Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】クールビズの服装・環境省の基準|会議/出張/式典

Author nopic iconAnny
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年09月19日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】クールビズの服装・環境省の基準|会議/出張/式典

女性・男性別 クールビズの服装

クールビズとは、平成17年以降、地球温暖化対策のため、冷房時の室温を28℃で快適に過ごせる軽装を促す、環境省の取り組みのことです。

ここの記事では、具体的にどのようなクールビズの服装をすることができるのか取り上げていきます。

半袖

環境省が公開している「クールビズの服装の可否」という資料の中では、半袖シャツはどちらの場合も可としています。

一方で、ポロシャツやアロハシャツについては否とされています。

男性であれ、女性であれ、無地のシンプルなものであればクールビズで半袖のシャツという服装をすることができるでしょう。

男性の半袖スタイル

男性の方であれば、無地のワイシャツにネクタイという服装で問題ないでしょう。

女性の半袖スタイル

女性の方であれば、無地の白、薄いブルー、イエローなど爽やかな夏らしい色を選んで着ることができます。

環境省によるクールビズの服装の基準とは

環境省が定めているクールビズの基準については大まかに以下の通りです。

ーOKー
・ノーネクタイ
・半袖シャツ
・チノパン

ーNGー
・ポロシャツ
・アロハシャツ等
・Tシャツ
・ランニングシャツ
・ジーンズ
・ハーフパンツ
・スニーカー

ーOKだが徹底されていないー
・ノージャケット
・かりゆしシャツ

環境省の公式サイトには、クールビズだけでなく、スーパークールビズに関する基準も載せられているので参考に御覧ください。

就活の際のクールビズ どう考えたらいい?

就職活動を行なう際、クールビズはどこまでがOKなのでしょうか。2つの就職活動におけるシチュエーションに分けて考えてみましょう。

内定者懇親会の場合は?

内定者懇親会の場合、会社側から「クールビズの服装でお越しください」と指定があることがあります。この場合、男性の方であれば通常はノージャケット・ノーネクタイという服装になります。

シャツは半袖でも長袖でも構いません。無地で落ち着いた色のシャツを選びましょう。

ノーネクタイになりますので、ボタンは第一ボタンを開けることになります。可能であればワイシャツの下に身につけるインナーはVネックのものが望ましいでしょう。そうすることで第一ボタンを開けたときにインナーが見えてしまうという事態を避けることができます。

ズボンはスーツのズボンを着用します。ベルトと靴の色をスーツのズボンと合わせておくことができるでしょう。

女性の方も同じく、ノージャケット・ノーネクタイが基本になります。

ワイシャツにスーツ用の膝丈スカートで問題ないでしょう。ワイシャツは男性の場合と同じように、無地で落ち着いた色のものを着用します。袖の丈は七分袖でも問題ありません。

ジャケットは、多少荷物になりますが、着て行くのではなく持って行って、その場の雰囲気に合わせて着るか着ないかを選択することもできるでしょう。

面接の場合は?

【男女別】クールビズの服装・環境省の基準|会議/出張/式典
※画像はイメージです
出典: https://pxhere.com/en/photo/666501

面接の場合も、内定者懇親会の場合とほとんど同じで良いでしょう。

注意すべき点として、女性の方が選ぶシャツは、フリルの付いたものやパフスリーブなどの飾り気のあるものではなく、シンプルなデザインの機能的なワイシャツにしましょう。面接においては飾り気よりも、きちんとした印象をあたえるほうが大切なポイントです。

さらに女性の方はクールビズであっても必ずストッキングを着用しましょう。

靴は、クールビズにおいてもスニーカーはNGとされていますので、男性の方はビジネスシューズ、女性の方はあまりヒールの高くない黒のパンプスなどを着用しましょう。

クールビズの服装 シチュエーション別

実際に、毎日のどんなシチュエーションでクールビズの服装を当てはめることができるでしょうか。ここでは、「会議」「出張」「式典」の3つのシチュエーションに分けて考えていきます。

会議の場合のクールビズの服装とは?

会議の場合、その会社の提示するクールビズの基準に合わせるのが良いでしょう。

クールビズと一言で言っても、その会社によってもつ基準は様々です。会議であればその会社の基準に合わせて服装を変えることが一番良いといえます。一般的な基準としては、ノーネクタイというのが普通です。ジャケットは着ますが、クールビズという指示があるならネクタイを外すという服装スタイルです。

しかし、時と場合によっては会議の際、ネクタイを着用するということがあるときのために、必ずカバンに一本ネクタイを入れておくなら安心でしょう。

出張の場合のクールビズの服装とは?

自分の勤め先ではクールビズを実施していても、訪問先の会社はクールビズを実施していない可能性もあります。

出張する際は、相手側の会社のことをよく考慮して服装を決定することがポイントです。

もし、相手の会社側から「クールビズで」との指定があった場合は、ノージャケットが良いでしょう。初めて会う相手にノーネクタイは失礼にあたる可能性が高いです。ネクタイは締め、ジャケットを着ないという服装が良いでしょう。しかしこの場合も万が一のことを考え、ジャケットは手に持っていくことをおすすめします。

着ていくワイシャツは、半袖ではなく長袖が良いでしょう。

式典の場合のクールビズの服装とは?

式典の場合で、「クールビズで」との指定がある場合には、無地のワイシャツという服装がまず一番大切です。フォーマルな場では柄物のシャツではなく無地の方がきちんとした印象を与えます。

さらに、ワイシャツはボタンダウンが良いでしょう。普通の襟のワイシャツよりも襟元をきちんと見せることができます。ズボンは、スーツのズボン、チノパン、綿パン、スラックスいずれかの服装で、折り目のあるものを着用しましょう。靴は革靴を着用します。

クールビズの服装アイテム

クールビズの服装において、どんなアイテムがあるでしょうか。またどんな場合にそのアイテムを使うことができるでしょうか。見ていきましょう。

ジャケット

クールビズの服装において着用することができるジャケットがあります。ひとつ持っておくと便利でしょう。

クールビズといえども、あまりにも砕けたスタイルのジャケットはNGです。ジャケットを選ぶポイントが幾つかあります。

・形はテーラード型であること
・ボタンは3つ以下であること
・ビジネスで使える落ち着いた色であること

カジュアルな服装という印象を与えにくいものを選びましょう。

クールビズの服装において、ジャケットはカバンに入れて持ちあることが多くなります。シワになりにくい素材のものを選ぶなら、いざ着ようとするときに気持ちよく着用することができるでしょう。

シューズ

クールビズでは普段と違う服装になりますので、クールビズ用の靴を一足持っておくのは便利でしょう。

クールビズのシューズを選ぶポイントとして次のようなものがあります。

・ベルトと合わせた色を選ぶ
・明るめの色が涼しげな印象を与える
・素材はスウェード

夏に黒という重たい色の靴を着用するよりは、明るめの茶色などの靴を着用したほうが涼し気な印象を与えます。その際、ベルトと靴の色を合わせるのがポイントです。靴が明るめの茶色なら、ベルトも明るめの茶色を着用します。

素材はスウェードのものを着用するなら、より一層涼しげな印象をあたえることができるでしょう。

いずれの場合も、会社に服装の基準がある場合はそれに合わせて選びましょう。

クールビズに大切なのは柔軟性!

いろいろな場合のクールビズの服装について見てきましたが、いかがでしょうか。

時と場合によって、服装がいくらか変わってくるということが分かります。大切なのはその時々、場合によって柔軟に対応していくことです。

会社によってクールビズの基準も違います。シチュエーションによっても変えていく必要があります。いつも接する人や相手のことを考えて、双方が気持ちよく仕事ができるよう配慮をした服装をすることが大切です。

また、ポイントとして、クールビズの期間でもネクタイはひとつ必ずカバンの中に忍ばせておきましょう。いざという時に役に立つかもしれません。クールビズの服装のアイテムもよくチェックして、ひとつ持っておくと良いでしょう。

自分にぴったりのクールビズアイテムを探して、快適な夏を過ごしましょう。