Search

検索したいワードを入力してください

正しい綺麗なヒールの歩き方・変なヒールの歩き方

Author nopic icontnkmina
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

正しい綺麗なヒールの歩き方・変なヒールの歩き方

歩き姿を美しくする正しいヒールの歩き方

授賞式でレッドカーペットを歩く女優やファッションショーでランフェイを歩くモデルのように、自分も街中を美しく歩く様子に憧れる時はありませんか。いざ憧れて実際ヒールのある靴を履くと足が痛くなるなどトラブルを抱えている方が少なくありません。

しかし実はそれはヒールでの歩き方が美しくないから起こるトラブルかもしれません。外国の方から見ると日本女性がヒールを履いた時の評価はとても酷く、ガニ股と言われたり酔っ払いと表されることも多いです。足のトラブルを防ぎつつ見た目も美しくなれる、ヒールの歩き方を学んでみてはいかがでしょうか。

エレガントさを演出する高いヒールでの歩き方

ヒールの高さによって見える印象は違っており高ければ高いほどエレガントさや高潔なイメージを与えることができます。もっとも女性の足元が美しく見えるヒールの高さが7cmと言われていて、女性モデルの多くが履いている高さです。

美しく歩けば一目置かれる存在になりますが、もしもコケたり怪我をしてしまったら笑い者にされる可能性を秘めている高いヒールですが、履いている時は、足を根元から先まで伸ばしてつま先からの着地か足全体で着地するのが高いヒールの歩き方です。

かかとから着地してしまうと、地面からの衝撃を狭い面積で受ける形になるので怪我や足の痛みにつながるので注意です。小股で歩くことで自然につま先から着地することができます。

アクティブで清楚さを演出する低いヒールでの歩き方

5cmのヒールをコーディネートに取り入れるとスポーティな印象や清楚さを演出が可能です。ファッションだけでなく、女性の就活で使用するパンプスでも推奨されている高さです。またヒールを履き慣れていないくて心配な人にも挑戦しやすく普段のお出かけでもです。

たとえヒールが低くてもスニーカーと同じような歩き方をしてはせっかくの演出が台無しになりかねません。高さに関わらずヒールであろうと履いた時点で背筋をしっかり伸ばし、土踏まずの位置がまっすぐになるように意識しましょう。

変な歩き方だからヒールは音が鳴る

ヒールを履いた時に起こる独特のコツコツとした音です。普段ヒールを履いている人でもずっと気になり続けてしまう厄介者です。特に静かで落ち着いている場所で自分の足音だけ響いてることが恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

ヒールの高い靴は、なるべくつま先から着地することで軽減します。ヒールの高い靴で踵から着地する歩き方では、音が鳴るだけでなく足への負担で足首を痛めたり靴の寿命を縮めます。

修理屋さんに持っていく

歩き方をどれだけ改善してみても足音がうるさく感じてしまうのであれば、靴の修理屋さんに持っていくのがです。靴自体が壊れていなくてもヒールの底部分は直してもらったり交換してもらうことができます。

ヒールの音の原因は歩き方の他にも音が鳴るように底部分を作っていたり、ヒール内部の釘がすり減っているためです。歩き方で軽減されない時は修理屋さんで静音タイプの靴底に交換をお願いしてください。

ヒールの音は女らしさを演出する

バタバタした歩き方や引きずるような歩き方であるなら靴や歩き方を見直すべきですが、ヒールの足音が好きという人がいます。安定したコツコツとした音は、女性としての品格や履き慣れている感じを魅力を演出してくれるからです。

オフィスや図書館など音に対しての配慮が必要な場所でなければ、プライベート時のヒールの音に敏感に鳴る必要はありません。

ヒールサンダルがヒールデビューに

夏のおしゃれといえば、ラフすぎない印象を与えるヒールサンダルが夏のアイテムです。ヒールサンダルの中には足場が不安定なビーチで歩くことを想定したヒールサンダルがあります。それらは全体的に厚底で、つま先とかかとの高低差少なく足全体で地面への衝撃が受けられるウェッジソールタイプが主流です。初めてのヒールのデビューやヒールの正しい歩き方を身につけるための練習には丁度いい形をしています。

ハイヒールでも痛くない歩き方

ハイヒールとそうでないヒールの高さの基準は8cm。ハイヒールでは歩き方に気をつけてないと、地面からの高さがあるので転倒など事故を起こした時のダメージが大きくなります。まずは履きたい高さよりも低いヒールで歩き方に慣れてからハイヒールに移りましょう。