Search

検索したいワードを入力してください

【顔の形別】かわいい・流行りのチークの塗り方|丸顔/面長/卵型

Author nopic iconぱんだ
メイク・コスメ / 2018年12月27日
【顔の形別】かわいい・流行りのチークの塗り方|丸顔/面長/卵型

基本のチークの塗り方と可愛く塗るコツ

メイクに欠かせないチーク

女性なら日課とも言えるメイクですが、みなさんは毎日チークを使っていますか。チークは、塗るだけで顔色がぱっと明るくなりますし、小顔効果も期待できるなどメイクには欠かせないアイテムの一つです。

ですが、正しい塗り方を分かっている方はどれぐらいいるでしょう。なかには、自分の塗り方が合ってるのかいまいち分からないまま、使っている方も多いのではないでしょうか。今回は、基本の塗り方や顔の形別、なりたい印象別など様々な場合のチークの塗り方についてご紹介します。

塗り方のコツは?

まず基本の塗り方ですが、多くの方が使っているパウダーチークについてここではご紹介します。まずブラシにチークをとり、鏡の前で笑顔を作りましょう。そして頬骨の高い位置にチークをのせ、顔の外側に向かってくるくる塗っていきます。最後にファンデーションでぼかせば完成です。

ブラシにとったチークを直接塗るのではなく、手の甲で余分な粉を取り除くとムラなく仕上がります。また頬骨の高い位置に小さい円を描くようにふんわり塗ると、可愛らしく仕上がります。

流行のチークの塗り方

基本の塗り方はお分かりいただけたかと思いますが、メイクもファッションと同じで日々流行が変化するものです。こまめにチェックしないと、いつの間にか時代遅れの塗り方をしてしまいます。

そして今徐々に注目されてきているのが、チークはもちろんリップやアイメイクも色味の無いもので揃える「カラーレスメイク」です。大人っぽさや知的さを出すことが出来ると、おしゃれに敏感な女子の間で話題になっています。

顔の形別のチークの塗り方

顔の形は一人ひとり違います。ここでは、顔の形別におすすめのチークの入れ方についてご紹介します。今まで基本の塗り方でいまいちしっくりこなかったという人も、自分の顔の形に合った塗り方をすれば、お悩みをチークでカバーできるでしょう。是非試してみてください。

丸顔

丸顔の人がまんまるにチークを塗ってしまうと、丸顔を強調してしまうことになるので顔がふっくら見えてしまいます。ですのでチークを入れるときは、頬骨の高い位置からこめかみに向かって斜めに入れるのがおすすめです。また、幅を狭めに入れるとよりシャープな仕上がりになります。

面長

日本人に一番多いのがこの面長タイプで、顔の縦の幅が横より長いのが特徴です。面長の人は、大人っぽく落ち着いたイメージに見られる反面、老け顔や地味に見えてしまうというお悩みもよく聞かれます。そんな面長の人のチークは、縦の長さを強調しないようにするのがポイントです。頬骨より低い位置に、楕円を描くように横長に塗るようにしましょう。

卵型

理想の顔の形とも言われるのが卵型です。卵型の人は、先ほどご紹介した基本の塗り方が最適でおすすめです。また、自分のなりたいイメージによって、色々アレンジを加えるのも楽しいです。

ベース型

どうしても男性っぽいイメージになってしまいがちなベース型の人におすすめの塗り方は、ずばりエラが目立たないようにすることです。頬の中央からこめかみに向かって、やや斜めに楕円形にチークを入れるようにしましょう。また、エラの部分にも軽く塗ると、輪郭をカバーできますし優しい雰囲気に仕上げることができます。

小顔に見えるチークの塗り方

女性共通の願いとも言っていいのが小顔に見せたいということではないでしょうか。そんなあなたに試して頂きたいのが小顔チークです。いつものチークの塗り方を変えて、念願の小顔を手に入れましょう。

小顔に見せるコツは、丸ではなく斜めにチークを入れラインを強調することがポイントです。また、頬の高い位置からこめかみに向かって入れれば、塗り始めのところから色の濃淡が自然にできるので、顔を立体的に見せることもできます。

印象別チークの塗り方

丸く塗ると可愛く!

チークを丸く肌におく塗り方は、ふんわり可愛いイメージがお好みの方にお勧めです。ただ入れる位置が低過ぎると、老けた印象になってしまいますので、頬骨の一番高い位置に入れるようにしましょう。

目のチークで元気なイメージ!

トレンドの目の下チークは、顔が立体的に見えるという嬉しい効果があり、血色もよく見えるので元気な印象に仕上がります。ただ塗り方を間違えると酔っぱらいのようになってしまうという危険もありますので、つけ過ぎには注意しましょう。塗り方のコツは、クリームチークを薄く塗りぼかすことです。

斜めに塗ってクールに!

斜めにチークを入れるとシャープな印象に仕上がります。この斜めのチークは、細く見せたいぽっちゃりさんにおすすめの塗り方です。また、頬骨に沿って斜めにチークを入れると、クールな印象に仕上げることができます。

メーカー別のチークの塗り方

ここでは、人気メーカーから発売されている、チークのおすすめと塗り方についてご紹介します。

マキアージュ

大人気ブランドの資生堂マキアージュからは、単色のものやブラシと一体になったものなど色々な商品が発売されています。中でもおすすめは、5色のカラーで自然なグラデーションを作ることができる「ドラマティックムードヴェール」です。

5色というと難しそうに思うかもしれませんが、色を混ぜて使えるので飽きることも無く使いやすいと人気を集めています。それぞれ「血色カラー」「なじませカラー」などに分かれていますので、順番に塗っていくだけでつや肌に仕上がります。付属のブラシとスポンジが一体になったツールも、使いやすさが追及されています。

シャネル

女子のあこがれのブランドでよく挙げられるのがシャネルではないでしょうか。シャネルから出ている数あるチークの中で、おすすめは「スティックチーク」です。色づきも良く持ち運びが便利なのが嬉しいです。

塗り方は非常に簡単で、頬に塗ったら指で馴染ませるだけです。力加減によって色の濃さも調整できますし、クリーム系なので手軽につや肌が作ることができると評判です。

コフレドール

次に紹介するのは、カネボウ化粧品のブランド・コフレドールの「スマイルアップチーク」です。塗り方も簡単で、まず頬骨の高い位置にチークカラーをのせます。そして外側のぼかしカラーをチークと肌の境目にくるっとのせれば完成です。バラのように見た目もかわいいですし、塗ればナチュラルでほどよいツヤ感を実現できると人気の商品です。

メイベリン

優秀なアイテムがプチプラで手に入ると、大人気のブランドの一つにメイベリンが挙げられます。そんなメイベリンでご紹介したいのが「リップ&チーク」です。くるくるするだけで、唇と頬がポッと色づき血色のいい肌に仕上がります。塗り方も簡単ですし、リップとチークが一つで済ませられるのが嬉しいです。

ナチュラルなチークの塗り方

最近すっぴん風メイクが話題になったりと、ナチュラルメイクは王道のモテメイクです。では、チークを自然に仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

ナチュラルメイクのアイテムとしておすすめなのがクリームチークです。肌馴染みが良いのが特徴で、自然な血色感を出すことができます。ただ少し塗り方にコツがあり、つけ過ぎたりムラになったりもするというお悩みも多いです。初心者の方は、スポンジを使ってポンポンと薄くつけるのがおすすめです。

チークの塗り方で印象は決まる!

いかがでしたか。今回は、知っているようで知らないチークの塗り方についてご紹介しました。チークの塗り方一つで、顔の印象がガラッと変わることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

基本の塗り方をマスターしたら、是非色々アレンジして、自分に合った塗り方を見つけてみてください。メイクがうまくいけばそれだけでテンションも上がります。お気に入りのメイクで楽しい一日を過ごしましょう。