Search

検索したいワードを入力してください

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
メイク・コスメ / 2018年12月28日
基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

基本的なマニキュアの正しい塗り方・コツ

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

自宅でネイルが楽しめるマニキュアですが、自分で塗るのは難しいという方に、上手にマニキュアを塗れる塗り方を教えます。マニキュア初心者の方でも簡単い塗れる塗り方があるので、不器用な方でも上手に仕上げることが出来ます。塗り方のコツさえおさえれば、ネイルサロンに行ったような綺麗な指先が手に入ります。

マニキュアはどこでも購入が出来ますし、予約をしなくてもいつでも自分の空き時間でネイルチェンジが出来ます。女子力アップ間違いなしのネイルチップを使った塗り方もご紹介します。ネイリストも驚く、自宅で仕上げられるとても簡単なマニキュアの塗り方で、いつでも指先まで華やかさをキープできます。

マニキュアを塗る前に

まずは、マニキュアを塗る前に爪を綺麗にします。爪を磨いたりあま皮をカットします。どちらも市販で購入できるキットがあります。とてもリーズナブルな価格で購入できます。ネイルサロンでも販売していますが、お近くのドラッグストアでも爪磨きやあま皮切りが販売されています。

あま皮を切る際は、あま皮を爪の生え際部分に寄せて爪の端っこ側からカットします。あまり力強くカットすると切りすぎるのでご注意ください。次に爪を磨くのですが、爪磨きの種類によっては、1番から3番ぐらいの工程がある場合があります。どの工程も同じように詰めの全体を軽く磨いていきます。筋がなくなり光沢がでればOKです。

爪の形を整える

爪の形ですが、指を長く見せるためには少し爪先を丸く整えるとより指が長く見えます。また、よりおしゃれな形にしたい場合には、スクエアカットがおすすめです。爪の形を整えるときは、爪切りを使わずに、爪やすりを使用することがポイントです。爪やすりで少しずつ削っていきます。爪が折れにくいように、まんべんなく角がないように削ります。また、爪の長さもまばらにならないように、全部の指を均等にしましょう。

マニキュア選び

マニキュア選びですが、ポイントは、筆の塗りやすさ、乾きやすさです。価格帯もピンからキリまでありますが、低価格なものでも塗りやすくて乾きやすいものがたくさんあります。おすすめのブランドはDiorです。Diorのマニキュアははげにくく、乾きやすく、塗りやすいです。

カラーバリエーションも豊富なのでシチュエーションに合わせて適切なカラーを選ぶことが出来ます。その他にもO.P.Iなどもとても人気です。CHANELのマニキュアも色つやがよくおすすめです。ドラッグストアで購入できるマニキュアは1本300円ぐらいから購入できます。高くても1本1000円ぐらいで販売しています。

マニキュアを何色か色を合わせる際に、ブランドの違うものを合わせても問題はありません。ベースコート、マニキュア、トップコートのメーカーが違うものであっても大丈夫です。基本的にマニキュアの材料は同じものなので、混ざり合ってしまっても、化学反応を起こすことはありません。ブランドによってマニキュアの持続率が違うので、同じものを使用すると、塗りなおしのタイミングも同じですむのでメリットはあります。

ベースコートの塗り方

マニキュアを塗る前に、ベースコートを塗ります。ベースコートとは、爪を保護する役割をします。ベースコートの塗り方は、爪全体にまんべんなく塗ります。ベースコートは爪の裏側まで塗ります。爪の裏の塗り方はベースコートの筆先をボトルの口の部分で量を調節して、薄く塗ります。塗るときは利き手から塗ることが基本です。

塗った後は軽く乾かします。目安としては塗ってから、約5分ほど乾かせばOKです。マニキュアを塗る前にベースコートを塗るのと塗らないのでは、何年もマニキュアを塗っていると差が出てきます。健康な爪の状態を維持するためにも大切な工程です。

グラデーション

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアでグラデーションの塗り方をご紹介します。自宅で、しかもマニキュアでグラデーションなんて無理、と諦めている方もいるでしょう。意外と簡単にできます。グラデーションの塗り方は3工程です。

まずは、爪の生え際から爪先まで全体に塗ります。次に、爪の半分から爪先まで塗ります。最後に爪先だけを塗ります。グラデーションの塗り方はこれだけです。薄めのカラーであるマニキュアであれば、よりきれいなグラデーションを作ることが出来ます。おすすめのカラーは薄いピンクです。女性らしいオフィスネイルの出来上がりです。

ラメの塗り方

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアでのラメの塗り方は、爪全体に塗るよりかはアクセントとして爪の一部にデザインとして塗ることがおすすめです。ファッションとしてもかわいい塗り方です。ラメにも種類があり、ほんのりとラメが入っているマニキュアであれば、トップコートとして使用することもかわいく仕上がります。

ラメが多いマニキュアであれば、デコレーションやグラデーションとして爪先だけに使用することにも適しています。ラメの塗り方は、ラメがだまにならない様にさっと素早く塗ることです。何度も重ね塗りすると、ラメの部分が乾きにくくなるのでご注意下さい。

トップコートなど

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

トップコートを塗る際はマニキュアが良く乾いてから塗ります。マニキュアが乾いてないときに塗ると、せっかく描いたデザインが滲んでしまうことがあります。塗り方としては、カバー力を強くするために、量は多めに塗ってもOKです。トップコートはなるべく持ちを良くするために塗ります。トップコートを塗るのと塗らないのとでは持続率が全然違います。

トップコートも市販で販売しているもので十分です。うっすらラメ入りのトップコートもかわいい仕上がりになるのでおすすめです。最後の仕上げになるので、絶対に塗り忘れのないようにしましょう。

トップコートの種類もたくさんありますが、ジェルネイルのように仕上がるトップコートがおすすめです。単なるトップコートに比べると少しとろりとしており、1度塗りでも厚く塗れます。その分、少し、乾かす時間は延びますが、1度塗りですむので楽です。

ジェルネイル風仕上がりのトップコートは固まりやすいので、塗る時間も素早く済ませ、出来る限り開封時間を短くしましょう。トップコートがなければ、透明のマニキュアで代用することも可能です。最終仕上げで何も塗らないよりかは、その後の持ちが大きく違います。

簡単にムラなくマニキュアを塗る方法

マニキュアを上手に塗る塗り方ですが、ポイントとコツはあります。いくつかご紹介しますので、実践してみてください。

マニキュアはジェルと違い、すぐに乾かないのでしっかりと乾かすことも大事です。あとはちょっとしたテクニックで格段に仕上がり力がアップします。ちょっとした縫い方のコツをマスターしてネイリストにも負けない指先に仕上げることが出来ます。

また、マニキュアを使って自宅でネイルを楽しむことで、ネイルの費用を抑えることも出来るので、自己流ネイルが上手にできれば、お財布にもやさしく出来ます。経済的で楽しいマニキュアの塗り方をマスターするだけで一石二鳥です。

マニキュアは基本2度塗り

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアで上手にネイルを仕上げる塗り方のポイントとしては、基本的に二度塗りをすることです。どうしてもムラが出来やすいマニキュアですが、二度塗りをすることで大半は解消できます。ムラとは、濡れているところと濡れていないところの差が出てしまうことによって起こります。

それを二度塗りすることにより塗り残しを防ぎ、まんべんなく同じカラーの発色を出すことが出来ます。二度塗りする塗り方のコツは、同じ指に二度塗りにていくのではなく、まず一度目を全ての指に塗ります。一巡してから二度目を塗っていきます。そうすることにより、より早くマニキュアを乾かすことが出来ます。

乾燥させてまた塗る

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアでネイルを仕上げる際は、ベースコートからトップコートまでとにかく塗って乾かすという作業が続きます。これがとにかくきれいに塗るコツになるのですが、乾かすのに時間がかかります。乾かす際には、ドライヤーの送風を使うと早く乾かすことが出来ます。また、氷水につけてからドライヤーの送風をするとさらに早く乾かすことが出来ます。

マニキュアを塗る塗り方で失敗しやすいのが、十分に乾いてない間に次を塗るとムラなく濡れても乾きが足らず剥げてしまうことです。せっかく時間をかけて塗ったのに最後の最後にはげてしまうと1からやり直しになりかねません。その際はうまくリペアをすれば良いのですが、その時も十分に乾かす必要があります。

ポイントは量

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアを塗る塗り方の基本はマ二キュアの量です。たっぷり塗った方がムラをなくせます。しかしたっぷりと爪にマニキュアを塗布すると爪から溢れて指についてしまうことがあります。程よくボトルの口元で調節しましょう。

ポイントとしては、筆の片側だけにたっぷりとマニキュアを残し塗ることです。マニキュアがかすかすの状態ではうまく塗ることができません。また、保存状態が悪いとだまになり固まりやすいので、冷蔵庫で保管することをおすすめします。保存すると方法としては、しっかりと蓋をしめることです。蓋が少しでも緩い状態であるとすぐに乾燥して、かすかすになってしまします。

手を固定させて

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

さて、マニキュアを塗るときの塗り方ですが、しっかりと手を固定させます。手を浮かした状態であると震えてはみ出てしまう可能性が高いです。手を広げたままで机に置くのも良し、特に、利き手の反対側の手で塗るときにははみ出しやすいのでご注意ください。固定させるのが難しい場合は指をぴんと伸ばした状態も塗りやすいです。

テニスボールもおすすめ

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

手を固定させるのもうまく塗る塗り方の大事なポイントですが、うまく固定させれなければテニスボールぐらいの球体を握って塗ると塗りやすいです。テニスボールがちょうど良いサイズなのですが、自宅にテニスボールがない方は野菜などで代用が可能です。

テニスボールを握っての塗り方は、爪を自分の方に向けて爪の左右の端っこまでが見えるようにします。端っこは特に塗り残すことが多いので、しっかりと端っこまで濡れているかチェックしましょう。

筆は斜め45度

いざマニキュアを爪に塗っていくときですが、筆の角度は斜め45度にします。マニキュアの塗り方は、爪との角度が大切です。習字をする際は筆を紙に直角に書きますが、マニキュアの塗り方は、斜めにすっと滑らすように塗ります。まだらにならないように、とんとんと置くように塗ることはNGです。

マニキュアを爪に塗る際は、最初から生え際に筆を置くのではなく、生え際より数ミリ真ん中に塗ります。そして次に、生え際からすっと一筆で爪先まで塗り上げます。何度も塗ると乾かなくなるのでご注意ください。塗り方のポイントは縦に塗ることです。横に塗るとはみ出やすい上に、まだらになりやすいので避けましょう。

はみ出した分は綿棒を使用

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアを塗る際に指にはみ出してしまうことがあります。そんな時には麺棒を使ってうまくはみ出した部分だけを落とします。麺棒に除光液を湿らせて落とすと簡単に落とすことが出来ます。麺棒に除光液をつける際は、たっぷりふくまさないことがポイントです。麺棒の先に少しつけるぐらいで十分落とすことが出来ます。たっぷりとつけた麺棒で除去しようとすると、落とさなくても良い部分まで落としてしまうことがあるので、お気をつけください。

初心者は薄い色から

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアを使用したことがない初心者の方には、塗り方の前にカラー選びでおすすめがあります。濃い色合いのものマニキュアは塗り方も難易度が高いので、まずは薄いカラーから挑戦してみましょう。薄いカラーの塗り方は、爪のふちにマニキュアが溜まりすぎることがあるので、必ず、爪の真ん中あたりに一度筆をおきましょう。そこから馴染ませる様に、爪全体に伸ばすように塗ると失敗しにくいく、キレイに塗ることができます。

足のマニキュアの上手な塗り方

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

足にマニキュアを塗るのは手を塗るより簡単です。利き手に関係なく塗ることが出来るからですが、足の指までは遠いので、うまく脚を折りたたんで塗りましょう。塗り方の姿勢によっては、塗り残しに気づかない場合があるので気をつけましょう。また、足の指は、手の指ほど広がらないので、隣の指のマニキュアが乾く前についてしまうなんてこともあるので、そなことにならない様な秘訣をご紹介します。

基本は手と一緒

足であろうが、手であろうが、マニキュアの塗り方は基本的には一緒です。爪をキレイにしてから、形を整えて、ベースコート、マニキュア、トップコートの順番です。足の爪の場合、親指はどの爪の中でも1番面積が大きく、他の爪を塗るときよりもマニキュアの量をたっぷりとつけて塗る塗り方でもはみ出ることは少ないので、より簡単に塗ることが出来ます。

はみ出さない塗り方のコツ

足の指のマニキュアを塗るときにどうしても隣同士の指が邪魔します。そんな時には指の間に何かを挟んで、隣同士の指の間に隙間を作りましょう。足のマニキュアを塗る際に挟む専用のアイテムも市販で購入出来ます。買いに行くのが面倒だという方は、ティッシュや靴下、コットンなど何でも代替が出来ます。塗り方だけでなく塗る前の事前準備がうまく塗れるかのポイントになります。

椅子などを使って

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

塗り方というより、塗るときの態勢が難しい、足の指のマニキュアです。特に利き手の反対側の小指なんてとても遠くにあるように感じます。足の指のマニキュアを塗るときの塗り方として、足を体側に持ってくることは難しいので、体を足に近づけると比較的、楽な態勢となります。

例えば、立ったまま、椅子に塗りたい方の足を乗せて、体を折り曲げて塗る塗り方です。立ったままだとしんどいのではと思いがちですが、意外と座って塗る塗り方よりも安定もよく、簡単に塗ることが出来ます。

ふわふわな場所で塗らない

マニキュアを塗るときの場所ですが、ソアファーの上や、ふわふわした場所で塗ると失敗しやすいです。安定感がない上に、足のマニキュアが完全に乾いていない間にソファーの上にのっかったり、毛の長いカーペットの上や、ふわふわした場所を踏むと、体重の重みで沈み、マニキュアがはげてしまいます。

爪がダメージを受けるということは、もちろん、ソファーやカーペットにマニキュアがついてしまうことになります。そんなことにならない様に、フローリングの上や、カーペットしかない状況であれば、マニキュアをこぼしても大丈夫なように、新聞紙などを敷いて塗りましょう。

ホログラム入りマニキュアの塗り方

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

ワンランク上のマニキュアを楽しみたい方におすすめのホログラムです。ネイリストに手がけてもらったかのような仕上がりになり、とてもステキなデザインの1つです。若い女子の間や、オフィスワークをされている女性にも大人気です。

ホログラムネイルが自宅で出来るなんて、そんなに器用じゃないので無理と思っている方でも簡単に作れる塗り方があるので、是非ともチャレンジしてみてください。最初はうまく塗れなくとも、ホログラムの塗り方で何度か練習しているとすぐに上達します。

ホログラムとは?

そもそみホログラムって何?と思っている方にご紹介します。簡単にいうと、キラキラのデコレーションネイルです。キラキラはビニールで演出するので、スパンコールやストーンのような派手さが出ません。爪自体もフラットな状態での仕上がりになるので会社員や受付のお仕事をする女性でも、お仕事に差支えがなく楽しんでいただけるマニキュアです。

上品なキラキラネイルが作れる

ホログラムは爪自体に立体感を出し、キラキラネイルを作れる印象が強いです。ホログラムはシートで購入することも出来るので、爪のサイズや、デコレーションにあわせてカットして爪に貼り付けます。

塗り方としては、まずはマニキュアを塗り、その上からホログラムを加える際は、マニキュアが接着の代わりになり、さらにトップコートを塗ることでホログラムと爪を密着させることが出来ます。始めからホログラムを乗せたい場合の塗り方は、ベースコートが乾く前に乗せることにより、乗せることが出来ます。

ネイルチップにマニキュアを塗る塗り方

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアを塗るだけでは物足りないという方におすすめの、ネイルチップです。また、普段爪を伸ばすことが出来ない職業の方や、爪が弱くてすぐに折れちゃう方にもおすすめのネイルチップです。ネイルチップの塗り方とコツをご紹介します。ネイルチップがあれば、爪の長さも自由自在でシチュエーションにあわせたネイルでお出かけも出来ます。

ネイルチップとは?

ネイル初心者の方には聞き馴染みのないネイルチップという言葉ですが、一般的にはチップと略されて言われることが多いです。ネイルチップとは何かというと、昔で言う「付け爪」です。ネイル業界でもインターナショナルになってきており、外来語や専門用語で表現するようになってきています。付け爪と呼ぶ時代はもう古いです。おしゃれにネイルチップと言いましょう。

ネイルチップの選び方

まずはネイルチップの選び方です。ネイルチップの素材や質感によっては、マニキュアをはじいてしまうものがあります。いくらキレイに塗る塗り方を習得しても、マニキュアとネイルチップの愛称が悪いと意味がありません。

では、どうやってネイルチップにマニキュアが塗れるのかを判断できるかというと、ネイルチップを購入する際に、箱に「色は塗れません。」などの記載がされているのですぐに判別がつきます。わからない場合はスタッフの方に尋ねてみてください。

初心者にはフレンチがおすすめ

ネイルチップに初めて挑戦する方であれば、フレンチなデザインを選ぶことをおすすめします。フレンチとは、爪の先のみカラーを変えるデザインのことを言い、チップをつけてからのマニキュアの塗る方も比較的、簡単です。また、大人女子のイメージもあり、働く女性にも人気のデザインでもあります。自宅で塗ったとは思えないほどの仕上がりで、女子会や飲み会でもネイルサロンに通う女子に引きを取りません。

ネイルチップに塗る塗り方のコツ

ネイルチップにマニキュアを塗る塗り方はとにかく、重ね塗りをすればするほどキレイになります。乾く時間を待てないのであれば、数日かけて完成させることもおすすめです。3日間かけての塗り方は失敗もしにくいので始めての方でも簡単に出来ます。

乾く前に重ね塗りするとマニキュア自体に筋が入ったりと、傷がついているような仕上がりになることもあります。そこで、1日目に塗ってから、完全に乾くまで1日置きます。翌日に2度目の重ね塗りをします。また、同じように完全に乾いたことを確認してから、3日目に3度目の重ね塗りをする塗り方がおすすめです。

マニキュアでもおしゃれな指先に

基本的なマニキュアの正しい塗り方・簡単にムラがなくなる塗り方

マニキュアで自分で作るネイルはいかがでしたか。マニキュアの塗り方やコツについて、意外と簡単に出来るので、挑戦しようと思った方もいらっしゃるかと思いますが、やっぱりプロの塗り方が素晴らしいのも確かです。女子力はアップし続けるものです。塗り方やコツを完全にマスタする最終手段を最後に記載します。なるべく早く、マニキュアの塗り方をマスターするにはこれが1番です。

なんといってもプロの仕事を近くでみることは1番の勉強になります。塗り方やネイルの作り方のコツをであっているのか不安という方は、まずはネイルサロンで本物のプロの塗り方を観察することです。雑誌やブログを読んでも塗り方をコピーするのはとても難しいです。

ネイルサロンによっては、接客スペースが外からでも見られるサロンもあるので、ご自身がネイルを受けなくても観察することが出来ます。他にもお友達同伴OKのサロンであれば、お友達が施術を受けている隣で観察することも出来ます。プロの筆さばきを真似してより一層、ネイルサロンで受けたようなテクニックを習得して、爪の先までのおしゃれを楽しみましょう。

最初はうまくいかなくて当然です。プロのネイリストの方も始めから上手なわけではありません。マニキュアを上手に塗る塗り方は、練習の繰り返しの先にあります。何度も失敗してもまた塗ればよいだけなので、めげずにがんばることが大事です。

また、ちょっと失敗しても全然気にしないで、次回はうまく塗れるようになると信じて、自宅ネイルを続けていればいつかはネイルサロンなみの腕前に上達します。姉妹で塗りあいっこしたり、友達同士でネイルをしたりととにかく経験あるのみです。

関連記事

Related