明るい肌へと仕上がります。

肌にゲル状の膜を作り、乾燥やつっぱり感を防ぐので乾燥肌の人も安心して使えます。主張しすぎないナチュラルなハイライトやチークのぼかし、気になる部分など部分的な使い方が向いているでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

いつもチークのぼかし、ハイライト、クマかくしの仕上げにつかってます。
単体では何とも言えないのですが、最後にさっとつけると透明感が出るので毎日使ってます
付属の筆はきれいにつけれないので、別の筆でさっとつけています

エレガンス ラ プードル オートニュアンス

高級感のあるコンパクトに五色のカラーが美しいエレガンスのラ プードル オートニュアンスはファンデーションの色味を生かして、ふんわりとした透明感のあるキメの細かい肌となります。6種類の色や質感があるので白浮きなども気にせず使うことができます。

皮脂崩れにも強く乾燥肌にも問題なく使えるので混合肌の人にも合ったフェイスパウダーと言えるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

専用のパフは結構薄いなーという印象でした。普段からブラシを使っているのでパフの使い心地は分かりませんが、コンパクトなのでメイク直しのときに使って見ようかな、と思います。ですがこれをブラシでテカリが気になる所に使うとメイクのもちがいいです!

ミラノコレクション 2018

ミラノコレクション2018のフェイスパウダーは一段と豪華なコンパクトでデザイン性でも楽しみにしているリピーターが多いです。今年のテーマは以下の内容となっております。

Blockquote firstBlockquote second

美しく澄み渡る、上質な美しさ。
優美な香りと輝きを放つ、ミラノコレクション2018。

変化をしなやかに受け入れる、優しく清らかな心を、あなたへ…。
そんな想いをお届けします。

どんなファンデーションにも合って肌の魅力を引き立てるパウダーとなっており。香りはライトフローラルの香りで洗練された美しさへと近づけるでしょう。

クリニーク スーパーブレンデッド フェース パウダー

クリニークのスーパーブレンデッド フェース パウダーは粉が細かく、クリアーラストパウダーが皮脂を吸収すると透明になり時間がたってもくすまないのでメイクの持ちを良くしてくれます。

ラメが入ってキラキラしているので肌を明るく見せてくれて、印象も変わります。持ちが良いので夜まで化粧を落とせない日などに使いやすいでしょう。

チャコット フィニッシングパウダー

舞台メイクのメーカーのチャコットから出ているフェイスパウダー、フィニッシングパウダーはナチュラルな質感でしっかりカバーできるパウダーです。量がたっぷりでコスパもよく崩れにくいですが脂性肌の人はテカリやすいとの口コミが多いです。

自分の肌の性質に気をつけた使い方をすればカバー力はとても高いので崩れやすい夏のシーズンなどに大活躍のパウダーでしょう。

オンリーミネラル ルミナスパウダー

コンパクトのフタの模様が綺麗なオンリーミネラルのルミナスパウダーはラメ入りで華やかな印象の顔に仕上がり、ツヤ感が上品で立体感の出るパウダーでハイライトになど部分的な使い方が向いているでしょう。

ミネラル100%で肌にも優しいので敏感肌の人や肌に優しいものへのこだわりがある人に向いているパウダーでしょう。ささっとつける使い方をする事で厚塗りにならず、透明感を出すことができます。

24h 24hフェイスパウダー

24hの24hフェイスパウダーは黒い水玉のコンパクトにパフのリボンも黒いリボンでちょうちょ結びになっていて、とても可愛らしい見た目をしています。

サンゴ粉末が皮脂や汗を吸収するので崩れに強く、汗をたくさんかくシーンでもこのパウダーをパフでしっかりつける使い方をすればサラサラとした肌をキープできるでしょう。

ラメなども全て天然成分でできていて肌への負担が少ないので肌に優しいので毛穴のつまりなども起こしにくいと言えます。肌のテカリなどが気になる人に向いているパウダーでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ファンデーションの後にブラシで顔の表面をこのパウダーで覆うと、ラメが入っているのでキラキラ〜〜〜と、美しい肌に早変わりします。使い方も簡単ですので、オススメです。

ルナソル スキンコントラスト フェースパウダー N

ルナソルのフェイスパウダーのスキンコントラスト フェースパウダー Nは微粒子で肌なじみが良く、リキットファンデーションを塗った後でも綺麗に仕上がり、ファンデーションのツヤを生かしながら透明のヴェールをかけた様ななめらかな肌へと仕上がります。

崩れ方も綺麗に崩れるのでお直しが楽になるでしょう。パフを使うときはしっかり付くのでナチュラルに仕上げたい場合は一度手の甲で余分な粉を落とす使い方をしましょう。

毛穴パテ職人 BBミネラルパウダー

毛穴パテ職人のBBミネラルパウダーはシリコンゲルパウダー配合で毛穴のカバー力があり、肌を綺麗に見せてくれます。ハイカバーなのでマットな質感です。

使用方法にスキンケア後パウダーを付けるとありますが、乾燥肌の人はしっかりとクリームなどで保湿して下地を使い、付ける使い方をすると綺麗な仕上がりになって粉っぽくなったりする問題を防げるでしょう。

自分に合ったフェイスパウダーと正しい使い方で美しい肌へ

いかがでしたでしょうか。肌の仕上がりはその人に大きな印象を与え、それはしっかりベースメイクを仕上げたか仕上げてないかで強く変わってきます。

シーンに合ったベースメイクにする事できちんとした印象にもなりますし、そのベースメイクの最後の仕上げがフェイスパウダーです。

どんなに良いファンデーションを使っていてもフェイスパウダーの使い方次第でファンデーション以下にもファンデーション以上の仕上がりにもなります。正しい知識と使い方をマスターして洗練された美しい肌を目指しましょう。