Search

検索したいワードを入力してください

【髪の長さ別】ウェディングにおすすめの髪型|ショート/ミディアム/ロング

Author nopic iconk_mama
フォーマル / 2017年09月22日
【髪の長さ別】ウェディングにおすすめの髪型|ショート/ミディアム/ロング

ウェディングにおすすめの髪型

女性なら誰もが1度はウェディングに憧れを持った経験はありませんか。結婚式間近なプレ花嫁さんや将来のウェディングイメージを明確にしたい方の為に、ウェディングにオススメの髪型を紹介します。自分に似合う髪型をよく知り、素敵な花嫁さんになりましょう。

アップ

アップヘアは、女性らしい可愛い印象にしてくれます。視線が上にいく為にスタイルアップ効果も期待できます。顔まわりがスッキリするので清潔感があり、華やかさを演出できます。ウェディング定番の髪型と言えるでしょう。

ハーフアップ

派手すぎないので幅広い年齢に適応し、誰にでも似合いやすいのがハーフアップです。ストレートヘアでもパーマヘアでも作りやすいのでくせの強い髪質でも大丈夫です。

可愛くもクールにもできるので式場やドレスの雰囲気にも合わせやすい万能な髪型です。華奢に見えるので、肩幅を気にしている方におすすめです。普段自分ではすることができないアレンジもでチャレンジしてみましょう。

ダウン

ゴージャスな印象を醸し出せるのがダウンヘアです。品が良く、モードな雰囲気になります。挙式か披露宴どちらかを華やかな髪型にした場合にギャップになるので人気です。

髪の長さや花、リボン、レースカチューシャなどのヘッドアクセで雰囲気を変えられるので個性を出す事もできます。せっかくのウェディングなので普段の髪型でストレートヘアが多い方、後ろで縛ってしまっている方も、ゆる巻きやウェーブなど普段とのギャップを見せましょう。

髪の長さ別ウェディングヘアのおすすめ

ショート

ウェディングの髪型では珍しいショートヘアも、小物使い勝負で可愛く見せることができます。一見ボーイッシュに見えがちなショートでも花冠を合わせることでキュートになったり、キラキラのバレッタでして大人印象にする事もできます。

大ぶりのカラフルなお花のコサージュを使用する事で小顔効果にもなります。ウェディングならではのティアラを合わせると上品な印象になり、プリンセスのような女性らしさも出すことができます。また、ショートヘアだからこそカラードレスがよく映えます。自分らしさを大切にしたい方はぜひショートヘアを生かしてください。

ミディアム

一番ナチュラルな印象にすることができるのがミディアムヘアです。実は一番アレンジしやすい髪型です。低めの位置でポニーテールを作る「ローポニーテール」でクールする事もできるし、シニヨンでおくれ毛を残すとセクシーにもできます。大きくゆるく巻いた甘すぎない大人の可愛さも作れるので、シンプルなものや、派手すぎない髪型が好きな人に向いています。

普段からのヘアアレンジもしやすいのが、ミディアムヘアです。せっかくのウェディングなのでいつもとは違うギャップを見せるのもいいでしょう。

ロング

結婚式に向けて髪を伸ばす方も多いのではないでしょうか。ウェディングの定番といえばやはりロングヘアです。ロングヘアはとにかく髪型のアレンジが幅広く可能です。長さを生かしたダウンヘアや、ワンサイドダウンはロングならではの髪型です。

ギブソンタックやシニヨンはミディアムでもできますが、大きめの編み込みを取り入れ、ボリュームを出そうと思うとやはり長さが必要になってきます。ロングヘアの特権は、なりたい自分になれること。お色直しするたびにバリエーション豊富な髪型の中から違う自分を演出できます。

花を使ったヘッドアクセでアレンジを!

ウェディングのヘッドアクセで人気なのは「花」です。その種類も様々で、髪型によって似合うサイズやカラーがあります。花冠のように華やかで目立つものから、小さな花を少散りばめるスタイルなど好みによって変えることができるでしょう。

花と他のヘッドアクセの組み合わせも人気です。例えば、「チュールリボン×かすみ草」の組み合わせならローポニーテールに合わせると甘すぎずナチュラルな雰囲気になり、「パール×パステルの花」の組み合わせならサイドフィッシュボーンでキラキラのお花畑のような可愛らしさが作れます。髪型とヘッドアクセのアレンジで人と被らないウェディングヘアを目指しましょう。

ドレス別のウェディングにおすすめの髪型

エンパイア

バストの下に切り替えしがあり、裾までの広がりがストレートなシルエットのドレスです。ウエストの位置が高い為、足を長く見せる効果があるので、身長が小さく小柄な人にも着こなすことができます。

また妊娠中のウェディングでも、マタニティドレスとして人気です。ウエストの締め付けがないので緊張している花嫁さんにとっては少し楽に過ごせるドレスでもあるでしょう。

このウェディングドレスには、ふわふわのカールのダウンスタイルに花冠やカチューシャを合わせたガーリーな雰囲気がおすすめです。

プリンセス

ボディ部分はスマートで腰のあたりからスカートがゆったりと膨らんだシルエットのドレスです。ボディとスカートではっきりとしたメリハリがあるので体型を気にしている方にもぴったりです。スカートのボリュームはパニエの量で調整したり、レースの広がりで変わります。

ウェディング定番のドレスですが、カラーやレース、リボンなどで個性を出すことができます。このウェディングドレスには、すっきりとしたアップヘアや、ハーフアップが似合います。ヘッドアクセをティアラやリボンにすると綺麗にまとめることができます。

マーメイド

ボディから膝あたりまでぴったりと体のラインを見せ、裾はふんわりと広がり落ちていくようなシルエットのドレスです。くびれが強調され体のラインがはっきりと出るので少しハードルが高いと感じる方も多いでしょう。

しかし、意外と誰でも着こなすことができます。例えばウエストが木になる方でも、ビスチェや、編み上げされている作りのものを選べばウエストをしっかりとマークすることができます。

また胸が小さい、大きいなどの悩みのある方でも、胸元にリボンなどを持ってきたり、下部に花やレースを施したデザインのドレスを選ぶことで視線を逃しコンプレックスもカバーすることができます。

このウェディングドレスにオススメの髪型はセクシーにワンサイドや、女性らしいダウンスタイルが良いでしょう。ヘッドアクセやネックレスにパールを合わせると上品にまとまりを出せます。

花冠スタイルにぴったりの髪型

アップでもダウンでも似合うのが花冠のヘッドアクセです。花の大きさや色で印象を変えられるので自分の好みで幅広く選ぶことができます。大きい花で可愛らしくもできるし、小さい花で大人な印象にできます。

花だけでなく、ハーブ系の草をメインにするとナチュラルガーデンな式場にぴったり合わせることができるでしょう。色も、淡い色を多めにすると女性らしく、原色系やはっきりとした色を使うと個性を出す事もできます。

ハーフアップにして花冠に髪を巻きつけるアレンジも最近のウェディングヘアの流行です。
ベールの上から花冠を乗せるとまるで天使のようにもなります。編み込み部分に添わして小さな花冠をつけると主張しすぎずに大人でも挑戦できるので、お色直しなどで取り入れてみてはいかがでしょうか。

コンプレックスをなくそう!顔の形別ウェディングの髪型

丸顔

日本人に一番多い顔の形が丸顔です。丸顔は愛らしく親しみやすいのが特徴なので可愛らしさを出すにはぴったりです。でも逆に丸顔がコンプレックスな人も中にはいます。「もっとクールに」「かっこいいのが好き」「セクシーが好き」「大人っぽくしたい」など、好みは人それぞれです。そんな丸顔をうまく隠す髪型をご紹介いたします。

丸顔の方にオススメの髪型は、

・お団子などのアップヘア

・シニヨン

・サイドフィッシュボーン

などがいいでしょう。まず基本はなるべく顔のサイドを隠してください。お団子などのアップヘアでも、サイドの髪を少し取り、細かめにゆるく巻くと縦長のラインを作れるので丸顔が強調されにくいです。

カバーすべきポイントは幼さです。前髪を重たく取りすぎると子供っぽくなりやすいので、前髪はなるべく軽めに、サイドに流したり、ポンパドールであげるといいでしょう。トップに高さを出してあげると、バランスが取れやすいです。ヘッドアクセは大胆に大きめのものを使用してください。小顔効果にもなります。

面長

面長の方は大人っぽく落ち着いた印象になりやすいです。面長は美人の条件とも言われていますが、老けてみられたり、寂しげに見られがちなので、ウエディングの華やかな場で主役をする時はそのデメリットをうまくカバーしてあげましょう。

面長の人にオススメの髪型は、

・ハーフアップ

・ワンサイド

・ポニーテール

などがいいでしょう。面長の人の場合は、横長のシルエットを意識しましょう。大きめのカールでサイドにボリュームを出し、ヘッドアクセも上より横につけた方が面長をカバーしやすいです。アップヘアの場合でも少し耳を隠すと横の幅を強調でき、大人な印象のままバランスが取れやすくなります。

前髪はアップやセンター分けにしないでください。定番にサイドに流すか、シースルーバンクも流行りなので取り入れてみてはいかがでしょうか。せっかくのウェディングヘアなのでコンプレックスはなるべく隠し自信を持って挑んでください。

あなたらしさを大切に

人生で1度きりのウェディングパーティ。自分の選んだ式場で、一番似合うドレスをまとい、最高に綺麗な姿で迎えましょう。そのためには髪型もとても大切です。花嫁さんの髪型一つで印象が変わります。自分の輪郭を知り、好きなものや見せたいイメージの個性を生かしながらあなたらしいウェディングにしてください。