Search

検索したいワードを入力してください

【印象別】上手な笑顔の作り方|かっこいい/可愛い/素敵

Author nopic iconPOKO
ヘルスケア / 2017年09月21日
【印象別】上手な笑顔の作り方|かっこいい/可愛い/素敵

素敵な笑顔の作り方には男女それぞれ差があるのか

男女共に笑顔が素敵な人は良い印象を与えます。加えて、素敵な笑顔ができていると思うと、笑っている本人の気持ちも明るく楽しくなります。では、素敵な笑顔を作るにはどのようにすれば良いのでしょうか。

笑顔は口から目へと

笑顔の作り方には男女によって違いがあるのでしょうか。実際は、どちらの性別でも差はありません。大切なのは心からの笑顔です。笑顔になる時の動作は口から目と続きます。なぜなら、脳内において笑いの感情が口へ直結しているからです。

自分自身について注意すると、笑顔になる時、最初に口角が上がって次第に目尻が下がることが分かります。これが本当の笑顔です。逆に作り笑いをする時は、口角と目尻が同時に動きます。自然な動きではないのでぎこちない笑顔に見えます。

よく「目が笑っていない笑顔」等と言う表現がありますが、それは口角は上がっているのに、目尻が中途半端に下がっている状態のことでしょう。

異性に気に入られる笑顔などとありますが、それを狙うと逆に不自然な印象を与えてしまうことがあります。場合によっては、相手を不愉快にさせてしまうこともあるでしょう。自分自身が行為を持っている人から、嫌悪されてしまうと辛いものです。「飾らない偽らない」自分自身の本当の笑顔が1番です。

写真撮影での自然な笑顔の作り方

「写真を撮ると表情が不自然になって嫌だ」と言う方は多いでしょう。自分では精一杯素敵な笑顔を作ったつもりでも、現像された写真を見るとがっかりしてしまうことがほとんどです。時には「もう見たくないし、写真も撮りたくない」と言う気持ちにすらなってしまいます。

それは、笑顔の作り方が下手であるために、そのような結果を招いてしまうのです。では、写真での笑顔の作り方に関してはどうのようなものがあるのでしょうか。

キーワードは「ウイスキー」という掛け声

笑顔の作り方におけるキーワードは「ウイスキー」です。これは、モデルさん達が実践している方法です。「ウ」で口をすぼめて「イ」で口が自然に横に広がり、再度「ス」ですぼめて「キー」で長く口を横に広げます。これで顔の筋肉がほぐれて自然な笑顔を作ることができます。

1度口元をすぼめる動きが入っていれば良いので「オ」の音が入っている言葉でも大丈夫です。例えば「おもちー」や「うっしっしー」も使えます。どのような言葉があるのか探してみるとおもしろいでしょう。楽しい掛け声を使うと、自分を含め周りの人も笑顔を作りやすいので、自分流の掛け声による笑顔の作り方を考えてみてはいかがでしょうか。

印象別笑顔の作り方

接客業や営業などでは、笑顔が最も大事な課題です。むっつりとした顔をしていると、相手方に不快感を与えてしまいます。仕事でなくても向けられる笑顔が素敵だと、相手方も話を聞きやすく記憶にも残しやすくなります。好印象を持ってもらい、信用を獲得するのに効果的な笑顔の作り方を以下で見ていきます。

素敵な笑顔を見せるには

素敵な笑顔の作り方は、前述した通り不自然な作り方の笑顔をしないことです。不必要な小細工はせずに心から笑い、見る人に好印象を与える笑顔こそが、本当の意味で素敵な笑顔なのです。

きれいな笑顔とは

きれいな笑顔の作り方は、左右対称の笑顔にすることです。頬杖をつく食べ物は、片方の頬側で食べる癖がある人が、左右対称の笑顔を作ることは不可能です。心当たりのある方はかなりおられるでしょう。これらの癖は良くない笑顔の作り方に一役買ってしまいますので、すぐに改善しましょう。

かっこいい笑顔を作るには

かっこいい笑顔の作り方で必要となるのは、表情筋を鍛えることです。この表情筋を鍛えることで、頬がふっくらしてきます。頬がこけていた場合は弱々しい笑顔に見えてしまい、笑顔自体に説得力がありません。かっこいい笑顔というのは、力強い笑顔のことです。力強いということは頼り甲斐があると思ってもらえます。毎日口角をあげ、目を細めて表情筋を鍛えましょう。

可愛い笑顔を作ってみよう

可愛い笑顔の作り方にも「ウイスキー」が重要です。その時に口角を上げた状態を3分保ってください。口角の筋肉が鍛えられていないと、わずか数十秒で口元から顔にかけて顔が痙攣してきます。簡単に思えて難しい方法ですが、可愛い笑顔の作り方に最適ですので、実践してみてください。笑顔が可愛いと若々しく見えます。人間は幾つになっても若々しく見られたいものです。

美しい笑顔で魅了

美しい笑顔の作り方は、上記にあげたそれぞれの笑顔のまとめになります。表情筋が鍛えられていて、左右対称の笑顔であることが大切です。付け加えるとすると、「にこっ」とわらった口元から覗く歯や歯茎がきれいだと、なお美しさに磨きがかかります。美しい笑顔の作り方には、歯と歯茎の健康も必要です。

蛇足ですが、歯と歯茎は自身の健康にも直結していますので、こちらに関しても気をつけていたいものです。歯がぼろぼろで歯茎が腫れている状態ですと、笑顔の他の部分が良くても不健康的で印象がマイナスになってしまいます。

良い笑顔を作るトレーニング方法

笑顔の作り方にあるトレーニングは、割り箸を使うものがあります。笑顔に必要な筋肉は、口角を上げる大頬骨金、口角を外側に引っ張る頬筋、唇を動かすのに必要な口輪筋があります。これらを鍛えることが、笑顔の作り方において重要となります。

まずは鏡と顔全体が映る鏡を用意します。最初に割り箸を咥えます。この時口角が割り箸につかないことを意識して、口角を引き上げましょう。そして咥えたまま「イ」と発音し、口角を可能な限り引き上げます。そしてそのまま30秒耐えます。時間が過ぎたら10秒休み、再度同じことをします。これを3セットほど行います。

他に笑顔の作り方には、左右対称の笑顔にするためのものがあります。この笑顔を作るためには、まず片側の口角を上げてそちらの目を細めて数秒間キープします。それが終わったら今度は反対側です。その後、「オー」や「アー」の声を出します。この時、頬が縦に伸びるよう意識します。上述した割り箸もそうですが、笑顔の作り方で重要になってくるのは、やはり表情筋です。

お客様用の素敵な笑顔

仕事関係や自宅への訪問客など、お客様にはいろいろな立場の方がいらっしゃいます。どのような立場のお客様に対しても、大切にしなくてはならないのは笑顔です。この記事にて幾度か述べている素敵な自然な笑顔を向けて、好印象を持っていただけるように、普段から努力することが大事です。

素敵な笑顔で好感度アップ

笑顔の作り方を見て来て、ぜひ実践してみようと思われた方は多いでしょう。笑顔と言うものは、全てを明るく楽しくしてくれます。せっかく会話をしようと思っても、相手が不機嫌な表情をしていると、話しかけることをためらってしまいます。話すなら、にこにこして明るい印象を与える人との方が良いです。

不機嫌な表情をしている側も、気持ちが塞いでしまって楽しい気持ちになれず、全てに嫌気がさしてしまいます。「病は気から」と言う言葉がありますが、あれはあながち間違っていないのです。

医者からも匙を投げられるほどの重病を患った患者が、塞ぎこんでばかりでは仕方ないと毎日数時間ほどテレビをみて、大笑いしていました。すると不思議なことにその病気が回復し、医者からも驚かれたというエピソードがあります。やはり笑っていることが1番です。不機嫌が「万病のもと」でしたら、さしずめ笑顔は「特効薬」と言ったところでしょうか。

楽しい毎日を送るためにも、笑顔は大事にしていきたいものです。大事な笑顔の作成のために、毎日表情筋を鍛えて好感度を上げていきましょう。