Search

検索したいワードを入力してください

【髪の長さ別】簡単なまとめ髪のやり方|ロング/ミディアム/セミロング

Small 1e5dd230 5266 4f70 a3f0 c61cff3fbc7esyshot
ヘアスタイル / 2017年10月03日
【髪の長さ別】簡単なまとめ髪のやり方|ロング/ミディアム/セミロング

髪の長さ別の簡単なまとめ髪のやり方

女性にとっておしゃれに欠かせないのがヘアスタイルです。でも、いまいちどうやってアレンジしたら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。忙しい朝でも簡単でおしゃれに仕上がるまとめ髪のやり方を知りたいという方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、誰でも簡単にできて顔まわりもすっきり見せることができるまとめ髪です。でも少しのアイデアとコツを覚えれば簡単にヘアアレンジが楽しめるんです。

今回はロングやミディアム、ボブなどの髪の長さ別、パーティーやお祭りなどの用途別、10代から40代の年代別に分けてご紹介していきます。不器用さんでも簡単にできるまとめ髪なのでチャレンジしやすいでしょう。

ロング

ロングヘアとは、胸から胸下位の長さの髪型の事をさします。ショートやミディアムよりもアレンジがしやすそうというイメージもある方もいるようですが、案外、量や長さがある為にヘアアレンジが難しい、という声もあるようです。

そんなロングヘアには「ゆるギブソンタック」というまとめ髪の方法がおすすめです。見た目がとてもお洒落で手が込んでいるように見えるのに、とても簡単で長い髪がすっきりおさまるアレンジ法です。海外セレブやモデルの間でも大人気です。

やり方は、髪を左右に少し残したら、一つに結んだら左右の髪を三つ編みにします。三つ編みを交差させてピンで固定したら、はじめに結んだ髪も三つ編みにして、交差させた部分をひっかけるようにクルンとピンで固定して完成。最後にスプレーなどでキープするのも良いでしょう。

セミロング

「セミロング」の長さとは、美容室や美容師によって様々であるとも言われていますが基本的には、セミロングはロングよりもやや短めです。長さは鎖骨~胸を越えないくらいの長さの髪型の事です。特に女性らしい印象にしてくれる長さと言われています。

簡単なのにゆるかわいい、こなれて見えるお得なアレンジ法のハーフアップお団子。海外セレブの間でじわじわと人気が上がっています。これから寒くなっていくにつれて、ざっくりニットなどに合わせなどるとさらに可愛いこと間違いなしです。

まず、耳のラインで髪を分けます。この分けたラインがハーフアップを作る上での基準の位置になるので、好みの位置でその都度変えてもいいでしょう。髪をまとめて、折り返してゴムで結びます。あまり小さすぎないよう、大き目のお団子を作りましょう。

後ろのまとめ髪を少し崩し、突き出た部分をヘアピンを使って上下に広げます。形を良くする為ヘアピンを使って整えます。これで、簡単まとめ髪のハーフアップお団子ヘアが完成です。

ミディアム

ミディアムの長さとは、基本的には肩下~鎖骨くらいまでの長さになります。この長さになると誰しも経験したことはあるかと思いますが、とにかくハネやすいです。ハネてしまうのが嫌で、縛っている人が多いのですが、なんだか疲れている感が出てしまいがちです。

そこで、ウエーブドポニーテールがおすすめ。通常のポニーテールも可愛いですが、さらにワンランクアップさせた、ウェーブのついたポニーテールが可愛いと評判のアレンジ法です。

やり方は、トップから横のラインに沿ってサイドの髪は残し、低い位置でゴムで結びます。先ほど残しておいた、サイドの髪を上下に二つに分けてねじり、ゴムで結んだところでピンでとめて完成です。普通のまとめ髪に大人のテクニックを加えた簡単まとめ髪アレンジ法です。

ボブ

ボブの長さとは、アゴから肩までの長さになります。最近は「ロブ」といわれる髪型もあり、これは『ロングボブ』の略です。肩にギリギリつくくらいの髪の長さになります。最近ではミランダ・カーがやって人気になりました。

いつも同じヘアスタイルになってしまいがちのボブヘア。ヘアスタイルを変えたいけれど、雑誌のヘアカタログを見るとミディアムやロングヘア用のアレンジばかりと悩む女性は多いです。

そんなボブヘアの方におすすめの簡単まとめ髪法は、くるりんぱです。実はくるりんぱは、ロングヘアや、ミディアムヘアの人達でけしかできないわけではなく、前髪やサイド、トップの髪にも・・と、くるりんぱする場所が、選べるのはボブヘアの人ならでは。

やり方は、トップの毛を結び、サイドの毛をねじり、大きめのバレッタで隠すだけ!耳下の毛は残して、ハーフアップにしてピンでとめます。耳下の毛を上下2つに分け、右から上の毛を左に向かってねじっていきながら、下の毛を少しずつ加えます。上の毛を軸に下の毛をねじり込みながら耳の後ろまできたことろでバランスを整えたらピンでとめたら完成です。

短くても、イメチェンしたい方や、たまにはロングのように見せたい方などにおすすめの簡単まとめ髪です。

スーパーロングなど

スーパーロングの長さとは、ロングよりも長いことを指しますが、基本的には胸下よりも長くなるとスーパーロングと言われます。

スーパーロングの方は、長さがある分アレンジが自由自在なんです。でも、まとめ髪初心者さんには、長過ぎるとかえって扱いにくく、まとめずらいようです。そこで、どこでも簡単にパパっとできて、かつお洒落に見える簡単まとめ髪のやり方をご紹介します。

まず、中央で2つに別けて、それぞれを三つ編みします。三つ編みしたものを中心に持ってきて、ねじねじして、バレッタでとめるだけ!難しいコツもいらない簡単なまとめ髪法なので誰でも今日からトライできます。

TPOに合わせた簡単なまとめ髪

仕事

朝、仕事に行くのに時間がない時でもできる簡単まとめ髪のやり方です。ゴムだけで簡単に大人っぽくできるアレンジ法です。オフィスでも男性女性を問わず好印象な簡単アレンジなので、おすすめです。

耳上の位置で髪を上下に2つに分けます。耳上の毛束は、後頭部の真ん中から少し下の位置でゴムでひとつに結びます。耳下の毛束を中央で左右2つに分け、その分けた髪を先ほどひとつに結んだ毛束の上に持っていき、ゴムでひとつに結びます。結んだ毛束をくるりんぱします。くるりんぱした毛束を二つに分けて左右に引っ張り、たるみをとります。

最後に片方の手で結び目をおさえ、少しずつ毛束をつまみながら引き出して、結び目の表面を崩しましょう。これで簡単まとめ髪の完成です。

上手に仕上げるポイントは、トップにボリュームを出すことです。見た目のバランスが取れますし、上品な印象になります。最初にゴムで結ぶ時に、表面の毛を指先でつまみながら少しずつ引き出してバランスを整えてから結ぶと良いですよ。

パーティー

ちょっとしたパーティーや、結婚式などのお呼ばれの時のヘアスタイルってどうしていいか悩んでしまう方は多いようです。美容室にいくのもいいけど、ヘアセットだけで何千円を払うのはちょっと・・と思ってしまいます。

そこで、お呼ばれの時でも困らない、かつ美容室でヘアセットしたの?と思われるような、お洒落な簡単まとめ髪のやり方をご紹介します。美容室に行く時間も省けるので、その分、お肌のお手入れなどに磨きをかけちゃいましょう!

やり方は簡単です。二回ねじって止めるだけの簡単くるりんぱです。まず、後頭部で髪を上下に二つに分けて、上の髪をまとめて縛り、くるりんぱします。下の残ってる毛を半分取って縛り、くるりんぱします。この時に内側に捻るようにツイストさせながら中央に集めるとさらに華やかに見せてくれます。
   
最後の、一番下に残した余ってる毛は二つに分けてねじねじひねり、耳後ろにピンで止めて、後はほぐすだけ!簡単でありながら、見た目が華やかなので、お祝いのシーンにはとても重宝の簡単まとめ髪法です。

お祭り

着ていく浴衣は決まっているけど、ヘアスタイルはどうしようかいつも悩んでしまうという女性は多いです。浴衣を着るなら絶対可愛い髪にしたい!という気持ちはすべての女性が思うことではないでしょうか。

夏祭りや、花火大会などの夏のイベントを楽しむならぜひ浴衣は着たいですよね。せっかく着るならいつもとは違ったヘアスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?浴衣と相性抜群の簡単まとめ髪をご紹介します。可愛いヘアスタイルで浴衣姿に磨きをかけましょう。

やり方は、まず後頭部の中央で、上下に髪をざっくり分けます。分けた上の髪を少し緩めにゴムで結び、くるりんぱしてから、三つ編みをし、毛先は丸めてピンで留めます。次に、最初に上下に分けた、下の毛を中央で左右に均等に分けたらそれぞれを、ねじねじしながら中央に持ってきてピンで留めるだけ!

一見難しそうなアップスタイルのまとめ髪ですが、くるりんぱと、三つ編みと、ねじねじとひねるだけという3つのテクニックだけで出来上がっているので、誰でも簡単にできるまとめ髪アレンジです。

年代別の簡単なまとめ髪

10代

可愛いヘアスタイルにしたいけど、髪を染めたりパーマをかけたりすることができない10代の女の子は多いです。そんな女の子に、黒髪でも可愛く決まる簡単まとめ髪のやり方をご紹介します。高校生のみなさんにもぴったりなので、学校でもみんなと差をつけられること間違いなしでしょう。

やり方は、トップの髪をだいたい量でいいので、ざっくり取り、左右に二つに分けます。それぞれを、緩めに三つ編みしゴムで結んだら、中央に集め、一つにゴムで結ぶだけ!ゴムを隠すため、バレッタをオンしてもいいでしょう。

どんな髪の長さでもできるまとめ髪法ですが、長さが十分にない場合には、三つ編みではなく、ねじねじするのもおすすめです!

20代

仕事や、デート、女子会にも大忙しといえば、20代の女の子ですね。忙しくても、お洒落はしたい!他の子と差を付けたい!そんな願いを叶えるおすすめの簡単まとめ髪をご紹介します。
ヘアピンだけあれば、簡単に今すぐに実践できちゃいます。

やり方は、ハーフアップした髪をゴールドのピンで留めるだけ!ピンは、6~8本くらい使うと、華やかになります。さらに、まとめた髪を内側に巻き込むと、結び目が見えないスタイリッシュな印象に変わりますよ。

30代

小さな子供を持つママなども多く、なかなか美容院に行けず、髪型がワンシーズン同じになってしまう悩みを抱える30代も少なくありません。また、家事などもある為、顔周りの毛はさっぱりとまとめておきたいという声も多いです。

そんな30代の女性が、いま最も綺麗に見える、肩の力が抜けたゆるふわな簡単まとめ髪をご紹介します。ひと手間かけるだけで、若々しく変身できます。

やり方は、ハーフアップにしか髪をゴムで結んでおきます。下の髪を集め、三つ編みにし、ゴムで結んだら、後頭部よりやや下で、お団子にし、ピンで留めます。

次に、最初にハーフアップしてゴムで結んでおいた髪をほどき、中央で左右に分け、それぞれをねじねじひねりながら、お団子に巻き付けピンで留めるだけ!豪華なパールのバレッタなどを最後にオンすると、パーティーにも活用できちゃいます。

40代

若々しく見せるつもりが、髪をまとめたことでかえって、老けてしまうなどの悩みを抱えているアラフォー世代のまとめ髪。大人の女性だからこそ似合う、さりげなくお洒落に見える簡単まとめ髪をご紹介します。

やり方は、まずトップの毛をすくい、一度くるりんぱをします。その際、ぺたんこにならないよう、少しボリュームを出します。次に、両サイドの髪をねじねじして、くるりんぱしたゴムの下のあたりに持ってきて、ピンで留めます。

最後に、残った後ろの下の毛も、ねじねじしながらランダムにピンで留めて、後頭部に毛を集めていきます。最初にくるりんぱをした毛先は、隠すようにピンで留めたら完成です。

明日から簡単なまとめ髪にトライしてみよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「簡単まとめ髪」というテーマで、髪の長さ別のまとめ髪法や、様々な場所に合わせたまとめ髪法、それぞれの年代に合わせたまとめ髪法をご紹介してきました。

まとめ髪は、一見とても難しく見えてしまいますが、ちょっとしたコツや、ポイントを押さえるだけで、手軽にお洒落なヘアスタイルに変身できます。まとめ髪を取り入れて、忙しい毎日でもお洒落を楽しみましょう。